岸和田だんじり祭り

一度行ってみたかった岸和田だんじり祭り。
毎年、他に用事があったり、母の介護があったりして行けませんでした。
今年ようやく、観覧席のチケットを購入して行って来ました。
友達に声を掛けたら、総勢5人、南海本線・難波駅で待ち合わせて岸和田へ。
南海電車に乗るのが初めて、という人が二人もいて、驚きました。
二人とも関東出身なので、そんなものなのかな~?
私は会社がこの沿線にあって、7年間通勤しました。
通勤はJRでしたが、JRは何やかやとよく止まるので振替輸送で南海電車で帰ったり、岸和田でご飯を食べて帰ったり、馴染み深い地域です。
駅から脇道の方へ行って屋台がずら~っと並んでいる道を歩いて、テーブルがあって座って食べられる露店に入って、さっそくビールで乾杯(笑)
おでん、天ぷら、焼鳥、イカ焼き、を分け合って食べました。
その後、会社の地元の子が教えてくれた「こふじ」で氷くるみを食べました。
かき氷の中に、くるみ餡と白玉団子が入っているのです。
氷はふわふわ、餡は甘さ控えめで美味しかった~
そこで4人と別れて、私は会社の女の子と待ち合わせの筋海町へ。
岸和田の子で、お祭りには毎年参加しているようです。
今回、観覧席のチケットの買い方や、いい時間帯や、見やすい席を教えてもらってお世話になりました。
彼女の従兄弟さんの彼女という女の子と三人で、町をぶらぶら。
彼女の町の人達が休憩している場所へ連れて行ってもらいましたが、お父さんも弟さん見つけられなくて会えませんでした。お母さんは、はなから参加していないそうです。
後でだんじりを曳いているのを見たら、年配女子は一人もいなかった~
あれだけ走って体力を使うので、か弱い(?)中年女子には絶対無理です。
「イズミヤ」の中のトイレへ案内してもらい、またもや缶ビールを買って、二人と別れ、いよいよ観覧席へ。
ところで別行動の4人、近くまで来ていたのに、だんじりが通るので道路を閉鎖されていた為、観覧席に入るのに苦労したようです。
3時過ぎから5時過ぎまで、だんじりの曳行を楽しみました。
次から次へと、各町内がだんじりを曳いて見せ場を作ってくれます。
勢いよく走りながら直角に曲がるやりまわしも堪能しました。
何よりかっこいい、だんじりのてっぺんで舞う「大工方」の雄姿は圧巻。
屋根の上に立つだけでもスゴイのに、飛んで向きを変えたり、一人の人は両手を広げて片足で立って片足をバレエのようにあげたり(飛行機乗りというそうです)
ほんとに、いいものを見せてもらいました。
5時過ぎに観覧席を出て、難波へ戻り、用事がある一人を除いて、またもや乾杯!
一日中、お喋りしていたな~
一週間前に最高歩数を出したと書いていましたが、昨日はやすやすと更新して、15196歩でした。
e0353802_16163213.jpg



[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by s-jw | 2015-09-20 16:17 | おでかけ | Comments(0)

41年間勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。


by シズコ