「自覚」「臥龍」

6月20日頃 今野敏「自覚」-隠蔽捜査5.5-★★★★☆
電車に乗る時に読もうと買っていた文庫本で、図書館で借りた宮本輝さんの小説より先に読んでいました。
私が大好きな隠蔽捜査シリーズのスピンオフ短編小説集です。
隠蔽捜査では脇役であった人達が、一話ずつ主役になってストーリーが進んでいきます。といっても、目立ってしまうのは、やはり隠蔽捜査シリーズの主人公・大森署署長の竜崎伸也と変わり者の戸高刑事。先日まで放映していた日曜夜九時の「小さな巨人」で変わり者の刑事役をしていた安田顕さんが、隠蔽捜査シリーズで戸高役をやっていたのですが、「小さな巨人」が真似をしたと思ったほど、あれは戸高刑事でした。
7話の短編集ですが、どれをとっても面白くて読み応えがあります。
しかもぐっとくるシーンがあるので、電車の中で読んでいて涙をこらえるのに苦労した作品もありました。

7月1日 今野敏「臥龍」-横浜みなとみらい署暴対係-★★★☆☆
今野敏さんの小説を読みたくて、図書館で借りて来ました。横浜みなとみらい署もシリーズしているそうです。しかしドラマ化や映画化はされてなさそう。時にはユーモアたっぷりの隠蔽捜査シリーズと違って、ちょっとドラマ化がし難そうな内容でした。
今度は安積班シリーズに挑戦しようかと思っています。

にほんブログ村


[PR]

by s-jw | 2017-07-04 19:42 | 趣味 | Comments(2)

Commented by nyakkpenn at 2017-07-05 07:32
おはようございます。
今野敏作品、読んだ事ありません。
というか、最近は読書から離れているなと気が付きました。
図書館に行こうという気にさせてもらいました。
此方に来ると色々刺激を受けます。
Commented by s-jw at 2017-07-05 11:39
> nyakkpennさん
こんにちは!
そう言ってもらえると嬉しいですが、私はスマホを持っていないので、電車の中が暇なんです。
最近は電車で本を読んでいる人を見かけることが、とんとなくなりました。
家では、ここだけの話、トイレの中だけ(笑)
今野敏さんをお読みになるなら、隠蔽捜査シリーズを最初から、ぜひぜひ借りてきて下さい。
勧めた人、みなさん、面白いと言って下さいました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード