ブログトップ

これから見る景色

母のこと・認知症になるまで(1)

母のことも少しずつ書いていこうと思います。

私が32歳の時、母が57歳になる2週間前に父が心不全で急死してから、母は24年間一人暮らしを続けていました。
65歳で年金がもらえるようになるまで、父が残してくれたお金や自分が働いて貯めてきたお金でやりくりして暮らしていました。
といっても、お金で苦労したことがない母、毎日散歩をし整骨医でマッサージをしてもらい、近所の友達にドライブに連れて行ってもらったり、杉良太郎のコンサートに行ったり、気楽な一人暮らしを楽しんでいました。
戦前に建てられたであろう木造の古い実家は、お風呂こそあるもののトイレは汲取り式。お風呂もいつの間にかガスの火が点かなくなっても修理することもせず、掃除嫌いな母はお風呂屋さんの方がいいと、毎日近くの銭湯へ通っていました。

そして、月日がたち、80歳を過ぎた母は歩くことがままならないで銭湯へ行くのが大変なことになっていました。
家の近くの銭湯が廃業して、私の足でも歩いて10分~15分くらいかかる所にしかなくなったのです。
その頃、母が住んでいた市では、やっと下水道の工事が出来るようになり、トイレとお風呂のリフォーム(といっても、ほとんど新築です)の見積もりをしてもらったら、下水を引くのとは別に100万以上くらいはするとのこと。
母は80歳を過ぎてたし、あと何年生きるかわからないのに、下水を引く金額を入れたらどれくらいかかるかわからない。
その頃すでに一人暮らしするにもいろんなことで危なくなってきていたので、実家の近くにアパートを借りて、私が自分の家と行ったり来たりして二人で住むことになりました。
母が82歳になる少し前、私が57歳、2008年9月のことでした。

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by s-jw | 2015-07-19 15:34 | 母が見ていた景色 | Comments(0)