これから見る景色

大人の遠足・ワイナリーツァー

10月18日、雲一つない青空の下、羽曳野市の飛鳥ワインさんへワイナリー見学ツァーに行ってきました。
近鉄南大阪線・始発の阿部野橋駅のホームで待ち合わせて、友達4人で、わいわいがやがやと、隣りに座った男の子が逃げ出すほど。
この沿線は、実家、母と住んでいた家、お墓もあり、パン教室の友達の家もあり、さらに言えば高校もこの沿線のはるか先にあったのです。
その高校がある方面と古市という駅で分かれて、橿原神宮方面に向かって二つ目の駅・上ノ太子で下ります。そこから歩いてすぐの所にある、「飛鳥ワイン」さんでワイナリー見学と6種類の新種ワインの試飲会があるのです。
まずはワイナリー見学。
葡萄からワインになるには、いろいろな工程があり、オートメ化は少なくて葡萄の選別や目視による検査等、一人一人の細かい作業もあります。
その後は戸外に出て、葡萄畑見学。なんせ山になっているものだから、坂道を登って行くのは相当きつい。しかも暑かったのです。
葡萄は9月のシルバーウィークあたりに収穫するそうなので、実は一つも残っていません。9月であれば美しい葡萄畑の景色を見られるのだそうですが、その代わり、10月は新種のワインを飲めます。
そして、葡萄畑の一番頂上の場所にテーブルセッティングして、6種のワインとケイタリングのお料理をいただけるのです。
ワインリストをもらっていたのに、忘れてきてしまいました。
ワインは全部飲み易くて美味しかったです。
白はフルーティで、赤もえぐみがなく爽やかでした。
お料理は地元のイタリアンからケータリングですが、覚めても美味しいお料理ばかり。ワインにも合います。
試飲会が終わると、下まで下りて、ショップでお土産のワインを購入。
私は、試飲にはなかったロゼを買いました。
若い頃はロゼ、30代~40代半ばは白、それ以降は赤が好きでしたが、今は何故だか再びロゼを飲みたい心境です。
お土産を買ってから、山道を歩き、地元のお店でいちじくを購入。いちじくジャムを作ろうと思ったのです。
それから、用事がある友達一人と別れ、他の三人で藤原京跡へと向かいました。

e0353802_18353482.jpg
e0353802_18363306.jpg



[PR]
by s-jw | 2015-10-19 18:34 | おでかけ | Comments(4)
Commented at 2015-10-21 17:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by s-jw at 2015-10-21 19:07
夢さん、こんばんは!
私もえぇーーー!です。
近鉄南大阪線ですか?
友達は、普通のおうちなんですが(笑)、自宅で一日に2~3人、計9人くらいに教えています。
他にパンは、頼まれて週に6斤、実費で焼いているそうです。
Commented at 2015-10-21 22:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by s-jw at 2015-10-22 10:05
> 夢さん
おはようございます!
残念ながら友達は吉田さんではありません。
何度も言いますが、普通のおうちです(笑)
夢さんも、ウォーキングしてらっしゃるんですね。
日記に書いておられるかな? またお邪魔しますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 藤原京跡のコスモス畑 母のこと・我が家に来てから(9) >>