「無理」「クローズアップ」

10月20日頃 奥田英朗「無理」上・下 ★★★★☆
毎日忙しくて図書館へ行けなかった時に、家にある以前に読んだ本を読みました。
上下巻で長い小説でしたが、面白くてさくさくと読めました。
私は読むのは早いのですが、一度読んだだけでは忘れていることが多いので、初めて読んだように楽しめました。
この作者さんの初めて読んだ自伝的小説「東京物語」がほのぼのとしていたので、「無理」を始め、「最悪」や「邪魔」の内容には驚きです。
最近、テレビや映画でも怖い場面を見たくないので、これからますます読まない作家さんかな~と思いながら、今、「オリンピックの身代金」を読んでいるところです。
ストーリーテラーなので、話が次から次へと広がっていくのです。

10月31日 今野敏「クローズアップ」 ★★★☆☆
今野敏さん、といえば、なんといっても「隠蔽捜査」シリーズでしょう!
何をきっかけに読んだか忘れたけど、変人のキャリア官僚、竜崎伸也のファンになり、何人かの本好きの友達にも薦め、友達もファンになっています。
「隠蔽捜査」から、今野敏さんの小説を読むようになりました。
今野さんの小説はほぼ警察物になると思いますが、「クローズアップ」も警察官が主役なんですが、テレビ局の報道番組の記者とのW主役のシリーズ物のようです。
これが最新作ということなので、前二作も読まないと。
しかし、「クローズアップ」の主役の二人も個性的ですが、竜崎さんの魅力には叶わない。
テレビドラマになった時、イケメンでなくていいけど、竜崎伸也の真面目な面白さを出せる人がいない、と真剣に悩んだものです(笑)
伊藤淳史くんが、後20年ほどしたら適役かも・・・


[PR]

by s-jw | 2015-11-06 16:52 | 趣味 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード