タグ:おでかけ ( 106 ) タグの人気記事

彦根城

昨日は友人と二人で、日本100名城の一つ彦根城へ行ってきました。
JR大阪駅9時30分発の快速で、彦根着が10時49分。彦根は遠いな~
しかし、電車から見える山並みはまだ紅葉が残っていて、なんだか旅行に来た気分です。彦根駅を下りたら、真正面に石垣が見えたので向かって歩いて行きました。
駅前から見えた石垣がどこにあるのかわからないまま天守閣が遠くに見えます。彦根城は天守閣の回りに広大な敷地が残っていて、大きな城下町だったのだということがよくわかります。
戦国時代にあった山城とは違って、関ヶ原の戦いが終わってから建てられたお城なので、彦根の城下町は江戸時代に繁栄を極めたのでしょう。
e0353802_13052073.jpg
大きなモミジの木があり、紅葉もまだ見られました。
e0353802_13060261.jpg
初めに博物館を見学しました。彦根城は幕末まで続いたお城なので、お宝がたくさん残っていて、博物館に収められています。その後、天主閣へ。下からはかなり距離があり、しかも階段の道が続きます。
e0353802_13053824.jpg
彦根城は3重の天守閣です。つまり3階。清州城、犬山城は4重だったと思います。姫路城は考えられないことに6階でした。
しかも天守閣の階段は急なんです。二人とも必死に上りました。急な階段を下りるのも怖い。
天主閣を下りて、玄宮園という庭園を散策。4代目藩主井伊直興が造営されたとしています。ちなみにこの4代目は、彦根城藩主4代目のことで、井伊家は平安時代から続いている名家です。来年の大河ドラマの主人公、井伊直虎は初代藩主・直政の養母になるので、彦根とは関係ありません。
e0353802_18545816.jpg
お昼は、駅でもらったお散歩まっぷを見てうなぎや源内へ行きました。
近江まで来たら近江牛でしょうけど、二人とも鰻が大好物。鰻丼を頼みましたが、ここの鰻は美味しかった~
このお店がある夢京橋キャッスルロードというエリア。どこかで見た感じだと思っていたら、10月に行った山中温泉のゆげ街道と非常に似ているのです。
e0353802_18395375.jpg
これって多分、空間プロデューサーがいて、全国の観光地で同じような町並みに整備されているんじゃないだろうかと、友人と話していたのです。もちろん、雰囲気や色合いは違うのですが、何となく似ているのです。
ゆげ海道はベージュと茶色に統一されていて、キャッスルロードは白と黒でした。ここは駅から離れているのですが、駅前の商店街はシャッター商店街でした。
地方が活発になるのは、観光が一番なんですね。彦根は来年の大河の主人公とは関係ないみたいですが、100名城のハンコを押しに行った観光センターの方が、来年は直虎押しで進めると言っておられました。
来年も戦国時代の物語で楽しみです(^^)

にほんブログ村

[PR]

by s-jw | 2016-12-06 19:00 | おでかけ | Comments(2)

日体大・体育研究発表会「飛翔(はばたく)」

高大の同じ班の女の人が日体大の卒業生で、昨日大阪市中央体育館で行われた「体育研究発表会」のチケットを下さいました。私は知らなかったのですが、「集団行動」というパフォーマンスがテレビ等で紹介されて有名なんだそうです。
友達に声を掛けたら行くということなので、梅田で待ち合わせ、まずはランチ。
阪急グランドビル28階にある土佐料理 司に行きました。
ほんとは昼から逢って、夜飲もうという予定だったのですが、毎月第一土曜日に町内会の会合があることを忘れていて、ランチに変更してもらったのです。とはいえ、呑み助の私達、昼からビールをいただきました。カツオのたたきやら鯛のアラ炊きやら、アルコールに合うメニューばかり。白ご飯にももちろん合うし、サスガ土佐料理、美味しかった~(^^)
体育研究発表会は4時までに入ればいいので、大阪城公園へ行くことにしました。
環状線で森ノ宮へ。ぶらぶらと歩いて天守閣の下まで行きました。友達とは何年か前に天守閣に登ったことがあるので、今回はスルーしてソフトクリームを食べました。昨日は暑い日で、喉が渇いて仕方なかったのです。
天主閣がある所から、谷町4丁目まで歩いて地下鉄中央線で朝潮橋まで行きました。大阪市中央体育館へは初めて行ったのですが、朝潮橋から歩いてすぐの所にありました。
15時45分から梅花学園チアリーディング部のプロローグセレモニーがあり、16時からいよいよ本番。和太鼓演奏、バスケッボール、陸上競技、体操競技、レスリング、チアリーダー、トランポリン、日体体操、新体操、少林寺拳法、体操、と続きます。
e0353802_20364021.jpg
e0353802_20371691.jpg
e0353802_20374423.jpg
司会は森末慎二さん、途中の休憩に体操の田中理恵さん指導の体操を全員でやりました。
一班の班長も来られていて、途中から一緒に見学しました。
7時から町内会の会合があるので、集団行動を最後に、途中で帰ることにしました。
町内会の会合はいったん家に帰ってから出席して、ぎりぎりセーフ。なんとか間に合いました。

にほんブログ村


[PR]

by s-jw | 2016-12-04 20:40 | おでかけ | Comments(2)

お誕生祝い2016年11月

昨日はグループの一人の還暦のお祝いでした。
これで6人全て60代の仲間入り。元々はmixiで知り合ったグループで、関西在住のマイミクさん達が私の還暦祝いをして下さって、全員でのお付合いが始まりました。
場所は新地にあるホテルエレセラーンの中にある日本料理 桂というお店です。
一ケ月以上も前に電話したのだけど、その時点で個室は後一室しか空いていなくて、慌てて予約したのでした。
6階ですがお庭が見える畳敷きの和室で、掘りごたつ式のテーブルです。こんなに素敵な部屋なのに個室代はかからないのです。
私達は桂弁当というのを頼み、まずはビールで乾杯! ようこそ60代へ、というところです。
e0353802_17144192.jpg
これに、ご飯、お味噌汁、香の物、デザートが付いています。
e0353802_17160578.jpg
全員が入った写真を、迷惑なことに6人がカメラやスマホで2度ずつシャッターを押してもらいました。
11時から入り3時近くまで粘り、後は歩いてグランフロントへ行きました。
私が茅乃舎のだしを買いたかったのと、コーヒーを飲みたいと言う人がいたのです。だしを買って、北館の6階にあるウメキタフロアに行きました。
ここはスーパーマーケットのフードコートのような所で、注文したものをどの店の椅子に座っても、運んでくれるのです。
コーヒーを飲みたいと言っていたのに、呑み助ばかり集まっている私達、ついついフローズンビールというネーミングに惹かれて、またもやビールを頼んでしまいました。
私はジンジャーフローズンを頼み、生姜味がピリッと効いてなかなか美味しかったです(^^)
e0353802_17303789.jpg
ご馳走様でした!

にほんブログ村

[PR]

by s-jw | 2016-11-27 17:36 | おでかけ | Comments(0)

「戦国武将の生き方に学ぶ科・秋の遠足」2016年11月10日

今週の高大は秋の遠足でした。
母が入院していますが、私の家で暮らしている頃から、自分の楽しみを犠牲にしないのが、私の介護のやり方です。でないと、介護者がストレスに押し潰されてしまいます。
行き先は、奈良のならまち。私の一班は9名の内6名が参加。女性の一人は旅行で欠席。もう一人は、ならまちにはこの前行ったところということで欠席でした。
私のクラスは6班あるので、2班ずつに分かれてボランティアガイドさんが一人ずつ付いて、元興寺を案内してもらいました。
奈良には弟の家があることから昔から何度となく訪れて、ならまちにも数えきれないくらい来ています。しかし、元興寺には入ったことがなかったのです。
元興寺の前身は、飛鳥時代の588年に建立された法興寺(飛鳥寺)で、平城遷都とともに718年に今の地に移築されて、元興寺と寺名が改められました。移築された時に、飛鳥時代に造られた日本最初の瓦も使われていて、現在の本堂・禅室の屋根に数千枚残っています。
e0353802_09252595.jpg
e0353802_09253987.jpg
向かって右側の重なり合った丸瓦の葺き方は行基葺きというそうです。
近鉄奈良の待ち合せ場所も行基さんの噴水と言って有名ですね。
元興寺は今でこそ敷地も少なく本堂も五重塔も火事で焼けて残っていないのですが、その昔は東大寺に継ぐ敷地面積があったそうです。
e0353802_09260759.jpg
そういえば、10月にテレビ朝日の「お坊さんバラエティぶっちゃけ寺」を見ていると、奈良を取りあげていて元興寺も紹介していました。その時も、敷地面積が東大寺の次に広かったと言っていたので、驚いたことを覚えています。
そして、元興寺の近くにある御霊(ごりょう)神社にも案内してもらいました。
御霊とつく神社は全国にあるのですが、相次いだ政変の中で冤罪により非業の死を遂げた皇族や貴族の方たちを祀った神社ということでした。他の班の女の人と「韓流ドラマみたいやね」と言っていました。
こうして勉強していくと、戦国のみならず、古代の歴史も面白い~
12時になら工藝館に全員集まって解散後、それぞれの班毎の行動になります。
一班は大和郡山城に行く予定でしたが、駅前でランチした後、私と他の二人が帰ることになりました。
当日は病院へは弟が行ってくれていたので、いったん家に帰って一休みしてから、夕方食事介助に行って来ました。

にほんブログ村

[PR]

by s-jw | 2016-11-12 09:43 | 趣味 | Comments(2)

丹波路へ

去年も連れて行ってもらったのですが、昨日、友達夫婦と黒枝豆狩りに丹波へ行って来ました。友達の家がある最寄りの駅に8時半集合。今年は、友達の友達、Nさんも一緒です。Nさんは去年の初めまで、京都でご主人と一緒に割烹店をやっておられたので、私も何度か行って顔馴染みです。
美味しいお店だったんだけど、ビルの一室を借りて経営していくのは大変だったようで、2008年からまる6年で店を閉められました。
黒枝豆は最後の収穫だったようです。
友達夫婦は毎年2回は行っていて、今回も10月初めに行った時に予約しておいてくれたので、農家の人が私達の分だけ採って置いて下さいました。
e0353802_16282253.jpg
これで3株分。私とNさんは3株ずつ。友達夫婦は10株です。
友達は一度に茹でて、皮をむいて冷凍するそうです。
その後は京丹波町でやっていた「食の祭典」というイベントに連れて行ってくれました。須知高校と丹波自然運動公園でいろんなお店が出ていて、食べ歩きが出来るのです。須知高校は生徒さん主体で、大根煮物、おしるこ、うどん、等の店があり、一番人気は石釜ピザ。一人1ピース100円で、12時半の焼き上がりの予約をしました。
高校の菜園で採れる取れたて須高野菜が人気で、1本100円の大根抜きに長蛇の列が出来ていました。青々とした葉っぱがついた大根を持って歩いている人の多かったこと。私達は須高加工品(ハム、ソーセージ、ベーコン、パン、クッキー、ヨーグルト、アイスクリーム、ソフトクリーム)のブースに行き、それぞれソーセージやベーコンを買いました。
その後は自然運動公園まで歩き、「屋台グランプリ」でお弁当を買って一服です。
予約したピザは1時までに行かないといけないので、再び須知高校に戻ってピザを食べました。生地が厚い美味しいピザでした。黙々と生地を練り、トッピングし、石釜で焼いている生徒さん達、エライな~ 何百枚、焼いたことだろう・・・
時間がまだ早かったので、その後は京都丹波ワインへ行って、工場見学と新種ワインのテイスティング。
e0353802_17112261.jpg
私はお土産に、カラーワインストッパー&ボアラーというのを買いました。飲み残したワイン瓶にする蓋ですが、これは付けたままオープン出来てそのまま注ぐことが出来ます。写真の左から2つ目の瓶についているのと同じものです。
京都丹波ワインから、去年も行った「味夢の里」という道の駅へ。
そして一路京都へ戻ってきました。
楽しい一日、友達夫婦に感謝です(^^)

にほんブログ村


[PR]

by s-jw | 2016-10-24 17:24 | おでかけ | Comments(2)

旧三井家下鴨別邸ウォーキング

昨日は高大のクラブ活動・史跡めぐり部で『京都旧三井家下鴨別邸一般公開』へ行って来ました。この部を紹介してくれた同じ班のMさんも一緒でした。そして、驚いたことにMさんの友達Hさんは、私の家のすぐ近く5分もかからないマンションにお住まいとのこと。ビックリしたぁ~!!
京阪特急の三条駅で待ち合わせ。第一陣は16名集合だそうです。
三条から歩いて平安神宮近く、岡崎にあるおばんざいカフェ卯sagiの一歩で、おばんざいランチをいただきました。さすがにビールは頼めません。
私の好きな古民家カフェです。
e0353802_19222448.jpg

e0353802_19181812.jpg
女子が好きな、いろんなおかずがちまちま入っているおばんざいです。
お昼の後は、賀茂川沿いまで出て、川縁を出町柳まで歩きました。このグループはあまり歩かないそうですが、今回は特別なんだそうです。私は歩くの大歓迎。ご近所のHさんも毎日1万歩は歩いているそうです。
目的地の旧三井家下鴨別邸は出町柳駅からすぐ。この10月1日より公開開始になったようです。
三井家が東京へ行った後で、お墓参りに帰って来た時に休憩するために造られた別邸とのこと。
e0353802_19363735.jpg
一番上の3階部分は、望楼といって大文字山を一望できるそうですが、普段は2階とともに公開していません。11月に特別公開があるそうです。
ここのお部屋でソフトドリングを飲めるので、私は暑かったけど、熱いコーヒーで一服。ここで一応解散です。
MさんとHさんと三人で、近くの下賀茂神社へ行くことにしました。駅からすぐにあると思っていた緑の山はただの公園で、結構歩きました。
久しぶりの糺の森。紅葉にはまだまだでした。
e0353802_19442553.jpg
この日はいっぱい歩き、17000歩。
夏日の一日で、汗をいっぱいかきました。

にほんブログ村

[PR]

by s-jw | 2016-10-19 19:48 | 趣味 | Comments(2)

ブルーメの丘

昨日は、会社の後輩OB女子が声かけてくれて、滋賀県のブルーメの丘という所に行ってきました。
JR草津駅まで待ち合わせ。高速を通って行ったので、草津からはだいぶ離れているのですね。後で調べたらJR近江八幡駅からバスで50分と書いていたので、かなり山奥になります。
10時からのソーセージ作り教室を予約してくれていたので、初めてのソーセージ作りに挑戦です。
まずは豚肉300gに特製のスパイスを振り掛けて、ゴム手袋をして捏ねます。
e0353802_16451686.jpg
私は日頃ゴム手袋を使ったことがないので、手袋をするとやり難いものです。
なんとか捏ねて、用意された道具に入れて、豚の腸に絞り出します。写真を撮る余裕がありませんでした。
長い腸を途中でひねって2本~4本のソーセージの形にします。私は2本にしました。残ったお肉は小さな俵型にして、一緒に茹でました。
e0353802_16472118.jpg
茹でている間に、コスモス畑を見学しましたが、ほとんど咲き終わっていました。
戻って、買ってきたおつまみと出来上がったソーセージで地ビールを飲みました。後輩は運転するので、もちろんノンアルです。私は俵型だけ食べて、ソーセージは持って帰ってフライパンで焼いて食べました。ジューシーでスパイスが効いて、美味しかった~
食べ終わって、村の石釜パン屋という所へ行き、数量限定の焼き立てパンを買いました。石釜で焼いたとても大きなパンで、1個800円。しかし、「ブルーメの丘」の入場料が1000円なのですが、65歳以上は1000円分の金券をプレゼントしてもらえるのです。その金券で買いました。
パンの袋を下げている間中ずっといい香りがしていて、今朝食べたら、とても美味しいパンでした(^^)
「ブルーメの丘」の後は、「道の駅あいとうマーガレットステーション」という所へ連れて行ってくれて、コスモスの摘み取りをしました。
e0353802_17085132.jpg
20本200円。
持って帰る間に枯れかかったけど、バケツに入れて一晩置いていたら、なんとか蘇りました。
e0353802_17102999.jpg
半分は、Fさんにお裾分け。
この道の駅で、八日市南高校が作ったジャムというのを売っていて、いちじくジャムとりんごと梨のミックスジャムを買って帰りました。同じようなジャムをデパートで買ったら高いけど、これは1個302円と安くてお買い得でした。
Mちゃん、ありがとう!!
持つべきものは後輩だわ(*^^*)

にほんブログ村


[PR]

by s-jw | 2016-10-16 17:16 | おでかけ | Comments(2)

姫路城へ行って来ました(2)


姫路城の城郭を出て、西屋敷跡庭園「好古園」という庭園の中にある活水軒という食事処へ行きました。雰囲気のある素敵なお店なんですが、価格も高くなく、名物の穴子料理を食べることが出来ます。
月曜日のお昼なのに、結構満席。入ったのが1時過ぎていたので、お庭が見える窓際の席に座ることが出来ました。
ガラス越しに、こんなお庭が見えるのです。
e0353802_10323841.jpg
そして、穴子丼セットともちろんビール。
e0353802_20580089.jpg
このグループはみんな飲む人ばかりなので、お昼からでも飲めて嬉しい~(^^)
姫路城の上り下りで疲れ切っていたので、冷たいビールがことのほか美味しく感じられます。
食事の後は、好古園の庭園を散策しました。
約1万坪の敷地に、池泉回遊式のお屋敷の庭や本格的数寄屋建築の茶室ある庭など、9つの庭園があります。その一つ一つ巡り歩くだけでも、大変な距離になります。
e0353802_10504782.jpg
e0353802_10502279.jpg
中には、紅葉が始まっている木もありました。
e0353802_10505879.jpg
好古園を出て、駅まで歩いて戻り、姫路駅から新快速で大阪駅に着いたのが5時過ぎだったか、それからJR大阪駅構内にあるエキナカ酒場しおつるでまたビールを一杯飲んで、解散しました。
このお店は、高大仲間に教えてもらったお店なんですが、どこかへ行った帰りに気軽に一杯飲めるお店で、お勧めです^^
一人になってバスで帰ろうとしたのですが、10月1日からバス停が移動していていつもの所になく、大阪駅を1周半くらい歩いて探し回り、この日は結局2万歩超え。姫路城だったら歩く歩数が少ないんじゃないかと思ったのが、ことこどく裏切られた一日でした。

にほんブログ村

[PR]

by s-jw | 2016-10-05 11:03 | おでかけ | Comments(2)

姫路城へ行って来ました(1)


昨日、姫路城まで行って来ました。友達との月一のハイキングです。9時30分発の新快速で、1時間と少し。こんなに早く姫路まで行けるのですね。姫路城へ行くついでに、私が行きたかった御着城跡。
時間があればと言っていたのですが、友達が先に行こうと言ってくれて、姫路駅から各駅停車で大阪方面に2つ戻る駅でした。
姫路城といえば黒田官兵衛なんですが、官兵衛ゆかりの姫路城はこの御着城のことなんです。黒田家の主君・小寺政隆が築いた城で、官兵衛もここで家老として在城していました。黒田家廟所と小寺家三代の城主を祀る小寺大明神が残っていましたが、御着城を示すものは何もない城跡でした。
これは姫路市役所の出張所だそうです。
e0353802_20184284.jpg
黒田家廟所と門についていた家紋。
e0353802_20195082.jpg
e0353802_20200292.jpg
官兵衛が有岡城に一年間幽閉されていた時、狭い牢から見えていた藤の花に慰められたことから家紋にしたといわれる、藤巴(ふじどもえ)という紋です。
通りがかりの見知らぬオジサンが教えて下さいました(*^^*)
御着駅に戻ったら、姫路行きの電車が15分遅れていて、運良く乗ることが出来ました。ふたたび姫路駅に降りたら、姫路城は駅から真っ直ぐの道の向こうに見えます。なんとわかり易い。
電車からも見えていましたが、真っ白にそびえたつ白鷺城そのものです。
e0353802_20405911.jpg
e0353802_20411515.jpg
12時過ぎていましたが、先に天守閣に登ることにしました。
姫路城は広くて高い!! 天守閣は6階もあり、急な階段を登って行かなくてはなりません。お城巡りは、せいぜい60歳までにしとかないとね。
やっとの思いで上って下りて、いよいよお楽しみの食事です(^^)

にほんブログ村


[PR]

by s-jw | 2016-10-04 20:47 | おでかけ | Comments(2)

お墓参り・2016年9月

暑さ寒さも彼岸まで、というのはもう死語になったのでしょうか・・・
9月23日、お墓参りに行って来ました。夏以来来ていないので、草がボーボー、引き抜くだけで汗びっしょりになりました。お彼岸のお墓参りは、いつも一人なので、地元に住んでいるパン教室の友達と逢うことにしています。パン作りを習うまでは、この彼岸の墓参りの時しか逢ってなかったのです。
それ以前、自分のマンションと母との家を行ったり来たりしていた時は、土・日はマンションに帰っていたので、友達とお茶する時間もありませんでした。2008年から2012年までまる4年間住んでいたのに、その頃は私も現役、友達のご主人も現役で子供さんも同居していたので、お互い時間がなかったのです。
それが今では月に一度はパン教室で逢うし、彼岸の時も逢うことが出来ます。
若い頃、友達のおばちゃん(お母さんでなくて伯母さんなんです)にはご飯をご馳走してもらったり、ほんとにお世話になったので、お彼岸の時だけ心ばかりのお供えを持って行きます。
昨日も一度家に寄って、仏壇にお参りしてから、隣駅までランチに行きました。
備前焼割烹 八馬という和食のお店で、友達の家の大事なイベントの時に必ず食べに行くお店なんだそうです。話には聞いていて、一度行こうということになっていました。
このお店は隣駅にあって、その駅からも遠いので、自転車で行って来ました。
自転車に乗るのは久しぶり。10何年ぶりかも。40代の頃は自転車に乗って、梅田から難波、遠くは南港のインテックス大阪、長居公園、服部緑地公園までも行ったことがあるのですが、最近は全然乗っていませんでした。風を切って自転車で走るのは、楽しいですね(*^^*)
自転車も飲酒運転はダメなのですが、普段飲まない友達が飲もうと言ったので、意志の弱い私、ついつい飲んでしまいました。
e0353802_17225397.jpg
e0353802_17231134.jpg
このお店の店名に"備前"がついているのは、器の全てが備前焼きなのです。店のご主人が造っておられるとか。お誕生日等のお祝いに、作品をプレゼントして下さるそうです。
e0353802_17265393.jpg
デザートにプリンの無花果ソースかけを食べました。
ところが、お勘定の時にこの分が入っていなくて、友達が自己申請したのですが、帰ってからビールの代金も請求されてなかったことがわかりました。
ラッキーではあるけど、こういうのは後味が悪いですね。
友達の家に帰ってから、先々週の大雨でダメになったパンのレシピカードを一からコピーし直しましたが、途中でカートリッジのインクが無くなって、次回に持ち越しです。やれやれ(-_-)

にほんブログ村


[PR]

by s-jw | 2016-09-24 17:34 | おでかけ | Comments(2)