お墓参り・2016年9月

暑さ寒さも彼岸まで、というのはもう死語になったのでしょうか・・・
9月23日、お墓参りに行って来ました。夏以来来ていないので、草がボーボー、引き抜くだけで汗びっしょりになりました。お彼岸のお墓参りは、いつも一人なので、地元に住んでいるパン教室の友達と逢うことにしています。パン作りを習うまでは、この彼岸の墓参りの時しか逢ってなかったのです。
それ以前、自分のマンションと母との家を行ったり来たりしていた時は、土・日はマンションに帰っていたので、友達とお茶する時間もありませんでした。2008年から2012年までまる4年間住んでいたのに、その頃は私も現役、友達のご主人も現役で子供さんも同居していたので、お互い時間がなかったのです。
それが今では月に一度はパン教室で逢うし、彼岸の時も逢うことが出来ます。
若い頃、友達のおばちゃん(お母さんでなくて伯母さんなんです)にはご飯をご馳走してもらったり、ほんとにお世話になったので、お彼岸の時だけ心ばかりのお供えを持って行きます。
昨日も一度家に寄って、仏壇にお参りしてから、隣駅までランチに行きました。
備前焼割烹 八馬という和食のお店で、友達の家の大事なイベントの時に必ず食べに行くお店なんだそうです。話には聞いていて、一度行こうということになっていました。
このお店は隣駅にあって、その駅からも遠いので、自転車で行って来ました。
自転車に乗るのは久しぶり。10何年ぶりかも。40代の頃は自転車に乗って、梅田から難波、遠くは南港のインテックス大阪、長居公園、服部緑地公園までも行ったことがあるのですが、最近は全然乗っていませんでした。風を切って自転車で走るのは、楽しいですね(*^^*)
自転車も飲酒運転はダメなのですが、普段飲まない友達が飲もうと言ったので、意志の弱い私、ついつい飲んでしまいました。
e0353802_17225397.jpg
e0353802_17231134.jpg
このお店の店名に"備前"がついているのは、器の全てが備前焼きなのです。店のご主人が造っておられるとか。お誕生日等のお祝いに、作品をプレゼントして下さるそうです。
e0353802_17265393.jpg
デザートにプリンの無花果ソースかけを食べました。
ところが、お勘定の時にこの分が入っていなくて、友達が自己申請したのですが、帰ってからビールの代金も請求されてなかったことがわかりました。
ラッキーではあるけど、こういうのは後味が悪いですね。
友達の家に帰ってから、先々週の大雨でダメになったパンのレシピカードを一からコピーし直しましたが、途中でカートリッジのインクが無くなって、次回に持ち越しです。やれやれ(-_-)

にほんブログ村


[PR]
Commented by sakura81-26 at 2016-09-25 00:57
備前焼の食器で出てくるお店珍しいですね。
お店の人が付け忘れたお勘定 
やっぱり正直に自主申告しないとあと味が悪いです。

お墓は姉が管理してくれているのですが、雑草は
年とともに草抜きが大変になって
いけないと思いつつ、今は除草剤使用です。
粉末の除草剤が、便利で効果が長持ちします。
草抜きも 軍手をはめその上に使い捨てゴム手袋
で手の汚れなしです。
お墓の管理は大変です。
Commented by s-jw at 2016-09-25 09:20
> sakura81-26さん
みいうみさん、おはようございます!
食器も素敵でとてもいいお店だったんだけど、係の人が頼りなかったんですかね。
デザートを申告した時点でビールに気付かないなんて・・・そういえば、渡したポイントカード、友達が催促しないと返すのを忘れていました。新人さんだったのかな・・・?
粉末の除草剤があるのですね。いいことを教えていただきました。ありがとう!
夏にお参りした時、砂利を入れ替えようか、と弟達と話していたのです。
ここのお墓は2年くらい前までは、草を抜いて枯れた墓花も処分してくれていたのに、今は放ったらかしなんです。
草は抜いても抜いてもきりがないので、一人だと大変です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by s-jw | 2016-09-24 17:34 | おでかけ | Comments(2)

41年間勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。


by シズコ