カテゴリ:おでかけ( 128 )

「葉加瀬太郎コンサートツァー2017」

昨日は葉加瀬太郎さんのコンサートライブに行って来ました。
mixiで知り合った友達がファンクラブに入っていて、2006年から毎年声を掛けてくれます。去年と一昨年は都合で行けなかったのですが、この時季になるといつも葉加瀬太郎ワールドを楽しんでいます。
ここ数年は新装なったフェスティバルホールで。フェスティバルホールが建替え中の時は、中之島の大阪国際会議場で一度と、オリックス劇場(以前の厚生年金会館)で一度。この時は、前から二番目といういい席でした。その何年か前は神戸の友達と三宮の「神戸国際ホール」へ行ったこともあります。
ただオリックス劇場の前年くらいからハカセグッズを売り出して、その中の羽根がついた扇子をラストの「情熱大陸」の時に振るのですが、アレルギー鼻炎の私は鼻がぐずぐずしてたまりませんでした。
去年私が参加しなかった時に、昨日一緒に行った友達三人は羽根つき扇子を買って、一人の人は忘年会の時にこの扇子を使って踊ったとか(笑)
今年の扇子には羽根が付いていませんでしたが、去年までの羽根付き扇子を持っている人も多くて、私は鼻炎の薬を飲んで臨みました。色とりどりの扇子が舞っている中、聴く「情熱大陸」もいいものです。
昼の12時に待ち合わせて、途中でランチを食べて行ったのですが、終わってからはもちろんビールを飲んで帰りました。
フェスティバルホールがある肥後橋から西梅田まで歩き、ホワイティ梅田の中のバルみたいな店で、「ちょい飲みセット」を頼みました。呑み助の集まりの私達、ちょい飲みで終わるわけがなく、おつまみを追加して、夫々ハイボールやチューハイをお代わりしました。
どこへ行っても、これがなくっちゃね(^^)


[PR]
by s-jw | 2017-10-10 22:29 | おでかけ | Comments(2)

四天王寺の歴史に学ぶ

9月30日、高大のイベントで「四天王寺の歴史と信仰」の講義と、国宝・国指定の重要文化財を擁する伽藍・宝物殿の見学に行って来ました。
同じ班の友達と一緒で、四天王寺へは子供の頃から何度か来ているとのことでした。
私は骨董市に一度行ったことがあるくらい。母が元気な頃は、「今日はしてんのじさん(四天王寺)へ詣って来た」とよく言っていました。一緒に行く近所の友達もいっぱいいたし、今の私みたいなもんかな・・・スーパーでは売っていない高齢者向けの下着や、足のサポーターなんかを露店で買って来ていました。
JR天王寺駅で待ち合わせて、天王寺ステーションビル改めミオプラザ館の上でランチしました。私達の世代は、ここは天王寺ステーションビルとしか言いようがないんですけどね。
久しぶりに「KYK」へ。ここも粋花KYKというお洒落な名前に変わっていました。しかもランチは、トンカツに食べ放題のサラダ、何種類かの副菜、ご飯、味噌汁を付けられるシステムになっていました。
e0353802_17263433.jpg
肝心のトンカツの写真がありませんが、お持ち帰りOKだったので、半分食べて残りは晩のおかずになりました(^^)
四天王寺執事であり四天王寺大学教授の南谷先生が1時間の講義をして下さいました。聖徳太子の昔から四天王寺がいかに大事な役割を果たしてきたお寺であるかということ。地震、大火、台風等の自然災害、また応仁の乱から信長と大坂(石山)本願寺との戦い、大坂冬の陣、そして大阪大空襲と被害を受けながらも、都度復興してきたというお話でした。
また何度も災害に遭いながらも、豊富な出土資料があり重要文化財に指定され宝物が何点もあるとのことでした。
講義の後は、四天王寺の若い学芸員さんに伽藍の中を案内してもらいました。
e0353802_17452791.jpg
これは古いりっぱな建物ですが、本堂ではなくて六時堂というお堂です。
本堂初め何度も再建されているので、他の建物も六時堂のように残っていたら、古くからの歴史がある四天王寺は世界遺産に登録されても不思議はないと思いました。奈良や京都と違って天災や人災で壊されてしまうのは、大坂という町の宿命でしょうね。
事情があって、その後難波まで出て、この日はたくさん歩きました。
ハイキングでもないのに、15000歩超え。頑張りました。


[PR]
by s-jw | 2017-10-03 19:53 | おでかけ | Comments(2)

空堀・松屋町街歩き

9月29日、南部同窓会のイベントの街歩きに参加して来ました。去年の班の友達と一緒でした。
時間の5分くらい前に待ち合わせ場所に着いたけど、それらしき人が誰もいない。暫く待ったけど誰もこないので、リーダーにメールしたら、遅刻したみたいです。それにしても誰も来ない。
やっとリーダーが来たけど、待ち合わせの谷町六丁目の出口がわかり難くて他の出口に出られた人が何人かいたようです。友達も違う出口に出てぐるっと回って辿り着いたみたい。
15分遅れで全員揃って出発です。ところがこの街歩きに案内ボランティアをお願いしていた方は今のクラスの人でした。男性が少ないクラスなので、私は知っていましたが、挨拶したら私のことをご存知なかったようです。
案内の人を入れて8名で、空堀商店街から石垣のある路地の道を歩きます。
「ブラタモリ」で見た大阪城の石垣が残っている所です。
e0353802_19162763.jpg
タモリさんもここを歩いていましたね。
戦争で焼き残った町屋が残っていて、住んでする方がいる家もあります。
それから、少し離れた榎木大明神の所まで行きました。ここは江戸時代、熊野詣する旅人達の目印になったそうです。しかし、この樹は榎でなく樹齢650年の槐(えんじゅ)という樹とのことです。
「プリンセストヨトミ」という映画で、この大明神にお祈りするシーンが出て来ました。何年前になるのか、私も劇場へ観に行きました。
そこで疲れたという人がいて、少し歩いて戻ってお屋敷再生複合ショップ~練でコーヒーやチョコレート飲料を飲んで、しばし休憩。
e0353802_19384349.jpg
この建物は、有形文化財に登録されているとのこと。
そこから松屋町の住友銅吹所まで歩いて、解散となりました。
私と友達は長堀通りに沿って心斎橋に向かって歩き、地下のクリスタ長堀の中の「風月」でお好み焼きと焼きそばを頼んでシェアしました。
今回も感想文を頼まれて、ガッテン承知と二つ返事でOKしました。
お天気は良かったけど、真夏とは違う風が吹いて気持ちのいい一日でした。

[PR]
by s-jw | 2017-10-01 19:48 | おでかけ | Comments(0)

上賀茂神社から京都植物園

阪急無料乗車券シリーズ第3弾です。
今回は、毎月第4日曜日に京都の上賀茂神社で行われる手づくり市へ行って来ました。
いつものメンバー、FさんとMさん。最寄りのバス停から大阪駅へ出ます。阪急電車・梅田駅から特急で烏丸まで行き、京都市営地下鉄に乗り替えて北山駅まで。北山からはタクシーに乗って上賀茂神社まで行きました。家の最寄りのバス停から2時間近くかかりました。
私が考えた行き方は、阪急電車の終点の河原町からバスに乗って上賀茂神社まで行く予定でいましたが、腰が悪いMさんを心配して、バスが満席で座れなかったら可哀そうだと、娘さんが他の方法を考えてくれたそうです。一度お会いしたことがあるけど、美人で頭が良くて、おまけに優しいんですね。子供がいない私や、何もしてくれない(本人談)息子二人のFさんとは大違いです。といっても、この阪急の無料券はFさんの息子さんのプレゼントなんですけどね(^^)
百万遍の手づくり市には何度か行ったことがあるけど、上賀茂神社の手づくり市は初めてでした。出展しているお店はダブっているのだろうけど、雰囲気は上賀茂の方がいいですね。なんといっても、敷地が広くてゆったりと買い物が出来る。境内に小川が流れていて、素敵。
e0353802_19011533.jpg
e0353802_19012675.jpg
私は、ルバーブと無花果のジャム、大福3個、ちりめん山椒、お漬物2種類、と自分が食べる物ばかり買いました。
お昼は上賀茂神社の近くの食堂で、衣笠丼というのを食べました。大阪では聞いたことがないのだけど、他人丼(牛肉と卵)に油揚げが入っていました。
ランチの後、タクシーで北山まで戻って京都府立植物園へ行きました。ここは他府県の人でも70歳以上は無料です。以前、私が60歳の時に来た時も無料でした。その後、いっきに70歳以上になったようです。といっても200円の入場料。有難い金額です。
どこへ行っても彼岸花が満開です。
e0353802_19093240.jpg
珍しい黄色の彼岸花が咲いていました。
e0353802_19094397.jpg
まるで山の中のような針葉樹林の道を散策してから、帰途に着きました。
梅田へ出て、相手替われど主替わらず。「ニューミュンヘン」でビールを飲んで帰宅しました。
e0353802_19132101.jpg

[PR]
by s-jw | 2017-09-26 19:13 | おでかけ | Comments(2)

ハイキング・黄檗から宇治へ

台風一過の秋晴れの昨日、月一ハイキングで宇治方面へ行って来ました。
京阪電車・黄檗駅で待ち合わせ。
黄檗には、日本三禅宗での一つ黄檗宗の大本山である萬福寺があり、普茶料理を食べられるお寺としても有名です。開創は隠元禅師。名前の由来となったインゲン豆、スイカ、レンコン、孟宗竹等を中国からもたらしたといわれています。
e0353802_17060341.jpg
一度来たかったのですが、今回は素通り。ここから三室戸寺へ向かいます。
紫陽花の季節ではないので、三室戸寺も門前で折り返しました。
少し戻って源氏物語ミュージアムの横を通り「さわらびの道」を歩きます。
私達4人、ボーッと歩いていたのでしょうね。バイクを降りたばかりのオバサンに捕まってしまいました。宇治観光のボランテイアをしているそうですが、去年ご主人が亡くなったことから3年前に三女を亡くしたこと、N○Tに場所を借りていろんな催しを開催していて会社の人(79歳の今も現役だそうです)にも協力してもらっていること、どんな仕事をしているかということ等、滔々と喋り出しました。初めて会った人相手に30分以上、いや1時間近く喋り倒すって、本人が言う内容が全てが事実であったとしても、真実なんだろうか・・・
あいづちをうって聞く友達がいるので、私も聞いていましたが、話半分に思う私は人が悪い?! 人に迷惑をかけないことを信条として生きているので、見ず知らずの観光客相手に自分の事ばかり喋る人は、私ははっきり言って嫌いです。
いつまで喋るのだろうとイライラしていたら、友達が「ではそろそろ」とかなんとか言ってくれて、やっと解放されました。
「さわらびの道」の途中には、日本最古の神社建築で世界遺産に登録されている宇治上神社へ。
e0353802_19472373.jpg
e0353802_19474408.jpg
e0353802_19475487.jpg
一番下の写真の本堂には、菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと)、 応神天皇皇子、そして仁徳天皇が祀られています。
ここから宇治川へはすぐ近く。川縁でお弁当を食べました。
大吉山展望台へ登る予定でいましたが、私の足が痛くて天ケ瀬ダム往復を歩くことにしました。
オバサンに教えてもらった浮島十三石塔。
e0353802_20102486.jpg
宇治川沿いのあじろぎの道からは、宇治平等院を見ることが出来ます。
e0353802_20141021.jpg
足が痛い原因は家に帰ってから気付いたのですが、一週間くらいまえに椅子の脚で足の小指を踏んづけて怪我したところが治っていなかったのです。この左足の小指のあたり、魚の目は出来るわ、水ぶくれになるわで、歩くとしょっちゅう痛くなるので、怪我の事はすっかり忘れていました。
いつもの乾杯は宇治駅近くの「サイゼリア」で。
あまりに早い時間だったので、みんなで粘ること、粘ること。
予定より早く帰ると、ご飯の仕度をしないといけないのだそうです(笑)
おかげで、ビールにワインも飲んで、おつまみをいっぱい頼んで一人1200円くらいという安さ。「サイゼリアバンザイ!!」です。

[PR]
by s-jw | 2017-09-19 20:06 | おでかけ | Comments(2)

日帰り旅その2・倉敷

岡山から倉敷へは20分くらいで着きます。
倉敷に着いたのが2時過ぎ。5時前の列車に乗る予定なので、時間はたっぷりあります。
駅から美観地区までは歩いて15分もかからなくて、縦横無尽にある商店街を歩いて行っても楽しいですね。
倉敷へは二十代の時に二度、四十代の時に一度来たことがあります。その時に比べて、土産物屋や食べ物屋さんのお店が増えていました。
e0353802_22401914.jpg
四十代に来た時は、裏道にあるお店もまだ少なかったと思います。
美観地区にある老舗の「旅館くらしき」に泊まりました。幾つの時だったのだろう? すでに外反母趾になっていて、白いスニーカーを履いて来たことを覚えています。
倉敷紡績の工場跡地が「アイビースクエア」というホテルやカフェがある総合施設になっています。
録画していた「ブラタモリ」を見ていたら、この工場はイギリス人が設計して建てたので、直射日光が良く入るようにのこぎり屋根にしたそうです。イギリスの気候だったらそれでよかったのだけど、日本では夏場は暑くなり過ぎて、外壁にアイビー(蔦)を植えて温度を下げるようにしたそうです。今でいうグリーンカーテン。蔦を植えることによって、夏場の温度差が10度もあったと「ブラタモリ」で、草彅剛くんがナレーションで言ってました(^^) 35度が25度に!? そりゃ涼しいわ。
e0353802_22404898.jpg
録画していた「ブラタモリ」を見て予習してから倉敷へ行くつもりでいたのに、時間がなくて復習になってしまいました。
知ったかぶりで友達に、高い所に窓を作ったと説明したけど、のこぎり屋根に作った、の間違いでした。放送時に見たのだけど、全然覚えてなかったわ~
この日も暑くて、路地裏にあるカフェで白桃ソフトクリームを食べて一休み。
e0353802_07532773.jpg
一息ついてから、再び倉敷川沿いの美観地区を歩きました。
e0353802_07545563.jpg
e0353802_07551213.jpg
昔はなかったけど、今はこういう川舟に乗ることも出来ます。短い川をゆったりと進んでいました。
ゆっくりしたかったけど、帰りの時間を間違って認識していたようで、早足で歩いて一時間以上も早く駅に戻ってしまいました。
早く帰れるに越したことがないので、一時間早い列車で帰ることにしました。
2時過ぎに倉敷に着いて4時前後の列車に乗ったので、2時間くらいしか滞在しなかったことになります。
また来る機会があれば、もう少しゆったりと散策したいものです。

[PR]
by s-jw | 2017-09-11 19:18 | おでかけ | Comments(2)

日帰り旅その1・備中高松城跡

余った青春18キップを譲ってもらって、友達と二人、備中高松城跡と倉敷へ日帰り旅をして来ました。
9月8日金曜日、前回と同じ7時46分大阪発の新快速で姫路へ。前で懲りたのでトイレに近い車両に乗りました。
日帰りなので倉敷だけ行くつもりでしたが、前日に班の男の人が一泊の時に予定していて行けなかった備中高松城跡へ行ったらいいと、わざわざ私の教室まで言いに来てくれたのです。その人も余ったキップで一泊で四国へ行った帰りに行ったのだと、パンフレットを持って来てくれました。そこまでしてもらったら行かなくてはと、行って来ました。
姫路から相生、岡山で桃太郎線(吉備線)に乗り換えて20分。備中高松駅から徒歩10分。何もない広々とした場所に高松城跡があります。
秀吉が水攻めして城主の清水宗治を切腹させて中国大返しをしたお城として有名です。
e0353802_17430882.jpg
思っていたより何もなくて、帰りは予定していた時間より2時間も早い列車にぎりぎり飛び乗りました。時間が無かったら倉敷は諦めて岡山の後楽園へ行こうかと言っていたのですが、余裕でした。
私達は岡山へ戻る列車に乗ったのですが、後で友達がスマホで検索すると反対方面だとそのまま倉敷へ行けたみたいです。今までは人に付いて行くだけだったので覚えられなかったけど、自分で調べるといろいろ解ります。
岡山で時間があったので、駅近くのお店でランチしました。
名物の祭り寿司を食べたかったけど駅中のお寿司屋さんが満席で、「旬すけ」という居酒屋で岡山名物盛り定食を食べました。
e0353802_19320655.jpg
ままかりのお寿司とままかりの酢漬け以外の岡山名物は何だったのだろう?
甘辛く煮た穴子が美味しかったです。瀬戸内海に面しているので、穴子も名物なんですね。食事してから倉敷へ。
続きます。

[PR]
by s-jw | 2017-09-10 19:40 | おでかけ | Comments(0)

先生の送別会

昨日は、悠々会の書道クラブの先生の送別会がありました。
このグループの懇親会は、天満橋の金城閣と決まっています。
先生の古くからのお知り合いが経営されているので、いつも安くしていただいているのですが、先生がおられなくなったらもう無理でしょうね。
メニューもいつも同じ。
フカヒレスープ / 小海老のチリソース煮 / 酢豚 / 麻婆豆腐 / 若鳥唐揚げ / 春巻き /
食後にコーヒーが付いて、デザートの杏仁豆腐、胡麻団子、桃のクッキー、さつまいもの飴炊きが食べ放題。
私が入部した2年前の11月に懇親会があった時はアルコールがなくてがっかりしたものです。その後懇親会が3回あったと思うけど、ビールを頼むようになりました。今思えば、その時の幹事さん次第なのかも・・・ 私が入部した時の幹事さんは、全然飲まない方でした。
それにしても、先生、お世話になりました。
筆運びが下手な私を、いつも丁寧に指導して下さいました。
練習で書いた半紙を置いているけど、今見たら我ながら初めに比べたら上手くなっていると思います。
先生は瀬戸内寂聴さんと交流があったようで、サイン入り本を9人全員分用意して下さっていました。あみだくじを引いて当った私の本は、「寂聴詩歌伝」という齋藤愼爾さんという人との対談集です。
まだ読了していないので詳細はわかりませんが、寂聴さんの俳句六十句が載っているのです。二学期から高大で俳句を勉強することになった私には、ピッタリの本でした。
先生、いつまでもお元気で・・・


[PR]
by s-jw | 2017-09-07 23:11 | おでかけ | Comments(0)

岸和田だんじり祭り・試験曳き

9月3日日曜日は、岸和田だんじり祭りの試験曳き見学に行って来ました。
二年前にチケットを買って有料観覧席で見たことがあるのですが、去年同じ班の岸和田在住の女の人が「あんなとこで見ても面白くない」と言って、招待してくれました。
この前の旅行で会ったばかりですが、去年の班の人達8人集合。南海本線・岸和田駅で待ち合わせて、ぶらぶらと街を見学しながら歩きます。
NHKの朝ドラ「カーネーション」の舞台になった糸ちゃんのお店が、駅からのメイン通りにありました。横道に逸れて住宅街を歩き、岸和田城まで行きました。
岸和田の近くまで7年間も通勤していたのに、お城へ来たのは初めてです。
e0353802_08540185.jpg
思っていたより大きくて勇壮なお城で驚きました。日本続百名城に選ばれたそうです。
お城の近くにある岸和田がんこ五風荘で、ランチでした。
祭りの本番の日ともなると、一年前から予約をするそうです。この試験曳きの日でも、友達は今年の一月から予約してくれていたのです。
e0353802_10583001.jpg
e0353802_10584467.jpg
食事してから友達の実家がある町へ。友達の実家の近くの道はS字になっていて、だんじりが曲がるのが難しい所です。友達にいろいろ諸注意を受け、2時前頃からいよいよだんじり曳きが始まります。
友達は自分の町のだんじりをポイントポイントで見られる手書きの地図を作ってくれていて、その通りに歩いて見学しました。
見物客がだんだん増えてきて、最後は身動きが取れないほど。8人一緒の行動がいつの間にかバラバラになってしまい、集合場所の友達の実家まで行くのに一苦労でした。なんせ次から次へと町毎のだんじりが通るので、その間は歩けないのです。
e0353802_11052820.jpg
屋根の上で飛んだり跳ねたりする大工方はカッコいい。
直角の所を曲がるやりまわしも見せてもらいました。
見物客を入れなくても、岸和田市の人口を上回る人が祭りに携わっているそうです。故郷を離れた人達も三々五々帰って来るのでしょう。それに、違う所に住んでいる親戚なんかも法被や揃いのTシャツを着て、だんじりの後について走っているとか。
私が長年勤務した会社の工場が泉州地区にあったので、だんじり祭りと泉州人の性格は把握しているつもりですが、祭りに対する熱さはよそ者には未知の分野です。
男性の皆さん、写真を撮りまくっていました。一人の人なんか100枚くらい撮ったとか・・・
実家から駅まで送ってもらい解散。といっても、全員南海電車で帰ります。途中の堺駅で2人降りて、残った5人の内アルコールを飲まない1人を除いた4人で、難波のなんなんタウンで乾杯しました。
e0353802_19274368.jpg
高大の去年の班の仲間達、一年と少ししか付き合っていないのに、ほんとにいい仲間に出会うことができました。

[PR]
by s-jw | 2017-09-06 19:32 | おでかけ | Comments(0)

急な飲み会だったのに全員集合

昨日は夕方から難波で飲み会でした。
8月は月一ハイキングもないので、暑気払いをしようということに・・・話が出たのは、一昨日の夕方でした。
8月一杯の日程を調整しましたが、6人全員がいい日となるとないものです。私も8月前半は暇だったのに、今週からは予定がびっしり。全員が参加出来る日は翌日である8月20日、日曜日の昨日になりました。
ここ2年程は行っていないのですが、このグループが行き付けの居酒屋さんが難波にあるのです。予約の電話をしたら、マンの悪いことに難波の店から引越するそうで8月いっぱいお休みだそうです。
2011年1月に関西在住のマイミク(ブロ友)さんが集まって私の還暦祝いをこのお店でして下さって、グループが誕生しました。もう6年も前のことになります。
仕方がないので、もう一軒、このグループで行くのは二度目ですがブション 難波店を予約しました。
メニューは毎度毎度一緒の2980円の飲み放題コースなので、写真はなしです。
今回は乾杯のスパークリングの赤ワイン、チリ産赤ワイン、ドイツ産白ワイン、ジントニック、初めて飲んだジンバック。合計5杯も飲んでしまいましたが、気持ちよくなっただけで酔いもせず、楽しい時間が過ぎていきました。
mixiで知り合ったグループですが、6人全員が飲む人なので、こうして続いているのかも・・・(笑)

[PR]
by s-jw | 2017-08-21 19:33 | おでかけ | Comments(4)


41年間勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。


by シズコ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

パン教室2017年10月
at 2017-10-17 16:05
「だから荒野」
at 2017-10-15 19:21
スポーツ交流大会・2017年..
at 2017-10-13 20:30
「葉加瀬太郎コンサートツァー..
at 2017-10-10 22:29
「あすなろ三三七拍子」
at 2017-10-08 17:36
「文章表現を楽しむ科・エッセ..
at 2017-10-06 10:45
四天王寺の歴史に学ぶ
at 2017-10-03 19:53
空堀・松屋町街歩き
at 2017-10-01 19:48
「文章表現を楽しむ科・俳句②..
at 2017-09-29 22:48
上賀茂神社から京都植物園
at 2017-09-26 19:13

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

最新のコメント

> sakura81-2..
by s-jw at 22:02

タグ

(105)
(103)
(84)
(83)
(48)
(48)
(33)
(29)
(23)
(21)
(20)
(19)
(17)
(15)
(12)
(5)
(5)
(2)
(1)

フォロー中のブログ

結婚して西へ行くまで~西へ来た
年金だけでも楽しく暮らし...
郵便ポスト
趣味はいろいろ
タワラジェンヌな毎日
おひとりさまの食卓plus
ひとりぼっちランチ
ボケリン・ママリンの観察日記
お散歩日記
お日さまに包まれて
小さな幸せ 田舎の主婦は...
ヒロままの小さな部屋通信。
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...
*カフェハウス*の暮らし
sakura81 日々一歩づつ
アンサンブル・ショコラ

外部リンク

画像一覧

カテゴリ

全体
ウォーキング
ご挨拶
日常
母が見ていた景色
会社
趣味
おでかけ
旅行
未分類

グリムス

メモ帳

最新のトラックバック

検索

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
シニアライフ