昨日は6月生まれの友達のお誕生祝いでした。
日程だけ早々と決まっていて土曜日のお昼だったので、郊外へ行こうと、神戸の「北野ホテル」へ行って来ました。「北野ホテル」は三宮駅から歩いて15分と書いているけど、20分以上はかかった気がします。
ラウンジのソファーで待たされたあげく、日本人とは思われない発音の人に「予約されていますか?」と聞かれてしまいました。私達6人のオバサン達が賑やかに喋っているので、外国人と思われたのでしょうか? 予約はもうだいぶ前にしているし、2~3日前に誕生祝いのプレートの件で電話したとこです。
まっ、いいか。大阪のオバチャンは神戸では浮いているのかも・・・
お料理は美味しかったです。
乾杯のビールと神戸ワインも飲みました。
e0353802_18560562.jpg
e0353802_18561535.jpg
そして、デザートはマンゴームースを頼んだのですが、ムースが入っている器がホワイトチョコを冷凍したもの。ガラスのお皿にくっついていて、食べ難いのです。お皿から無理矢理はがすのもためらわれるし、フォークを入れると大きな音がするし、とうとう6月生まれの友達がフォークを入れたはずみで、ホワイトチョコが顔に飛んでくっついてしまったのです。もう大笑い! この友達は若い頃からの付き合いなんですが、いつもいつも笑いの神様がついていて、毎回笑いが起こることをしてくれます(笑) カラオケに行ったら、♪ウララ♪ウララ♪と歌う人です。
そしてお願いしていたお誕生祝いのプレートは、思いがけず小さなサイズで、みんな、また大笑い。隣席のカップルのお祝いプレートが大きかったので、期待していたのですが、コースのグレードの違いでしょうか。
お上品な神戸は大阪のオバチャンに似合わないね、と言いながら北野ホテルを後にして、シティ・ループバスに乗りました。どこへ行っても260円で、神戸市内の観光地を走るバスです。
私達は、トアロードの北野工房→北野坂→北野異人館→神戸布引ハーブ園ロープウェイ→新神戸駅→地下鉄三宮駅前→市役所前→元町商店街→旧居留地→メリケパーク→中突堤→かもめりあ→神戸ハーバーランドから元来た道を通って、地下鉄三宮駅まで乗りました。一日乗車券というのもあって、観光したい所で降りてまた乗ってもいいのです。
このバスはずっとほとんど満員。以前に乗った時はそうでもなかったのに、外国人観光客が増えたということなのでしょうね。
笑った、笑った、楽しい一日でした。

にほんブログ村

[PR]
# by s-jw | 2017-06-25 19:29 | おでかけ | Comments(0)
困ったな~
昨日は、作家の鶴島緋沙子先生のエッセーの授業でした。
宿題があったのですが、お題が「秘密」なので、困っているのです。
人に言えない秘密は書けないしな~
先生は瀬戸内寂聴さんの嵯峨野塾で修業された方。私は先生が書かれた文章を読んだことがないのですが、班の人の話によると、やはり官能的な文章を好まれるとか・・・
秘密といえば、どうしてもそっちの方へいっちゃうしね。
班長さん(男性)も我々はプロの作家ではないのだから、そういうことを望まれても困る、楽しく文章を書きたい、とおっしゃっていました。そうなのよね。
他の人も「スイカを盗んだとか」「柿を採ったとか」と他愛ない秘密の話で盛り上がりました。一人の人が、誰にも打ち明けていない夢がある、そういうことでもいいのではないかと言ってくれました。
先生の為に書くわけではないので、ドロドロしたものでなくて、そういう綺麗ごとをまとめた方が無難です。しかし、自分が書きたいことを書きたいよ。それじゃ、勉強にならないのか・・・
ウーン、ほんとに困ってしまう。
昨日は何週か前に提出した「忘れ得ぬ人」の合評でした。
4班あるのですが、一つの班毎に一人ずつ前に立って先生と生徒からの合評がありました。生憎、私のは選ばれませんでした。
全員の前で本人が読むのですが、目から入ってくる文と耳から入ってくる文では、印象が違います。文章を読む声も大事なんだ、と思いました。
先生曰く、自分の文章に対しての「言い訳」は駄目なんだそうです。
肝に銘じます。
しかし、困ったな~

にほんブログ村

[PR]
# by s-jw | 2017-06-23 11:22 | 趣味 | Comments(0)

パン教室2017年6月

昨日は6月のパン教室でした。
先生である20代の頃からの友達に逢うのが楽しみで始めたパン教室ですが、去年から40代後半のSさんと二人の教室。いつもSさんがいるので、友達と二人で喋る時間も無くなってきました。昨日は友達と二人で、Sさんの愚痴(?)、悩みを聞きました。Sさんは、高校生と中学生の女のお子さんが二人いらっしゃるのですが、下の中学生の女の子が、友達が出来なくて学校ではいつも一人でいて、友達が出来ないことに悩んでいるようです。お母さんには言わないけど、高校生の姉には悩みを打ち明けているようで、お姉ちゃんから聞いたSさんはどうしたらいいのか、と私達に話してくれました。
友達は男の子二人を育てあげたのでまだしも、私はね・・・こんな時、なんと言ったらいいのか、ほんとに困ってしまいます。
友達は、母親がオタオタしたらダメ。子供を信じて見守らないといけない。高校生の姉は母親には隠していないのだし、中学生の妹も頑張って学校に行っているのだから、ドーンと見守っていたらいい、というようなことを言いました。
私は、他所の子と比べたらあかんよ、とかしか言えませんでした。
親としての悩みを同苦出来ないのですね。素直なSさんの中学生の次女さんが幸せになれと祈るばかりです。
さて昨日のパンは、Sさんからリクエストがあったというプルマンブレッドとあん食というパンでした。どちらもいわゆる「食パン」です。
e0353802_21272579.jpg
プルマンブレッドは普通の食パンですが、上級者向けのレシピだそう。
食パンは家ではHBで作るので、成型して作るのは珍しいかもしれません。
焼き上がった食パンをスライスして、サンドウィッチを作って食べました。
e0353802_21273606.jpg
中身は、ゆで卵のみじん切り、キュウリ、ハムのオーソドックスなサンドウィッチです。
パン生地が柔らかくて美味しいサンドウィッチになりました。
あん食は、パン生地に小倉あんを広げて入れ12等分に切って三つ編みにしてから丸めたのを何個か食パンケースに入れて焼くと、上記のようなマーブル柄の食パンになるのです。白あんや黒ゴマペースト、クルミを入れて焼いてもいいそうです。
お菓子は、友達手作りの甘夏の皮のピールを入れたパウンドケーキを作りました。
昨日のパンもケーキもずっしりと重くて、食べごたえがあるレシピでした。

にほんブログ村

[PR]
# by s-jw | 2017-06-20 21:40 | 趣味 | Comments(2)

久しぶりの家飲み会

昨日は、近所のFさん宅で久しぶりの家飲み会がありました。
何度か声を掛けていただいていたのですが、Fさんは友達と飲みたくなった当日に誘って下さるので、予定が合わずに去年の9月以来のことでした。
昼間はやはり近所の人とお茶を飲む予定があったので、一品を作る時間がなくてお惣菜を買って参加しました。
近所の人は、夜に京セラドームで嵐のイベントがあるので友達と行くとのこと。そのお友達も一緒に「サイゼリア」でお茶しました。
いいな~ 嵐は現役なんだ・・・ SMAPのことを思うと悲しくなります。
そのお友達は娘さんがジャニオタで、SMAPや嵐を始め、関ジャニ∞、kiki Kids、KAT-TUN、Kis-My-Ft2なんかのライブに行ったことがあるそうです。61歳とおっしゃっていたので、スタンディングも平気なんだな~
気を取り直して、夕方からFさん宅へ。いつものメンバー、Oさんもやって来ました。
Fさんは5月に風邪をひいてからあまりビールを飲みたくなくなったのだとか・・・Oさんが心配して、今回の飲み会になったようです。
e0353802_19514272.jpg
Fさんは、結局350ccのビールを2缶飲んだので、もう大丈夫でしょうか?
しかし去年の12月に傘寿を迎えたので、体調が変わったのかもしれない、とおっしゃっていました。
そんなこともあるかもしれない・・・
アルコールを美味しく飲めるのは、有難いことなんですね。

にほんブログ村


[PR]
# by s-jw | 2017-06-18 21:47 | 日常 | Comments(2)
昨日の授業は、古典随筆の勉強でした。
先生は「枕草子」と同じく、若くて可愛い鈴木小春先生。
「方丈記」と「徒然草」、午前中の2時間でさわりだけの講義でした。
古典随筆はこれで終わりになるのかな・・・
「方丈記」は、鴨長明により鎌倉時代に書かれた随筆です。
 序文
 ゆく河の流れは絶えずして しかももとの水にあらず
 よどみに浮かぶうたかたは かつ消えかつ結びて 久しくとどまりたるためしなし

学校で習いました。昔過ぎて忘れているけど、古典という科目があったんだったわ。
私、結構好きだったかもしれない。もう50年も前の事です。
「方丈記」というのは、3.3㎡の庵に住んでいた鴨長明の記、という意味だそうです。
「徒然草」は、鎌倉時代末期から南北朝時代初めにかけての歌人、吉田兼好が書いた随筆です。先生は世の無常を描いた「方丈記」より、軽妙な語り口の「徒然草」の方がお好きとのこと。
 序段
 つれづれなるままに 日くらし硯にむかひて 心にうつりゆくよしなし事を
 そこはかとなく書きつくれば あやしうこそものぐるほしけれ

友のことを書いた段では、
 友とするに悪き者 七つあり 一つには高くやんごとなき人 
 二つには暑き(若き)人 三つには病なく身強き人 四つには酒を好む人
 五つにはたけく勇める兵 六つには虚言(そらごと)する人
 七つには欲深き人
 よき友 三つあり 一つには物くるる人 二つには医師 三つには智恵ある友

その他にも、いろいろ興味深い文が綴られていました。
確かに「徒然草」の方を読んでみたいわ。
午後からは、宿題で書いた「忘れ得ぬ人」のエッセイの班毎の合評がありました。
自分が書いた文章を皆さんに読んでもらって、意見を言っていただけるのは有難い。自分では気づかないことを指摘してもらって、目からウロコのことがありました。
井の中の蛙であってはならない、と改めて思いました。

にほんブログ村

[PR]
# by s-jw | 2017-06-16 18:04 | 趣味 | Comments(0)

41年間勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。


by シズコ