四天王寺の歴史に学ぶ

9月30日、高大のイベントで「四天王寺の歴史と信仰」の講義と、国宝・国指定の重要文化財を擁する伽藍・宝物殿の見学に行って来ました。
同じ班の友達と一緒で、四天王寺へは子供の頃から何度か来ているとのことでした。
私は骨董市に一度行ったことがあるくらい。母が元気な頃は、「今日はしてんのじさん(四天王寺)へ詣って来た」とよく言っていました。一緒に行く近所の友達もいっぱいいたし、今の私みたいなもんかな・・・スーパーでは売っていない高齢者向けの下着や、足のサポーターなんかを露店で買って来ていました。
JR天王寺駅で待ち合わせて、天王寺ステーションビル改めミオプラザ館の上でランチしました。私達の世代は、ここは天王寺ステーションビルとしか言いようがないんですけどね。
久しぶりに「KYK」へ。ここも粋花KYKというお洒落な名前に変わっていました。しかもランチは、トンカツに食べ放題のサラダ、何種類かの副菜、ご飯、味噌汁を付けられるシステムになっていました。
e0353802_17263433.jpg
肝心のトンカツの写真がありませんが、お持ち帰りOKだったので、半分食べて残りは晩のおかずになりました(^^)
四天王寺執事であり四天王寺大学教授の南谷先生が1時間の講義をして下さいました。聖徳太子の昔から四天王寺がいかに大事な役割を果たしてきたお寺であるかということ。地震、大火、台風等の自然災害、また応仁の乱から信長と大坂(石山)本願寺との戦い、大坂冬の陣、そして大阪大空襲と被害を受けながらも、都度復興してきたというお話でした。
また何度も災害に遭いながらも、豊富な出土資料があり重要文化財に指定され宝物が何点もあるとのことでした。
講義の後は、四天王寺の若い学芸員さんに伽藍の中を案内してもらいました。
e0353802_17452791.jpg
これは古いりっぱな建物ですが、本堂ではなくて六時堂というお堂です。
本堂初め何度も再建されているので、他の建物も六時堂のように残っていたら、古くからの歴史がある四天王寺は世界遺産に登録されても不思議はないと思いました。奈良や京都と違って天災や人災で壊されてしまうのは、大坂という町の宿命でしょうね。
事情があって、その後難波まで出て、この日はたくさん歩きました。
ハイキングでもないのに、15000歩超え。頑張りました。


[PR]

by s-jw | 2017-10-03 19:53 | おでかけ | Comments(2)

Commented by hiromama2015 at 2017-10-05 22:22
大学では歴史を専攻なさっておられるのでしょうか?
ブログを遡って読んでいけば分かるのでしょうが
気が短いもので・・・すみません🙇

パン作り、書道・・・今 習いたいと思いながら
行動に移せずにいます。
30年ぶりの大阪なので一年経った今も
まだ ボォ~っとしてる感じです(笑)

楽しみにブログを読ませて頂きますね。
Commented by s-jw at 2017-10-06 09:31
> hiromama2015さん
おはようございます!
大学といっても半分お遊びの高齢者大学校です。
去年から始めて、去年は戦国武将、今年は文章表現を習っています。
歴史と書くことが好きなので、好きな事だけ勉強するナマケモノです。
ヒロママさんは、大阪は30年ぶりなんですね。
街の様子も変わっていたでしょうね。
今後とも宜しくお願いしますm(__)m
名前
URL
画像認証
削除用パスワード