帰りの電車の中で

先日、岸和田だんじり祭りに行った時のことです。
帰りの電車は当然のごとく混んでました。
関空から来る急行だし、どうせ座れないだろうと電車に乗ったのですが、私達5人は2人と3人で背中合わせに通路の真ん中あたりに立っていました。
すると、背中の一人が前の座席のカップルの男子に席を譲ってもらい遠慮なく座っていました。
2人で立っていた私と友達は「Iさんたら、さっさと座っているわ(笑)」「替わってくれた子、いい子やね」「美男美女やし」なんて喋っていたのです。
というのも、そのカップルは大きなトランクを持っていて、韓国語で喋っていたし、日本語がわからないだろう、と思っていたのでした。
難波へ着くまでに後ろに立っていた友達一人が座れて、私達2人もそっち側へ向きを変えて立ちました。私と一緒に向きを変えた友達の右隣に韓国の男の子。
難波の手前で「難波から日本橋は近いですか?」と聞いてきました。
日本橋にホテルを取っているようです。
友達が、近いし歩いた方が早い、と教えてたら、今度は「日本橋から京都へはどれくらいで行けますか?」
と聞いてきました。
明日は京都へ行く予定とのこと。一時間もあれば行ける、と答えて、「日本語、お上手ですね」と言ったら、オーストラリアで6~7年だったか仕事をしていたことがあって、その時同室の人が日本人で言葉を覚えたらしい。
私は最初学生かと思ったけど、友達は社会人だし、30歳くらいじゃないかな~と言っていました。
もっといろいろと喋ったのですよ。
「さよなら」「気をつけて旅行してね」とか言い合ってお別れしました。
イケメンのうえに優しくて、ほんとにいい子だったわ。
政治のうえではいろいろあるけど、民間人はこんな風に触れ合えることが楽しいのです。
美男美女、と褒めといてよかったわ~


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by s-jw | 2015-09-24 14:26 | おでかけ | Comments(0)

41年間勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。


by シズコ