これから見る景色

タグ:おでかけ ( 107 ) タグの人気記事

帰りの電車の中で

先日、岸和田だんじり祭りに行った時のことです。
帰りの電車は当然のごとく混んでました。
関空から来る急行だし、どうせ座れないだろうと電車に乗ったのですが、私達5人は2人と3人で背中合わせに通路の真ん中あたりに立っていました。
すると、背中の一人が前の座席のカップルの男子に席を譲ってもらい遠慮なく座っていました。
2人で立っていた私と友達は「Iさんたら、さっさと座っているわ(笑)」「替わってくれた子、いい子やね」「美男美女やし」なんて喋っていたのです。
というのも、そのカップルは大きなトランクを持っていて、韓国語で喋っていたし、日本語がわからないだろう、と思っていたのでした。
難波へ着くまでに後ろに立っていた友達一人が座れて、私達2人もそっち側へ向きを変えて立ちました。私と一緒に向きを変えた友達の右隣に韓国の男の子。
難波の手前で「難波から日本橋は近いですか?」と聞いてきました。
日本橋にホテルを取っているようです。
友達が、近いし歩いた方が早い、と教えてたら、今度は「日本橋から京都へはどれくらいで行けますか?」
と聞いてきました。
明日は京都へ行く予定とのこと。一時間もあれば行ける、と答えて、「日本語、お上手ですね」と言ったら、オーストラリアで6~7年だったか仕事をしていたことがあって、その時同室の人が日本人で言葉を覚えたらしい。
私は最初学生かと思ったけど、友達は社会人だし、30歳くらいじゃないかな~と言っていました。
もっといろいろと喋ったのですよ。
「さよなら」「気をつけて旅行してね」とか言い合ってお別れしました。
イケメンのうえに優しくて、ほんとにいい子だったわ。
政治のうえではいろいろあるけど、民間人はこんな風に触れ合えることが楽しいのです。
美男美女、と褒めといてよかったわ~


[PR]

お墓参り・2015年9月

9月21日、お墓参りに行ってきました。
世間でいうシルバーウィーク、ずっといいお天気で、昨日も日中暑いくらい。
墓地では今までずっと雑草を抜いてくれていたのに、今年からやってもらえなくて、お墓回りは草ボーボー。
お盆に来た時の花も、枯れてそのまんま。
一人だったし、雑草は抜いても抜いてもきりがなくて汗びっしょりになりました。

お墓がある駅から二駅向うに、実家と母としばらく暮らしていた家があります。
パン作りを習っている地元の友達の家もそこにあり、お彼岸のお墓参りの度に逢ってランチしています。
今回は家でご馳走してくれる、ということなので、遠慮なくお邪魔しました。
手作りピザをご馳走してくれました。
自家製のピザ生地に、ピザソースを塗って、玉葱のスライス、ツナ、コーン、ピーマン、サラミを乗せてチーズをたっぷり振り掛けて焼きます。
ピザ生地を作れるようになったら、私でも作れそう。
デザートも手作りのオレンジババロア。これも簡単に作ってくれました。
食後の後は、近くの「エディオン」へ。
パン作りの時、生地をこねるのと発酵させる為に、ホームベーカリーを買いに行ったのです。
見た目重視で、蓋がイエローで可愛いパナソニックのを買いました。
食パンだったら、自動で出来るし、他にもいろいろ活用出来るみたいです。(使いこなしたら、ですが)
友達のお姉さんが書道の先生をしているので、書道道具一式を頼んでいたので、持って帰りました。
これで、家でも書道が出来ます!


[PR]

岸和田だんじり祭り

一度行ってみたかった岸和田だんじり祭り。
毎年、他に用事があったり、母の介護があったりして行けませんでした。
今年ようやく、観覧席のチケットを購入して行って来ました。
友達に声を掛けたら、総勢5人、南海本線・難波駅で待ち合わせて岸和田へ。
南海電車に乗るのが初めて、という人が二人もいて、驚きました。
二人とも関東出身なので、そんなものなのかな~?
私は会社がこの沿線にあって、7年間通勤しました。
通勤はJRでしたが、JRは何やかやとよく止まるので振替輸送で南海電車で帰ったり、岸和田でご飯を食べて帰ったり、馴染み深い地域です。
駅から脇道の方へ行って屋台がずら~っと並んでいる道を歩いて、テーブルがあって座って食べられる露店に入って、さっそくビールで乾杯(笑)
おでん、天ぷら、焼鳥、イカ焼き、を分け合って食べました。
その後、会社の地元の子が教えてくれた「こふじ」で氷くるみを食べました。
かき氷の中に、くるみ餡と白玉団子が入っているのです。
氷はふわふわ、餡は甘さ控えめで美味しかった~
そこで4人と別れて、私は会社の女の子と待ち合わせの筋海町へ。
岸和田の子で、お祭りには毎年参加しているようです。
今回、観覧席のチケットの買い方や、いい時間帯や、見やすい席を教えてもらってお世話になりました。
彼女の従兄弟さんの彼女という女の子と三人で、町をぶらぶら。
彼女の町の人達が休憩している場所へ連れて行ってもらいましたが、お父さんも弟さん見つけられなくて会えませんでした。お母さんは、はなから参加していないそうです。
後でだんじりを曳いているのを見たら、年配女子は一人もいなかった~
あれだけ走って体力を使うので、か弱い(?)中年女子には絶対無理です。
「イズミヤ」の中のトイレへ案内してもらい、またもや缶ビールを買って、二人と別れ、いよいよ観覧席へ。
ところで別行動の4人、近くまで来ていたのに、だんじりが通るので道路を閉鎖されていた為、観覧席に入るのに苦労したようです。
3時過ぎから5時過ぎまで、だんじりの曳行を楽しみました。
次から次へと、各町内がだんじりを曳いて見せ場を作ってくれます。
勢いよく走りながら直角に曲がるやりまわしも堪能しました。
何よりかっこいい、だんじりのてっぺんで舞う「大工方」の雄姿は圧巻。
屋根の上に立つだけでもスゴイのに、飛んで向きを変えたり、一人の人は両手を広げて片足で立って片足をバレエのようにあげたり(飛行機乗りというそうです)
ほんとに、いいものを見せてもらいました。
5時過ぎに観覧席を出て、難波へ戻り、用事がある一人を除いて、またもや乾杯!
一日中、お喋りしていたな~
一週間前に最高歩数を出したと書いていましたが、昨日はやすやすと更新して、15196歩でした。
e0353802_16163213.jpg



[PR]

会社の送別会

9月18日、会社の送別会でした。
出勤しなくなってから1ヶ月以上もたってからの送別会は間が抜けていますが、毎日が日曜日の私と違って、会社勤めの人は金曜日の飲み会がベストだろうし、営業の男子は予定が立てこんでいるので、こんな日になったのでしょう。
案の定、同じ部の男子一名、出張帰りで合流するはずが間に合わなくて、とうとう参加出来ませんでした。
場所は、本町のトラットリア パッパトリアというイタリアンです。
会社の飲み会は、居酒屋さんが多いのですが、私の送別会ということで、お洒落な店を探してくれたようです。

  • 【Anti pasto】PappaToria特製 季節の食材を使った前菜盛り合わせ
  • 【Insalata】秋刀魚の軽い燻製と秋茄子のサラダ
  • 【Fritto】アンチョビポテト
  • 【Pizza】マルゲリータ
  • 【Pasta】鴨腿肉、さつま芋と焼葱のラグーソース タリアテッレ
  • 【Secondo】特選牛のビステッカ ポルチーニ茸のソース 根菜のクロッカンテ添え
  • 【Dolce】パンナコッタの栗~むソース

    ビールにワインやカクテルの飲み放題。
    普段飲まない聞いたことがないようなネーミングの飲み物が多かった~
    スパークリングワイン、赤ワイン、白ワイン、ビールのジンジャー割り、初めてのカシスグレープフルーツジャー(下の写真)と、5杯も飲んでしまいました。
    都合で出席出来なかった他の部の人から、フラワーアレンジメントもいただきました。
    有難いことです。

    今日は、岸和田だんじり祭りに行って来ます。
    そのことは、また明日!
    e0353802_08081024.jpg
    e0353802_08240333.jpg


  • [PR]

    Shoin長月ライヴ Jazz♪  

    奈良の春鹿酒蔵さんの今西家書院で行われたこんなライヴに、友達と行ってきました。Shoin長月ライヴ Jazz♪
    酒蔵祭りのイベントの一環で、演奏前にまずは一献いただいて、ジャズ演奏を楽しもう、という催しでした。
    沼澤修一さんのオルガン、大嶺泰史さんのエレキベース、堺貴洋さんのドラム演奏で一時間余り、ジャズと沼澤さんのオリジナル曲を楽しみました。
    オルガンでジャズって珍しいんですけど、なかなか複雑な音色が出るものなんですね。
    演奏が終わって、まだ行われている酒蔵祭りへ。
    試飲の日本酒をいただいて、中へ。
    ここでお酒を買って、木のテーブルが幾つも置いているので、ここで立飲みで飲んでいる方が多かったです。
    皆さん、慣れているのか、おつまみやら用意して和気あいあいと楽しそうに飲んでおられました。
    私達は二階に上がり、酒蔵見学。
    映画やテレビで見た、杜氏が大きな樽の中に棒を突っ込んで回すイメージを浮かべていましたが、今や全て機械でオートメ化のようでした。
    お土産に300ccの「ときめき」というお酒を買いました。
    春鹿酒蔵は、ならまちの中にあるので、ならまちを散策しながら駅まで歩きました。
    途中立ち寄ったお店で、可愛いブラウスを見つけ、ついつい買ってしまいました。
    でも、何につけ、出逢いって大事ですものね。
    近鉄電車で難波へ出てワイン飲み放題のお店で、飲み放題にしないでビールとワインで食事しました。
    家に帰って万歩計を見たら、12000歩以上。
    歩数をつけ出してからの最高の数字が出ましたよ。
    よく歩いた~

    [PR]

    大阪クラシック

    大阪では毎年9月の第一週か第二週の一週間、大阪クラシックが行なわれます。
    2006年から始まったので、今年がちょうど丸十年になるのですね。
    長年書いているmixi日記を見ると2006年に行ったと書いてるので、今年は9年ぶりに行ったことになります。
    一週間あったのだけど、用事があったり、天気が悪かったりして、ようやく今日行って来ました。

    地下鉄・北浜駅から歩いて中之島公会堂へ。
    13時から、ブラームスのヴァイオリン・ソナタ第3番ニ短調の演奏を聴きました。
    これは当日券があり、45分くらいの演奏でした。
    終わってから歩いて梅田へ行きました。
    15時から「阪急うめだ」の9階祝祭広場でも、ヴァイオリンやヴィオラ、チェロ、コントラバスの演奏があったのです。
    時間的には結構余裕で着いたのですが、すでに満席になっていて、私は演奏する場所の吹抜けの一階上に立っていたのですが、音が聴きづらくて途中で諦めました。
    中之島公会堂で、隣りに座った方が、無料のコンサートは一時間前から並ばないと席がないとおっしゃっていて、その通りでした。
    うろうろしていたら、片岡鶴太郎の画業20周年「還暦紅」という展覧会をやっていて、ゆっくり見学しました。
    ということは、画業の方は40歳から始めたのですね。
    素晴らしい才能だと思いますが、何故役者を辞めないのだろう?
    細かいことを言いますが、画や版画は高い価格がついているし、他にポストカードや色紙、陶器なんかも売っていたし、生活の為に役者を続けているのではないのでしょうね。

    梅田からバスに乗って帰ってきたのですが、間違ったバスに乗ってしまって、赤川町三丁目というバス停から歩いて帰ってきました。
    毎日ウォーキングしていて、偶然3日続けて、この道を歩いています!


    [PR]

    彦八まつり

    関西ローカルに「ビーパップハイヒール」という番組があります。
    一つのテーマを、専門家を招いて、突っ込んで追及していく番組で、ハイヒールのファンでもある私は、毎週楽しみに見ているのです。
    8月半ばに「落語」がテーマで放送されたのですが、落語のルーツは江戸と大阪では違っていたのですね。
    江戸では芝居小屋がありその中でするもの。
    大阪では、神社の境内等に座り込んで、外でするもの。
    身振り手振りを加え話を面白おかしくして途中で止める。続きを聞きたかったらお代をちょうだい、ということ。
    面白くなかったら、話途中でも見学客は帰っていきます。
    オーバーに表現する大阪の笑いの原点は、そこなんだそうです。
    粋な江戸の笑いとは、根本的に違っているのは当たり前です。
    米澤彦八が一番初めに大阪落語を始めたと言われています。
    その場所が生國魂神社だったので、境内には『彦八の碑』が建立されています。
    米澤彦八の名を後世に残すために始められた「彦八まつり」。
    毎年9月の第一土・日に、生國魂神社で行われます。
    今までに2度くらい行ったことがありますが、今年は「毎日が日曜日」の私、久しぶりに行ってきました。
    午前中は、桂分枝師匠のハワイアン演奏なんかあったそうですが、お昼ご飯を食べてから出掛けました。
    明日の日曜日が雨の予報からか、スゴイ人出でした。
    以前来た時は、仁鶴師匠、月亭八方、八光、桂きん枝なんか見ましたが、今年はまた桂きん枝が一生懸命何やら焼いて売っていました。

    生國魂神社から歩いて、一度行きたかった高津神社へ。
    谷町九丁目の駅をはさんで反対側にあります。
    もちろん、こちらは参拝客も少なく、静かで、ゆっくり散策出来ました。
    大阪市内にも、まだまだいい所がいっぱいありますね。

    [PR]

    ホテイアオイを見に行ってきました!

    橿原市の本薬師寺跡周辺の休耕田のホテイアオイが満開だと、テレビのニュースで聞いて、雨の予報がない今日、思い立って行って来ました。
    天気が良いのは、今日と明日だけで、明後日からまた雨のようです。
    近鉄南大阪線・阿部野橋駅から急行で50分、畝傍御陵前で下りて徒歩で10分ほど歩いたら、一面すみれ色の田圃が広がっています。
    ホテイアオイが一面に咲いていること事体珍しいのですが、橿原市では休耕田を利用して、地元の小学生が協力して株を植えたということです。
    もう少ししてお彼岸の頃には、畦道に赤い彼岸花がズラ~っと咲いて、ホテイアオイの薄紫色との対比で、それは美しいそうです。
    しかし、写真を撮って一通り歩いて、本薬師寺跡を見学しても、11時前。
    帰るには早過ぎます。
    それで思い出したのが、会社の後輩、もっちゃん。
    結婚して、確かこの近くに住んでいるはず。
    ランチしませんか?とメールをいれたら、OKの返事をくれて、もっちゃんの家の最寄りの駅で待ち合わせました。
    ブログで知って行きたかったカフェがあるので、もっちゃんの車で連れて行ってもらいました。
    屋敷山公園の近くにある「恵古箱」というお店。
    築50年の一軒家で古道具とギャラリーとカフェをやっておられます。
    先客は小さなお子様連れのママ達。
    ご飯を食べる場所は畳敷きの部屋なので、子供達も歩いたり這ったり、隣りの部屋へ行ったりして遊んでいます。
    もっちゃんも去年生まれたばかりのゆうちゃんを連れて来ていました。
    ゆうちゃんが可愛くて、祖母になった気分です。
    ご飯の後、もっちゃんの自宅まで連れて行ってもらって、美味しいコーヒーと「たねや」の水羊羹をご馳走になりました。
    去年の暮れに、新築一戸建てを購入したそうです。
    転居通知のハガキをもらっていたけど、家を買ったとは知らなかった~
    40歳を過ぎて結婚して、ゆうちゃんを産んで、幸せそうなもっちゃん、良かったねぇ。
    e0353802_21171292.jpg

    [PR]

    魔法の絵画展

    3Dアートで楽しむ不思議な世界、魔法の絵画展へ行ってきました。
    昨日、近所の人に会ったら、8月31日までのチケットをもらったのだけど、一緒に行かないかと誘われました。
    一緒にいた他の人が、「これ、孫を連れて行ったけど、大人だけで行ってもね~」とおっしゃってましたが、「毎日が日曜日」の私、ただ券であれば、行きますとも!
    地下鉄の駅で待ち合わせて、ドーム前千代崎駅へ。
    駅に着いたら、なにやら若い女の子がいっぱい。
    京セラドームでKis-My-Ft2(キスマイフットツー)のライヴがあったようです。
    先にランチをしようと、ドーム前の「イオン」へ入ったけど、フードコートの席はいっぱいで座れません。
    SMAPの時もそうだもんな~
    ライヴに行く人達、ここで粘って時間を潰しているのです。
    しかし、うろうろしてたら、違う階の小さなフードコートの席が空いて、「サブウェイ」のサンドイッチを買ってきて食べることができました。
    お腹を満たしてから、京セラドーム9Fスカイホールへ。
    子供しか楽しめない、と聞いたけど、なかなか面白かった~
    夏休み最終日にもかかわらず、子供さん連れの人も多かったです。

    最寄の駅まで帰ってきて、「お昼、パンやったもんね」と言いながら、ケーキセットを食べました。


    [PR]

    石切さん

    奈良へ行く用事があったので、ついでに石切へ行ってきました。
    神社へ行きたかったのではなくて、コマカフェへ行きたかったのですが、今日は何かの展示をやっていてランチはお休みでした。
    仕方がないので、このお店は中央線の新石切駅近くにあるのですが、そこから石切神社の参道を通り、近鉄電車の石切駅まで歩きました。
    婦人衣料品や薬局、和菓子店やつくだ煮店、だんごやさんにうどん屋さん、食堂、そして何屋さんなのかよく分からない雑多な物を置いている店、一番多いだろう占い師のお店、そんな中を、上り道だったので汗びっしょりになりながら、歩きました。
    上り道って、平坦な道に比べると、倍疲れるのね。
    以前に来たのは、2007年くらいだったと思うけど、その時よりは寂れている感じで、石切神社が修理中ということもあるのか、参拝客も少ないように思いました。

    その後は近鉄電車で奈良へ出て、友達と食事して帰って来ました。
    まだ仕事している友達は「明日、仕事」と落ち込んでましたが、その点だけは優越感(笑)
    日曜日の夜も悠然としていられるのが「毎日が日曜日」の誇りです。

    [PR]