ブログトップ

これから見る景色

2017年 03月 12日 ( 1 )

今週の火曜日、母の妹が88歳、米寿の誕生日を前に亡くなりました。
先週、危篤だと電話が掛かってきて、母の亡くなった姉の娘の従姉と一緒に、日曜日に茨木までお見舞いに行ったのでした。
一月に骨折で入院していてリハビリして元気にしていたのに、一週間くらい前から院内感染で肺に水が溜まり、意識が無くなったそうです。私達が行った時は呼吸器を付けていたので話す内容を理解できないものの、喋ったり笑顔も見せていたのですが、力尽きたようです。
母の戸籍を見ると10数人兄弟がいて、幼くして死んだ人も多いけど、5人だけ大人になるまで育ち、とうとう母だけになってしまいました。
母と違って身体が元気で認知症でもなかった伯母が先に死ぬなんてね・・・
従兄弟がお通夜はいいと言うので、木曜日のお葬式だけ行って来ました。
一人息子の従兄弟は離婚しているので家族もいなくて、身内も私と従姉とその兄の3人だけの出席。私の弟は仕事なので来られませんでした。
参列者四人だけの家族葬でしたが、お喋りで賑やか好きの伯母にしたら淋しいお葬式だったかもしれません。
今日、母のホームへ行って「春ちゃん、覚えてるか?」と聞くと、「うん。春子、元気にしてるか?」と母が言うので、「元気やで」と言うしかありません。
可哀相な母。姉なのに、姉妹で最後の一人になってしまったね。
今日は珍しく、私が帰る時に「連れて帰ってや」といつものセリフを言わず、「気ィつけて帰りや」と昔の母の口癖の言葉が聞けました。
天気のいい日には車椅子を押してホームの回りを散歩するのですが、今日は去年の3月のブログに書いた立金花(リュウキンカ)があちこちに咲いていました。
春到来ですね。

にほんブログ村


[PR]
by s-jw | 2017-03-12 18:06 | 母が見ていた景色 | Comments(8)