彦根城

昨日は友人と二人で、日本100名城の一つ彦根城へ行ってきました。
JR大阪駅9時30分発の快速で、彦根着が10時49分。彦根は遠いな~
しかし、電車から見える山並みはまだ紅葉が残っていて、なんだか旅行に来た気分です。彦根駅を下りたら、真正面に石垣が見えたので向かって歩いて行きました。
駅前から見えた石垣がどこにあるのかわからないまま天守閣が遠くに見えます。彦根城は天守閣の回りに広大な敷地が残っていて、大きな城下町だったのだということがよくわかります。
戦国時代にあった山城とは違って、関ヶ原の戦いが終わってから建てられたお城なので、彦根の城下町は江戸時代に繁栄を極めたのでしょう。
e0353802_13052073.jpg
大きなモミジの木があり、紅葉もまだ見られました。
e0353802_13060261.jpg
初めに博物館を見学しました。彦根城は幕末まで続いたお城なので、お宝がたくさん残っていて、博物館に収められています。その後、天主閣へ。下からはかなり距離があり、しかも階段の道が続きます。
e0353802_13053824.jpg
彦根城は3重の天守閣です。つまり3階。清州城、犬山城は4重だったと思います。姫路城は考えられないことに6階でした。
しかも天守閣の階段は急なんです。二人とも必死に上りました。急な階段を下りるのも怖い。
天主閣を下りて、玄宮園という庭園を散策。4代目藩主井伊直興が造営されたとしています。ちなみにこの4代目は、彦根城藩主4代目のことで、井伊家は平安時代から続いている名家です。来年の大河ドラマの主人公、井伊直虎は初代藩主・直政の養母になるので、彦根とは関係ありません。
e0353802_18545816.jpg
お昼は、駅でもらったお散歩まっぷを見てうなぎや源内へ行きました。
近江まで来たら近江牛でしょうけど、二人とも鰻が大好物。鰻丼を頼みましたが、ここの鰻は美味しかった~
このお店がある夢京橋キャッスルロードというエリア。どこかで見た感じだと思っていたら、10月に行った山中温泉のゆげ街道と非常に似ているのです。
e0353802_18395375.jpg
これって多分、空間プロデューサーがいて、全国の観光地で同じような町並みに整備されているんじゃないだろうかと、友人と話していたのです。もちろん、雰囲気や色合いは違うのですが、何となく似ているのです。
ゆげ海道はベージュと茶色に統一されていて、キャッスルロードは白と黒でした。ここは駅から離れているのですが、駅前の商店街はシャッター商店街でした。
地方が活発になるのは、観光が一番なんですね。彦根は来年の大河の主人公とは関係ないみたいですが、100名城のハンコを押しに行った観光センターの方が、来年は直虎押しで進めると言っておられました。
来年も戦国時代の物語で楽しみです(^^)

にほんブログ村

[PR]
Commented by sakura81-26 at 2016-12-06 22:46
紅葉の彦根城きれいです。
天守閣の階段急で鉄板が引いていてとても怖かった思い出があります。
30年ぶりに彦根駅に着き、昔の賑わいがないのにびっくりしました
来年の大河 井伊直虎 彦根と全く関係ないようですが
井伊家の城下町彦根も賑わうといいですね。

100名城、制覇頑張って下さいね。
Commented by s-jw at 2016-12-07 09:59
> sakura81-26さん
おはようございます!
鉄板は真ん中にあったのでしょうか? それは滑り止めの為だったのでしょうか。余計に危なそうですね。
彦根に限らず、全国の地方都市はシャッター商店街が多いです。
延々と商店街が続いているので、昔は賑わっていたのでしょうね。
100名城は生きている間には制覇出来そうもありませんが、チャンスがあればいろいろと行きたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by s-jw | 2016-12-06 19:00 | おでかけ | Comments(2)

41年間勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。


by シズコ