カテゴリ:趣味( 162 )

「晩鐘」

11月19日 佐藤愛子「晩鐘」★★★★☆
家でいろいろ本は読んでいるのですが、感想文となるとなかなか書けません。
久しぶりに大作を読みました。
佐藤愛子さんは御年94歳で、これは2014年に発表したもので、91歳の時の作品となります。今の私の母と同じ歳だ~ 考えられない。母は家では手におえないので、2014年にホームに入居したのです。
母より二歳下の田辺聖子さんだって、最近は小説を書いていないのです。
佐藤愛子さんのこのバイタリテイーはどこから湧いてくるのでしょう。
「晩鐘」は佐藤愛子さんの私小説です。15年間夫婦であった元夫畑中辰彦(小説の中での名前)との出会いから亡くなるまでの約55年間の出来事が綴られています。
この男が、悪気はないけどどうしようもないクズ男で回りを巻き込んで不幸にしていきます。
主人公の藤田杉(佐藤愛子さん)は惚れた弱みとは思えないけど、辰彦がどうしようもないことを起こすたびに怒りながらも心のどこかで面白がってお金を調達するのです。
杉どころか何人も何人も、金持ちからも貧乏人からも性懲りなく借金を繰り返すのです。辰彦付きの二人の運転手のうち、一人は会社倒産後自殺し、もう一人は妻子に内緒で家を抵当に入れて辰彦の会社の返済に当てました。辰彦のために不幸になった人は数知れないのです。
杉だって「債権者から家と家族を守る為」と言われて離婚したら、すぐさま若い女と再婚されて、その後も借金の尻拭いを何度もさせられます。その若い女でさえも夜の仕事で貯めたお金も宝石も貢がされます。家もだったかな・・・
こんな男、そばにいたら不幸になるだけと思っていても、ついついほだされるのでしょうか?
元々は金持ちの実業家の息子なので実家からもさんざん搾り取って、両親が亡くなった時、兄弟から遺産相続させられないと言われながら三千万円もらっても、借金の返済に右から左に消えました。親から搾取したのは、三千万どころではないはず。
面白かったけど、最後まで読んだら疲れました。
佐藤愛子さんは夫との間に一人娘がおられて、二所帯住宅で住んでいるそうです。娘さんが生まれたことは夫に感謝しているとか・・・
畑中辰彦も一つだけでもいいことしたのですね。


[PR]

by s-jw | 2017-11-24 12:05 | 趣味 | Comments(0)

「文章表現を楽しむ科・秋の遠足」2017年11月16日

昨日は高大の秋の遠足で、奈良へ行って来ました。先月私ともう一人の人が下見に行った奈良女子大学記念館の見学です。
9時45分に近鉄・奈良駅前行基さんの噴水で待ち合わせ。一学期に授業を受けた奈良女子大の鈴木小春先生も来て下さっていました。ぞろぞろと歩いて記念館まで行きました。
10時半から案内人が付いて、中を案内して下さいました。
e0353802_14373624.jpg
ここから興福寺北門まで、またぞろぞろ歩いて行きました。
興福寺は国宝館が耐震改修工事中で、仮講堂で公開している「阿修羅ー天平乾漆群像展」を見に行ったのです。
私は阿修羅像を初めて見ました。神々しく凛々しいお顔で人気があるのがわかる気がします。狭い仮講堂でササッと見たら終わり。これで600円って(団体割引でなければ700円)、仏様への御供養なんだと思っておきましょう。
クラスとしてはここで解散で、後は班毎のランチでした。
一つの班は女子大近くまで戻り「依水園」の庭園を鑑賞しながら食事出来るお店を予約したとのこと。後二つの班は別々の和食のお店を予約したとのことでした。
我が三班は近鉄奈良駅ビルにある百楽へ行きました。
ここはランチの予約が出来なかったのです。10人でしたが、6人と4人に分かれて食事しました。6人組はビールを頼んだようですが、ビールを飲まない4人組に入った私は飲まなかったのです。お昼にアルコールを飲むと眠くなってしまうので、飲まなくて正解でした。実はこの後、有志で奈良のはずれにある「正暦寺」へ行ったのです。
バスも通らないような所にある正暦寺は紅葉の名所で、この時季臨時バスが出ているのですが、行きは1時7分発が最終。8人で行くことになったので、4人ずつに分かれてタクシーで行きました。奈良駅から30分は走ったでしょうか・・・こんな山奥に、というような所にひっそりとあるお寺です。
山の中の渓谷はそのままに、3000本の楓があるそうです。一週間前まで青かった葉っぱが急に紅葉し始めたとおっしゃっていました。もうすでに枯れかかっている木とまだ青い木が混沌としていました。
e0353802_17540331.jpg
e0353802_17542268.jpg
本堂は山道を登った上の方にあるのですが、坂の下にある福寿院という院の中から見る借景庭園も見事でした。
e0353802_17583211.jpg
帰りは最終3時40分発の臨時バスに乗って、近鉄奈良駅まで戻りました。
奈良は大阪より温度が2~3度低いので、もうすっかり冬仕様の恰好で過ごした一日でした。



[PR]

by s-jw | 2017-11-17 19:26 | 趣味 | Comments(0)

パン教室2017年11月

昨日は11月のパン教室でした。
メニューはショコラ・カンパーニュ。
フランスパン粉と食パン用粉にココアを入れて発酵させます。
後はチョコチップとピーカンナッツを入れて型に入れて焼きます。
ベンチタイムと発酵に時間がかかるので、手間よりも時間がかかるパンです。
e0353802_19364169.jpg
焼き立てを食べました。回りはカリッと中が柔らかくチョコレートの香りがほんわかとした美味しいパンでした。
もう一つは、リンゴのケーキ。友達が本で見たレシピを元に、自分で考えたレシピだそうです。
材料を混ぜて型に流し入れて焼くだけ。バターの代わりにサラダ油を使うので、力いっぱい泡立て器でバターを撹拌することもなく、分量さえ守れば簡単に作れます。コツは、リンゴをたっぷり入れること。バナナでもサツマイモでもいいそうです。
干しぶどうとシナモンを入れて焼きます。
e0353802_19420191.jpg
ケーキのようでもありパンのようでもあり、2切れ食べたら結構お腹いいっぱいになりました。
昨日は時間が早く終わったので、母と暮らしていたハイツや今は無い実家があった辺りを散歩して帰って来ました。


[PR]

by s-jw | 2017-11-14 19:51 | 趣味 | Comments(2)

麻雀楽しかった~

会社を辞めてから始めた麻雀、月に1~2回近所のFさんのお宅をお借りして、一年以上続いています。初めはよくわからないままやっていましたが、多少なりとも上達したようで、なかなか面白いですね。
ダイニングテーブルを買ったことをきっかけに、FさんとFさんの友達、私も友達を誘って、私の家でも行うことになりました。
四人の日程が揃わなくて、ようやく今日、一回目の麻雀をしたのです。
Fさんの友達も私の友達もほとんど初めての麻雀でしたが、和気あいあいと楽しむことが出来ました。
11時半に友達を駅まで迎えに行って、朝から作ったおかずと味噌汁、買ってきた豚カツでランチして、1時にFさん達が訪れて4時半頃まで遊びました。
途中3時にコーヒーを入れて、友達が持って来てくれたチーズケーキで一服しました。
私以外の三人はゴルフが趣味なので、話が合ってはずんでいました。
12月は、皆さん、忙しいようで、次回は1月の開催になりますが、ずっと続いていきますように・・・

[PR]

by s-jw | 2017-11-10 22:50 | 趣味 | Comments(2)

「文章表現を楽しむ科・高大祭」2017年11月8日

昨日は、今年の高大祭がありました。
去年は12月に行なわれたのですが、今年は一か月も早い11月初旬なので、二学期になってバタバタと準備しました。
会場は毎年行われる吹田市文化会館・メイシアターが工事中ということで、中之島公会堂で行われました。
会場が狭い上に雨で蒸し暑くて、人いきれでくたくたになりました。
私の三班は一人の男の人が中心になって、アイディアから台紙の印刷、ほとんど一人で完成して下さいました。テーマは「わたしの枕草子」で、授業で提出した原稿を一人ずつA4の紙に書き直して台紙に貼り付けたのです。
他の班は夫々の川柳か俳句を短冊に書いて披露していました。
一班。
e0353802_16280421.jpg
二班は、本物の枯葉をいっぱい貼っていました。葉っぱ、多過ぎない?(笑)
e0353802_16283618.jpg
我が三班。写真がボケてしまいました。
e0353802_16300869.jpg
四班。
e0353802_16322337.jpg
舞台では去年と同じく社交ダンスやコーラスがあったのですが、一時間だけ見学しました。
3時くらいに終わって前の班の女の人3人で梅田まで歩き、ホワイティ梅田の中の天丼屋さんへ天丼を食べに行きました。
足も痛くて疲れていたのですが、出たついでにと天神橋筋商店街の美容院へ寄ってカラーカットしてバスで帰って来ました。
中途半端な時間に天丼を食べて夜の9時頃にお腹がすいたのですが、そこは我慢、我慢。体重が増える一方なので、食べ過ぎ注意です。



[PR]

by s-jw | 2017-11-09 17:01 | 趣味 | Comments(2)

「文章表現を楽しむ科・俳句④」2017年11月2日

この日が俳句の最後の授業になりました。
的場先生は身体の具合がお悪いようで、前回と同じく小原先生お一人の句会でした。秋の季語をテーマに出した二句を、前回と同じく一人一人が三句選んでの発表でした。
私の句は、
 
  朽ちはてた 壁に萩舞う 白毫寺

これは2票いただきましたが、選んでくれた人が「壁は塀のことだと思う」と言って下さったので、自分でも塀のことだと気付きました。なんたるお粗末 (>_<)
この目で見た風景なのに、壁とばかり思い込んでいたわ。
奈良の外れにある白毫寺は萩の寺で有名ですが、ほんとに朽ち果てた塀のお寺で、行く度に情緒をそそられます。
秋の季語である「末枯るる」(うらがるる)を使いたかったのですが、萩も季語なので、悩んだ末に「朽ちはてた」にしました。
もう一句は、

  柿という 字を見てさえも 奈良想う

これは1票だけ入って、入れてくれた方が「奈良出身なんですか?」と聞いて下さったけど、私の事ではなくて母のことを詠んだ句なのです。母は60数年暮らした大阪の事はすっかり忘れて、自分が帰るべき場所は故郷の御所だと思っています。「御所想う」だと、御所はマイナーな地名なので、奈良にしました。自分では好きな句なんですが、人から見たら何のことかわかり難いですね。
この句は、最初に教えてもらった一番大事な「読む人に意味がわかること」が抜けていました。
もっと切磋琢磨しなくては、と思うけど、俳句の授業はこれでお終い。次の一歩を考えなくてはいけません。
 

[PR]

by s-jw | 2017-11-05 09:42 | 趣味 | Comments(2)

「文章表現を楽しむ科・エッセーに挑戦⑤」2017年10月26日

前回と同じく夏休みの宿題、自由題のエッセーの合評の授業でした。
この教室の生徒は43人いるのですが、前に出て自分のエッセーを読んだことがない人が二人いて、その人達が読み上げました。
今回読んだのは二人だけでしたが、テーマが政治や宗教に関わっていて感想を言う人が大勢いたので、前半一時間が過ぎました。後半一時間は、エッセーの基本的な事のおさらいでした。
私としては、文章を書くのは才能・センスが大きく影響するのではないかと思うのです。
私が40歳前後の時に女性にもゴルフが流行っていて、何事も形から入る私は得意先の関係もあり、ゴルフ道具一式を買い揃えて、会社の有志で何度か打ちっ放しに行きました。運動神経が鈍い私はもちろん下手くそでした。その時、ゴルフが上手い人に言われて覚えているのは、「(ゴルフが)上手くなるコツは、パワーかセンス」という言葉でした。
それは何事にも当てはまるのではないだろうか・・・?
何事にもセンスが一番大事なんだろうけど、努力するパワーが必要なんです。
センス(才能)ある人はそうそう努力しなくていいけど、ない人はパワーを磨いていくしかないのです。ゴルフに関しては努力する気もなく、何年か前に道具類を大阪市の大型ゴミに有料で引き取ってもらいました。
今回、気付いたことは文章を書くことも一緒ではないでしょうか?
私は、ただただ好きというだけで文章を書いているけど、努力するパワーを磨いていかないと、と教えてもらった気がします。



[PR]

by s-jw | 2017-10-29 19:46 | 趣味 | Comments(4)

「文章表現を楽しむ科・俳句③」2017年10月19日

俳句の授業、3回目。的場先生がお休みで、前回助手をしておられた小原勝先生を中心の句会でした。
俳句の授業になってから一番初めに出した2句を一覧表にして、夫々好きな句を3種選ぶというもの。1ヶ月以上前の事なので、自分が出した句を忘れておられる人もいました。
私は、何年か前に初めて作った俳句を、2文字変えて提出しました。

    コスモス 天に伸びゆ 宇宙(そら)の花
             ↓
    
コスモスよ 天に伸びゆけ 宇宙(そら)の花

この句は5票点数をいただいて、上位に入りました。
花=桜(春の季語)なので、季語が二つあってダメかな~とも思っていました。
夫々の句を選んだ人の意見を言ってもらえるので、誉めてもらえると嬉しいものです。
普段声が大きくて、内心ウルサイな~と思っていた男の人が「コスモスと宇宙をかけた壮大な句」と誉めて下さって、いっきに好きになりました(笑)
もう一句は、

   車窓から 眺む稲穂の パッチワーク

これは9月に岡山へ行った時、電車の窓から見た田圃が色とりどりで、まるでマッチワークやな~と思った気持ちを素直に詠んでみました。これは1票入っていました。1票でも嬉しいものです。
眺むを臨むにしようかと、さんざん悩みました。
俳句作りは本当に楽しいんだけど、発表する場がないと作らなくなるかな~とも思っています。
俳句の授業は後一回あり、その後は短歌の勉強になります。
短歌は未知の世界。ワクワクドキドキです(^^)


[PR]

by s-jw | 2017-10-22 09:48 | 趣味 | Comments(2)

パン教室2017年10月

10月のパン教室の昨日は、どしゃ降りではないものの一日中雨でした。
止み間なくしとしとと降る「秋の雨」は俳句の季語になっています。

   秋の雨 パン教室の 戸も重く

メニューは、パン教室の新メニュー、Cafe(カフェ)。
e0353802_15503516.jpg
下はチョコレートが入ったコーヒー味のパン生地に、上はやはりコーヒー味のクッキー生地を乗せて焼いています。表面にチョコレートで「Cafe」と書かないといけないのですが、失敗です(^_^)
もう一つは、チーズとクランベリーのバトンというパンというかお菓子のようでした。
e0353802_15550987.jpg
ドライクランベリーが入った生地でクリームチーズを巻いて焼きました。
形を揃えないといけないのだけど、バラバラです。
昨日のパンは、どちらも菓子パンで甘くて美味しかったです。
お昼を食べてから、安倍首相が隣駅に遊説に来るというので、雨の中一駅歩いて見に行きました。
2時30分の予定でしたが、安倍さんが来られたのは3時頃。駅の階段下だったけど、待った甲斐がありました。首相にはなかなかお目に掛かれません。しかし演説内容は今一つ聞こえませんでした。雨でも大勢の人が集まっていて、遠目に安倍さんとわかるくらいに見えました。
そういえばイヤホンを付けた黒い服の人を何人も見ました。SPですね。女性もいました。
e0353802_16041246.jpg
この写真じゃよくわからないけど、横棒の向こうの白い傘のどれかが安倍さんです。

[PR]

by s-jw | 2017-10-17 16:05 | 趣味 | Comments(6)

「だから荒野」

9月 桐野夏生「だから荒野」★★★★☆

高大がある森ノ宮のキューズモールの中にまちライブラリーがあります。500円で会員登録すると、永遠に本を借りられるのです。
持ち寄りの寄贈された本で成り立っている図書館で、立ち上げの頃は蔵書が少なかったけど、今は多くなりました。その分、本も汚れてはきていますが、文庫本なんかは市立の図書館と違ってきれいな本が多いです。
会員になって初めて借りた小説が「だから荒野」
桐野夏生さんは、好きな作家さんです。特に初期の頃の作品、神取忍をモデルにしたというファイアボールブルースシリーズがお勧めです。
「だから荒野」は、先にNHKドラマを見ました。
その後、原作を読んだと思っていましたが、今回読んでみて初めて読んだのだと気付きました。ドラマは丁寧な脚本だったので、読んだ気でいました。
ドラマで主人公の46歳の主婦の役は鈴木京香さんだったのですが、ドラマを先に見たので、鈴木京香さんは原作のイメージと違って綺麗過ぎます。汚くなくてもいいけど、もっと普通のもっと太り気味の女優さんがいいな~ 
このドラマは2015年1月からの放送だったのですが、今ブレイク中の高橋一生さんが出ていました。私は高橋一生さんが20歳くらいからの時からの隠れファンで、今のブームが嬉しいやら淋しいやら。いつも一癖も二癖もある変な人物の役で、「だから荒野」も怪しげな役でした。それが見事に似合っている人なので、いい人や普通の人の役は似合わない気がします。
高橋一生さんはNHK朝ドラ「わろてんか」にも出ていますが、小林一三さんがモデルだとか。とりあえず、高橋一生さんを朝に見られるのが楽しみです。
話が逸れました。
だから荒野の荒野は、主人公の朋美の家庭のことなんですね。
料理下手で何の取り柄も無いと自分でも思っている朋美は、私達一般人代表の主婦なんだと思う。だから?何なの?と作者は言いたいのではないでしょうか?
最後は荒野であった家庭に帰ってしまうのね。
希望としてはファィアボールシリーズの主人公・火渡抄子のように、家庭に帰らないで荒くれた荒野を一人でどんどん歩いて行ってほしかった~ 
桐野夏生さんの作品はほとんど読んでいるけど、正直、エログロ作品は好きでないので、こういう類の作品をもっともっと読んでみたいです。



[PR]

by s-jw | 2017-10-15 19:21 | 趣味 | Comments(2)