これから見る景色

河内音頭同好会三回目

河内音頭同好会の三回目でした。
練習時間が一時間しかないのに、半分は9月の八尾河内音頭まつりに出る時のTシャツや帽子の打合せで過ぎてしまいました。
女子はワインレッドということでしたが、リーダーが黒の方がいいと申し込んでくれていたので、黒のTシャツをもらいました。これに自前の白のパンツに白の靴を合わせるそうです。私は外反母趾なので持っているスニーカー(白ではない)しか履けなくて白は無理だ~。それに100均で売っているらしい黒かピンクの帽子を被るそうです。100均で帽子まで売っていることにビックリ!!
e0353802_19572412.jpg
終わってからはいつものランチ。今日は麺どころ泰輔というお店へ。
手打ちのカレーうどんが有名なんだそうですが、私は鶏天どんぶりを頼みました。量が多くて、他の物を頼んだ人もほぼ残していました。
ご飯の後は、南森町から天神橋筋商店街を歩いて行きつけの美容院へ行って来ました。
この夏暑くて美容院へ行く気がしなくて髪が伸びていたのですが、切ってもらって、ああさっぱりした~(^^)

[PR]

ポテサラ

私が飲み屋さんで必ず頼む物は、出し巻玉子です。高大の仲間と飲みに行くと、黙っていても出し巻玉子を注文してくれます。自分で作った玉子焼きが一番口に合うのだけど、プロが作った出し巻玉子ももちろん好きです。
最近同じように頼むポテサラ。これは玉子焼きと違って、いろんなタイプがありますね。
久しぶりに作ってみました。自分なりの作り方があるのだけど、コツがあるかもしれないと、まずは検索。
私はじゃが芋の皮をむいて四つ切りくらいにしてお鍋で茹でて水を切り、粉ふき芋にしてから潰すやり方をしていたのですが、検索すると、皮のまま湯がいて皮をむいた方がホクホク感が出て美味しいと書いてあったので、レシピ通りに作ってみました。
キュウリと玉ねぎは塩もみ。人参はいちょう切りにして湯がく。途中で玉子を忘れていたことを思い出して慌てて茹でる。最後はハムとリンゴの薄切りです。リンゴを嫌がる人もいるけど、私は絶対入れます。
茹でたじゃが芋が温かいうちに塩・ブラックペッパーとお酢で下味をつけて、全部の材料を混ぜてマヨネーズで和えます。実は私、マヨが苦手で常備していないので、慌てて買いに行ったのです。特売で400gのが安かったので買ったけど、賞味期限の内に使い切ったことがありません。
出来上がったポテサラ、私が思っていた通りの味で美味しかったです。レシピ通りじゃが芋4個で作ったら、何人分あるのだろう? 山ほどあって、これだったら肉じゃがを作った時のように何回も食べないといけない。
近所のFさんがお惣菜をいろいろ差し入れして下さるのでお返ししても良かったんだけど、うちにはマッシャーがなくてすりこぎと木べらで潰したのでじゃが芋ゴロゴロのうえに、Fさんはきっと甘いリンゴが入っているのは嫌がるだろうと思いました。
私はサラダには八朔等の柑橘類、酢豚にはパイナップルが大歓迎なのです。こればかりは好き嫌いがありますね。
e0353802_20543049.jpg


[PR]

洗濯機の掃除

情報源はテレビ番組だと思うのですが、洗濯機のカビ取りに過炭酸ナトリウムというのがいいと聞いて、100均で買って置いてありました。
市販のカビ取り剤より何倍も取れるとのことでした。
うちの洗濯機は2013年の3月に買って、何度か市販のカビ取り剤を使っていたけど、最近また汚れてきたようなので、過炭酸ナトリウムを初めて使ってみました。
ネットで使い方を検索して、洗濯機の満杯の水(本当はお湯の方がいいそうです)に、160g入りの過炭酸ナトリウム2袋分全量を入れて3分間撹拌して1~2時間放置する。その後、また3分間撹拌してすすぎ~脱水を2、3回繰り返す。
1~2時間放置する時点で大きなカビは浮かんできたのですが、驚いたのはその後すすぎの水を入れた時。信じられない量のカビが浮かんできました。結局すすぎ~脱水は3回やって、ようやく綺麗になりました。
水や過炭酸ナトリウムの量に関してはアバウトでしたので、きちんと量った方がいいと思います。詳しくは→石鹸百科で。
これはお勧めです。
ソーメンシリーズ第2弾!
今日は納豆があったので、検索して納豆オクラソーメンにしました。ツナ、ネギ、生卵(レシピでは温泉卵)を乗せて混ぜて食べました。
美味しかったわ(^^)
e0353802_14594683.jpg

[PR]

お墓参り・2017年8月

去年と同じく父の月命日の13日にお墓参りして来ました。
5月にベビーが誕生した甥のお嫁ちゃんは不参加。弟と姪と甥の4人で行って来ました。甥にベビーの写真や動画を見せてもらいましたが、6月に会った時よりずいぶん大きくなっていて、声を出してよく笑っていました。赤ちゃんは日に日に成長していくのですね。
父が亡くなった翌年、1984年に建てたお墓は敷石がだんだん少なくなっていたので、弟が新しい石を入れる手配をしてくれたようです。今年は雑草が生えてなくて一番時間を取られる草ひきをしないで済みました。姪と甥も30歳を過ぎているのですが、この子達がこのお墓を守ってくれるのでしょうか。私はこのお墓に入らないように何か考えないと・・・と思っています。
阿部野橋駅へ出てお楽しみの食事会です。甥のお嫁ちゃんが来る前は行き当たりばったり。母が外出を嫌がって家で過ごす以前はいろんな店へ行きました。あの頃は母も元気だったと思うと、泣けてくる~ 10年以上も前の事なので、そういうことを思い出すのは止めようよ、と自分に言い聞かせています。
今年は、あべハルカスダイニング内の花外楼でした。
姪が予約してくれるので、楽ちんです。
価格の割に量が少ないかな・・・と思うのは貧乏人の証拠ですかね?
e0353802_19161702.jpg
e0353802_19373631.jpg
e0353802_19163248.jpg

姪と「インスタ映えするお料理やね」と言っていました。
私はインスタグラムはしていないのですが、最近は料理であっても景色であってもインスタ映えという言葉が流行っているとか・・・
一つ一つ手の込んだお料理で、時間をかけてゆっくり食べたらお腹もいっぱいになりました。美味しかったです。
その後、姪に年に一度のプレゼント。靴が欲しかったそうで、バーゲンの靴を買いました。
甥と姪と別れた後、一人で新書本のブックカバーを買いに「ロフト」へ。ついでに寄った「ACTUS」で、とうとうダイニングテーブルを買ったのでした。このことは、また後日・・・


[PR]

書道教室の行く末

会社を退職した時、まず書道を習おうと地元の老人会・悠々会に入会して書道を始めたのが、2年前の9月のことでした。
少なくとも月に2回は先生のお手本をいただいて、教室がある日の2時間と前日は宿題の清書をして、書道に勤しんできました。初めの頃は、毎日のように家でも書いていたのだけど、一生懸命は続きません。
先生はお幾つなんだろう? 80歳は過ぎておられると思うけど、7月いっぱいで書道教室を退かれたのです。こちらのマンションは独身の長男さんと住んでおられたそうです。
今回、奥様とともに京都府八幡市にある元々持っておられた一軒家に引越されることになりました。近所に次男さん家族が住んでおられるそうです。
歳取れば都会に住む方が便利だとは思うけど、八幡市はそんなに田舎でもないし、やはり生まれ育った土地がいいのでしょうね。
困ったのは、書道部の運営。とりあえず来年の3月までは存続出来ます。老人会から運営費を一年分いただいたところだそうです。
運営費をいただくということは、何らかの活動をしないといけないので、8月からは集まって各自自習しようということなりました。私以外の人は、十何年か何十年も書道をされているので、皆さん、教えてもらわなくてもお上手なんです。私はまだまだ指導してほしいのですが、新しい先生を呼ぶのは難しい。
老人会の先生なんて、ほとんどボランティアです。月に2日は日程を空けておかないといけないし、お手本も書かなくてはならないので、負担も大きいかと思います。ただ字が上手いだけでは指導出来ないとも聞きました。
カルチャーセンターみたいな所へ行ったら、月謝が高いだろうし、私も他で習う気はないのです。
ただ、指導して下さる方がいないのに、集まって字を書くだけでいいのか・・・
「悠々会」自体、高齢化とともに運営できなくなる講座が多いみたいです。
老人会なのに、こういう所にも高齢化社会が影響しています。

[PR]