「晩鐘」

11月19日 佐藤愛子「晩鐘」★★★★☆
家でいろいろ本は読んでいるのですが、感想文となるとなかなか書けません。
久しぶりに大作を読みました。
佐藤愛子さんは御年94歳で、これは2014年に発表したもので、91歳の時の作品となります。今の私の母と同じ歳だ~ 考えられない。母は家では手におえないので、2014年にホームに入居したのです。
母より二歳下の田辺聖子さんだって、最近は小説を書いていないのです。
佐藤愛子さんのこのバイタリテイーはどこから湧いてくるのでしょう。
「晩鐘」は佐藤愛子さんの私小説です。15年間夫婦であった元夫畑中辰彦(小説の中での名前)との出会いから亡くなるまでの約55年間の出来事が綴られています。
この男が、悪気はないけどどうしようもないクズ男で回りを巻き込んで不幸にしていきます。
主人公の藤田杉(佐藤愛子さん)は惚れた弱みとは思えないけど、辰彦がどうしようもないことを起こすたびに怒りながらも心のどこかで面白がってお金を調達するのです。
杉どころか何人も何人も、金持ちからも貧乏人からも性懲りなく借金を繰り返すのです。辰彦付きの二人の運転手のうち、一人は会社倒産後自殺し、もう一人は妻子に内緒で家を抵当に入れて辰彦の会社の返済に当てました。辰彦のために不幸になった人は数知れないのです。
杉だって「債権者から家と家族を守る為」と言われて離婚したら、すぐさま若い女と再婚されて、その後も借金の尻拭いを何度もさせられます。その若い女でさえも夜の仕事で貯めたお金も宝石も貢がされます。家もだったかな・・・
こんな男、そばにいたら不幸になるだけと思っていても、ついついほだされるのでしょうか?
元々は金持ちの実業家の息子なので実家からもさんざん搾り取って、両親が亡くなった時、兄弟から遺産相続させられないと言われながら三千万円もらっても、借金の返済に右から左に消えました。親から搾取したのは、三千万どころではないはず。
面白かったけど、最後まで読んだら疲れました。
佐藤愛子さんは夫との間に一人娘がおられて、二所帯住宅で住んでいるそうです。娘さんが生まれたことは夫に感謝しているとか・・・
畑中辰彦も一つだけでもいいことしたのですね。


[PR]

by s-jw | 2017-11-24 12:05 | 趣味 | Comments(0)

歌舞伎入門

葉加瀬太郎さんのコンサートの時にもらったパンフレットを見て友達が行こうと誘ってくれた中村勘九郎 中村七之助特別講演へ行って来ました。
一部は司会者を入れての二人の芸談。たっぷり時間を取って二人の話を聞けました。
サスガ歌舞伎界のプリンスのお二人、お話も面白くてお上手でした。
演目は勘九郎の「棒しばり」。後ろ手に縛られた太郎冠者(鶴松)と棒に縛られた次郎冠者(勘九郎)が甕に入った酒をなんとかして飲もうと奮闘する舞台です。横にした棒に両手を縛られた勘九郎の演技がユーモラスで、観客の笑いが絶えない演目でした。
最後は打って変わって七之助の藤娘の踊りです。幕が上がると、大きな藤棚と七之助の美しい着物姿に歓声が上がりました。早変わりも二回ありました。
兄弟揃ってこんなにタイプがハッキリ違っているのは、歌舞伎界としたら理想の兄弟ですね。二人とも子供の頃からの日々の精進の賜物でしょう。素晴らしい舞台でした。
お二人でこういう公演を重ねていくのは、歌舞伎の世界を少しでも多くの人に知ってもらう目的からだとも聞きました。
歌舞伎を知らない私でさえも、興味が湧いてきました。
会場は森ノ宮ピロティホール。終わってからは友達と食事することになっていたので、去年のクラスでよく行った居酒屋さんへ案内しました。JR森ノ宮駅近くにあるのですが、安くて美味しい居酒屋さんです。
いつも一緒にSMAPや関ジャニ∞のライブに行っている友達ですが、たまにはこんな舞台もいいねと話していました。

[PR]

by s-jw | 2017-11-23 21:45 | おでかけ | Comments(2)

お誕生祝い2017年11月

先週の土曜日はグループの11月生まれの人の誕生日のお祝いでした。
6人のグループですが、2人一緒にしたりするので年に4回開催されます。
食事はもちろん割り勘ですが、お誕生日のお祝いにお花のプレゼントをします。これもその為の会費を集めていてそこから出すので、厳密に言えば割り勘。庶民的な私達のお付合いが続いている秘訣かもしれません。
この時季、楽しみにしているのが、一人の人の手造りの柚子味噌。かえりちりめんが入った柚子味噌を毎年持って来てくれます。友達はNPOで高齢者向けの食堂をお手伝いしているので、大量に作って販売している人気商品だそうです。
もう一人の友達は、時々ダンナ様が作る奈良漬けを持って来てくれます。この奈良漬けを食べると、売っている奈良漬けは辛くて食べられません。切ってから何日たっても、ほんとに美味しく食べられるのです。この友達は季節折々の手造りジャムも持って来てくれたりします。
もう一人の友達は春になると、手作りのヤマブキの佃煮と破竹の炊いたん、秋にはやはりダンナ様手作りの柚子大根を持って来てくれます。
いただいてばかりで私は何も出来ませんが、お店の予約とみんなへの連絡をさせてもらっているのでカンベンしてね、というところです。
さて今回のお店は、阪急ターミナルビル17階にある里山ダイニングのランチバイキングでした。
3024円で120分食べ放題飲み放題です。
e0353802_11181612.jpg
e0353802_11182456.jpg
楽しくて、ビール、ハイボール2杯、赤ワインと飲んでしまいました。
お茶を飲んで解散でしたが、翌日さっそく大根を炊いて柚子味噌をつけて食べました。もう何ぼでも食べられる美味しさです。
ご馳走様でした!


[PR]

by s-jw | 2017-11-21 11:23 | おでかけ | Comments(0)

「文章表現を楽しむ科・秋の遠足」2017年11月16日

昨日は高大の秋の遠足で、奈良へ行って来ました。先月私ともう一人の人が下見に行った奈良女子大学記念館の見学です。
9時45分に近鉄・奈良駅前行基さんの噴水で待ち合わせ。一学期に授業を受けた奈良女子大の鈴木小春先生も来て下さっていました。ぞろぞろと歩いて記念館まで行きました。
10時半から案内人が付いて、中を案内して下さいました。
e0353802_14373624.jpg
ここから興福寺北門まで、またぞろぞろ歩いて行きました。
興福寺は国宝館が耐震改修工事中で、仮講堂で公開している「阿修羅ー天平乾漆群像展」を見に行ったのです。
私は阿修羅像を初めて見ました。神々しく凛々しいお顔で人気があるのがわかる気がします。狭い仮講堂でササッと見たら終わり。これで600円って(団体割引でなければ700円)、仏様への御供養なんだと思っておきましょう。
クラスとしてはここで解散で、後は班毎のランチでした。
一つの班は女子大近くまで戻り「依水園」の庭園を鑑賞しながら食事出来るお店を予約したとのこと。後二つの班は別々の和食のお店を予約したとのことでした。
我が三班は近鉄奈良駅ビルにある百楽へ行きました。
ここはランチの予約が出来なかったのです。10人でしたが、6人と4人に分かれて食事しました。6人組はビールを頼んだようですが、ビールを飲まない4人組に入った私は飲まなかったのです。お昼にアルコールを飲むと眠くなってしまうので、飲まなくて正解でした。実はこの後、有志で奈良のはずれにある「正暦寺」へ行ったのです。
バスも通らないような所にある正暦寺は紅葉の名所で、この時季臨時バスが出ているのですが、行きは1時7分発が最終。8人で行くことになったので、4人ずつに分かれてタクシーで行きました。奈良駅から30分は走ったでしょうか・・・こんな山奥に、というような所にひっそりとあるお寺です。
山の中の渓谷はそのままに、3000本の楓があるそうです。一週間前まで青かった葉っぱが急に紅葉し始めたとおっしゃっていました。もうすでに枯れかかっている木とまだ青い木が混沌としていました。
e0353802_17540331.jpg
e0353802_17542268.jpg
本堂は山道を登った上の方にあるのですが、坂の下にある福寿院という院の中から見る借景庭園も見事でした。
e0353802_17583211.jpg
帰りは最終3時40分発の臨時バスに乗って、近鉄奈良駅まで戻りました。
奈良は大阪より温度が2~3度低いので、もうすっかり冬仕様の恰好で過ごした一日でした。



[PR]

by s-jw | 2017-11-17 19:26 | 趣味 | Comments(0)

眼科での出来事

膝が痛いので整形外科に通っているのですが、それより以前から眼科にも行っているのです。
毎日PCを見るからなのか体質なのかドライアイと、アレルギー体質なので季節の変わり目には目が痒くて痒くて気付いたら掻いています。先月末に掻き過ぎて傷が出来たので痛くて眼科に通い始めました。原因はナント、瞼に湿疹があったそうです。
この眼科は母も診てもらっていたし、私も20年以上前から通院しています。
今回は、今日で三度目になるのかな・・・
会計が終わって、診察カードと保険証を返してもらっていないので言うと「すみません。よく言って下さいました」と低姿勢で返してくれました。
次の予約日を書いた紙を見ると11月29日(火)と書いてあるので、「これ、水曜日ですよね」と指摘しました。「ああ、そうですね」と気のない返事。火曜日でも水曜日でもどっちでもええやんと思っているのかしら? こう見えても私、忙しいのよ、火曜日と水曜日では大違いなんだけど・・・と心の中で思っていました。
眼科があるビルの隣りの処方箋薬局へ行って処方箋を出そうとしたら、見当たりません。実は29日に涙点プラグというのを入れるので、書類をたくさんもらっていたので気付かなかったのですが、処方箋がなかったのです。
再び眼下に戻って言うと、少しは低姿勢だったかな・・・しかし、よくよく見ると二種類の目薬を処方してもらっているのに、一種類が二本になっていました。言いたくないけど、言わなくちゃね。
受付の女の人、言ったとたんに不機嫌になっちゃった(^_^)
今は時間に余裕がある生活をしているから腹も立たなかったけど、現役の頃だったら怒っていたと思います。
初めて見た人だったので、新米さんだったのかな?
ただね、私だったからいいけど、お年寄りだったら大変だったと思うよ。健康保険証を無くしたと思ってアタフタしたり、薬局へ行ってから足が悪いのにまた戻らないといけないのよ。
母が頼りなくても一人で買い物したり病院へ行ったりしてた頃は、何かある度に、母がそんな目に遭うとと思って、いつも心配していました。
謝るのならまだしも、最後に不機嫌な態度になるのは、何をかいわんや。パートであってもプロなんだからちゃんとして下さいね。


[PR]

by s-jw | 2017-11-15 18:37 | 日常 | Comments(6)

パン教室2017年11月

昨日は11月のパン教室でした。
メニューはショコラ・カンパーニュ。
フランスパン粉と食パン用粉にココアを入れて発酵させます。
後はチョコチップとピーカンナッツを入れて型に入れて焼きます。
ベンチタイムと発酵に時間がかかるので、手間よりも時間がかかるパンです。
e0353802_19364169.jpg
焼き立てを食べました。回りはカリッと中が柔らかくチョコレートの香りがほんわかとした美味しいパンでした。
もう一つは、リンゴのケーキ。友達が本で見たレシピを元に、自分で考えたレシピだそうです。
材料を混ぜて型に流し入れて焼くだけ。バターの代わりにサラダ油を使うので、力いっぱい泡立て器でバターを撹拌することもなく、分量さえ守れば簡単に作れます。コツは、リンゴをたっぷり入れること。バナナでもサツマイモでもいいそうです。
干しぶどうとシナモンを入れて焼きます。
e0353802_19420191.jpg
ケーキのようでもありパンのようでもあり、2切れ食べたら結構お腹いいっぱいになりました。
昨日は時間が早く終わったので、母と暮らしていたハイツや今は無い実家があった辺りを散歩して帰って来ました。


[PR]

by s-jw | 2017-11-14 19:51 | 趣味 | Comments(2)

蔵の魅力再発見ーてくてくまち歩きー

クラスの一人の男の人がお住まいの地域で「住吉蔵部」という住吉区に現存する蔵を紹介する活動をしておられます。
昨日はそのイベントの一環で、街歩きに参加して来ました。
集合場所は南海高野線・帝塚山駅。初めて下りた駅です。9月に岸和田、10月に堺東、11月には河内長野と、今年の秋は南海電車にご縁があります。
集合場所にはクラスの男子二名と、女子は待ち合わせて一緒に来た二人の他に二名来られていました。参加者は十名くらいだったので、ほぼクラスの人ですね。一緒に歩いて下さるスタッフは八名とのことでした。こういうイベントは知る機会も少ないし、知り合いが集まることが多いのでしょうか?
住吉区には100以上の蔵が現存しているが、維持管理にもコストがかかり家を建て替えたり更地にする度に、年々減ってきているそうです。その中で、既存の蔵を別の用途に活用出来ればと、住吉蔵部のメンバーが活動されているようです。
元々は船場の商人たちが帝塚山にお屋敷や別荘を建てて、蔵も一緒に建てたことから始まっています。お屋敷がそのまま残っているような家は見受けられなかったので、蔵を残して建替えられたのでしょうね。
昨日は13個の蔵を見て回りました。
e0353802_19300466.jpg
ここは蔵をそのままカフェにしています。
e0353802_19301851.jpg
裏から見ると、蔵なのに西洋建築みたいです。家もヨーロッパ建築を用いて建てられていたそうです。
e0353802_19302907.jpg
「蔵ギャラリー」として展示されている所にもお邪魔しました。
e0353802_19374517.jpg
この辺りは「大阪町まちなみ大賞」を受賞してから、蔵のイメージにちかい色合い・建て方で家を建て直す人がいたと、ギャラリーのご主人は喜んでおられました。後で調べてみると、この辺りには市川右太衛門さんや長谷川一夫さんの御屋敷があったとか。
最後は蔵を曳家して自宅として住んでおられる方の家を中に入って見学しました。写真家で「住吉蔵部」のメンバーだそうです。表から見るとご近所の家とまったく遜色ない建物でした。一階は台所があるリビング。二階は主に骨董品を置いてある雑多なスペースになっていました。
そこで解散となり、クラスの有志でちん電(ちんちん電車・阪堺線)に乗って天王寺まで行きました。大阪にはちんちん電車が走っているのです。結構満員で、何人かが若い人に席を譲ってもらって、私も喜んで好意に甘えさせてもらいました(笑)
天王寺の「MIO」の中の中華店紅虎軒でランチして、全員ビールを頼みました。
e0353802_20041969.jpg
去年のクラスはよく飲みに行ってたけど、今のクラスでは懇親会以外での初めての飲み会かも・・・
食べて飲む時間を共有して、やっと仲間になれますね(^^)


[PR]

by s-jw | 2017-11-12 20:08 | おでかけ | Comments(2)

麻雀楽しかった~

会社を辞めてから始めた麻雀、月に1~2回近所のFさんのお宅をお借りして、一年以上続いています。初めはよくわからないままやっていましたが、多少なりとも上達したようで、なかなか面白いですね。
ダイニングテーブルを買ったことをきっかけに、FさんとFさんの友達、私も友達を誘って、私の家でも行うことになりました。
四人の日程が揃わなくて、ようやく今日、一回目の麻雀をしたのです。
Fさんの友達も私の友達もほとんど初めての麻雀でしたが、和気あいあいと楽しむことが出来ました。
11時半に友達を駅まで迎えに行って、朝から作ったおかずと味噌汁、買ってきた豚カツでランチして、1時にFさん達が訪れて4時半頃まで遊びました。
途中3時にコーヒーを入れて、友達が持って来てくれたチーズケーキで一服しました。
私以外の三人はゴルフが趣味なので、話が合ってはずんでいました。
12月は、皆さん、忙しいようで、次回は1月の開催になりますが、ずっと続いていきますように・・・

[PR]

by s-jw | 2017-11-10 22:50 | 趣味 | Comments(2)

「文章表現を楽しむ科・高大祭」2017年11月8日

昨日は、今年の高大祭がありました。
去年は12月に行なわれたのですが、今年は一か月も早い11月初旬なので、二学期になってバタバタと準備しました。
会場は毎年行われる吹田市文化会館・メイシアターが工事中ということで、中之島公会堂で行われました。
会場が狭い上に雨で蒸し暑くて、人いきれでくたくたになりました。
私の三班は一人の男の人が中心になって、アイディアから台紙の印刷、ほとんど一人で完成して下さいました。テーマは「わたしの枕草子」で、授業で提出した原稿を一人ずつA4の紙に書き直して台紙に貼り付けたのです。
他の班は夫々の川柳か俳句を短冊に書いて披露していました。
一班。
e0353802_16280421.jpg
二班は、本物の枯葉をいっぱい貼っていました。葉っぱ、多過ぎない?(笑)
e0353802_16283618.jpg
我が三班。写真がボケてしまいました。
e0353802_16300869.jpg
四班。
e0353802_16322337.jpg
舞台では去年と同じく社交ダンスやコーラスがあったのですが、一時間だけ見学しました。
3時くらいに終わって前の班の女の人3人で梅田まで歩き、ホワイティ梅田の中の天丼屋さんへ天丼を食べに行きました。
足も痛くて疲れていたのですが、出たついでにと天神橋筋商店街の美容院へ寄ってカラーカットしてバスで帰って来ました。
中途半端な時間に天丼を食べて夜の9時頃にお腹がすいたのですが、そこは我慢、我慢。体重が増える一方なので、食べ過ぎ注意です。



[PR]

by s-jw | 2017-11-09 17:01 | 趣味 | Comments(2)

母のこと・今年もハロウィンパーティ

11月3日、母のホームでハロウィンパーティがありました。
その2日前の千早城の550段の石段の上り下りで膝を痛めていたので、行きはタクシーで行きました。今年の夏は暑くて、汗をたらたらかいて30分の距離を歩くのが嫌で行きはいつもタクシーを使っていました。去年は真夏でも往復歩いていたと思うけど、年々体力が無くなっているようです。
一週間前にホームの地域のお祭りが室内であったのですが、ご存知のように台風22号到来の為、私は参加出来ませんでした。
だからハロウィンパーティは無理してでも参加したかったのです。
去年や一昨年に比べるとシチューやサラダ等、食べやすいお料理が多くて、母も取り分けた料理を完食しました。もう箸では食べられないようでフォークで突き刺して食べたり、ご飯類やシチューは私が介助しました。食欲があるだけいいのかな~
膝の痛みからくる腰痛もあり、私の方が食欲が無くしんどくて、職員さんのパフォーマンスの前に帰って来ました。
ホームは住宅街の中にあるのでタクシーが走っていなくて、通ったら乗ろうと思いながら、とうとう家まで歩いて帰りました。
ちょうど去年の今頃に、母がベッドから落ちて腕を骨折して手術しました。今年だったら、病院へ毎日は行けなかったかもしれない。いつも思うことだけど、人生はなるべくして上手く廻っていくものです。
膝が痛くなったのも、暫くは大人しくしていなさいという思し召しかも・・・
それと、もう無理が利かないんだよ、と改めて教えてもらったのかもしれません。

[PR]

by s-jw | 2017-11-08 20:19 | 母が見ていた景色 | Comments(4)