書道教室の懇親会

9月に見学に行った「悠々会」(地域の老人会)の書道教室、第2と第4水曜日の午前中にあり、第2は漢字、第4はかな文字を練習するようになっています。
漢字は20代後半から30代の数年やっていたのですが、かなは初めての挑戦で、難しかったです。
やはり何事も基礎が大事なんですね。漢字が少しばかり書けるからと、皆さんに褒められて、いい気になっていました。
10月の第4水曜日は、かな文字で四苦八苦しました。もっと基礎を、家で練習しなくては・・・
今週の水曜日は漢字の練習日で、早めに終わり、懇親会がありました。
書道道具を教室に置いて、バスで天満橋まで行き、キャッスルホテルの中の錦城閣の円卓が二台ある個室で行われました。円卓が回る中華料理をいただくのは、会社の忘年会以来久しぶりです。それも合併してからは居酒屋さんばかりだったので、8年ぶりくらい。

フカヒレスープ / 小海老のチリソース煮 / 酢豚 / 麻婆豆腐 / 若鳥唐揚げ / 春巻き /
食後にコーヒーが付いて、デザートの杏仁豆腐、胡麻団子、桃のクッキー、さつまいもの飴炊きは食べ放題。これに、お土産のさつまいもの飴炊きが一箱ついて1500円という安さでした。ちゃっかりメニュー表を見た人が、飴炊きの箱だけでも1000円すると、言っていました。
書道の先生がこのお店と懇意にされていて、いつも安価にしていただいているようです。
先生はアルコールを嗜まないようで、このメニューでアルコールはなし。
同じテーブルの女の人が、「これでビールがないのは寂しいけど、先生は飲まれないからね」とおっしゃっていました。
知らない人ばかりでしたが、こうして一緒に食事すると、だんだんと気心が知れていくものです。
地域の情報もいろいろ得られるし、今のところ私が一番年下なので、皆さん優しくして下さいます。
来年の3月には発表会があるそうで、もっと練習しなくては!


にほんブログ村



[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by s-jw | 2015-11-13 14:49 | おでかけ | Comments(0)

41年間勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。


by シズコ