<   2017年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

「文章表現を楽しむ科・俳句②」2017年9月28日

俳句の授業、二回目でした。
前回の宿題4句の内、大きい方の短冊に書いた2句を、黒板に吊るしてクラスの皆さんに見てもらったうえ、的場先生とお手伝いする、もう一人の先生の論評の授業でした。
先生方も誉められていたけど、みなさんの俳句、お上手なんです。
私も頑張って書いたのですが・・・

  ひとり飯 定食屋の 秋刀魚食らう

この句はまず「秋刀魚食らう」のフレーズが浮かんできて、それに合う言葉を当てはめました。決して一人で定食屋でご飯を食べたということではないのです。先生には「荒くたい句」と言われたと思います。自分でも品がないと思うけど、秋刀魚食らうを言いたかった(笑)
秋刀魚って上品に食べるイメージがなく、食らいつく感じがしたのです。しかも下五句の字余りはご法度でした。せめて、上五句と下五句を入れ替えた方が良かったな~

  秋刀魚食らう 定食屋の ひとり飯

もう一句・・・

  枯れてのち ひっそり艶めく 烏瓜

烏瓜が秋の季語だと知って、摘んだ時に鮮やかな緑した烏瓜の実がリースとして飾るうち、日毎に赤く色付く様を詠んでみました。
先生は、「のち」だと説明になってしまうので、枯れてのち → 枯れてより
がいいと言って下さいました。
一つ一つ勉強になるな・・・
俳句を作るのが楽しくなってきました。

[PR]

by s-jw | 2017-09-29 22:48 | 趣味 | Comments(2)

上賀茂神社から京都植物園

阪急無料乗車券シリーズ第3弾です。
今回は、毎月第4日曜日に京都の上賀茂神社で行われる手づくり市へ行って来ました。
いつものメンバー、FさんとMさん。最寄りのバス停から大阪駅へ出ます。阪急電車・梅田駅から特急で烏丸まで行き、京都市営地下鉄に乗り替えて北山駅まで。北山からはタクシーに乗って上賀茂神社まで行きました。家の最寄りのバス停から2時間近くかかりました。
私が考えた行き方は、阪急電車の終点の河原町からバスに乗って上賀茂神社まで行く予定でいましたが、腰が悪いMさんを心配して、バスが満席で座れなかったら可哀そうだと、娘さんが他の方法を考えてくれたそうです。一度お会いしたことがあるけど、美人で頭が良くて、おまけに優しいんですね。子供がいない私や、何もしてくれない(本人談)息子二人のFさんとは大違いです。といっても、この阪急の無料券はFさんの息子さんのプレゼントなんですけどね(^^)
百万遍の手づくり市には何度か行ったことがあるけど、上賀茂神社の手づくり市は初めてでした。出展しているお店はダブっているのだろうけど、雰囲気は上賀茂の方がいいですね。なんといっても、敷地が広くてゆったりと買い物が出来る。境内に小川が流れていて、素敵。
e0353802_19011533.jpg
e0353802_19012675.jpg
私は、ルバーブと無花果のジャム、大福3個、ちりめん山椒、お漬物2種類、と自分が食べる物ばかり買いました。
お昼は上賀茂神社の近くの食堂で、衣笠丼というのを食べました。大阪では聞いたことがないのだけど、他人丼(牛肉と卵)に油揚げが入っていました。
ランチの後、タクシーで北山まで戻って京都府立植物園へ行きました。ここは他府県の人でも70歳以上は無料です。以前、私が60歳の時に来た時も無料でした。その後、いっきに70歳以上になったようです。といっても200円の入場料。有難い金額です。
どこへ行っても彼岸花が満開です。
e0353802_19093240.jpg
珍しい黄色の彼岸花が咲いていました。
e0353802_19094397.jpg
まるで山の中のような針葉樹林の道を散策してから、帰途に着きました。
梅田へ出て、相手替われど主替わらず。「ニューミュンヘン」でビールを飲んで帰宅しました。
e0353802_19132101.jpg

[PR]

by s-jw | 2017-09-26 19:13 | おでかけ | Comments(2)

今年も区民祭りへ行って来ました

23日は母のホームへ合いの布団を持って行って来ました。
もうすぐ母の誕生日なので「誕生日のお祝いやで」と言って渡しましたが、実はこの布団は母の妹の満中陰志で送られてきたものなのです。
母が使っている合いの布団は薄くて今はいいけど、もう少ししたら寒いと思うのです。私のマンションではちょうど良かったのですが、今の施設では朝方に寒いんじゃないかな・・・
母に対するお返しなので、母が使える物をいただいて良かったです。
昨日はすっかり涼しくなって、車椅子を押して施設の周りの3つの公園と花壇が綺麗なマンションまで散歩しました。真夏は暑いので、久しぶりでした。
母のホームからの帰り、ウォーキングがてら桜ノ宮公園で行われている区民まつりを見にいきました。ホームへ行くのに行きはタクシーを使いますが、帰りはどっちみち歩いて帰るのです。
e0353802_14313053.jpg
お昼前だったので、いいことを思いつきました。去年もここでビールを飲んだのですが、お腹が膨れる物とビールでお昼にしようと。
買いに行ったら、去年の町会長さんが売っておられました。
「売上に協力しに来ましたよ」と言って、焼きそばとビールを買いました。椅子が空いてなかったので、歩道の縁石に座ってお昼にしました。
e0353802_14355027.jpg
食べ終わってから、大川縁をぶらぶらと歩いて帰ったのですが、ビールの酔いがまわったのか「私はなんて幸せなんだろう」と気持ちが良かったこと。
こんな都会の川縁にも、彼岸花がいっぱい咲いています。
e0353802_14373854.jpg
マンションに帰ったら、実家の庭に毎年咲いていた玉すだれの花が満開に咲いていました。
e0353802_14404597.jpg
こんなささやかなことで幸せな気持ちになるのです。
単純だな、私って(^^)

[PR]

by s-jw | 2017-09-25 14:47 | ウォーキング | Comments(0)

パン教室2017年9月

9月22日は、雨の予報だったので早めに家を出てお墓参りに行って来ました。
彼岸のお墓参りはいつも人でいっぱいなのですが、この日は中日でもなく時間も早かったせいか、人影はまばら。雑草もほとんど無くてゆっくりお参りが出来ました。
パン教室をこの日に設定していて、お墓参りの後は同じ沿線にある友達の家に向かいました。
一年間一緒にパン作りをした40代のSさんは、どうも辞められたみたいです。7月はSさんがお休みで、8月はパン教室が休み。9月は連絡がなかったそうです。
先生である友達もダンナ様が入院したり、この夏いろいろありました。
私は丸2年間習って、3年目に突入しました。といっても、一人では何にも出来ない、出来の悪い生徒です。
メニューは、グレインブレッド。食パン用粉にソフトグレインという5種類の雑穀(黒米・ライ麦・はと麦・大麦・玄米)とサワー種を一緒に加熱処理したものを加えた粉で焼きます。ご飯でいうと五穀米みたいなもの(?)
e0353802_19040211.jpg
写真の左は普通の食パン型に入れて焼いた物ですが、右はメッシュ型という器に入れて焼きました。生地の表面にかすかにメッシュ模様がついています。この器を使う為、このパンも上級者向けだそうです。
もう一つは、アップルシナモンパン。
e0353802_19081208.jpg
菓子パン用粉で、友達が作った自家製のリンゴ煮と朝から私がレシピ通り作ったカスタードクリームを入れて焼きました。甘くてまるでケーキのよう。写真ではカップケーキの大きさに見えますが、半径18cmの型に入れて焼きました。
グレインブレッドは、食べると独特の香りがするもちもちしたパンでした。少しクセがあるパンなので、やはり五穀米を食べた感じ?
お腹の持ちが良かったように思います。



[PR]

by s-jw | 2017-09-24 09:06 | 趣味 | Comments(2)

「文章表現を楽しむ科・瀬戸内寂聴の世界①」2017年9月21日

エッセイの授業、5回目です。
夏休みの宿題であった瀬戸内寂聴さんの小説「夏の終り」の感想文の合評会でした。
瀬戸内晴美という名前で書かれた小説をたくさん読んだ時期がありました。20代後半から30代前半。多分、恋愛もしていたのでしょう(笑)
「夏の終り」も読みました。なんといっても1962年に発表されたという、55年も昔の作品です。どろどろしたW不倫の話。正直、堪忍してよ、と思いました。
宿題なので仕方なく、200字詰め原稿用紙一枚に、やっとのことで書き上げました。夏休みの宿題を8月31日に仕上げた小学生の気分です。
よく考えてみれば、私以外の42人のクラスメイトの作品、なんて書いてあるか楽しみでもありました。
半分くらいは瀬戸内寂聴さんの作品は苦手であるとか嫌いであるとか、書かれています。私もその一人。後の半分は、淡々と感想を書かれていました。また、瀬戸内さんの作品は苦手であったが、今回読み込んでみて印象が変わったと書かれている人もいました。
私も頭から否定する気はありませんが、読書感想文なのだから、読んだ人が好きな作品を選ばせて欲しかった。だったら一枚と言わず何枚でも書けたのではないかと思います。私達はプロではないのですから。
ただ、意に沿わない文章を書くのも「文章表現を楽しむ科」で勉強する意義があるのかもしれません。

[PR]

by s-jw | 2017-09-23 18:39 | 趣味 | Comments(0)

ハイキング・黄檗から宇治へ

台風一過の秋晴れの昨日、月一ハイキングで宇治方面へ行って来ました。
京阪電車・黄檗駅で待ち合わせ。
黄檗には、日本三禅宗での一つ黄檗宗の大本山である萬福寺があり、普茶料理を食べられるお寺としても有名です。開創は隠元禅師。名前の由来となったインゲン豆、スイカ、レンコン、孟宗竹等を中国からもたらしたといわれています。
e0353802_17060341.jpg
一度来たかったのですが、今回は素通り。ここから三室戸寺へ向かいます。
紫陽花の季節ではないので、三室戸寺も門前で折り返しました。
少し戻って源氏物語ミュージアムの横を通り「さわらびの道」を歩きます。
私達4人、ボーッと歩いていたのでしょうね。バイクを降りたばかりのオバサンに捕まってしまいました。宇治観光のボランテイアをしているそうですが、去年ご主人が亡くなったことから3年前に三女を亡くしたこと、N○Tに場所を借りていろんな催しを開催していて会社の人(79歳の今も現役だそうです)にも協力してもらっていること、どんな仕事をしているかということ等、滔々と喋り出しました。初めて会った人相手に30分以上、いや1時間近く喋り倒すって、本人が言う内容が全てが事実であったとしても、真実なんだろうか・・・
あいづちをうって聞く友達がいるので、私も聞いていましたが、話半分に思う私は人が悪い?! 人に迷惑をかけないことを信条として生きているので、見ず知らずの観光客相手に自分の事ばかり喋る人は、私ははっきり言って嫌いです。
いつまで喋るのだろうとイライラしていたら、友達が「ではそろそろ」とかなんとか言ってくれて、やっと解放されました。
「さわらびの道」の途中には、日本最古の神社建築で世界遺産に登録されている宇治上神社へ。
e0353802_19472373.jpg
e0353802_19474408.jpg
e0353802_19475487.jpg
一番下の写真の本堂には、菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと)、 応神天皇皇子、そして仁徳天皇が祀られています。
ここから宇治川へはすぐ近く。川縁でお弁当を食べました。
大吉山展望台へ登る予定でいましたが、私の足が痛くて天ケ瀬ダム往復を歩くことにしました。
オバサンに教えてもらった浮島十三石塔。
e0353802_20102486.jpg
宇治川沿いのあじろぎの道からは、宇治平等院を見ることが出来ます。
e0353802_20141021.jpg
足が痛い原因は家に帰ってから気付いたのですが、一週間くらいまえに椅子の脚で足の小指を踏んづけて怪我したところが治っていなかったのです。この左足の小指のあたり、魚の目は出来るわ、水ぶくれになるわで、歩くとしょっちゅう痛くなるので、怪我の事はすっかり忘れていました。
いつもの乾杯は宇治駅近くの「サイゼリア」で。
あまりに早い時間だったので、みんなで粘ること、粘ること。
予定より早く帰ると、ご飯の仕度をしないといけないのだそうです(笑)
おかげで、ビールにワインも飲んで、おつまみをいっぱい頼んで一人1200円くらいという安さ。「サイゼリアバンザイ!!」です。

[PR]

by s-jw | 2017-09-19 20:06 | おでかけ | Comments(2)

台風ですね(>_<)

今日は友人のお誘いで、松下IMPホールへ正倉院宝物フォーラムへ行く予定でいましたが、台風のため行かないことになりました。
昨日の時点で決めたので仕方ないですが、フォーラムは予定通り行われたようで、惜しいことをしました。
毎年、T・Mレボリューションを中心に滋賀県草津市で行われているイナズマロックフェスも、本日は中止になったようです。
滋賀県在住の会社の後輩が毎年参加しているので、残念なことでした。
岸和田だんじり祭りは予定通り行われたようですが、横転事故があったとのこと。
風のせいかどうかはわかりませんが、多少は影響したかも・・・この時季は台風の季節なので、だんじり祭りの時は雨が多いというのは、昔からの伝説です。
昨日のうちに食料品の買い出しを済ませて、今日は家にいて録り溜めたDVDを見たり、泉大津オリアム賞の原稿を推敲したりしていましたが、夕方になって大事なことを思い出しました。
ご近所のFさんに頼まれたエクセルを仕上げないといけなかったのです。
Fさんが息子さんに頼まれたようですが、エクセルは得意でないので私にお鉢が回って来ました。
私もそんなに精通しているわけではないですが、エクセルは仕事で一応使っていたので、なんとかやり遂げました。
こういうの、楽しいな~ まだまだ仕事出来たわ私、と少しだけ自信が湧いてきました。

[PR]

by s-jw | 2017-09-17 19:37 | 日常 | Comments(0)

「あきない世傳 金と銀(4) 貫流編」

9月10日 高田郁(かおる)「あきない世傳 金と銀 貫流編」★★★★★

8月に購入したけど、大好きな小説なので電車に乗った時だけチビチビチビチビと読みました。
前回は、主人公・幸の夫である天満の呉服問屋「五十鈴屋」の五代目徳兵衛・惣次が商売で不義理をして、行方をくらましたところで終わっていました。
失踪したのは不義理だけが原因ではなく、不義理した相手に「店主の器ではない」と五十鈴屋の奉公人の前で言われたのです。嫁の幸が店主であったならば五十鈴屋のために尽力したい、とも言われて誇り高い惣次は傷つき、商いを放り出して出奔してしまいました。
驚いたことに、五十鈴屋の三男坊・智蔵が六代目徳兵衛を継ぎ、幸と一緒になります。継ぐ人がいないと、五十鈴屋は潰れてしまうのです。幸と一緒にならなくても店は継げますが、この二人、物語の初めからいい感じでしたものね。
夢を追って家を出ていた智蔵が夢破れ五十鈴屋に戻って来ても、自分に商才がないのは本人が一番わかっている。女房は商才があるが、夫の前にしゃしゃり出られない時代なのです。それならば人形遣い(幸)の人形になると、智蔵は決意しました。
いよいよ幸の考えた商売が回っていきます。
ラストの幸のカッコいいことといったら!
ドラマ化したら、幸のイメージは北川景子さんかな・・・
智蔵は、ぜひタカアンドトシのタカさんで。エッ!? それはないって?
私的には、素直で可愛げのある男、智ぼんのイメージはタカさんなんですけど(笑)
次回作がとても楽しみです。

[PR]

by s-jw | 2017-09-16 19:00 | 趣味 | Comments(0)

「文章表現を楽しむ科・社会参加」2017年9月14日

昨日の授業は、二学期の社会参加でした。
行き先は、舞洲にある大阪市舞洲スラッジセンター。
舞洲方面へ行ったことがある方は、遊園地のような派手な建物があることをご存知だと思いますが、同じような物が幾つかあって、そのうちの一つがスラッジセンター。いわゆる下水の汚泥処理場です。
大阪市に長年住んでいますが、汚泥を処理する場所がここにこうしてあることを知りませんでした。考えてみれば、快適に生活する上で一番必要で大事な場所になります。
近くにゴミ処理場があって、こちらももちろん大事ですが、昔はゴミを出さない暮らしが出来ていました。プラスチック製品は出回っていなかったし、紙類はかまどやお風呂を沸かす時に燃やしていました。しかし汚泥だけは昔も今も変わりません。
大阪市民として、ほんとに有難いことです。
汚泥は焼却設備と脱水設備でスラグという無機成分を主体とする物質にして建設資材等へと有効利用していて、水はけのいいレンガになったりしています。
そういえば、マンションの敷地内の道の敷石を水はけのいいものに入れ替える工事をずっとしているけど、あれもそうなんかな・・・
こちらがスラッジセンター。
e0353802_17011706.jpg
こちらがゴミ処理場です。大阪市・八尾市・松原市のゴミ処理場になっています。
e0353802_17060629.jpg
どちらもオーストリア人のフンデルト・ヴァッサーさんという人のデザインによるもの。
ところで、大阪市には秀吉が作った「太閤下水」が中央区の街中にあって、今も現役の役目を果たしているのです。「ブラタモリ」で紹介していました。
見学が終わってからバスで「ホテル・ロッジ舞洲」まで行ってランチして解散でした。
私は地下鉄のコスモスクエア駅まで行って、地下鉄に乗り換えて帰って来ました。
結構早く帰れて、締切が迫ってきた泉大津オリアム(随筆)賞の原稿を考えましたが、200字詰め原稿用紙5枚ってなかなか書けません。
まだ日にちがあるけど、無理かも(>_<) 




[PR]

by s-jw | 2017-09-15 19:50 | 趣味 | Comments(0)

八尾河内音頭・ギネスに認定

9月9日、八尾市の河内音頭まつりで、2872人がで5分間、間違えずに踊ってギネスに認定されました。
残念ながら私達のグループはその前に行なわれたフリー部門に出場したので、ギネスとは関係なかったのです。このフリー部門には、高大関係のグループがあと2組出場されていました。
13時にJR大和路線の久宝寺駅に集合。続々と顔見知りが集まって来ます。
黒、青、えんじの揃いのTシャツに白のパンツ。靴も白ということでしたが、これはバラバラ。それに華やかな造花の花を巻いた黒色の帽子を被ります。
e0353802_11443916.jpg
帽子も花も百均で調達しました。
聞くところによると、審査員に帽子は良かったと帽子だけ褒められたそうです。
私達のグループは総勢28名。どちらかというと女性の方が多いけど、男性も結構多いグループです。
このフリー部門で優勝したのは、去年と同じグループだそうです。10人くらいの女性ばかりで、素人の私が見ても腕の振りも足もそろっていてお見事でした。
出番が終わってから久宝寺の駅近くまで戻って、打上げです。出演した28名の内25名参加しました。
2000円のコースでビール一杯サービスだそうです。瓶ビールで出てきたので、アルコールを飲まない人が多かったのか、たくさんビールを注がれました(^^)
宴会が終わってからギネスに挑戦の踊りを見る為に、有志5人だけで会場まで戻りました。私達のグループの内2人がギネスの方の踊りにも参加するので、宴会の途中で抜けて行っていたので応援したかったのですが、3000人近くの踊り子さんがいて、わかるわけがありません。
e0353802_21224839.jpg
開催場所が久宝寺緑地という陸上競技場だったので、観覧席に座ってギネスの踊りが始まるまで待ちました。待ちくたびれて踊りが始まってすぐに帰ってしまって、ギネス記録達成の瞬間を見るのを逃してしまいました。惜しかった~
初めはどうなることかと思ったけど、なんとか踊れるようになって参加出来て良かったです。楽しかった~(^^)


[PR]

by s-jw | 2017-09-12 21:25 | 趣味 | Comments(2)