春が来た!! 大阪城へ

2月23日の授業の後、クラスミーティングの代わりに、社会参加活動の一環で全員で大阪城へ行きました。
教室でお弁当を食べてから、西の丸庭園の入口で全員で待ち合わせ、50名近くのオジサン、オバサンがだらだらとウォーキングです。
まずは「石山本願寺跡の石碑」を見て、豊臣秀吉が祭られた豊國神社へ。大阪城へは何度も来ているけど、豊國神社へお参りするのは初めてでした。
e0353802_19301197.jpg
e0353802_19292510.jpg
石山本願寺推定地となっているので、はっきりしたことはわからないのでしょうね。
天主閣へ上りたい人は上っていい、ということでしたが、天守閣には誰も入らず、みんなでまただらだらと梅林まで歩いて行きました。
梅は7分咲きといったところ。今週末から来週あたりが満開でしょうか?
e0353802_19344264.jpg
まただらだらと梅林を見て、解散。
私達一班は、3人が不参加、1人が行方不明、残っていた5人で京橋まで歩くことになりました。
途中、IMPビルの中のカフェでコーヒーで一休み。
美味しいチーズケーキも食べました。
私は京橋まで出て、バスで帰って来ました。
梅が咲き始めたら、春が来た、と思えて元気が出てきますね(^^)

にほんブログ村

[PR]

by s-jw | 2017-02-25 19:47 | 趣味 | Comments(0)

「戦国武将の生き方に学ぶ科・島津義弘」2017年2月23日

テーマは島津義弘。「九州の支配者はその時?」
講師は前回と同じく清水先生の最後の授業になりました。
今読んでいる司馬遼太郎の「関ヶ原」がもう少しで読了するのですが、ちょうど島津義弘が関ヶ原の戦いに出てくるところにさしかかっていました。
1590年代の朝鮮出兵の時に7千の島津軍で5万の明・朝鮮軍を破った義弘は、朝鮮の人々に「鬼石曼子」(おにしまづ)と恐れられたとか。釜山より撤兵する時に朝鮮の陶工を連れ帰り、薩摩焼を始めた。その後高野山に朝鮮陣戦死者供養塔を建て赤十字精神も持ち合わせている。
1600年、会津攻めのため伏見城に入ろうとしたが、家康の家来・鳥居元忠に拒否されて、その意志とは逆にやむなく西軍の方に引き寄せられてしまった。
石田三成に徳川軍への夜襲を提案したが一蹴される。
西軍が敗け色濃くなり故国まで退却するのだが、1500人いた兵が最後は80人になっていた。
関ヶ原から伊賀上野城下を通り、奈良、大坂を経て堺から船で内海(瀬戸内海)を通って日向へ渡り、薩摩へと戻る。
戻った義弘は抜かりなく「罪をゆるせ、しかしながら封土を削るな、一寸一尺でも削れば国をあげて決戦する」といい、家康は島津家に対して何の処分もしなかったのでした。
島津家77万国はこうして江戸時代末期まで生き残り、倒幕の旗頭となるわけです。歴史にたらればはありませんが、家康が関ヶ原の戦いの後に島津家を罰していたならば、徳川家の崩壊の形も変わっていたかも・・・
戦国武将の授業も、残すところ、後一回となってしまいました。

にほんブログ村

[PR]

by s-jw | 2017-02-24 21:34 | 趣味 | Comments(0)

秋桜の花

先週は、食事会やらウォーキングやらパークゴルフやら楽しいことが目白押しの一週間でしたが、今週はプレッシャーがかかる週になりました。
というのは、所属している悠々会(地域の老人会)の書道部の作品展が3月1日~3日まであって、その作品を提出しないといけなかったのです。
一年に一度、区民センターで区全体の趣味の作品展が行われているようです。去年は区民センターが耐震工事をしていたので中止でした。
お手本は、私の好きな「秋桜の花」という言葉を先生に書いてもらいました。
毎日時間がある時にぼちぼちと練習しているのですが、なかなか思うように書けません。
私の他の方達は長年書道をやっておられる人ばかりで、みなさん、お上手です。
展示場の関係で条幅紙のスペースがないので、全員せいぜい半紙の大きさの提出になります。
私は半紙で充分ですが、みなさん、物足りないようです。
今日の書道教室が締切日で、どうにかこうにか仕上げました。
落款に用いる篆刻印も、先生が作って下さいました。
落款して額に入れたら、少しはましに見えるのかしら?
なにぶん初めてのことなので、不安半分楽しみ半分、というところです。

にほんブログ村

[PR]

by s-jw | 2017-02-22 23:00 | 趣味 | Comments(0)

お誕生祝い2017年2月

昨日は2月生まれの友達と、遅ればせながらの私の誕生祝いがありました。
なんばパークスのチェルシーというお店。選んでくれた友達は、平均年齢若めのグループで行ったことがあるそうです。
こういう、街中にあるお洒落な店に行くのは久しぶりです。
前菜。
e0353802_15491830.jpg
メインは数種類から選べて、私は石川県輪島産天然真鯛のポワレ~柚子のヴァンブランソース。
e0353802_15503910.jpg
これにパン食べ放題。
コーヒーとデザートが付いています。
e0353802_15513804.jpg
お誕生祝いのサービスがありました。
e0353802_15522198.jpg
ろうそくに花火付き。
そして、可愛いお花をいただきました。
e0353802_16100966.jpg
みんな、ありがとう(^o^)
e0353802_16111599.jpg

にほんブログ村


[PR]

by s-jw | 2017-02-19 16:12 | おでかけ | Comments(4)

「戦国武将の生き方に学ぶ科・社会参加」2017年2月16日

28年度の高齢者大学へ通学するのも、あと数回、数えるほどになりました。
初めて経験した高大生活でしたが、いい仲間に恵まれ、充実した楽しい一年を過ごすことが出来ました。
週に一度でも必ず出席しないといけない場所があるということは、生活のハリになりメリハリがあって良かったのだと思います。
一昨日は、最後の社会参加活動の日でした。
多数決でクラス単位ではなくて班別の行動となり、私達第一班は万博公園でパーゴルフをすることにしました。「第一回一班パークゴルフ杯」です。
1名欠席でしたが、CDさん(クラスの世話係)が1人入って下さったので、合計9名。
「女性陣」「パークゴルフ経験者」「パークゴルフ初心者」の3人ずつ3チームに分かれて争うことになりました。
その前に、女性3人、天満橋で落ち合って天満橋モールの「ダイソー」で景品を購入。
大きな百均はいろんな物を置いていて楽しいですね。
ケース付き老眼鏡、高齢者(枯葉)マークのシール、お薬手帳入れ、神経痛に聞く入浴剤、ぶたさんの貯金箱等年配者をいじった物の他、除菌ウェットティッシュ、ペットボトルケース、アイマスク、毛玉取り、ミッキー模様のビニールの整理袋、可愛い絵柄のポストイット、ハローキティケース付き耳栓、等の実用品を12点購入しました。
一位のチームには2点ずつ、これもまた百均で買った可愛い袋に入れ、後は参加賞として1点ずつ袋に入れました。
実は梅田で待ち合わせて買い物しようということになっていたのですが、前日八幡へ行った帰りに梅田へ出て下調べにホワイティ梅田とルクアイーレのナチュラルキッチンへ行ったら、店自体小さくて品物もほとんど300円以上。急きょ他の二人にメールして、待ち合わせ場所を大きなダイソーがある天満橋モールに変えたのでした。
これが正解でした。品数が多いし、三人でワイワイ言いながら景品を買い揃えたのも楽しかったです。
天満橋OMMビルの中でランチして、地下鉄で阪急千里線・山田駅へ。
ここから20分程歩いて、「パークゴルフ万博公園」まで行きました。
予約をしてなくても、平日の午後はそんなに混んでいなくてすぐにプレイ出来ました。
e0353802_21292825.jpg
私は2度目ですが点数にムラがあり、個人では最下位(^_^)
ゴルフ未経験なので、仕方ないですね。男性陣は全員ゴルフ経験者だし、女性二人もいまだにゴルフをしているようです。
第二回があれば、頑張らないと(^^)
優勝はパークゴルフ経験者の男性チームでした。百均の景品を分けて、パークゴルフは終了。
用事がある一人が帰り、後の8名で千里中央まで出て、お好み焼きを食べにいきました。この日は暖かくて上着なしにプレイをしても暑いくらい。ビールがとても美味しかったです(^^)

にほんブログ村

[PR]

by s-jw | 2017-02-18 09:45 | 趣味 | Comments(0)

八幡駅ハイキング

2月15日、京阪沿線・八幡駅まで行って来ました。
これは月一ハイキングと別の友人と二人で、やはり月に一度はどこかへ行くようにしているのです。
今回は、友人がテレビで見た朝日屋の棒寿司を食べたいということで、八幡駅に11時頃に着くように遅い出発でした。
11時開店なので、さっそくお店に入って棒寿司を注文しました。
ランチでうどんとのセット物もあるのですが、あまりお腹が空いていなくて5貫と3貫を注文して半分こすることにしました。評判通り美味しいお寿司でした。
それからバスに乗って、上津屋橋(通称・木津の流れ橋)まで行きました。
ここは何年か前に来たことがあるのですが、その時はまだ全部木造の橋だったのが、2011年から4年連続、台風で橋脚が流失したため橋面を嵩上げして下部工を一部コンクリートにして、流れにくい構造に変更したそうです。
橋板と橋桁はワイヤロープで橋脚に固定されていたため、今までも流失することはなかったとか。
e0353802_14192677.jpg
e0353802_14193587.jpg
流れ橋の近くの四季彩館で(道の駅みたいな感じ)、お茶の葉、柚子ジャム、桜餅を買いました。
そこから石清水八幡宮への登山道近くまでバスで行き、歩いて登ることにしました。後で地図を見ると、石清水八幡宮へ登る道は幾つもあり、駅の近くからケーブルも出ているのですが、それとはまったく違う方向でした。
石清水八幡宮の本堂は、標高143mの鳩ケ峰に建っていて、私達が歩いて登るにはちょうどいい高さです。
e0353802_14345141.jpg
下山の途中、松花堂跡にも行き、駅近くのお店で、おぜんざいを食べて一服。
低い山とはいえ久しぶりの山登りで、やはり疲れていたのか、コーヒーより甘い物の心境でした。
e0353802_14392724.jpg
この日もよく歩いたと思っていたけど、いつものハイキングよりは少ない16000歩でした。

にほんブログ村

[PR]

by s-jw | 2017-02-17 14:42 | おでかけ | Comments(2)

映画「ローマの休日」

今日、お昼ご飯を食べてから何気にテレビを点けたら、NHKBSで「ローマの休日」を放送していて、思わず最後まで見入ってしまいました。
1953年製作の不朽の名作。2~3回見ていると思うけど、何度見ても傑作ですね。
私達の世代だったら、誰もが知っているストーリー。
お忍びでローマの街に出たアン王女が、アメリカの新聞記者と偶然知り合う。
新聞記者は途中からアン王女であることに気付いてスクープを狙うのですが、王女と一緒に一日行動するうちに、お互い恋をしてしまうのです。
アン王女を演ずるのは、オードリー・ヘップバーン。これが映画デビューでいきなりアカデミー主演女優賞を取ってしまいます。
綺麗で可愛くて気品があり、本物の王女様に見えます。国内外とも昔の女優さんは、本当に綺麗な人が多いですね。
相手役はグレゴリー・ペック。これまた正統派の二枚目で、今でいうイケメンなんて軽い言葉では言い表せない、人間的魅力に溢れた素敵な俳優さんです。
二人でローマの街をスクーターで走り回り、真実の口や祈りの壁の名所を訪れたり、オープンカフェでシャンパンを飲んだり、船上パーティでダンスをしたりと、名場面が続きます。
私が一番好きなシーンは、ラストの記者会見の場面で他の記者から「どこの首都がお気にめしましたか」と聞かれた時、どこもみんな良かったと社交辞令を言いかけて、後はグレゴリー・ペックの記者を見て「ローマ。なんと言ってもローマです。私は生きている限り、この街をいつまでも懐かしむでしょう」と王女が答えるところです。
最近は恋愛物のドラマを見ても何とも思わないのに、このシーンで泣いてしまいました。
「ローマの休日」の続編を作ってもらって二人が結ばれるところを見てみたい、なんてことも思いました。
この時間帯、私の好きな1950年代、60年代、70年代の映画を放映しているようです。チェックして、また見なければ・・・

にほんブログ村

[PR]

by s-jw | 2017-02-14 21:23 | 趣味 | Comments(7)

パン教室2017年2月

今日は2月のパン教室でした。
メニューは、コック・ア・ドゥードル・ドゥー。
毎年、その年の干支のパンを作るそうです。去年はそのことを知らなかったんだけど、グッドサルで、今年はニワトリでした。
e0353802_19544120.jpg
親鳥とひよこ達です。
中にはどちらも、白こしあんに茹で卵の黄身と生クリーム、トレハロース、水あめを加えたお団子を入れています。ひよこの殻は、別にクッキー生地を作っています。これ、結構、手間がかかっているのです。
そして、クリームレーズンパン。
e0353802_19595446.jpg
「ドンク」に同じようなパンがあって、友達がこのパンを好きなので、先生にレシピを考えて下さいと頼んで出来たレシピだそうです。
中にカスタードシートが入ってるので、甘くてとても美味しいパンでした。
そして去年と同じパリの石畳みという生チョコを作りました。
もう一人の生徒さんは、ご主人に差し上げるそうです。
私は、自分で食べようかな(笑)

にほんブログ村

[PR]

by s-jw | 2017-02-13 20:13 | 趣味 | Comments(6)

裁判所見学から立ち呑み屋・初めての体験

2月9日、高大の授業の後、教室でお弁当を食べてから、1班と2班の有志で裁判所見学へ行って来ました。
2班に大阪高裁裁判所に勤務していた人がいて、計画を立ててくれました。10人以上だと案内の人がついて下さるそうなので、1班にもお声がかかったのです。
地下鉄・北浜駅から歩いて5分。よく通る所なんだけど、縁が無い場所なので、そこが裁判所だとは知りませんでした。
物知りの班長によると、ここは佐賀藩の蔵屋敷跡だそうです。
外には守衛さんがいてチェックはしているそうですけど、誰でも入れて傍聴が出来るようです。
案内の予約は2時半なので、それまで1時間あまり傍聴することにしました。
殺人事件なんかは傍聴人が多くて入れないことが多いそうです。1人か2人だったらいいんだけど、私達は12人と多いので、まずは空いている器物損害罪の裁判をしている法廷に入りました。入口に何の裁判であるか、被告人、判事、検事、弁護士の名前が書いてあります。入ったら、証人喚問しているところ。被告人の母親のようです。被告人が人の車に危害を加えて母親が弁償したようです。
この裁判は単独審といって、裁判官が一人。検事、弁護士、事務官、書記官、速記官が一人ずつ。裁判官と弁護士は若い女性だったので驚きました。
声が小さくて弁論の声が聴き難く欠伸をする人が出だしたので、別の法廷へ移動しました。そこは元暴力団の男の人の覚せい剤取締法違反の裁判でした。ちょうど弁護士が被告質問をしているところで、被告がはきはきと理路整然と答えていました。後で「あれは慣れてる。何回も捕まってるんやろな」と、みなさん、おっしゃっていました。
2時半になったので、新館の方の法廷を案内してもらいました。
ここは、裁判員裁判をする法廷です。
e0353802_15580891.jpg
e0353802_15583077.jpg
説明を聞いた後、中に入らせてもらって、ここは写真OKです。
裁判官が着ている法衣を着ての写真も撮ってもらいました。
見学が終わってから、地下にある食堂で一杯150円のコーヒーを飲んでお喋り。
裁判所に勤めていた人がよく行っていたという立ち呑み屋さんに行くのですが、5時からなので時間潰しです。
5時からは、初めての立ち呑みデビュー。行く前はしんどいかな~と思っていたけど、そうでもなく、安くて美味しくて、早く帰れる、といいことづくめでした(^^)

にほんブログ村

[PR]

by s-jw | 2017-02-12 16:09 | 趣味 | Comments(2)

「戦国武将の生き方に学ぶ科・伊達政宗」2017年2月9日

テーマは伊達政宗。「奥州一の大名からの狙いとは?」
今回の先生は何度も授業を受けている清水先生。現役の時に高校の社会科を教えておられた先生で、レジメはいつもA3用紙で10枚以上。現存する古文書や戦国時代の地形図、武将の墓等ご自分が撮られた写真もいっぱい添付されています。
政宗は、信長、秀吉、家康からは30~40年くらい後の生まれになります。
先生曰く、政宗が信長たちと同世代に生まれていたら、歴史は変わっていただろう。
また奥州の地に生まれたことがマイナスでもあり、関ヶ原合戦の時はプラスにもなった。
家康たちは、地形で言うと日本の真ん中辺りで争っていたので、奥州の政宗や九州の島津家に情報が届くのは、5日~7日かかったそうです。
伊達政宗や九州の黒田官兵衛は隙あらば天下取りを狙っていた、とも言われています。関ヶ原の勝敗が1日で決着したことが幸いしました。徳川方の勝利が判明して、政宗の腹が決まったとも・・・
関ヶ原の後、大阪夏の陣では道明寺の戦いで後藤基次(又兵衛)を破り、真田幸村とも戦っています。
山岡荘八さん原作・横山光輝さんの「伊達政宗」の漫画の何ぺージかがレジメに載っていて、これが結構面白かった~ 漫画で読んだ方が頭に入ってくるかもしれません。
朝鮮出兵の時、政宗は全身派手な格好をして、足軽30人に勝色(かちいろ・黒に近い紺色)に金の日の丸の旗を持たせて京都の町を行列した。それが「伊達者」の謂れであると言われているそうです。先生は、仙台では、と付け加えられましたが。
横山光輝さんの漫画では、こういう正気の沙汰とは思えない恰好をしていたら朝鮮にまで行かないで済むという考えから、と書いてありました。
伊達政宗は、いろんな意味で策士の戦国武将だったみたいです。

にほんブログ村

[PR]

by s-jw | 2017-02-11 20:00 | 趣味 | Comments(0)