カテゴリ:おでかけ( 137 )

「ハワイアンとフラダンス愛好家の皆様」というステージ

昨日は高大の友達が誘ってくれて、心斎橋の「コンテ・ローゼ」というライブハウスへ行って来ました。
友達の高大繋がりの仲間がバンドを組んでいて、普段はジャズ演奏をしているのですが、今回はハワイアンの演奏にフラダンスもあるので、フラをやっている友達にお声がかかったのでしょう。
別の友達が従妹さんのジャズライブに時々誘ってくれるのですが、こういう半プロの演奏家のライブを中心にやっているライブハウスがあちこちにあるんですね。
1st、2st、3stとスリーステージあって、ハワイアンの曲は詳しくないのですが、それぞれハワイアンを中心にラストは観客も一緒にクリスマスソングを歌うという趣向でした。
そしてハワイアンの半分くらいに、立命館大学のフラダイス部出身の若いお嬢さん達と、年配の先生一人のフラダンスがありました。
e0353802_19175127.jpg
e0353802_19372261.jpg
お嬢さん達は今年社会人一年生ということですが、何曲も踊って可愛かったです。友達と「若いっていいね」と言い合ったのでした。
二時からのステージで四時半頃に終わり、クリスタ長堀に下りて、お茶を飲んで解散しました。
たまには生のステージ、いいですね。

[PR]

by s-jw | 2017-12-17 19:32 | おでかけ | Comments(0)

光明寺の紅葉

阪急無料乗車券シリーズ第4弾。
阪急電車で行く所は限られているのだけど、11月28日、今回はMさんお勧めの光明寺へ行って来ました。
いつものように最寄駅からバスで梅田まで出て阪急電車・京都線の長岡天神駅まで行きます。ここからバスで20分あまりで光明寺に着きました。自宅から1時間半くらいで行けました。
今年の紅葉は早いので、もう遅いかな~と思っていましたが、まだまだ綺麗な紅葉が見られました。
e0353802_19551541.jpg
e0353802_19553197.jpg
真っ赤なモミジがいっぱいあって、綺麗でした。
紅葉のトンネルの「もみじ参道」を歩くのですが、ほんとに美しかったです。
e0353802_19593645.jpg
e0353802_19592278.jpg
お昼は光明寺近くのいっぷく亭で。Fさんも私も、ここではアルコールを飲まなかったのです。
ご飯を食べ終わっても1時半頃。ここから歩いて長岡天神まで行くつもりなので、飲んでる場合ではなかったのです。店の人に聞いたら、歩いて20分くらいかな~もう少しかかるかも、ということでしたが、何の何の、50分近くかかりました。後で調べてみると、2.2キロもあるのです。途中畑がいっぱいあって、畑好きのFさんが立ち止まること数回。都会育ちなので畑を見るのが大好きなんだそうです。
そういえば露店で葉っぱ付きの人参を買っていました。大根が欲しかったそうですが、サスガに重いので諦めたみたいです。
私は長芋のわさび漬けを買いました。三切れで700円と高かったのですが、試食品が美味しかったので。これ、家でも作れるかな・・・
長岡天神も紅葉が残っていましたが、光明寺を見た後なのでね・・・
e0353802_20094610.jpg
長岡天神から駅までは歩いてすぐ近く。梅田へ出て、いつもの乾杯をしました。
e0353802_20110875.jpg
この日は暖かくてウォーキング日和。実は23日の予定が三人の体調が悪くて、紅葉には遅いかなといいつつ延期になったのですが、結果オーライでした。




[PR]

by s-jw | 2017-11-30 20:15 | おでかけ | Comments(6)

歌舞伎入門

葉加瀬太郎さんのコンサートの時にもらったパンフレットを見て友達が行こうと誘ってくれた中村勘九郎 中村七之助特別講演へ行って来ました。
一部は司会者を入れての二人の芸談。たっぷり時間を取って二人の話を聞けました。
サスガ歌舞伎界のプリンスのお二人、お話も面白くてお上手でした。
演目は勘九郎の「棒しばり」。後ろ手に縛られた太郎冠者(鶴松)と棒に縛られた次郎冠者(勘九郎)が甕に入った酒をなんとかして飲もうと奮闘する舞台です。横にした棒に両手を縛られた勘九郎の演技がユーモラスで、観客の笑いが絶えない演目でした。
最後は打って変わって七之助の藤娘の踊りです。幕が上がると、大きな藤棚と七之助の美しい着物姿に歓声が上がりました。早変わりも二回ありました。
兄弟揃ってこんなにタイプがハッキリ違っているのは、歌舞伎界としたら理想の兄弟ですね。二人とも子供の頃からの日々の精進の賜物でしょう。素晴らしい舞台でした。
お二人でこういう公演を重ねていくのは、歌舞伎の世界を少しでも多くの人に知ってもらう目的からだとも聞きました。
歌舞伎を知らない私でさえも、興味が湧いてきました。
会場は森ノ宮ピロティホール。終わってからは友達と食事することになっていたので、去年のクラスでよく行った居酒屋さんへ案内しました。JR森ノ宮駅近くにあるのですが、安くて美味しい居酒屋さんです。
いつも一緒にSMAPや関ジャニ∞のライブに行っている友達ですが、たまにはこんな舞台もいいねと話していました。

[PR]

by s-jw | 2017-11-23 21:45 | おでかけ | Comments(2)

お誕生祝い2017年11月

先週の土曜日はグループの11月生まれの人の誕生日のお祝いでした。
6人のグループですが、2人一緒にしたりするので年に4回開催されます。
食事はもちろん割り勘ですが、お誕生日のお祝いにお花のプレゼントをします。これもその為の会費を集めていてそこから出すので、厳密に言えば割り勘。庶民的な私達のお付合いが続いている秘訣かもしれません。
この時季、楽しみにしているのが、一人の人の手造りの柚子味噌。かえりちりめんが入った柚子味噌を毎年持って来てくれます。友達はNPOで高齢者向けの食堂をお手伝いしているので、大量に作って販売している人気商品だそうです。
もう一人の友達は、時々ダンナ様が作る奈良漬けを持って来てくれます。この奈良漬けを食べると、売っている奈良漬けは辛くて食べられません。切ってから何日たっても、ほんとに美味しく食べられるのです。この友達は季節折々の手造りジャムも持って来てくれたりします。
もう一人の友達は春になると、手作りのヤマブキの佃煮と破竹の炊いたん、秋にはやはりダンナ様手作りの柚子大根を持って来てくれます。
いただいてばかりで私は何も出来ませんが、お店の予約とみんなへの連絡をさせてもらっているのでカンベンしてね、というところです。
さて今回のお店は、阪急ターミナルビル17階にある里山ダイニングのランチバイキングでした。
3024円で120分食べ放題飲み放題です。
e0353802_11181612.jpg
e0353802_11182456.jpg
楽しくて、ビール、ハイボール2杯、赤ワインと飲んでしまいました。
お茶を飲んで解散でしたが、翌日さっそく大根を炊いて柚子味噌をつけて食べました。もう何ぼでも食べられる美味しさです。
ご馳走様でした!


[PR]

by s-jw | 2017-11-21 11:23 | おでかけ | Comments(0)

蔵の魅力再発見ーてくてくまち歩きー

クラスの一人の男の人がお住まいの地域で「住吉蔵部」という住吉区に現存する蔵を紹介する活動をしておられます。
昨日はそのイベントの一環で、街歩きに参加して来ました。
集合場所は南海高野線・帝塚山駅。初めて下りた駅です。9月に岸和田、10月に堺東、11月には河内長野と、今年の秋は南海電車にご縁があります。
集合場所にはクラスの男子二名と、女子は待ち合わせて一緒に来た二人の他に二名来られていました。参加者は十名くらいだったので、ほぼクラスの人ですね。一緒に歩いて下さるスタッフは八名とのことでした。こういうイベントは知る機会も少ないし、知り合いが集まることが多いのでしょうか?
住吉区には100以上の蔵が現存しているが、維持管理にもコストがかかり家を建て替えたり更地にする度に、年々減ってきているそうです。その中で、既存の蔵を別の用途に活用出来ればと、住吉蔵部のメンバーが活動されているようです。
元々は船場の商人たちが帝塚山にお屋敷や別荘を建てて、蔵も一緒に建てたことから始まっています。お屋敷がそのまま残っているような家は見受けられなかったので、蔵を残して建替えられたのでしょうね。
昨日は13個の蔵を見て回りました。
e0353802_19300466.jpg
ここは蔵をそのままカフェにしています。
e0353802_19301851.jpg
裏から見ると、蔵なのに西洋建築みたいです。家もヨーロッパ建築を用いて建てられていたそうです。
e0353802_19302907.jpg
「蔵ギャラリー」として展示されている所にもお邪魔しました。
e0353802_19374517.jpg
この辺りは「大阪町まちなみ大賞」を受賞してから、蔵のイメージにちかい色合い・建て方で家を建て直す人がいたと、ギャラリーのご主人は喜んでおられました。後で調べてみると、この辺りには市川右太衛門さんや長谷川一夫さんの御屋敷があったとか。
最後は蔵を曳家して自宅として住んでおられる方の家を中に入って見学しました。写真家で「住吉蔵部」のメンバーだそうです。表から見るとご近所の家とまったく遜色ない建物でした。一階は台所があるリビング。二階は主に骨董品を置いてある雑多なスペースになっていました。
そこで解散となり、クラスの有志でちん電(ちんちん電車・阪堺線)に乗って天王寺まで行きました。大阪にはちんちん電車が走っているのです。結構満員で、何人かが若い人に席を譲ってもらって、私も喜んで好意に甘えさせてもらいました(笑)
天王寺の「MIO」の中の中華店紅虎軒でランチして、全員ビールを頼みました。
e0353802_20041969.jpg
去年のクラスはよく飲みに行ってたけど、今のクラスでは懇親会以外での初めての飲み会かも・・・
食べて飲む時間を共有して、やっと仲間になれますね(^^)


[PR]

by s-jw | 2017-11-12 20:08 | おでかけ | Comments(2)

千早城址へ

去年から日本百名城巡りをしていますが、大阪府のお城は二つしか認定されていません。大阪城と、もう一つは大阪府唯一の村・千早赤阪村にある千早城です。
友人が千早赤阪村へ行きたいと言っていたので、昨日二人で行って来ました。
南海高野線・河内長野駅から金剛山ロープウェイ前行きの南海バスに乗って金剛登山口で下ります。ここで下りたほとんどの人は歩いて金剛山に登るのです。終点まで行ってロープウェイで登る人もいます。
登山道と反対方面の千早城へ向かうのは、私達二人だけ。ここで嫌な予感がしました。
なんせ、こんな急で高さがある石段を登って行かないといけないのです。
安土城の悪夢、ふたたび(>_<)
e0353802_21010552.jpg
ここだけ手すりがあるけど、後は手すりもないのです。しかし途中で引き返すわけにはいかないので、必死で登って行きました。
後で調べると安土城の405段に対し、千早城は550段でした! しかも安土城は幅の広いなだらかな石段だったのに、千早城は急な上に手すりがない。
e0353802_21541236.jpg
上がりきった所に千早城の本丸跡があり、楠正成が祀られた千早神社があります。といっても、何もない。
e0353802_21215303.jpg
e0353802_21222825.jpg
本堂の前の石段に座って、念の為コンビニで買って来たお握りを食べました。お茶も飲んで少しでも荷物を軽くして、石段を下りました。今思えば、二人ともよくも無事に帰ってこられたものです。私の勘違いだったのですが、百名城のスタンプは下のバス停近くのお店で押せるのでした。
たまたま前日に「おはよう朝日です」で千早赤阪を紹介していて、それで見た「山の豆腐」というお店の豆乳プリンを買って、バス停のベンチに座って食べました。
金剛登山口のバス停から、今度は富田林行きの金剛バスに乗り途中で下りて、棚田100選に選ばれた下赤坂の棚田を見て来ました。
稲刈りが終わっているかなと思っていましたが、まだ少し金色に輝く田圃が残っていて、思い描いていた美しい棚田の風景を見ることが出来ました。
e0353802_21402625.jpg
e0353802_21404044.jpg
今年は見られなかったコスモスも少しだけ見ることが出来ました。
e0353802_21405682.jpg
ここから再び金剛バスで、近鉄南大阪線・富田林駅まで出ました。私が通っていた高校が富田林市内にあって、金剛バスの沿線の地名は聞いたことがある所ばかり。同級生がいっぱい通学していたからです。沿線の友達の家に行ったこともあるし、千早赤阪村からは女子の一番人気の男子も住んでいました。
富田林からは阿部野橋駅まで出て、地下鉄御堂筋線で梅田まで。
なんとか無事に帰ってこられました(^^)

[PR]

by s-jw | 2017-11-02 21:55 | おでかけ | Comments(4)

「こんなに凄い堺の観光」講演会

10月25日に南部同窓会のイベントで、南海高野線・堺東まで行って来ました。
「百舌鳥・古市古墳群」が平成29年度のユネスコへの世界文化遺産推薦候補に決定したのが今年の7月。その前から計画されていた催しです。
去年同じ班だった男の人が中心になって計画したもので、4月か5月頃から参加して欲しいと言われていました。あと二人同じ班の人もいて、三人で参加しました。
一部は、NPO法人堺観光ボランティア協会の川上理事長の講演会「こんなに凄い堺の観光」
「徳川家康は大阪夏の陣で討死した」という仮説を元に、その証拠の数々をおもしろおかしく紹介する約2時間の講演でした。私は堺市のお隣の市に生まれ育ったのですが、近くて遠い堺市でした。知らないことばかり。堺は戦国時代から独立国のように、大坂や江戸とは違った独特の文化が発達してきたのです。大阪都構想に反対するわけだ・・・
堺市役所内にある大食堂「森のキッチン」でランチしてから、21階展望ロビーに集まってグループに分かれ、伝仁徳天皇陵(大仙陵古墳)まで歩きました。
堺から大和まで続く「竹内街道」の始まりだろうといわれている道を歩きました。
昔から仁徳天皇陵と言っていた世界一大きい御陵は、「伝」がついて仁徳天皇だろうということで、大仙陵古墳が正式な呼び方らしいです。堺の人達は仁徳天皇陵とおっしゃっていました。
e0353802_09391634.jpg
御陵は広大な森になっていて、植物や動物の生態系を調査したくても入れないので出来ないのだそうです。
最後は御陵近くにある「堺市博物館」を見学して解散でした。
去年の班の人と三人でJR阪和線で天王寺まで出て、居酒屋で乾杯しました。
e0353802_10110146.jpg
e0353802_10111095.jpg
この頃は居酒屋さんでも、インスタ映えするお料理です(笑)


[PR]

by s-jw | 2017-10-28 10:12 | おでかけ | Comments(2)

遠足の下見で奈良へ・・・

11月にクラスの秋の遠足があるのですが、今日はその下見に奈良まで行って来ました。
事前に各班から行き先候補を出してもらって、多数決で奈良女子大学記念館見学と興福寺の国宝見物に行くことになったのです。
ちなみに、私の班は大阪国際美術館と朝日放送見学でしたが、4票差で負けました。大阪国際美術館だったら近いので、下見に行きますよと言っていたのですが、まさか奈良に決まるなんて・・・決まったからには、ちゃんと調べなくては、と同じ班の女の人と二人で行って来ました。
奈良女子大は、近鉄奈良線・奈良駅から歩いて10分足らずの所にあります。記念館は明治時代に建てられた洋風建築で、年に二度一般公開されます。遠足当日がちょうどその期間に当っていたので事前にメールで予約していたのです。駅からの道のりを調べたり学食のことを聞きたかったので、メールでアポを取って行きました。
記念館です。
e0353802_21022937.jpg
係の人に話を聞いてから、歩いて興福寺まで。約15分かかりました。
興福寺では「阿修羅-天平幹漆群像展」というのをやっていて、団体割引のことや予約出来るのかということを聞きました。予約は出来ないということでした。
お昼までに時間があったので、近くの依水園(いすいえん)へ行くことにしました。依水園は何度か行ったことがあるけど、お隣の吉城園(よしきえん)は入ったことがありませんでした。
受付の女の人に教えてもらったのですが、吉城園の建物は2020年までにリノベーションしてホテルになるそうです。ホテルになる前に見ておいて下さい、とおっしゃっていました。しかも、この施設、他府県在住であっても65歳以上は無料なんです。もちろん入りました(笑)
e0353802_21133707.jpg
この写真の建物がホテルのメインになるようです。
他に茶室、池の庭、苔の庭、茶花の庭等があり、モミジの木がたくさんあったので、紅葉の頃は美しいことと思います。依水園にも行きました。ここは、若草山、春日奥山、御蓋山(みかさやま)、東大寺南大門を借景とした名勝に指定された日本庭園があります。入園料が900円かかります。吉城園とは扱いが違うな~
奈良女子大記念館の後は、このどちらかに行ってもいいねということになりました。依水園には入らずにタクシーで、ホテル リガーレ春日野へ行ってランチしました。
e0353802_21284039.jpg
e0353802_21285172.jpg
これにかぼちゃスープとサラダ、デザートにはコーヒーもついたハロウィンランチで1200円です。普通のランチだと1000円。
食事してからタクシーを呼んでもらって、平城宮跡を通って大和西大寺まで行ってもらいました。行きの電車の中で見た平城宮跡のススキが原が綺麗だったので行きたかったのですが、駐車出来なくて通り過ぎただけでした。
台風がやっと去ったと思ったら、21号がまたくるようですね。
大阪府にも犠牲者が出ておられます。
被害に遭われた方達、お見舞い申し上げます。

[PR]

by s-jw | 2017-10-24 21:40 | おでかけ | Comments(4)

「御室八十八ケ所」ハイキング

11月の月一ハイキングは、仁和寺の裏手の標高約100mの成就山にある「御室八十八ケ所」に行って来ました。

e0353802_00072283.jpg
四国八十八ヶ所の写しである札所が成就山一山にあって、約2時間の行程で全部お詣り出来るようになっています。100mとはいえ石段や坂道の上り下りがあり、プチ登山といったところ。
e0353802_00081069.jpg
こんな風に数メーター置きにお堂があり、一円玉で88円用意していた友達は一つずつお賽銭を入れてお詣りしていました。
こんな急な岩場もあるのです。一ケ所だけですけどね(^^)
e0353802_00144668.jpg
京都の街並みがよく見える場所で、お弁当を食べました。
e0353802_00175298.jpg
京都タワーもよく見えました。
八十八ケ所を回り仁和寺まで下りてから、きぬかけの道を歩いて船岡温泉へ向かいました。仁和寺から船岡温泉まで3.5キロということでしたが、プチ登山した後なので足が重くてなかなか辿り着きません。
裏通りから大きな通りに出てふらふらと歩いていると、前から来た車が私達の前で止まりました。ナント、一緒に歩いているハイキング仲間のダンナ様でした。魚釣りに行った帰りで「ここらへんを歩いているのかな」と思っていたら、ほんとに歩いていたのだとか。車で船岡温泉まで送ってもらいました。
地獄で仏とはこのことです。正直、限界に近かったので助かりました。
船岡温泉は大正時代に建てられた銭湯で、京都の隠れ観光スポットになっているそうです。近くの喫茶店でコーヒーを飲んで3時まで時間を潰し、お風呂に入って帰ることにしました。
e0353802_17374269.jpg
e0353802_17382702.jpg
これは脱衣所の天井の天狗と牛若丸の彫刻です。というより、私の写真は天狗だけしか写っていません。先に友達がパチパチ写真を撮っていたら、常連さんと思える近所の人が「ここは写真を撮ったらあかんよ」と教えてくれました。脱衣所ですから「撮影禁止」と書いてありました。後で湯船から上がってから、脱衣所でもう一人の近所の人を交えて、いろいろお喋りして仲良くなりました。歩いてすぐの所に家があるので、毎日入りに来られているそうです。
それと、この温泉、外国人の観光客が多かった。露天風呂もあって、大きなお風呂にゆっくりと入れるので、人気があるのでしょうね。
お風呂には浸かっただけですが、足の痛みが軽くなり疲れがすっかり取れました。
ここからバスで河原町まで出て、ICHI-YAというブリューパブで乾杯して、ちょっとお腹が物足りなかったのかな・・・「京都マルイ」の中でお蕎麦を食べてから解散になりました。
この頃、長距離を歩くとマメやタコが出来るので、あと何年歩けるだろうと思うけど、頑張ってみんなに付いて行かないと!!

[PR]

by s-jw | 2017-10-21 17:57 | おでかけ | Comments(2)

「葉加瀬太郎コンサートツァー2017」

昨日は葉加瀬太郎さんのコンサートライブに行って来ました。
mixiで知り合った友達がファンクラブに入っていて、2006年から毎年声を掛けてくれます。去年と一昨年は都合で行けなかったのですが、この時季になるといつも葉加瀬太郎ワールドを楽しんでいます。
ここ数年は新装なったフェスティバルホールで。フェスティバルホールが建替え中の時は、中之島の大阪国際会議場で一度と、オリックス劇場(以前の厚生年金会館)で一度。この時は、前から二番目といういい席でした。その何年か前は神戸の友達と三宮の「神戸国際ホール」へ行ったこともあります。
ただオリックス劇場の前年くらいからハカセグッズを売り出して、その中の羽根がついた扇子をラストの「情熱大陸」の時に振るのですが、アレルギー鼻炎の私は鼻がぐずぐずしてたまりませんでした。
去年私が参加しなかった時に、昨日一緒に行った友達三人は羽根つき扇子を買って、一人の人は忘年会の時にこの扇子を使って踊ったとか(笑)
今年の扇子には羽根が付いていませんでしたが、去年までの羽根付き扇子を持っている人も多くて、私は鼻炎の薬を飲んで臨みました。色とりどりの扇子が舞っている中、聴く「情熱大陸」もいいものです。
昼の12時に待ち合わせて、途中でランチを食べて行ったのですが、終わってからはもちろんビールを飲んで帰りました。
フェスティバルホールがある肥後橋から西梅田まで歩き、ホワイティ梅田の中のバルみたいな店で、「ちょい飲みセット」を頼みました。呑み助の集まりの私達、ちょい飲みで終わるわけがなく、おつまみを追加して、夫々ハイボールやチューハイをお代わりしました。
どこへ行っても、これがなくっちゃね(^^)


[PR]

by s-jw | 2017-10-10 22:29 | おでかけ | Comments(2)