母のこと・認知症になるまで(5)

2009年4月、私の更年期障害のホルモン治療は中止になりました。
日にち薬とはよく言ったもので、薄紙を剥ぐように少しずつ少しずつ体調と体重は元に戻りつつありましたが、安定剤だけは手放せなくなりました。

ペースメーカーの手術をした母は見違えるように元気になっていました。
火曜日と土曜日はディサービスへ。
他の日はシルバーカーを押して買い物や病院へ。
ただ、この家を借りることにした最大の決め手であったハイツの裏の「スーパーダイエー」が、残念なことに2009年5月に撤退してしまったのです。
買い物に便利だから、ここにしたのに、元の実家近くにある小さなスーパーまで私の足で10分くらい、母はシルバーカーで20分~30分はかかっていたでしょう。
途中で休憩もしていたようですし。
しかし、もっと遠い所にある行きつけの美容院や、一駅向うの100均のお店にも行っていたようです。
母が元気なことをいいことに、私は週末必ず自分のマンションに帰り、土、日とも泊まって月曜日に、マンションから会社へ出勤して月曜日に母との家に戻っていました。
火曜日は母がディサービスで入浴してくるので、そのうち火曜日もマンションに泊まるようになりました。
あの家で寝るのが、ほんとに苦痛で、3日以上過ごすのは無理だったのです。
母は文句も言わずに、よく頑張っていてくれたと思います。
その頃はまだ料理もしていたし、面倒な時は出来合いのおかずを買ってきてでも、三度三度の食事の仕度をしていました。
洗濯も好きでシーツ等の大きな物は干せないので、私まかせでしたが、他の物は洗って干して取り込んでたたむこともしていました。
嵩になるのにトイレットペーパーはシルバーカーに積んで帰ったり、日用品の買い物もしてくれていました。
ただ、お米や水の重い物は、生協のネットスーパーで買っていました。
月曜日の午前中の配達を受けて、お米や水の重い物を仕分けしたり、冷凍食品はちゃんと冷凍室に入れてくれたり、ほんとにあの頃はしっかりしていた母でした。

[PR]

by s-jw | 2015-07-30 21:26 | 母が見ていた景色 | Comments(0)

母のこと・認知症になるまで(4)

2008年11月末のこと。
一人で家にいる時に身体に異変を感じた母は、かかりつけの医院まで自分の足で歩いて行って、救急車を呼んでもらい、堺の労災病院へ入院しました。
その時の細かいことは忘れてしまいましたが、たまたまその日が休みだった弟が先に来ていて、私が駆けつけた時には、母の心臓にペースメーカーを入れる手術をすることになったと知らされました。

昔からお風呂好きで遠い銭湯にも毎日通っていた母が、その頃、「今日はしんどいからお風呂に入らんとくわ」と言うことが多くなっていたのでした。
せっかく内風呂に入れるようになったのに、と私は文句を言っていましたが、心臓が弱ってきていた兆候だったのでしょうね。
このペースメーカーを入れたのが、後から思うと、良かったのか悪かったのか・・・
母が82歳の時でした。

その頃の私の体調は最悪で、母と暮らしている家に向かう沿線の電車に乗ると、心臓がバクバクしてくる始末。
母がどうのこうのというより、あの家が嫌で嫌で仕方なかったのです。
ある時、服に家の匂いが染みついていることに気が付きました。
我慢できない匂いだったのです。
この家の匂いが、最後まで私を苦しめることになるのでした。
週末、家で過ごすことが苦痛で、友達に連絡しては毎週末外出していました。
自分のマンションはそのままの状態でおいていたので、自分の家に帰ってもよかったのに、その頃は母に悪いと思っていたのか、必ず母の住む家に帰っていました。

そうこうして、更年期障害のホルモン治療は、2009年の4月まで、半年間続いたのでした。

[PR]

by s-jw | 2015-07-28 22:19 | 母が見ていた景色 | Comments(0)

夏のお祭り

昨日は、大阪の夏のお祭り、天神祭でした。
地元と言えば地元で、うちのマンションから奉納花火を見られるのですが、私の家からは向きが違っていて見られません。
29階に展望ルームがあって、予約出来たので、昼間は友達を呼んで家飲み会、夜に花火を見に29階の部屋まで行きました。

料理上手な友達がいるので、一人だけ早めに来てもらって、買物から下ごしらえ、お料理まで全部主になってやってもらいました。
メニューは天ぷら。
海老、タコ、はも、冷凍ホタテ、ちくわ、茄子、かぼちゃ、白ネギ、じゃが芋、ゴーヤ、ズッキーニ、紫オクラ(友達の家庭菜園で採れたもの)。
そして、薄切り豚肉に大葉(これも家庭菜園の物)と山芋を巻いたもの。
別に玉葱とトマトのサラダ、友達の自家味噌もろきゅう。
手際よくあっと言う間に作ってくれました。
私はお手伝いするだけで、楽ちんでした。
暑いので、ビールにハイボール、チューハイがすこすこ入って、いっぱい飲みました。
天ぷらの後は、素麺をさらっと食べて、7時半過ぎに29階へ。
少し遠くになりますが、花火がよく見えてとっても綺麗でした。
他の部屋の方も、何組かの家族が来られてましたが、300世帯くらいあるマンションなのに、少ない。
まあ、ご自分の家から見られる家も多いのでしょうが・・・
部屋に戻って、友達が持ってきてくれたアイスキャンデーと杏仁豆腐を食べてお腹いっぱい。

そして、今日は母のホームの夏祭り。
去年に比べて入居者さんが増えているので、今年は外の庭兼駐車場で行われました。
風が吹き抜けて涼しかったのですが、来年からは秋祭りに季節を変えた方がいいかな~
風がなければ、熱中症になりますよ。

e0353802_21532671.jpg




[PR]

by s-jw | 2015-07-26 18:28 | 日常 | Comments(0)

飲み会

7月24日、会社が終わってから前々から予定していた飲み会でした。
いつもいつもお中元とお歳暮にビールを送ってくれる得意先の社長と担当の男子、そして私の仕事を引き継いでいる女子2名を、私が招待しました。
プション 難波店は珍しいワイン飲み放題のお店で、料理も美味しくて価格も安い。
6月に友達に連れて行ってもらって、知りました。
その時はがらがらだったのに、さすがに花金(古っ!!)、満席でした。
私は、スパークリングワインを最初と最後に一杯ずつ。フランス産の白、ドイツ産の赤とチリ産の赤。
合計5杯のワインを飲み、どれも、とても美味しゅうございました。
飲み物は他にビールや焼酎、ソフトドリンクもあり、90分の飲み放題といいながら、私達は6時半に入って、10時過ぎまでいました。
お料理はゆっくり出てきたし、ラストオーダーですと言われることもありませんでした。
お料理は、
◇生ハムクリームチーズ
◇カルパッチョサラダ
◇モッツァレラのトマトパスタ
◇バケット
◇鶏モモ肉のグリル
◇牛バラ肉の赤ワイン煮
◇チーズ2種
◇アイス
これで、飲み放題がついて、なんと2980円なんです。
お料理はたいてい美味しいし、ほんとにびっくりなお店です。
時間が遅くなり、二次会は近くの「アメリカン」という喫茶店でコーヒーを飲んで帰ってきました。
最近、カラオケには行きたくないのです。



[PR]

by s-jw | 2015-07-25 23:21 | 会社 | Comments(0)

母のこと・認知症になるまで(3)

2008年9月13日に引越し、私は母の家から通勤することになりました。
週末、自分のマンションに帰っても泊まることなく、1時間半かけて必ず母の家に戻っていました。
一か月もたたない、10月初旬、会社の健康診断があり、私は自分の目を疑いました。
48キロ近くあった体重が42キロ台になっていたのです。
45キロを切るなんて、20代の頃を除いて何十年ぶりのこと。
後で聞くところによると、月に一度くらい食事に行っていた友達は痩せたというよりやつれてて、「痩せたね」とも言えなかったそうです。
いつも行っていた美容院の人は、店の前を通る私を見て「どうしたんだろう?何かあったんだろうか?」と思ったと、これも後から聞きました。
その頃から、心臓はばくばくする。
夜中に目が覚めて寝られない。時にはめまいもする。
10月末に、これは更年期障害じゃないだろうか、とようやく気付きました。
母が白内障の検査に行くことになった病院に付いて行って、婦人科で私も診てもらいました。
そして、ホルモン治療と安定剤の服用治療が始まったのです。
今までの人生で、一番苦しかった時期です。
その後、認知症を患った母のことで悩みますが、この時のことを思えば、軽いものです。
例え親でも人のことで悩むのと、自分の悩みでは、質が違うのでしょうか?

とにかく家でも会社でも、動悸が激しくてじっと座ってられない。
動いている時の方が、動悸は感じられないのです。
仕事中も、何度となく席を立って、廊下に出たり、エレベーターで一階まで下りて、外の空気を吸ったり・・・
安定剤を昼に飲む時間が待ち遠しくてなりませんでした。
夜中に寝られないので、その頃、mixi中毒になっていた私は、布団の中で携帯をよく見ていました。

これは、母のことがテーマのブログなのに、自分のことばかり書いてしまいましたね。
ただ、ずっと思っていたのは、「止まない雨はない」「冬は必ず春になる」
私の座右の銘、「人生デイライト」明るい光に向かって歩いていけば、必ず出口に出られると信じて、その頃暮らしていたのです。



[PR]

by s-jw | 2015-07-23 23:42 | 母が見ていた景色 | Comments(0)

好物

今日、会社の帰りに寄ったスーパーで、六花亭のバターサンド5個入りを売っていました。
大好物なので、迷わずお買い上げ。
晩ご飯の後に二つも食べてしまいました。
一緒にストロベリーホワイトチョコがけもありましたが、こちらは買わないでよかったわ。
これも好物なので、買って帰ったら、絶対食べているもの。
しかし、六花亭のお菓子がスーパーで買える時代なんですね。
昔は、デパートの北海道展でも、数量限定の販売しかなく、会社帰りに行くと売れ切れていて、買えなかったこともしばしば。
それだけ貴重で、やっと買えたら、ほんとに嬉しくて、ちびちび食べたものです。

好物と言えば、この季節はゴーヤ。
毎日でも食べたい。
そして、最近凝っているのが、ズッキーニ。
1センチくらいに切って、オリーブオイルで炒め、塩と、長野の友達にもらったゆず七味で味付けたら、いくらでも食べられる。
お弁当のおかずにもピッタリ。
ああ、もうお弁当を食べなくなるんだった。
寂しいな~


[PR]

by s-jw | 2015-07-22 22:44 | 日常 | Comments(0)

ラストスパート

今日、上司に10月15日付で辞めたいと思っていること、有休が41日残っているので実質お盆休みに入る前日の8月8日まで出社したいと伝えました。
12月までのんびりしてたらいいじゃないですか、と言われたけど、そうもいかない。
引継ぎは一通り終わっているので、もう教えることもないし、毎日することがないのに出社するのは苦痛です。
12月いっぱいで辞めると伝えたのに、6月からの引継ぎ、それも2人になんて、暇になるのは最初からわかっていた。
1月が誕生月なので、来年の1月までと思っていたのが、3か月早くなっただけ。
1週間くらい前まで、胸の中にもやもやしたものがありましたが、人に相談したら「後ろを見ないで、前だけ向いて歩いた方がいい。これからの人生の方が大事。41年もお世話になった会社だから、むしろ感謝して、人間関係もきれいに終わるべき」と言われました。
その言葉を聞いて、胸のもやもやがすーっと晴れた感じがしました。
嫌みの一つも言ってやろうと思っていたけど、考えてみれば64歳まで働けたんだから、感謝しなくては。
普通だったら、うちの会社は女性であれば62歳、せいぜい63歳で辞めているもの。

ラストスパート、3週間を切りました。
60代のOL生活もあとわずかです!

[PR]

by s-jw | 2015-07-21 20:41 | 会社 | Comments(2)

母のこと・認知症になるまで(2)

2008年9月13日に、母との新しい暮らしを始めるべく、実家近くのハイツに引越しました。
奇しくも、その日は25年前に亡くなった父の命日でした。
3DKで68000円の家賃。
大阪府下でも、各停しか止まらない駅なので、家賃も安い方だったと思います。
玄関を入って、横にダイニングキッチン。
テーブルを置いたら狭くなるので、二人用のテーブルと椅子は、隣りの母の部屋に。
ご飯の時にテレビを見たい母なので、食事時に部屋のテレビを見られます。
この家は、リビンクにする部屋がなかったのです。
母の部屋が一番広かったので、そこをリビングにしてもよかったのですが、その部屋がトイレに近かったので、母の部屋にしました。
私の部屋は、台所の右隣の洋室。
私の部屋と母の部屋の両方に行ける場所に畳敷きの和室。
普通は和室に仏壇を置くものですが、大きな和箪笥を置いたらいっぱいいっぱいで、仏壇は私の部屋に。
後から考えると、和室に置けないこともなかったのですが。
母はベッドですが、私は畳の部屋に布団を敷いて寝ていました。
二つの部屋を使いながら、落着く場所がなかったのか、この家に馴染まなくて、最後まで私の居場所がなかったのです。
母の部屋は実家と同じように家具を配置したので、母はたちまちこの家に馴染んで、夜は私がいる安心感からかぐっすり寝ていました。
しかし、私は一か月もしないうちに大変なことになっていたのでした。

[PR]

by s-jw | 2015-07-20 17:56 | 母が見ていた景色 | Comments(0)

最後の三連休

私にとって会社人生活最後の三連休。
最終日の今日は、午前中母のホームへ。
認知症の母は、私が行くと迎えに来たと思って喜ぶので、反って心苦しくなります。
職員さんの話だと、最近夜中に起きて叫んだりするそう。
また膝が痛いらしく、車椅子からテーブルの椅子に移乗する時も「痛い、痛い」と大声を出します。
認知症の人しかいないホームといっても、一見そんな風に見えない人もいるので、「うるさいわね」と言う人もいます。
可哀相だけど、どうしようもなく、母にはここで出来るだけ長く暮らしてもらうしかないのです。

ホームから近くのバス停まで歩き、バスで天満橋まで出て、京阪シティモールでお買い物。
無印良品で、グレープフルーツの香りのアロマオイルと冷茶用のポット、昼寝用の小さな枕を買いました。
ニトリで食器カゴを探したかったのだけど、工事中で品数が少なくなっていました。
ぶらぶらと歩いていたら、「SeasonDoor」という雑貨屋さんに、ちょうど手頃な大きさのがありました。
2376円と、価格も手頃。
食器乾燥機を置きたいけど、場所がない。
今使っているのはプラスチック製で、ずいぶん汚れていて漂白剤を使っても取れないので、ステンレス製のが欲しかったのです。
デパートやスーパー、あちこち探し歩いたけど、最近のマンションや新築の家では食洗機が当たり前で食器カゴの需要がないのか、あまり売っていないのです。

今週末に友達が遊びに来るので新しくしたかったし、帰ってから古い食器カゴを処分して、ついでに台所の掃除もしました。
こんな時でもないと、なかなか細かいところまで掃除をしないので、いいチャンスです。


[PR]

by s-jw | 2015-07-20 16:19 | 日常 | Comments(0)

母のこと・認知症になるまで(1)

母のことも少しずつ書いていこうと思います。

私が32歳の時、母が57歳になる2週間前に父が心不全で急死してから、母は24年間一人暮らしを続けていました。
65歳で年金がもらえるようになるまで、父が残してくれたお金や自分が働いて貯めてきたお金でやりくりして暮らしていました。
といっても、お金で苦労したことがない母、毎日散歩をし整骨医でマッサージをしてもらい、近所の友達にドライブに連れて行ってもらったり、杉良太郎のコンサートに行ったり、気楽な一人暮らしを楽しんでいました。
戦前に建てられたであろう木造の古い実家は、お風呂こそあるもののトイレは汲取り式。お風呂もいつの間にかガスの火が点かなくなっても修理することもせず、掃除嫌いな母はお風呂屋さんの方がいいと、毎日近くの銭湯へ通っていました。

そして、月日がたち、80歳を過ぎた母は歩くことがままならないで銭湯へ行くのが大変なことになっていました。
家の近くの銭湯が廃業して、私の足でも歩いて10分~15分くらいかかる所にしかなくなったのです。
その頃、母が住んでいた市では、やっと下水道の工事が出来るようになり、トイレとお風呂のリフォーム(といっても、ほとんど新築です)の見積もりをしてもらったら、下水を引くのとは別に100万以上くらいはするとのこと。
母は80歳を過ぎてたし、あと何年生きるかわからないのに、下水を引く金額を入れたらどれくらいかかるかわからない。
その頃すでに一人暮らしするにもいろんなことで危なくなってきていたので、実家の近くにアパートを借りて、私が自分の家と行ったり来たりして二人で住むことになりました。
母が82歳になる少し前、私が57歳、2008年9月のことでした。

[PR]

by s-jw | 2015-07-19 15:34 | 母が見ていた景色 | Comments(0)