映画「赤毛のアン」

ご近所のMさんと観に行って来ました。
初めは歴史博物館へ行く予定でいましたが、火曜日は休館日なので映画に行くことになって、私が観たかった「赤毛のアン」に付き合ってもらいました。
昔から大好きなんです、赤毛のアン。
カナダの作家、L・M・モンゴメリが発表したのが1908年。
NHKの朝ドラ「花子とアン」でお馴染みの村岡花子さんが日本語に訳して普及させたのが1952年。私が生まれた翌年、65年も前のことになります。
緑の切妻屋根、喜びの白い道、輝く湖、そしてちょうちん袖の洋服、ギンガムチェック、サクランボパイ、フルーツケーキ、イチゴ水・・・中学生の私はどれだけ憧れたことでしょう。
それから20代、30代にも繰り返し読みました。1985年の映画も観ましたが、今回の作品の方がより原作の雰囲気を再現していると思います。
ただ、初恋の人、そして将来の夫となるギルバートは、もっとカッコいい人、いなかったのだろうか? 私的には物足りないですね。
舞台となったプリンスエドワード島へ行くのが夢なんです。
海外旅行はいろいろしんどく思えるのですが、プリンスエドワード島へは行ってみたい~(^^)

にほんブログ村

[PR]
# by s-jw | 2017-05-25 20:08 | 趣味 | Comments(6)

パン教室2017年5月

昨日は5月のパン教室でした。
5月はGWがあり、先週は私が工事中で家を空けられないので、第4週の月曜日になりました。
まずは、レーズンブレッド。レーズンをたっぷり入れたパンです。パンケースに入れてワンローフ型に成型してもいいけど、友達はクップ成型が好きということで、こんな形のパンを作りました。
e0353802_19304001.jpg
レーズンたっぷり、バターたっぷりの美味しいパンでした。
それから、ぶたまん。
皮は菓子パン用粉と薄力粉で、パンを作る時のように発酵させます。
パン教室のぶたまんは装飾するので、鼻と耳は別に食紅を混ぜておきます。
中のあんも手作り。干し椎茸、筍、玉葱、豚ミンチ、缶詰のホタテ貝柱、生姜等を調理します。
そして、出来上がったのが、こんなに可愛いぶたまんです(^^)
e0353802_19381418.jpg
食べても美味しかったですよ。
ところで、ぶたまんと言うと、何をつけて召し上がりますか?
ウスターソース、辛子?
私は断然、酢醤油なんです。
餃子でも焼売でもぶたまんでも、なんでも酢醤油。
ポン酢でもダメ。酢醤油だけはゆずれません(笑)

にほんブログ村


[PR]
# by s-jw | 2017-05-23 19:42 | 趣味 | Comments(8)

「天才」

5月22日 石原慎太郎「天才」★★★★☆

去年の今頃、図書館に予約していて、忘れた頃に取り置きが出来たとメールが来ました。
田中角栄元首相を描いた、2016年度に一番売れた本だそうです。
田中角栄元首相の「俺」という一人称で書かれた自伝風小説です。
今太閤と呼ばれ頂点へ登りつめた田中角栄元首相は、ロッキード事件をきっかけに首相の座を下りますが、その後も多量の票を集め議員を続けます。
ロッキード事件については、もちろん無罪を主張。
アメリカのメジャーに依らぬ資源外交がアメリカの逆鱗に触れ、アメリカが策を講じてロッキード事件によって田中角栄を葬った、と書いてありました。
真偽のほどはともかく、今は田中角栄のような政治家がいないと嘆く人が大勢いることは確かです。
***数字に強い、駆け引きが上手い、義理人情を欠かさない。それが高等小学校出の男が伸し上がる武器だった・・・***
本の中に出てくる、田中角栄元首相を表現する文章です。
今日も失言した議員のニュースを見ましたが、時代が違うとはいえ、今の政治家とは人間の格が違うのでしょうね。

にほんブログ村

[PR]
# by s-jw | 2017-05-22 22:41 | 趣味 | Comments(0)

近場でも楽しい(^^)

5月19日から一泊で、石切にある「ホテル セイリュウ」へ泊りに行って来ました。中学時代の友達4人で年に一度くらい逢っているのですが、その中の一人が病気療養中で遠くへ出掛けられないので、近場で泊まろうということになったのでした。
このホテルは近鉄・奈良線、石切駅近くにあり、駅に2時半待ち合わせという、ゆったりした行程。ホテルの車に迎えに来てもらい、部屋に入って持ってきたお菓子を食べお茶を飲みながらお喋り。
昔の松○市は中学校は一校だけ。4つある小学校から集まってくるので、同じ市内とはいえ家はバラバラでしたが、3年生の時の仲良しグループです。しかも一人を除いて小学校も一緒なので、まるまるの幼馴染になります。
互いの家を行き来していたし、20歳過ぎてからもみんなが結婚するまで旅行したり、京都へ行ったり、家に泊まりに行ったり。結婚してからも結婚した順に家に呼んでくれたりしました。子供さん達の成長時代はあまり逢ってなかったかな~
40代の半ば頃からまた逢い出して、一年に一度逢えるかどうか。特に私は仕事をしていたので、休めなくて参加出来ないこともありました。
一人の子が、小中高と一緒で、自分が辞める時に紹介してくれた会社まで一緒で、私はその会社に41年間勤めました。
そのTちゃんは若い頃から身体が弱くて、大きな病気をしたことも2度3度とありました。今回は体調が良くなってきたので、近くの温泉へ泊りに行ったわけです。
「セイリュウ」は生駒山の麓にあるので、部屋から大阪平野の夜景が綺麗に見えるのです。
e0353802_14100971.jpg
私のカメラでは綺麗に撮れないので、画像はお借りしました。
先に温泉に入り、6時から食事。
一人だけ飲めないんだけど、私は生ビールとハイボール。
Tちゃんも久しぶりと言いながら、生と獺祭の冷酒を飲んでいました。もう一人の友達も生とチューハイ。私以外、普段は飲まないのに、よく飲んだね。
ご飯もアルコールも美味しかったです。
e0353802_14113592.jpg
翌日は仕事がある一人が帰り、後の二人は奈良にあるTちゃんの家にお邪魔しました。お昼は駅前のスーパーでお寿司を買って行きました。
ダンナ様を交え、ゆっくりとお喋り。ダンナ様もうちの会社に5年間勤めておられたことがあるのです。
Tちゃんは症状が良くなって来たからと、畑仕事をぼつぼつと始めたようです。
お土産に里芋、さやえんどう、それに自家製の桜の花の塩漬けを持たせてくれました。里芋は鶏肉と炊きましたが、ほっこりと美味しかったです。
駅へ戻る道すがら、家の近くの喜光寺と菅原神社へ行きました。
喜光寺は、近鉄奈良駅前の行基さんの噴水の行基菩薩が創建したお寺で、「試みの大仏殿」と言われる東大寺を小さくしたような本殿があります。夏になると睡蓮の花がたくさん咲いて、近鉄電車のポスターになっているのを見たことがあります。
e0353802_17110249.jpg
この写真は前の歩道橋の上から撮ったものです。拝観料を払わなくてもよく見える所があると、Tちゃんが連れて行ってくれました。
近場であっても、楽しい二日間でした。

にほんブログ村

[PR]
# by s-jw | 2017-05-21 17:14 | おでかけ | Comments(2)

工事四日目

今やっている工事は、マンションの老朽化した排水管の取替え工事です。
台所、トイレ、洗面所&風呂場の3か所に、竪管が通っています。
一日目は、それらの場所の回りの壁を取り除く作業だったのでしょう。四六時中、チェーンカッターのガーガーいう音がしていました。工事の人もたくさん入っていたのではないかな・・・4時過ぎ、早めに終わりました。
二日目はブログに書いた通り、夕方まであまり作業がなくて、6時半頃からたくさんの人が出入りして、トイレと台所の古い管と新しい管を交換したようです。終わったのが7時半。
2階から7階で区切った工事なので、下からやっていって7階の私の部屋は一番最後だったのだと思います。日曜日におかずを作り置きしていたので、夕食はすぐに食べられました。お昼はお弁当を作っています。
三日目の昨日は、洗面所&風呂場の竪管と枝管の入替え。ここはトイレや台所と違って、温水器や洗濯機の排水もあるので、枝管が複雑に入り組んでいました。
洗面所は玄関近くなので人の出入りも気にならず、リビングで録り溜めたドラマを3本イヤホンをつけて見て、風邪薬を飲んだら眠くて眠くて、昼寝を1時間もしてしまいました。
工事が終わったのが7時。昨日は洗濯をしようと思っていたので、1階に設置されたコインランドリーで洗濯をしている間に、一品だけおかずを作り残り物で8時頃から夕食。
そして、今日、やはり、洗面所で何やらやっています。
思っていたより静かです。
工事は一応明日で終わりますが、私の部屋は配管の接続階ということで、月末に後4日工事が行われます。
洗面所と台所の壁、押入れの壁の一部がリフォームされます。トイレの壁は3年前に綺麗にして気に入っているのだけど、これもリフォームされます。仕方ないですね。
今回の工事に際して、会社を辞めていて良かった~ということと、母がいなくて良かった~ということ。
5月に土曜日を入れないで7日間も休むなんて考えられないし、母がいたら荷物に溢れた部屋で寝る所がありません。
人生って、そんなふうになるように回っていくものなのでしょうか・・・

にほんブログ村

[PR]
# by s-jw | 2017-05-17 10:58 | 日常 | Comments(2)

41年間勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。


by シズコ