<   2016年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

今日は久しぶりに母のホームへ行ってきました。
先週行ったけど、風邪が治っていなかったので、フロアーに上がりませんでした。
今日は暖かかったし、9名全員揃ってリビングにおられました。
去年まで母の口癖は「迎えに来てくれたんか」と「(家は)こっから遠いやろ」でしたが、今年になってから聞くのは、「ここも慣れてきたわ」という言葉です。
そらそやろ、もう2年になるで、と心の中で思っています。
フロアーのスタッフさんは辞める辞めないに関わらず、しょっちゅう変わっていますが、フロアー長は初めから同じ方。一番母のことを理解して下さってます。
他の職員さんにもいろいろお世話をかけています。
今日は、行ってしばらくしてから体操の時間。
ラジオ体操にご飯前の口腔体操・・・
母は体操が好きなので、一生懸命やっています。
私もテレビ体操をしているのですが、これは母と暮らしていた時に、母が毎朝6時半からやっていた影響です。
私は毎日録画して、時間のある時にやっています。
たいていの入居者さんは体操をするのですが、一人だけじっとしている人がいます。
ここへ来る前は、会社の社長だったという女の人です。
体操が終わってからは、歌の時間。
「ふるさと」「上を向いてあるこう」「花」「りんごの歌」「高校三年生」「ソーラン節」「川の流れのように」「青い山脈」「赤い靴」と延々と歌います。
20代の若い女の職員さんが、古い歌をリードして歌います。
母がホームに入るまで歌を好きだと知らなかったのですが、人一倍大きな声で歌っています。
会社の社長だった人は、歌もまったく歌いません。でも、私が歌詞ノートの歌う歌の所を開いてあげると鷹揚に「ありがとう」と言われます。母はお茶を出してもらっても何かしてもらっても黙っています。以前は「おおきに」と言っていたのに~ してもらうことが当たり前になっているのでしょうか・・・
それにしても、おかあちゃん、体操も歌も一生懸命やなぁ~といつも感心します。
ここでずっと幸せに暮らしてや、と思わずにはいられません。

にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2016-01-31 19:48 | 母が見ていた景色 | Comments(4)

高校時代の友達と・・・

毎年、「今年は逢おうね」という年賀状のやり取りをしていた高校時代の友達二人に、今日逢ってきました。
去年の年賀状に携帯番号を書いて連絡欲しいと書いてくれていたのに、連絡もせずそのまま一年たっていました。
今年の年賀状にも携帯番号を書いてくれていたので、お正月明けに電話しました。
そして、今日、逢うことに・・・
二人とも10年以上逢っていませんでした。
二人はクラスメイトでもあり、ダンスクラブの仲間でしたが、前逢った時は、他の人も一緒に六甲山に登ったのでした。何のために六甲山へ行ったか忘れたけど、あの時も私は風邪をひいてたな~
二人とも近鉄南大阪線に住んでいるので、天王寺で逢いました。
12月に行ったてんしばのロバートへ。ここ、サービスのお茶が飲み放題なので、ゆっくり出来て大のお気に入りになりました。
e0353802_20023323.jpg

10年以上逢っていなくても、学生時代の友達は話すことがいっぱいあって、次から次へと喋っていました。
ご飯を食べてから、あべのハルカスへ移動して17階のラウンジでお茶飲んでまたお喋り。
e0353802_20030688.jpg
カフェラテは、真田幸村です。
楽しかった~
一人の人が黒豆の炊いたんを持って来てくれて、帰ってさっそく食べたら甘過ぎなく、しわもなく美味しかった。ご馳走様でした!
次回の約束をしてお別れしました。
次回は3月に高校があった大阪郊外の市へ行く予定です。

にほんブログ村




[PR]
by s-jw | 2016-01-29 20:05 | おでかけ | Comments(2)

エンディングノート

今日は、明治安○生命主催の「~想いをつなぐ相続~エンディングノートの上手な活用法」という講演セミナーへ行ってきました。
明治安○生命さんは会社に出入りしていた保険会社で、私は36歳の時個人年金の保険の契約をして、今年で丸30年支払い続け、今年から個人年金をもらうことになっています。公的年金は驚くほど少ないので、この年金は有難い。毎月1万円足らずの支払いでしたが、こつこつ払い続けていてよかった~
その手続きで訪問してくれた営業ウーマンさんが誘って下さいました。
相続といっても、私には関係ない世界の話ですが、エンディングノートには興味がありました。明治安○生命さんが作ったノートをいただきました。
現在の健康状態や認知症や寝たきりになった場合の希望、死期が迫った場合の希望、葬式についてのお願いを書く欄があり、もちろん自分の相続をどうするのかのという欄もあり、貯蓄や保険の明細を書く欄もあります。
講義した司法書士の先生もおっしゃっていましたが、ノートを書くことによって今の自分がどんな状況におかれているか一目瞭然にはっきりとわかります。
自分自身の整理にもなります。
とりあえず、いただいたノートに記入してみよう、と思っています。

にほんブログ村



[PR]
by s-jw | 2016-01-28 22:36 | 日常 | Comments(6)

トマト鍋

今日はパン作りを習っている友達と二人で、我家で新年会でした。
もう一人、昔の地元の友達に声を掛けてくれたのですが、連絡が取れなかったようです。
友達は去年二人で会った時、具合が悪そうだったとのこと。昨年末、来年新年会をするから来てね、と電話した時、病院通いしているので予定がわからないと言われたそうです。友達のご主人は亡くなられているし、子供さんの連絡先を知らないので、一人暮らしの友達とはこんな風に縁が無くなっていくのでしょうか?
私も気をつけないといけません。
おもてなしと言っても、いつもお鍋で申し訳ない。
今日は、トマト鍋にしました。
牛肉、鶏もも肉、ソーセージ、牡蠣、キャベツ、トマト、玉葱、ネギ、しめじ、えのき、人参、山芋。〆はご飯とチーズを入れてリゾットです。
ハーゲンダッツのアイスクリームに、友達のお土産のクラブハリエのバームクーヘンも食べて、お腹がいっぱいです。
そうだ、先週の日曜日から飲んでなかったアルコール、今日は久しぶりにビールを飲んだけど、あまり美味しくなかった~
まだ体調が悪いのですね。

にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2016-01-26 19:33 | 日常 | Comments(2)

救急車

風邪を引いてからウォーキングどころか、食料品の買い物も1~2度行ったくらい。
毎日しているラジオ体操も、一週間していない。
人と喋ったのは、金曜日に近所の人が午後からお見舞いに来て下さって、気分が良かったので上がってもらいお茶を飲んだ時くらい。
冷凍しているパンも無くなり食料品もそろそろ尽きる頃だし、返却する本があったので、今日は昼から図書館までウォーキングしてきました。
なんせ喉が渇いて仕方がない。一週間アルコールを飲んでいないのだけど、今ビールを飲んだらさぞかし美味しいだろうと思うくらい、喉がからからです。でも、アルコール類は身体が欲していないようです。
今一番身体に染み入るように感じられるのが野菜ジュース類。これは賞味期限が長いのでたくさんストックしていたのに、毎日2~3パックずつ飲んで、とうとう無くなってしまって、今日、スーパーで買ってきました。
図書館へ行った帰りは、いつも母のホームに寄るようにしています。
今日はまだ咳が出るので、母のいるフロアーには上がらずに書類だけ持って行ったのですが、帰ろうと歩いていると、救急車がやってきてホームの前で止まりました。
こういうの、一番ドキドキします。
母であれば私に連絡があるだろうから母ではないと思うものの、心配で暫くその場で立って待っていました。
中から車椅子で出て来られたのは、母のフロアーの方ではないけど、何度か会ったことのある入居者さんでした。母よりはずっとしっかりしておられて花の名前に詳しい方です。
職員さんに聞くと、意識がもうろうとして呼びかけても返事がないので、救急車を呼んだとのこと。
いろんな人が大勢入居している施設は、毎日ほんとに大変なことと思います。
母がいる時に風邪を引いて一週間動けない、なんて考えられなかった~
風邪さえ寄り付かなかった。
一人暮らしに戻ると、ひもがほどけたように気も緩んでしまうのでしょうね。

にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2016-01-24 21:25 | 日常 | Comments(2)

映画「王になった男」

先日、デジカメ部の方にお借りしたDVDを見ました。
2012年の韓国映画、主演はイ・ビョンホンです。
実在した朝鮮第15代王、光海君(こうかいくん)、暴君を理由に退位させられたため、君づけで呼ばれている。
時代は、ちょうど豊臣秀吉が朝鮮へ攻め込んだ時の国王です。
光海君は王になった最初の10年は評判が悪く、後の5年は人が変わったように民を思う良い国王となったらしい。そのきっかけは、というような内容です。
「王子と乞食」みたいに、顔立ちが王にそっくりな男が意識不明になった王の影武者にさせられる。
私はカッコいいイ・ビョンホンしか知らなかったけど、この映画の中のビョン様はお茶目で可愛い面を見せてくれる。しかし王になりきった演技では、やはり素敵なビョン様でした。
韓国映画はそんなにたくさん見たわけではないけど、ストーリーは単純であっても、面白いですね。


[PR]
by s-jw | 2016-01-21 23:02 | 趣味 | Comments(2)
1月16日の町内会の顔合わせは、夜の8時からでした。
1999年に初めて班長をした時は、月一回の会合は棟の上階に一部屋設けている展望ルームで行われていたものですが、今回は1階にあるマルチスペースという会議室のような部屋でした。
ここが寒かった~ 暖房が入っていると言いながら、誰一人コート類を脱いでいなかったもの。
7時から前年度の役員の会合。8時から今年度の班長の役決めでした。
私が前回班長をした時、町会長の女の人と仲良くなって、いろんな話を聞いていたので、会長だけは当りたくないな~と思っていました。
しかし、抽選で当たれば仕方がない、何事も経験だとやるしかない、と思っていました。抽選の結果、くじ運がいいのか悪いのか、私は総務部長という役職。偶然、前回と同じ係でした。月一の会合に出るだけで、何もしなくていい一番楽な係です。
抽選が始まる前から、一人の女の人が「私は高齢だから会長とかの重要な役職は出来ない。軽い役職でないと引越します」とおっしゃっていました。
えてして、神はこういう人を見放さないのです。案の定、会長を引き当ててしまわれました。しかし、女性部長という役職を男性が引いたら、会長が女性であれば役職を交換するというシステムを、抽選の前に説明されていました。女性部長を引いたのは、年配の男性。だから、この女の人は会長をしなくていいのです。
男性も喜んでではないでしようが、決まったことだから会長をする、と言って下さいました。
それなのに、その女の人は粘る、粘る。
二言目にはこんな大事な役職は若い人に若い人に・・・と言われていましたが、私は心の中で「若い人なんかおれへんがな」と突っ込んでいました。ほんとに誰一人として若そうな人がいなかったのです。
前年度の会長さんはどう見ても30代の綺麗な女の人でした。しかも2年続けてやっていただいているようで、話し方もてきぱきしていて話の内容もしっかり伝わってきます。そりゃ、あの人に比べたら誰が会長になっても、見劣りしますよ。ほんとに、ジジババばっかりなんだから(笑)
前年度の会長さんは心根が優しいのか「もう一度抽選をしましょうか?」と言い出す始末。いやいやいや、それはないわ。くじ運の悪い私が運の悪いであろうくじを引き当てたのに~ 
新役員の中の一人の人が「何度抽選しても、誰かが会長に当たる。その都度嫌だと言って抽選したらきりがない」と言って下さいました。私、心の中で拍手。
前年度の役員の方も、「一応決まったのだから、とりあえずこの通りにして、後は個人的に頼まれたらいいじゃないですか?」と言って下さる方がいました。やっぱり拍手。
その女の人は納得したのかどうかわからないけど、ようやく新役員全員の役職が決まったのが10時過ぎ。
寒い部屋で、あ~だ、こ~だ、出来ない、したくない、と2時間ずっと聞かされたら、風邪だってひくでしょ、というお話でした。

にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2016-01-20 11:21 | 日常 | Comments(6)
1月16日、京阪・伏見稲荷駅から祇園四条へ。ここからは歩きで河原町の高島屋の入口で待ち合わせです。
前日にたまたま見ていたテレビでロームシアター京都がリニューアルオープンしたと紹介していたので、バスで行ってみました。
友達2人は京都在住なので、以前の京都会館の時に何度か来たことがあるとのこと。私は初めてでした。ロシアバレエ公演や、小澤征爾音楽塾が小学生を対象とした特別演出のオペラ公演をする予定だったり、市民寄席といって鶴瓶さんやざこばさんが出演する寄席があったり、社交ダンスの交流会や、もちろん京都ですから伝統芸能の発表や公演がずっと続いています。
ロームシアター京都とは別棟の1階には、蔦屋書店とスタバがあって、大阪の本屋さんではあまり見かけない珍しい本がいっぱい並んでいました。そして2階の京都モダンテラスでランチを食べたのですが、10日にオープンだし昨日テレビで放送しているし、
何組も待っておられましたが、私達も並ぶことにしました。
45分くらいと言われたけど、30分くらいかな~
ようやく座れてランチコースにもちろんビールも頼みました。
食事してから、以前に行ったことがあるちえさんのお店おうちへ行きました。8月にお邪魔した時にこぎん刺しのコースターを2枚買ったのですが、とても使いごこちがいいので、色違いでもう1枚買いました。入荷したばかりだということです。
岡崎からタクシーに乗って河原町まで戻り、高島屋の中のカフェでウインナーコーヒーをいただきました。
その後も残って飲みに行く二人とお別れして、私はそろそろ帰らないと・・・
その日の夜にマンションの町内会の今年の役員の初顔合わせがあり、出席しなければいけなかったのです。
そして、寒い部屋で2時間あまりじっとしていたからなのか、とうとう風邪を引いてしまいました。
翌日の日曜日は身体の節々が痛くてほとんど寝っぱなし。お風呂にも入れませんでした。好きなお風呂に入らないのは、ここ数年なかったこと。食事も朝パンを食べたのと、夜、残り物のおかずを食べただけ。鏡を見たら目が落ち込んでげっそりと痩せた感じ。
月曜日は少しましになったように思えたので、朝はパンを食べて耳鼻咽喉科へ行ってきました。もしかしたらインフルエンザだったら、内科の方が良かったのかな・・・
でも、今日はなんとか落ちついてきて、こうしてブログも書けています。
母がいた1年2か月は、母も私も一度も風邪を引かなかったのになぁ・・・

にほんブログ村


[PR]
by s-jw | 2016-01-19 20:15 | おでかけ | Comments(6)

伏見稲荷大社

1月16日、京都の友達とランチすることになっていたので、その前に一人で伏見稲荷大社へ行って来ました。
一度行ってみたいと思っていたので、どうせ京都へ行くのなら、と思い立ったのです。
京阪・伏見稲荷駅で下りてすぐ。道の両側にはお店も並び、10時なのに人がいっぱい。やはり海外のお客様が多いようです。
すぐに楼門といわれる門があります。
e0353802_17590494.jpg
そして境内に入り本殿があります。
それからいよいよ千本鳥居へ。この景色が見たかったのです。
e0353802_18014371.jpg
千本鳥居は一か所だけでなく、何か所も延々とずっと続いているのです。
徐々になだらかな坂道を登って行って、四つ辻という所に出てそのまま稲荷山をぐるっと回ると、ちょうどいいハイキングコースになっています。
この日は12時に河原町で友達と待ち合わせていたので、途中でUターンして駅へ戻りました。
千本鳥居があんなに長いとは思いもしなかった~

にほんブログ村




[PR]
by s-jw | 2016-01-19 18:19 | おでかけ | Comments(2)
昨日は、関ジャニ∞のライブに行ってきました。
関ジャニ∞のライブに行くようになって、今年で3回目になります。
私はSMAPファンで、ライブがある度に参加していますが、毎回一緒に行く友達がいます。彼女の娘さんが関ジャニ∞のファンで、お金さえ出してくれればチケットを取ると言って、友達がファンクラブの会費を払い、娘さんが手配をしてくれて、私もお相伴に与っているというわけです。
もともと、私は昔からSMAPが好きだったのですが、ライブに行くようになったのは、この娘さんのおかげ。
1995年12月の大阪城ホールのチケットを譲ってくれたのが、始まりでした。
まだ森くんもいました。前から4番目の席で、メンバーの汗が飛び散るのが見えるいい席でした。
小学校5年生だった姪を連れて行ったのですが、姪より私の方がはまってしまいました。それから、同じくSMAPファンの地元の友達とファンクラブに入り、ライブの度にほぼ毎回行っています。(一度だけ抽選に外れました)
地元の友達が10年くらい前に離脱してから、今回の友達と行くようになりました。
今回のようなことになるなんて思いもしなかったけど、SMAPファンは5人の口から聞くまでは静観するばかりです。
例え解散となっても、それはそれで仕方がない。ファンはどんな形になっても応援するだけです。昨日、友達とSMAPのライブが無くなるのは寂しいけど、私達もそろそろスタンディングのライブはしんどくなる歳だし、ファンも解散やな~と笑っていました。
関西人は、胸が傷む出来事でも笑いに変えて乗り越えようとするのです。

さて、関ジャニ∞のライブ、アリーナのとってもいい席でした。トロッコに乗って回ってくる時、触れるくらいに思えるいい席で、錦戸くんや安田くんがこっち見てくれてキャーキャーと年甲斐もなくはしゃいでしまいました。
関ジャニ∞のライブに行くたび、SMAPに比べてファンサービスが足りない、と思っていましたが、今年は違っていました。
彼等は全員楽器の演奏が出来るのですが、素人目にも去年より上達していて、演奏を聴くだけでも素晴らしかった~ 横山くんはボンゴ敲いているだけと思っていたら、いつのまにかトランペットを吹くようになり、昨日はソロ演奏がありました。
村上くんもキーボード担当ですが、昨日はピアノ演奏がありました。
ラストで渋谷すばるくんの挨拶の時、アップになるのですが、なんだか泣いているようでした。それはファンに対する感謝の思いを述べている時で、こちらまで胸が熱くなってきました。
ファンとの絆は、彼等が一番知っているのです。
熱く語ってしまいましたが、SMAPにはファンがついている。何があっても、きっといい方向に向かっていくはずです。

にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2016-01-15 11:59 | おでかけ | Comments(4)

41年間勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。


by シズコ