これから見る景色

器いろいろ

今日は私の唯一の道楽である陶器の話を・・・
といっても、高価な物はなくて、普段使いににバンバン使っている物ばかり。
一番初めに陶器にはまった記念すべき器。セゾン・ド・ジャポンで買った18cmの中鉢。
e0353802_19345609.jpg
深い緑色で、底にガラスのかんにゅうのような模様が入っています。
冬だけ蜜柑入れに使っています。
次に、東京へ行った時に青山の骨董通りの大文字へ行って2点ずつ買って送ってもらったお皿たち。
e0353802_19573440.jpg
e0353802_19574883.jpg
e0353802_19580384.jpg
一番上のは、一つ割れて一個になってしまいました。骨董品ぽくて、お気に入りのお皿です。二番目のは、玉子焼きは必ずこれに入れます。三番目のは、あまり使わないけど、酢の物を入れたりします。この三つは普段の食事によく使っています。
それから、会社の女の子の伯母さんが陶器屋さんをやっていて、譲ってもらった砥部焼の器。
e0353802_20013154.jpg
e0353802_20014061.jpg
上のは、22cmの大鉢。お鍋の時や、友達が来た時に重宝しています。
下のは、11cmの小鉢。普段一番使っている食器かもしれない。中の模様がばらばらで5個セットだったのが、3個しかなくなってしまいました。
それから、伊万里へ旅行へ行った時に買った食器です。
e0353802_20085744.jpg
e0353802_20090723.jpg
上は、スープカップとお皿。2個ずつセットで買いましたが、ばらばらに使うことが多いです。下はビアグラス。柄違いで5個買いました。お客様が来た時のビールは必ずこの器で飲んでいます。
こうして見ると、地味な藍色の食器が多いけど、赤絵の器も好きなんです。
食器がいっぱいあっても、器道楽は止められません。

にほんブログ村







[PR]
by s-jw | 2016-05-24 20:24 | 日常 | Comments(6)
Commented by yossycat at 2016-05-25 10:47
こんにちは(^^)

いいですねぇ~こういうの好き♪
でも、いかんせん使いこなすセンスを持っていないので
宝の持ち腐れになってしまいそうです。
自分の気に入った食器でご飯を食べるのはいいでしょうねぇ~

ただ昔は気に入ったティーカップを集めたりしていました。
最後のビアグラスは私も持っています。
なんかビールが美味しくなるって聞いて買ったんですけど
本当にこれにビールを入れると泡がとても細かくなるようで
すごく美味しく感じます(^^)

Commented by s-jw at 2016-05-25 13:32
> yossycatさん
こんにちは!
私も宝の持ち腐れがいっぱいあるんです。
何故か大皿が7~8枚くらいあって、小料理屋でもやれるくらいなんです。今となっては、何のために買ったのだろう?と自問します。一人のご飯の時は、もちろん使わないしね。
年に2回くらい、友達を呼んでご飯する時だけ、無理にも使っています。
使わなくても、欲しくなっちゃう・・・それを道楽というのでしょうね。
同じビアグラス、お持ちでしたか? 陶器で飲む方がビールは美味しいですね^^
Commented by akiko-yuu-masa at 2016-05-25 14:01
シズコさんこんにちは*

器いろいろ集めてますね〜。
どれも思い出があってすてきです。

私的には一番上の深みどりの器が一番欲しいです。
記念すべき第1号ですね*

やっぱり器って少し地味めがお料理をのせたときキレイにはれる気がします。

伊万里焼きもいいですね〜。
器を1つずつ集めながら大切に使うって、やっぱりいいですね(^_^)
Commented by s-jw at 2016-05-25 16:33
> akiko-yuu-masaさん
あきこさん、こんにちは!
私もこれは一目惚れで買ったのです。
丹波篠山という所に立杭焼の窯場があって、昔は毎年陶器祭りに行って陶器を買っていました。
その時の物は地味目で、今は使っていなくて仕舞い込んでいます。
歳とともに陶器の好みも変わるようです。
Commented by sakura81-26 at 2016-05-25 16:55
深緑の器がいいですね。
かんにゅう 解らず思わずグーグル検索
知らないこと多すぎます。
釉薬の部分亥できる細かいひびなんですね。 
器は、眺めているだけで幸せな気分にしてくれます。
同じ料理でも 器によって入れる料理のおいしさが違う気がします。
Commented by s-jw at 2016-05-25 17:13
> sakura81-26さん
こんにちは!
この写真ではわかり難いけど、底が一段と深い緑で細かいかんにゅうが入っています。
改めて見たら、少し欠けていたり傷もあるのですが、愛着がある器です。
50歳を過ぎて、器を買うのはもうやめようと思っていたけど、60歳を過ぎて考えがまた変わりました。後何年生きられるかわからないし、ブランド品や贅沢品を買うわけでなし、いいやん、と。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 靴下を繕う 大人の遠足・葛城山 >>