ブログトップ

これから見る景色

デジカメ部の新年会

今日は悠々会(地元の老人会)の新年会でした。
去年は近所の「かごの屋」でしたが、今年はマンションの上階にある展望ルームを借りて、お寿司を取って、役員の人達が飲み物とお菓子を用意して下さって行われました。
合計19名も参加されたようです。
食事の前にデジカメのワンポイント講座がありました。
デジカメ部に入って一年以上たちますが、技術的なことを教えてもらったのは初めてでした。もしかして私が先輩のFさんに、バスに乗って写真を撮りに行くだけだったら辞めようかな~と言っていたのが伝わったのかもしれません。
今年も高大の授業の日と重なったりして参加出来ない日が多いのですが、とりあえずあと一年続けてみます。顔見知りもいっぱい出来たし、麻雀のメンバーもここで知り合ったのでした。
ところで、今日は私の誕生日でした。
みなさんに「Happy birthday to you」を歌って祝ってもらいました。
今年は正月明け、体調悪くスタートをきりましたが、元気な一年を過ごしたいものです。

にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2017-01-31 19:40 | 日常 | Comments(14)

前回の高大の授業から1週間。この間にどこへも行ってなかったのかな?と考えて、そうだ、前日の25日の午前中に書道教室があって、昼から書道部の新年会に参加したのでした。
場所はいつもの天満橋の「金城閣」 お料理の内容は少し変わっていたと思うけど、ほぼ前回と同じ。
終わってから、私は一人で梅田へ出て、デパートを3軒ウィンドーショッピングして、最後の「大丸」の中の専門店で、登山用のリュックを買ったのでした。Columbiaのリュックがバーゲンで安くなっていました。
このリュックを買う時、すごく悩んだのです。
アニエスベーやSAZABYのブランド物にするか登山メーカーの物にするか・・・
街中を歩くのはブランド物の方がいいけど、ハイキングや山に行く時は登山メーカーの方がいいしな~と。
最終的に、価格の折合いもあってColumbiaのを買いました。
登山靴も買ったけど、駅まで何度か往復しただけで実際は履いてない。次回のハイキングの時はぜひともどちらもデビューさせなくては・・・
高大と関係ない話を長々と書いてしまいました。
テーマは蒲生氏郷。「信長・秀吉に愛され会津100万石
講師は前回、前々回と同じく河井先生。この先生は大阪城の甲冑隊をNPO法人でやっておられるだけで、多分専門の歴史家ではないのだと思います。前回、前々回とも2時間の講義の内、半分はNHKの「その時歴史が動いた」のビデオを流されたのです。
秀吉、三成に比べてマイナーな蒲生氏郷は、松阪市と会津若松市の宣伝ビデオが10分足らずあっただけでした。氏郷はキリシタン大名だったようで、映画「沈黙」の予告編のビデオを流してくれました。
氏郷は近江日野の生まれですが、その後、伊勢、会津の殿様になったのでした。松阪は縁起がいい松と大坂の坂(阪)を合わせた地名にし、会津黒川という城を会津若松城に改名したのでした。
そういうような話をして下さったのですが、「沈黙」のビデオの時に、「先生、キリシタンの話はいいから授業をして下さい」と言った人がいたのです。先生は、これも関係ありますから、とおっしゃっていましたが、失礼な話ですよね。
同じ班の女の人は高校の教師をしていたそうで、2時間の講義の用意をするのはどれだけ大変か、と後で怒っていました。
確かに、他の専門の方達(高校の社会科の先生をしておられた方、大学で歴史を教えておられる方、博物館の学芸員の方)に比べたら、半分ビデオを見せられて、と思うのかもしれませんが、そこは大人なんだからね。
先生もいろいろ、生徒もいろいろ、と思ったことでした。

にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2017-01-27 21:35 | 趣味 | Comments(2)

テーマは豊臣秀吉。「足軽の子から天下統一へ?」
今回の講師は前回と同じ河井先生。
秀吉に関しては、小学生の頃から子供向けの太閤記を読んでいたので知識は頭に入っていました。一夜城を作ったとか、盗賊の親分であった蜂須賀小六を家来にしたとか、中国大返しをして主君のかたき討ちをしたとか・・・
一介の農民から天下人に出世していくサクセスストーリーなので、面白くないはずがありません。
そして、私が高校生の頃に大河ドラマで緒方拳さん主演で「太閤記」がありました。
その時の緒方拳さんは無名の役者さんだったと思います。
これもまた新人の高橋幸治さんが織田信長を演じて、大人気作品になったのです。私なんか、信長といえば、高橋幸治さんと言って、班の人達に笑われたのです。50年も前のドラマの話ですもんね。
その頃の秀吉をどんなふうに描いていたのか覚えていませんが、最近では秀吉の終盤は認知症を患っているように描いていることが多いです。なきにしもあらずだけど、62歳で亡くなっているのでそんなことはないと思う。
天下統一後の秀吉は、太閤検地、刀狩令、石高制など、全国に及ぶ多くの政策で国内統一を成し遂げた。
ただ、天下を制定してからの朝鮮への出兵は、領土を増やすためとはいえ、豊臣家を滅ぼす遠因になった。後に関ヶ原の戦いで石田三成と対峙する加藤清正、福島正則、黒田長政等は、異国の地で過酷な戦いをし疲弊して帰国した。事務方で前線で戦っていない三成との対立の原因ともなった、というような授業でした。
午後からは気象庁の方の共通講座。
そして、新年会がありました。
水回りが使えない3日間が、こうして無事に終わりました。

にほんブログ村


[PR]
by s-jw | 2017-01-23 21:22 | 趣味 | Comments(0)

長浜盆梅展

排水管工事で水回りが使えない2日目、18日水曜日は、友達夫婦が車で長浜まで連れて行ってくれました。
ダンナ様が長浜の慶雲館という所でやっている盆梅展を見たかったそうです。
友達の家がある京都から高速に乗ったのですが、車内から見る風景は雪景色一色。
日曜日に降り積もった名残で、家々の屋根も田畑も白一色でした。
慶雲館はJR長浜駅近くにあり、市の迎賓館になっています。盆梅展は、毎年年初めから3月まで行われ、今年で66回目になるそうです。
盆栽のような小さな物と思っていたけど、なんのなんの・・・畳の部屋に並べられた盆梅は、天井に届くくらいの大きい古木が多かったです。
e0353802_18105817.jpg
e0353802_18111942.jpg
車をここの近くの駐車場に入れていたのですが、駅前にあるスーパーマーケットの駐車場に入れ直し、黒壁スクエアの方へ雪道を歩いて行きました。ガラス館や曳山博物館を見学し、お昼は「茂美志屋」(もみじや)というお店で、3人とも長浜名物ののっぺいうどんのセットを頼み、私は鰻丼とセットにしました。のっぺいうどんはあんかけのうどんで、食べても食べても冷めないおうどんでした。
そこから駅の方に戻り、長浜城へ。ここは残念ながら日本100名城には入っていないのですが、秀吉が初めて一国一城の主となった出世城です。天守閣に登ると、琵琶湖や湖北の山々、雪に覆われた街の景色が一望できます。
e0353802_18283143.jpg
e0353802_18284993.jpg
長浜には他にあまり観光する所もなく、時間も早かったので、多賀大社へ連れて行ってもらいました。私は初めてでした。
伊勢神宮に祀られているのは、日本人の総氏神、天照大御神ですが、天照大御神の親神様を祀るのが、この多賀大社なんだそうです。「お伊勢参らばお多賀へ参れ、お伊勢お多賀の子でござる」という俗謡があるとのことです。友達のダンナ様は博識の方で、いろんなことをご存知です。
多賀大社は荘厳なたたずまいのおごそかな雰囲気の神社でした。
e0353802_18360078.jpg
多賀神社にお参りして、帰途に着きました。
友達夫妻には何から何までお世話になり、有難いです。
こうして、水回りが使えない2日目が過ぎたのでした。

にほんブログ村




[PR]
by s-jw | 2017-01-22 19:36 | おでかけ | Comments(2)

映画を観た後は、グランフロントの近畿大学水産研究所いわゆる近代マグロへランチを食べに行きました。
話には聞いていたのですが、行ったのは初めてでした。
まぐろとしらす丼。
e0353802_19163540.jpg
さすがにマグロは美味しかったけど、しらすは時季が違っていましたね。
ランチの後も時間を潰さないといけないので、去年も行った真田山へ行くことにしました。地下鉄で玉造へ。
真田山公園→三光神社→心眼寺へとウォーキングしました。
JR玉造駅前でお茶を飲んで、夕方まで友人に付き合ってもらいました。
この日は一日寒かった~
帰ったら工事は終了していたので、助かりました。

にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2017-01-21 16:05 | ウォーキング | Comments(2)

以前に書いたのですが、マンションの排水管工事があって、今週、火、水、木と9時から5時まで水回りが使えませんでした。私の部屋の工事ではなくて、他の階の工事ですが、立管を使えないのです。
木曜日は高大の授業の日なのでいいのですが、火曜日と水曜日は友人に頼んで一日付き合ってもらったのでした。
1月17日は今年初映画を観に行きました。
「海賊とよばれた男」
監督・脚本・VFX、ともに山崎貴さん。主役はV6の岡田准一くん。原作は百田尚樹さん、と大ヒットした「永遠の0」と同じチームの作品です。
上下巻ある原作も読みましたが、とっても長い物語です。
出光興産創業者の出光佐三さんの一生を描いています。
私の好きな作家、去年亡くなられた夏樹静子さんの夫は、この方の甥になるそうです。
女らしいたたずまいなのにバリバリ仕事が出来て、素敵なダンナ様もおられて、夏樹静子さんは私の理想の女性です。
さて、映画は長い長い小説を要領よく2時間半にまとめていました。
岡田君の熱演も素晴らしかった~ あんなにイケメンなのに「何しても岡田くん」にはならなくて、演技も上手くて、背が低いのがたまに傷だけど、だからいいのかもね。あれで背が高かったら、欠点が無くて可愛げがないですね。
去年は映画を観る本数が少なかったけど、今年は少なくても月に一度は観ることにしましょう!

にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2017-01-20 19:07 | 趣味 | Comments(0)

パン教室2017年1月

今日は3か月ぶりのパン教室でした。
11月は母の入院で欠席、12月はクリスマスケーキを作るのですが、もう一人の生徒さんと日程が合わず、欠席したのでした。その日は、まだ声が出ない日だったので、ちょうど良かったのですが・・・
今日のメニューは、クリームパンとハムロールパン。
どちらも初級コースのパンで、私は一度ずつ経験していたのですが、復習をしていないので、初めて作るように新鮮でした。
e0353802_21284807.jpg
e0353802_21290128.jpg
帰りに、天王寺から環状線に乗って森ノ宮へ。
高大へ本年度の講座申し込みをしに行ったのです。
去年の12月に申し込んだ「醸造を楽しく学ぶ科」は3倍の倍率で、くじ運の弱い私は外れてしまいました。その後、定員に満たない講座もあって、何にしようかと迷っているうちに時がたち、締切日を過ぎてしまい今日の再申し込み日になったのです。
抽選に受かっても一年分の授業料を払いこまない人がいるので、締切後募集というのがあるのです。
今回は悩まずに「文章表現を楽しむ科」にしました。俳句、短歌、川柳、エッセー等を勉強する講座です。よく考えたら、私、文を書くのが好きなんだから、初めからこの講座にしとけばよかったな~
空きが3人で、申し込んだのは私一人なので、これは大丈夫そうです。
短歌や川柳は作ったことがないので心配ですが、なんとかチャレンジしてみます。

にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2017-01-16 22:41 | 趣味 | Comments(2)

昨日は一年ぶりの関ジャニ∞のライブに行って来ました。
mixi日記で調べてみると、2014年、2015年、2016年と毎年行っていて、今年で4回目。
一番初めに行った時は、ライブ当日に母のショートスティを取るのに苦労したことを思い出します。そのことを思ったら、自由に行動できる今は、なんと幸せなことでしょう。
いつものように、友達と心斎橋で待ち合わせて、これもいつものように「だるま」で串カツを食べました。違っていたのは、ビールを飲まなかったこと。喉を傷めてから、アルコールは極力避けているのです。
その後、元そごうの大丸北館をうろうろして、地下鉄で京セラドーム大阪へ。
友達の娘さんとお友達はすでに来ていて、一年ぶりですが、この一年の早いこと。ついこの前会ったような気がします。楽しい2時間半があっという間に過ぎていきました。
ところで友達と私の前の席が2つ、最後まで誰も来なくて空いたままだったのです。
これは運が良かったな~ この席の人がスタンディングすると舞台が見えなくなって、必然的に私達もずっと立って観なくてはいけません。でも、座ったままでもすんなり見渡せて、立つ必要がなかったのです。ずっと座ったままではなかったものの、立ったり座ったり出来て、私達にはずいぶん楽なことでした。

e0353802_17514329.jpg

実は、京セラドームへ来る前に友達と話していたのです。
SMAPが解散したことだし、ライブへ来るのは、これを最後にしようと・・・
淋しいですが、SMAPと関ジャニ∞には、いっぱいの笑顔と幸せをいただきました。
特にSMAPには、会社が倒産した時、更年期障害でうつ状態になった時、ずいぶん心の支えになってもらいました。
本当に、ありがとう、という感謝の言葉しかありません。
そして、SMAPの「オリジナルスマイル」の一節のように、メンバー全員幸せになれ♪~と祈るばかりです。

にほんブログ村


[PR]
by s-jw | 2017-01-14 19:06 | おでかけ | Comments(2)

高大の3学期が始まりました。2学期の最終日が12月15日だったので、1ヶ月近く授業がなかったことになります。
この1ヶ月、私は声が出なくて苦労しました。喋れるようになったけど、ドレミファソラシドと言うと、いまだに高い音が出ません。何人かの人に「カラオケのし過ぎでしょう?」と言われ、班の人には「酒焼け?」とからかわれました。
こんなにひどくなったのは初めてで、正直まいりました。膝を痛めた時も思ったけど、もう無茶が出来ない年齢なんですね(*_*) 
さて、テーマは石田三成。「なぜ関ヶ原の戦いは起こったのか?」
「真田丸」では、山本耕史さんが演じていて適役でした。
私なんか、三成といえば、その昔「太閤記」での石坂浩二さんが思い浮びます。大河ドラマで歴代の石田三成を演じた俳優さんを調べると、そうそうたるメンバーが名を連ねています。戦国時代において、それだけ重要な役割を果たした戦国武将だったということです。
今年公開になる映画「関ヶ原」では、V6の岡田准一くんが主役をやるそうで、こちらも楽しみです。この映画の原作である司馬遼太郎の「関ヶ原」を今読んでいて、上、中、下の3部作なので、なかなか読了しませんが、予習をしているようで、授業の中身がすこすこ頭に入ってきました。
講師は、NPO法人大坂城甲冑隊の河井計実理事長。自分たちで作った赤い甲冑を身につけて、大阪城の清掃活動をされているようなので、ご覧になった方もおられるかもしれません。その活動を何故始めたかというと、今の大阪城の下には戦国時代の骨がいまだに埋まっていて、その追悼のために始めたとおっしゃっていました。
三成の旗印には、「大一 大万 大吉」という言葉が書いてあります。
***一人が万民のために 万民が一人のためにさすれば太平の世になる***
という意味だそうです。この言葉から察するに、三成は真面目で人徳があったのではないか・・・真面目な故に、秀吉亡き後の家康の傍若無人さに我慢ならなかった。もっとうまく立ち回ればいいものを、正直者である為、正直にものを言う。しかし、正統なことを真っ当に言う人は、えてして嫌われるものです。
去年の大河でもそんなふうに描いていたし、社会においても正義感のある人が損するようになっている世の中です。
人って、弱い所を突かれると反対に攻撃に出たりします。家康側に付いた武将たちは、三成のことが嫌いというか苦手だったのです。
関ヶ原の戦いは午前8時頃に始まり、正午には形勢がわかっており、午後2時頃には終結していたそうです。
戦いに敗れて切腹しなかった三成に、何ゆえ死ななかったのだ、こんな生き恥を晒してと言われると「生きていなければ再起の機会は巡って来ないからだ」と言ったそうです。チャンスがあれば、まだ戦う気だったのでしょうか・・・
明智光秀もそうですが、戦いに敗けて散ってしまった武将にロマンを感じてしまいます。

にほんブログ村


[PR]
by s-jw | 2017-01-13 11:19 | 趣味 | Comments(0)

懸念だったこと

12月から年明けて持ち越した懸念だったこと。
喉の痛みはともかく、町会の次期班長さんをやっていただくお願いです。
12月3日に会合があって、翌日から28年度の町会の記念品として1000円の商品券を1軒ずつ配ったのですが、その時に29年度の班長をお願いしなくてはいけませんでした。
メモを見ると、翌日4日にお隣とお向かい2軒に行っています。この2軒は26年度と27年度の役員だったので、頼んでいません。
その週末10日土曜日に6軒。お留守の家が何軒か・・・ みなさん、首を縦に振って下さいません。翌日11日から風邪をひいて良くなっていたのに、15日に無茶をして声が出なくなりました。
それから気にはなっていたのですが、なんせ声が出ないものだから行けなかったのです。少し喋れるようになった29日に4軒回りましたが、やはり高齢だとか親の介護があるとかで、どなたも引き受けて下さいませんでした。
そして年明けて1月5日に2軒。最後の綱も切れて、7日土曜日に1月度の会合があり、私ともう一人が次の班長を見つけられずにいました。見つけた方達もさんざん苦労したみたい・・・
300軒くらいあるマンションなのに、町内会に入っているのは半分に近い160軒くらいです。新しく引越して来た人には、管理センターが入っても入らなくてもいいと言ってるみたいだし、年々脱会していく家も増えています。役員をお願いに行ったら脱会すると言う人も多いみたいです。
私の場合、どなたもいなかったら引き受けると言って下さってた方がいたので、昨日お願いに行きました。その方も高齢なので出歩く役が当たったら無理だとおっしゃるので、その時は私がします、と約束しました。
ホッとしましたが、役によってはまた一年しなくてはいけません。それはいいけど、次回の役員を頼むのがまた大変。
実家があった古い町では町会に入るのは当たり前、順番に役員をするのが当たり前だったんだけど、そんな規律を設けたらまた文句を言う人がいるんでしょうね。

にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2017-01-09 16:57 | 日常 | Comments(2)