「あきない世傳 金と銀(4) 貫流編」

9月10日 高田郁(かおる)「あきない世傳 金と銀 貫流編」★★★★★

8月に購入したけど、大好きな小説なので電車に乗った時だけチビチビチビチビと読みました。
前回は、主人公・幸の夫である天満の呉服問屋「五十鈴屋」の五代目徳兵衛・惣次が商売で不義理をして、行方をくらましたところで終わっていました。
失踪したのは不義理だけが原因ではなく、不義理した相手に「店主の器ではない」と五十鈴屋の奉公人の前で言われたのです。嫁の幸が店主であったならば五十鈴屋のために尽力したい、とも言われて誇り高い惣次は傷つき、商いを放り出して出奔してしまいました。
驚いたことに、五十鈴屋の三男坊・智蔵が六代目徳兵衛を継ぎ、幸と一緒になります。継ぐ人がいないと、五十鈴屋は潰れてしまうのです。幸と一緒にならなくても店は継げますが、この二人、物語の初めからいい感じでしたものね。
夢を追って家を出ていた智蔵が夢破れ五十鈴屋に戻って来ても、自分に商才がないのは本人が一番わかっている。女房は商才があるが、夫の前にしゃしゃり出られない時代なのです。それならば人形遣い(幸)の人形になると、智蔵は決意しました。
いよいよ幸の考えた商売が回っていきます。
ラストの幸のカッコいいことといったら!
ドラマ化したら、幸のイメージは北川景子さんかな・・・
智蔵は、ぜひタカアンドトシのタカさんで。エッ!? それはないって?
私的には、素直で可愛げのある男、智ぼんのイメージはタカさんなんですけど(笑)
次回作がとても楽しみです。

[PR]
# by s-jw | 2017-09-16 19:00 | 趣味 | Comments(0)

「文章表現を楽しむ科・社会参加」2017年9月14日

昨日の授業は、二学期の社会参加でした。
行き先は、舞洲にある大阪市舞洲スラッジセンター。
舞洲方面へ行ったことがある方は、遊園地のような派手な建物があることをご存知だと思いますが、同じような物が幾つかあって、そのうちの一つがスラッジセンター。いわゆる下水の汚泥処理場です。
大阪市に長年住んでいますが、汚泥を処理する場所がここにこうしてあることを知りませんでした。考えてみれば、快適に生活する上で一番必要で大事な場所になります。
近くにゴミ処理場があって、こちらももちろん大事ですが、昔はゴミを出さない暮らしが出来ていました。プラスチック製品は出回っていなかったし、紙類はかまどやお風呂を沸かす時に燃やしていました。しかし汚泥だけは昔も今も変わりません。
大阪市民として、ほんとに有難いことです。
汚泥は焼却設備と脱水設備でスラグという無機成分を主体とする物質にして建設資材等へと有効利用していて、水はけのいいレンガになったりしています。
そういえば、マンションの敷地内の道の敷石を水はけのいいものに入れ替える工事をずっとしているけど、あれもそうなんかな・・・
こちらがスラッジセンター。
e0353802_17011706.jpg
こちらがゴミ処理場です。大阪市・八尾市・松原市のゴミ処理場になっています。
e0353802_17060629.jpg
どちらもオーストリア人のフンデルト・ヴァッサーさんという人のデザインによるもの。
ところで、大阪市には秀吉が作った「太閤下水」が中央区の街中にあって、今も現役の役目を果たしているのです。「ブラタモリ」で紹介していました。
見学が終わってからバスで「ホテル・ロッジ舞洲」まで行ってランチして解散でした。
私は地下鉄のコスモスクエア駅まで行って、地下鉄に乗り換えて帰って来ました。
結構早く帰れて、締切が迫ってきた泉大津オリアム(随筆)賞の原稿を考えましたが、200字詰め原稿用紙5枚ってなかなか書けません。
まだ日にちがあるけど、無理かも(>_<) 




[PR]
# by s-jw | 2017-09-15 19:50 | 趣味 | Comments(0)

八尾河内音頭・ギネスに認定

9月9日、八尾市の河内音頭まつりで、2872人がで5分間、間違えずに踊ってギネスに認定されました。
残念ながら私達のグループはその前に行なわれたフリー部門に出場したので、ギネスとは関係なかったのです。このフリー部門には、高大関係のグループがあと2組出場されていました。
13時にJR大和路線の久宝寺駅に集合。続々と顔見知りが集まって来ます。
黒、青、えんじの揃いのTシャツに白のパンツ。靴も白ということでしたが、これはバラバラ。それに華やかな造花の花を巻いた黒色の帽子を被ります。
e0353802_11443916.jpg
帽子も花も百均で調達しました。
聞くところによると、審査員に帽子は良かったと帽子だけ褒められたそうです。
私達のグループは総勢28名。どちらかというと女性の方が多いけど、男性も結構多いグループです。
このフリー部門で優勝したのは、去年と同じグループだそうです。10人くらいの女性ばかりで、素人の私が見ても腕の振りも足もそろっていてお見事でした。
出番が終わってから久宝寺の駅近くまで戻って、打上げです。出演した28名の内25名参加しました。
2000円のコースでビール一杯サービスだそうです。瓶ビールで出てきたので、アルコールを飲まない人が多かったのか、たくさんビールを注がれました(^^)
宴会が終わってからギネスに挑戦の踊りを見る為に、有志5人だけで会場まで戻りました。私達のグループの内2人がギネスの方の踊りにも参加するので、宴会の途中で抜けて行っていたので応援したかったのですが、3000人近くの踊り子さんがいて、わかるわけがありません。
e0353802_21224839.jpg
開催場所が久宝寺緑地という陸上競技場だったので、観覧席に座ってギネスの踊りが始まるまで待ちました。待ちくたびれて踊りが始まってすぐに帰ってしまって、ギネス記録達成の瞬間を見るのを逃してしまいました。惜しかった~
初めはどうなることかと思ったけど、なんとか踊れるようになって参加出来て良かったです。楽しかった~(^^)


[PR]
# by s-jw | 2017-09-12 21:25 | 趣味 | Comments(2)

日帰り旅その2・倉敷

岡山から倉敷へは20分くらいで着きます。
倉敷に着いたのが2時過ぎ。5時前の列車に乗る予定なので、時間はたっぷりあります。
駅から美観地区までは歩いて15分もかからなくて、縦横無尽にある商店街を歩いて行っても楽しいですね。
倉敷へは二十代の時に二度、四十代の時に一度来たことがあります。その時に比べて、土産物屋や食べ物屋さんのお店が増えていました。
e0353802_22401914.jpg
四十代に来た時は、裏道にあるお店もまだ少なかったと思います。
美観地区にある老舗の「旅館くらしき」に泊まりました。幾つの時だったのだろう? すでに外反母趾になっていて、白いスニーカーを履いて来たことを覚えています。
倉敷紡績の工場跡地が「アイビースクエア」というホテルやカフェがある総合施設になっています。
録画していた「ブラタモリ」を見ていたら、この工場はイギリス人が設計して建てたので、直射日光が良く入るようにのこぎり屋根にしたそうです。イギリスの気候だったらそれでよかったのだけど、日本では夏場は暑くなり過ぎて、外壁にアイビー(蔦)を植えて温度を下げるようにしたそうです。今でいうグリーンカーテン。蔦を植えることによって、夏場の温度差が10度もあったと「ブラタモリ」で、草彅剛くんがナレーションで言ってました(^^) 35度が25度に!? そりゃ涼しいわ。
e0353802_22404898.jpg
録画していた「ブラタモリ」を見て予習してから倉敷へ行くつもりでいたのに、時間がなくて復習になってしまいました。
知ったかぶりで友達に、高い所に窓を作ったと説明したけど、のこぎり屋根に作った、の間違いでした。放送時に見たのだけど、全然覚えてなかったわ~
この日も暑くて、路地裏にあるカフェで白桃ソフトクリームを食べて一休み。
e0353802_07532773.jpg
一息ついてから、再び倉敷川沿いの美観地区を歩きました。
e0353802_07545563.jpg
e0353802_07551213.jpg
昔はなかったけど、今はこういう川舟に乗ることも出来ます。短い川をゆったりと進んでいました。
ゆっくりしたかったけど、帰りの時間を間違って認識していたようで、早足で歩いて一時間以上も早く駅に戻ってしまいました。
早く帰れるに越したことがないので、一時間早い列車で帰ることにしました。
2時過ぎに倉敷に着いて4時前後の列車に乗ったので、2時間くらいしか滞在しなかったことになります。
また来る機会があれば、もう少しゆったりと散策したいものです。

[PR]
# by s-jw | 2017-09-11 19:18 | おでかけ | Comments(2)

日帰り旅その1・備中高松城跡

余った青春18キップを譲ってもらって、友達と二人、備中高松城跡と倉敷へ日帰り旅をして来ました。
9月8日金曜日、前回と同じ7時46分大阪発の新快速で姫路へ。前で懲りたのでトイレに近い車両に乗りました。
日帰りなので倉敷だけ行くつもりでしたが、前日に班の男の人が一泊の時に予定していて行けなかった備中高松城跡へ行ったらいいと、わざわざ私の教室まで言いに来てくれたのです。その人も余ったキップで一泊で四国へ行った帰りに行ったのだと、パンフレットを持って来てくれました。そこまでしてもらったら行かなくてはと、行って来ました。
姫路から相生、岡山で桃太郎線(吉備線)に乗り換えて20分。備中高松駅から徒歩10分。何もない広々とした場所に高松城跡があります。
秀吉が水攻めして城主の清水宗治を切腹させて中国大返しをしたお城として有名です。
e0353802_17430882.jpg
思っていたより何もなくて、帰りは予定していた時間より2時間も早い列車にぎりぎり飛び乗りました。時間が無かったら倉敷は諦めて岡山の後楽園へ行こうかと言っていたのですが、余裕でした。
私達は岡山へ戻る列車に乗ったのですが、後で友達がスマホで検索すると反対方面だとそのまま倉敷へ行けたみたいです。今までは人に付いて行くだけだったので覚えられなかったけど、自分で調べるといろいろ解ります。
岡山で時間があったので、駅近くのお店でランチしました。
名物の祭り寿司を食べたかったけど駅中のお寿司屋さんが満席で、「旬すけ」という居酒屋で岡山名物盛り定食を食べました。
e0353802_19320655.jpg
ままかりのお寿司とままかりの酢漬け以外の岡山名物は何だったのだろう?
甘辛く煮た穴子が美味しかったです。瀬戸内海に面しているので、穴子も名物なんですね。食事してから倉敷へ。
続きます。

[PR]
# by s-jw | 2017-09-10 19:40 | おでかけ | Comments(0)


41年間勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。


by シズコ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

パン教室2017年10月
at 2017-10-17 16:05
「だから荒野」
at 2017-10-15 19:21
スポーツ交流大会・2017年..
at 2017-10-13 20:30
「葉加瀬太郎コンサートツァー..
at 2017-10-10 22:29
「あすなろ三三七拍子」
at 2017-10-08 17:36
「文章表現を楽しむ科・エッセ..
at 2017-10-06 10:45
四天王寺の歴史に学ぶ
at 2017-10-03 19:53
空堀・松屋町街歩き
at 2017-10-01 19:48
「文章表現を楽しむ科・俳句②..
at 2017-09-29 22:48
上賀茂神社から京都植物園
at 2017-09-26 19:13

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

最新のコメント

> sakura81-2..
by s-jw at 22:02

タグ

(105)
(103)
(84)
(83)
(48)
(48)
(33)
(29)
(23)
(21)
(20)
(19)
(17)
(15)
(12)
(5)
(5)
(2)
(1)

フォロー中のブログ

結婚して西へ行くまで~西へ来た
年金だけでも楽しく暮らし...
郵便ポスト
趣味はいろいろ
タワラジェンヌな毎日
おひとりさまの食卓plus
ひとりぼっちランチ
ボケリン・ママリンの観察日記
お散歩日記
お日さまに包まれて
小さな幸せ 田舎の主婦は...
ヒロままの小さな部屋通信。
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...
*カフェハウス*の暮らし
sakura81 日々一歩づつ
アンサンブル・ショコラ

外部リンク

画像一覧

カテゴリ

全体
ウォーキング
ご挨拶
日常
母が見ていた景色
会社
趣味
おでかけ
旅行
未分類

グリムス

メモ帳

最新のトラックバック

検索

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
シニアライフ