コタツでぬくぬく

昨日は何人かのブロ友さんが木枯らし1号のブログを書いておられました。
10月に木枯らしが吹くことは珍しい事なんでしょうね。
ついこの前まで暑かったのに、いつの間にか寒くなっていました。
部屋の窓から見える木々も、日に日に赤や黄色に紅葉していっています。
扇風機を片付けるついでに電気コタツの掛け布団を出すのは、私の記憶では毎年11月過ぎてからだと思うのですが、今年は早々と先々週末に出しました。
ダイニングテーブルを買って、食事やパソコンを使う時に重宝していますが、日中テレビを見たり本を読んだりしてのんびりと過ごすのは、コタツが一番です。
コタツに入ったら動かなくなるから嫌だという人が多いけど、私には動かないからいいのです。足先が冷えるたちなので、コタツに入ってぬくぬくと暖まっている時は、至福の時間です。
昨日、今年の秋初めておでんを炊きました。簡単だし美味しいし、おでんはよく作ります。去年初めて作ったのは、母が入院した11月7日だったので、今年はやはり何事につけ早くなっているようです。
話が変わるのですが、最近勘違いして思い込んでいることが多くなっています。
大阪マラソンのボランティアをする予定でいるのですが、私はすっかり10月29日の日曜日だと思い込んでいました、2日前の27日まで・・・。日曜日は台風が来るとのことだったし、足も痛かったので、どうしよう?本気で悩んでいたのです。
先週堺へ行った時、スタッフ用のジャンパーをもらっていたので、もらったからには断ることもできないな~と思っていました。
2日前に念の為ネットで調べてみると、11月26日だったのです。良かった~
ジャンパーも包みを開けて広げてみると、2017年11月26日と書かれていました。もっと早くに開けていれば気付いていたのに。
11月26日に雨が降るかもしれませんが、とりあえず危険回避出来ました(^^)

[PR]

# by s-jw | 2017-10-31 22:30 | 日常 | Comments(0)

「文章表現を楽しむ科・エッセーに挑戦⑤」2017年10月26日

前回と同じく夏休みの宿題、自由題のエッセーの合評の授業でした。
この教室の生徒は43人いるのですが、前に出て自分のエッセーを読んだことがない人が二人いて、その人達が読み上げました。
今回読んだのは二人だけでしたが、テーマが政治や宗教に関わっていて感想を言う人が大勢いたので、前半一時間が過ぎました。後半一時間は、エッセーの基本的な事のおさらいでした。
私としては、文章を書くのは才能・センスが大きく影響するのではないかと思うのです。
私が40歳前後の時に女性にもゴルフが流行っていて、何事も形から入る私は得意先の関係もあり、ゴルフ道具一式を買い揃えて、会社の有志で何度か打ちっ放しに行きました。運動神経が鈍い私はもちろん下手くそでした。その時、ゴルフが上手い人に言われて覚えているのは、「(ゴルフが)上手くなるコツは、パワーかセンス」という言葉でした。
それは何事にも当てはまるのではないだろうか・・・?
何事にもセンスが一番大事なんだろうけど、努力するパワーが必要なんです。
センス(才能)ある人はそうそう努力しなくていいけど、ない人はパワーを磨いていくしかないのです。ゴルフに関しては努力する気もなく、何年か前に道具類を大阪市の大型ゴミに有料で引き取ってもらいました。
今回、気付いたことは文章を書くことも一緒ではないでしょうか?
私は、ただただ好きというだけで文章を書いているけど、努力するパワーを磨いていかないと、と教えてもらった気がします。



[PR]

# by s-jw | 2017-10-29 19:46 | 趣味 | Comments(4)

「こんなに凄い堺の観光」講演会

10月25日に南部同窓会のイベントで、南海高野線・堺東まで行って来ました。
「百舌鳥・古市古墳群」が平成29年度のユネスコへの世界文化遺産推薦候補に決定したのが今年の7月。その前から計画されていた催しです。
去年同じ班だった男の人が中心になって計画したもので、4月か5月頃から参加して欲しいと言われていました。あと二人同じ班の人もいて、三人で参加しました。
一部は、NPO法人堺観光ボランティア協会の川上理事長の講演会「こんなに凄い堺の観光」
「徳川家康は大阪夏の陣で討死した」という仮説を元に、その証拠の数々をおもしろおかしく紹介する約2時間の講演でした。私は堺市のお隣の市に生まれ育ったのですが、近くて遠い堺市でした。知らないことばかり。堺は戦国時代から独立国のように、大坂や江戸とは違った独特の文化が発達してきたのです。大阪都構想に反対するわけだ・・・
堺市役所内にある大食堂「森のキッチン」でランチしてから、21階展望ロビーに集まってグループに分かれ、伝仁徳天皇陵(大仙陵古墳)まで歩きました。
堺から大和まで続く「竹内街道」の始まりだろうといわれている道を歩きました。
昔から仁徳天皇陵と言っていた世界一大きい御陵は、「伝」がついて仁徳天皇だろうということで、大仙陵古墳が正式な呼び方らしいです。堺の人達は仁徳天皇陵とおっしゃっていました。
e0353802_09391634.jpg
御陵は広大な森になっていて、植物や動物の生態系を調査したくても入れないので出来ないのだそうです。
最後は御陵近くにある「堺市博物館」を見学して解散でした。
去年の班の人と三人でJR阪和線で天王寺まで出て、居酒屋で乾杯しました。
e0353802_10110146.jpg
e0353802_10111095.jpg
この頃は居酒屋さんでも、インスタ映えするお料理です(笑)


[PR]

# by s-jw | 2017-10-28 10:12 | おでかけ | Comments(2)

遠足の下見で奈良へ・・・

11月にクラスの秋の遠足があるのですが、今日はその下見に奈良まで行って来ました。
事前に各班から行き先候補を出してもらって、多数決で奈良女子大学記念館見学と興福寺の国宝見物に行くことになったのです。
ちなみに、私の班は大阪国際美術館と朝日放送見学でしたが、4票差で負けました。大阪国際美術館だったら近いので、下見に行きますよと言っていたのですが、まさか奈良に決まるなんて・・・決まったからには、ちゃんと調べなくては、と同じ班の女の人と二人で行って来ました。
奈良女子大は、近鉄奈良線・奈良駅から歩いて10分足らずの所にあります。記念館は明治時代に建てられた洋風建築で、年に二度一般公開されます。遠足当日がちょうどその期間に当っていたので事前にメールで予約していたのです。駅からの道のりを調べたり学食のことを聞きたかったので、メールでアポを取って行きました。
記念館です。
e0353802_21022937.jpg
係の人に話を聞いてから、歩いて興福寺まで。約15分かかりました。
興福寺では「阿修羅-天平幹漆群像展」というのをやっていて、団体割引のことや予約出来るのかということを聞きました。予約は出来ないということでした。
お昼までに時間があったので、近くの依水園(いすいえん)へ行くことにしました。依水園は何度か行ったことがあるけど、お隣の吉城園(よしきえん)は入ったことがありませんでした。
受付の女の人に教えてもらったのですが、吉城園の建物は2020年までにリノベーションしてホテルになるそうです。ホテルになる前に見ておいて下さい、とおっしゃっていました。しかも、この施設、他府県在住であっても65歳以上は無料なんです。もちろん入りました(笑)
e0353802_21133707.jpg
この写真の建物がホテルのメインになるようです。
他に茶室、池の庭、苔の庭、茶花の庭等があり、モミジの木がたくさんあったので、紅葉の頃は美しいことと思います。依水園にも行きました。ここは、若草山、春日奥山、御蓋山(みかさやま)、東大寺南大門を借景とした名勝に指定された日本庭園があります。入園料が900円かかります。吉城園とは扱いが違うな~
奈良女子大記念館の後は、このどちらかに行ってもいいねということになりました。依水園には入らずにタクシーで、ホテル リガーレ春日野へ行ってランチしました。
e0353802_21284039.jpg
e0353802_21285172.jpg
これにかぼちゃスープとサラダ、デザートにはコーヒーもついたハロウィンランチで1200円です。普通のランチだと1000円。
食事してからタクシーを呼んでもらって、平城宮跡を通って大和西大寺まで行ってもらいました。行きの電車の中で見た平城宮跡のススキが原が綺麗だったので行きたかったのですが、駐車出来なくて通り過ぎただけでした。
台風がやっと去ったと思ったら、21号がまたくるようですね。
大阪府にも犠牲者が出ておられます。
被害に遭われた方達、お見舞い申し上げます。

[PR]

# by s-jw | 2017-10-24 21:40 | おでかけ | Comments(4)

「文章表現を楽しむ科・俳句③」2017年10月19日

俳句の授業、3回目。的場先生がお休みで、前回助手をしておられた小原勝先生を中心の句会でした。
俳句の授業になってから一番初めに出した2句を一覧表にして、夫々好きな句を3種選ぶというもの。1ヶ月以上前の事なので、自分が出した句を忘れておられる人もいました。
私は、何年か前に初めて作った俳句を、2文字変えて提出しました。

    コスモス 天に伸びゆ 宇宙(そら)の花
             ↓
    
コスモスよ 天に伸びゆけ 宇宙(そら)の花

この句は5票点数をいただいて、上位に入りました。
花=桜(春の季語)なので、季語が二つあってダメかな~とも思っていました。
夫々の句を選んだ人の意見を言ってもらえるので、誉めてもらえると嬉しいものです。
普段声が大きくて、内心ウルサイな~と思っていた男の人が「コスモスと宇宙をかけた壮大な句」と誉めて下さって、いっきに好きになりました(笑)
もう一句は、

   車窓から 眺む稲穂の パッチワーク

これは9月に岡山へ行った時、電車の窓から見た田圃が色とりどりで、まるでマッチワークやな~と思った気持ちを素直に詠んでみました。これは1票入っていました。1票でも嬉しいものです。
眺むを臨むにしようかと、さんざん悩みました。
俳句作りは本当に楽しいんだけど、発表する場がないと作らなくなるかな~とも思っています。
俳句の授業は後一回あり、その後は短歌の勉強になります。
短歌は未知の世界。ワクワクドキドキです(^^)


[PR]

# by s-jw | 2017-10-22 09:48 | 趣味 | Comments(2)