タグ:ウォーキング ( 88 ) タグの人気記事

「文章表現を楽しむ科・秋の遠足」2017年11月16日

昨日は高大の秋の遠足で、奈良へ行って来ました。先月私ともう一人の人が下見に行った奈良女子大学記念館の見学です。
9時45分に近鉄・奈良駅前行基さんの噴水で待ち合わせ。一学期に授業を受けた奈良女子大の鈴木小春先生も来て下さっていました。ぞろぞろと歩いて記念館まで行きました。
10時半から案内人が付いて、中を案内して下さいました。
e0353802_14373624.jpg
ここから興福寺北門まで、またぞろぞろ歩いて行きました。
興福寺は国宝館が耐震改修工事中で、仮講堂で公開している「阿修羅ー天平乾漆群像展」を見に行ったのです。
私は阿修羅像を初めて見ました。神々しく凛々しいお顔で人気があるのがわかる気がします。狭い仮講堂でササッと見たら終わり。これで600円って(団体割引でなければ700円)、仏様への御供養なんだと思っておきましょう。
クラスとしてはここで解散で、後は班毎のランチでした。
一つの班は女子大近くまで戻り「依水園」の庭園を鑑賞しながら食事出来るお店を予約したとのこと。後二つの班は別々の和食のお店を予約したとのことでした。
我が三班は近鉄奈良駅ビルにある百楽へ行きました。
ここはランチの予約が出来なかったのです。10人でしたが、6人と4人に分かれて食事しました。6人組はビールを頼んだようですが、ビールを飲まない4人組に入った私は飲まなかったのです。お昼にアルコールを飲むと眠くなってしまうので、飲まなくて正解でした。実はこの後、有志で奈良のはずれにある「正暦寺」へ行ったのです。
バスも通らないような所にある正暦寺は紅葉の名所で、この時季臨時バスが出ているのですが、行きは1時7分発が最終。8人で行くことになったので、4人ずつに分かれてタクシーで行きました。奈良駅から30分は走ったでしょうか・・・こんな山奥に、というような所にひっそりとあるお寺です。
山の中の渓谷はそのままに、3000本の楓があるそうです。一週間前まで青かった葉っぱが急に紅葉し始めたとおっしゃっていました。もうすでに枯れかかっている木とまだ青い木が混沌としていました。
e0353802_17540331.jpg
e0353802_17542268.jpg
本堂は山道を登った上の方にあるのですが、坂の下にある福寿院という院の中から見る借景庭園も見事でした。
e0353802_17583211.jpg
帰りは最終3時40分発の臨時バスに乗って、近鉄奈良駅まで戻りました。
奈良は大阪より温度が2~3度低いので、もうすっかり冬仕様の恰好で過ごした一日でした。



[PR]

by s-jw | 2017-11-17 19:26 | 趣味 | Comments(0)

蔵の魅力再発見ーてくてくまち歩きー

クラスの一人の男の人がお住まいの地域で「住吉蔵部」という住吉区に現存する蔵を紹介する活動をしておられます。
昨日はそのイベントの一環で、街歩きに参加して来ました。
集合場所は南海高野線・帝塚山駅。初めて下りた駅です。9月に岸和田、10月に堺東、11月には河内長野と、今年の秋は南海電車にご縁があります。
集合場所にはクラスの男子二名と、女子は待ち合わせて一緒に来た二人の他に二名来られていました。参加者は十名くらいだったので、ほぼクラスの人ですね。一緒に歩いて下さるスタッフは八名とのことでした。こういうイベントは知る機会も少ないし、知り合いが集まることが多いのでしょうか?
住吉区には100以上の蔵が現存しているが、維持管理にもコストがかかり家を建て替えたり更地にする度に、年々減ってきているそうです。その中で、既存の蔵を別の用途に活用出来ればと、住吉蔵部のメンバーが活動されているようです。
元々は船場の商人たちが帝塚山にお屋敷や別荘を建てて、蔵も一緒に建てたことから始まっています。お屋敷がそのまま残っているような家は見受けられなかったので、蔵を残して建替えられたのでしょうね。
昨日は13個の蔵を見て回りました。
e0353802_19300466.jpg
ここは蔵をそのままカフェにしています。
e0353802_19301851.jpg
裏から見ると、蔵なのに西洋建築みたいです。家もヨーロッパ建築を用いて建てられていたそうです。
e0353802_19302907.jpg
「蔵ギャラリー」として展示されている所にもお邪魔しました。
e0353802_19374517.jpg
この辺りは「大阪町まちなみ大賞」を受賞してから、蔵のイメージにちかい色合い・建て方で家を建て直す人がいたと、ギャラリーのご主人は喜んでおられました。後で調べてみると、この辺りには市川右太衛門さんや長谷川一夫さんの御屋敷があったとか。
最後は蔵を曳家して自宅として住んでおられる方の家を中に入って見学しました。写真家で「住吉蔵部」のメンバーだそうです。表から見るとご近所の家とまったく遜色ない建物でした。一階は台所があるリビング。二階は主に骨董品を置いてある雑多なスペースになっていました。
そこで解散となり、クラスの有志でちん電(ちんちん電車・阪堺線)に乗って天王寺まで行きました。大阪にはちんちん電車が走っているのです。結構満員で、何人かが若い人に席を譲ってもらって、私も喜んで好意に甘えさせてもらいました(笑)
天王寺の「MIO」の中の中華店紅虎軒でランチして、全員ビールを頼みました。
e0353802_20041969.jpg
去年のクラスはよく飲みに行ってたけど、今のクラスでは懇親会以外での初めての飲み会かも・・・
食べて飲む時間を共有して、やっと仲間になれますね(^^)


[PR]

by s-jw | 2017-11-12 20:08 | おでかけ | Comments(2)

「こんなに凄い堺の観光」講演会

10月25日に南部同窓会のイベントで、南海高野線・堺東まで行って来ました。
「百舌鳥・古市古墳群」が平成29年度のユネスコへの世界文化遺産推薦候補に決定したのが今年の7月。その前から計画されていた催しです。
去年同じ班だった男の人が中心になって計画したもので、4月か5月頃から参加して欲しいと言われていました。あと二人同じ班の人もいて、三人で参加しました。
一部は、NPO法人堺観光ボランティア協会の川上理事長の講演会「こんなに凄い堺の観光」
「徳川家康は大阪夏の陣で討死した」という仮説を元に、その証拠の数々をおもしろおかしく紹介する約2時間の講演でした。私は堺市のお隣の市に生まれ育ったのですが、近くて遠い堺市でした。知らないことばかり。堺は戦国時代から独立国のように、大坂や江戸とは違った独特の文化が発達してきたのです。大阪都構想に反対するわけだ・・・
堺市役所内にある大食堂「森のキッチン」でランチしてから、21階展望ロビーに集まってグループに分かれ、伝仁徳天皇陵(大仙陵古墳)まで歩きました。
堺から大和まで続く「竹内街道」の始まりだろうといわれている道を歩きました。
昔から仁徳天皇陵と言っていた世界一大きい御陵は、「伝」がついて仁徳天皇だろうということで、大仙陵古墳が正式な呼び方らしいです。堺の人達は仁徳天皇陵とおっしゃっていました。
e0353802_09391634.jpg
御陵は広大な森になっていて、植物や動物の生態系を調査したくても入れないので出来ないのだそうです。
最後は御陵近くにある「堺市博物館」を見学して解散でした。
去年の班の人と三人でJR阪和線で天王寺まで出て、居酒屋で乾杯しました。
e0353802_10110146.jpg
e0353802_10111095.jpg
この頃は居酒屋さんでも、インスタ映えするお料理です(笑)


[PR]

by s-jw | 2017-10-28 10:12 | おでかけ | Comments(2)

遠足の下見で奈良へ・・・

11月にクラスの秋の遠足があるのですが、今日はその下見に奈良まで行って来ました。
事前に各班から行き先候補を出してもらって、多数決で奈良女子大学記念館見学と興福寺の国宝見物に行くことになったのです。
ちなみに、私の班は大阪国際美術館と朝日放送見学でしたが、4票差で負けました。大阪国際美術館だったら近いので、下見に行きますよと言っていたのですが、まさか奈良に決まるなんて・・・決まったからには、ちゃんと調べなくては、と同じ班の女の人と二人で行って来ました。
奈良女子大は、近鉄奈良線・奈良駅から歩いて10分足らずの所にあります。記念館は明治時代に建てられた洋風建築で、年に二度一般公開されます。遠足当日がちょうどその期間に当っていたので事前にメールで予約していたのです。駅からの道のりを調べたり学食のことを聞きたかったので、メールでアポを取って行きました。
記念館です。
e0353802_21022937.jpg
係の人に話を聞いてから、歩いて興福寺まで。約15分かかりました。
興福寺では「阿修羅-天平幹漆群像展」というのをやっていて、団体割引のことや予約出来るのかということを聞きました。予約は出来ないということでした。
お昼までに時間があったので、近くの依水園(いすいえん)へ行くことにしました。依水園は何度か行ったことがあるけど、お隣の吉城園(よしきえん)は入ったことがありませんでした。
受付の女の人に教えてもらったのですが、吉城園の建物は2020年までにリノベーションしてホテルになるそうです。ホテルになる前に見ておいて下さい、とおっしゃっていました。しかも、この施設、他府県在住であっても65歳以上は無料なんです。もちろん入りました(笑)
e0353802_21133707.jpg
この写真の建物がホテルのメインになるようです。
他に茶室、池の庭、苔の庭、茶花の庭等があり、モミジの木がたくさんあったので、紅葉の頃は美しいことと思います。依水園にも行きました。ここは、若草山、春日奥山、御蓋山(みかさやま)、東大寺南大門を借景とした名勝に指定された日本庭園があります。入園料が900円かかります。吉城園とは扱いが違うな~
奈良女子大記念館の後は、このどちらかに行ってもいいねということになりました。依水園には入らずにタクシーで、ホテル リガーレ春日野へ行ってランチしました。
e0353802_21284039.jpg
e0353802_21285172.jpg
これにかぼちゃスープとサラダ、デザートにはコーヒーもついたハロウィンランチで1200円です。普通のランチだと1000円。
食事してからタクシーを呼んでもらって、平城宮跡を通って大和西大寺まで行ってもらいました。行きの電車の中で見た平城宮跡のススキが原が綺麗だったので行きたかったのですが、駐車出来なくて通り過ぎただけでした。
台風がやっと去ったと思ったら、21号がまたくるようですね。
大阪府にも犠牲者が出ておられます。
被害に遭われた方達、お見舞い申し上げます。

[PR]

by s-jw | 2017-10-24 21:40 | おでかけ | Comments(4)

四天王寺の歴史に学ぶ

9月30日、高大のイベントで「四天王寺の歴史と信仰」の講義と、国宝・国指定の重要文化財を擁する伽藍・宝物殿の見学に行って来ました。
同じ班の友達と一緒で、四天王寺へは子供の頃から何度か来ているとのことでした。
私は骨董市に一度行ったことがあるくらい。母が元気な頃は、「今日はしてんのじさん(四天王寺)へ詣って来た」とよく言っていました。一緒に行く近所の友達もいっぱいいたし、今の私みたいなもんかな・・・スーパーでは売っていない高齢者向けの下着や、足のサポーターなんかを露店で買って来ていました。
JR天王寺駅で待ち合わせて、天王寺ステーションビル改めミオプラザ館の上でランチしました。私達の世代は、ここは天王寺ステーションビルとしか言いようがないんですけどね。
久しぶりに「KYK」へ。ここも粋花KYKというお洒落な名前に変わっていました。しかもランチは、トンカツに食べ放題のサラダ、何種類かの副菜、ご飯、味噌汁を付けられるシステムになっていました。
e0353802_17263433.jpg
肝心のトンカツの写真がありませんが、お持ち帰りOKだったので、半分食べて残りは晩のおかずになりました(^^)
四天王寺執事であり四天王寺大学教授の南谷先生が1時間の講義をして下さいました。聖徳太子の昔から四天王寺がいかに大事な役割を果たしてきたお寺であるかということ。地震、大火、台風等の自然災害、また応仁の乱から信長と大坂(石山)本願寺との戦い、大坂冬の陣、そして大阪大空襲と被害を受けながらも、都度復興してきたというお話でした。
また何度も災害に遭いながらも、豊富な出土資料があり重要文化財に指定され宝物が何点もあるとのことでした。
講義の後は、四天王寺の若い学芸員さんに伽藍の中を案内してもらいました。
e0353802_17452791.jpg
これは古いりっぱな建物ですが、本堂ではなくて六時堂というお堂です。
本堂初め何度も再建されているので、他の建物も六時堂のように残っていたら、古くからの歴史がある四天王寺は世界遺産に登録されても不思議はないと思いました。奈良や京都と違って天災や人災で壊されてしまうのは、大坂という町の宿命でしょうね。
事情があって、その後難波まで出て、この日はたくさん歩きました。
ハイキングでもないのに、15000歩超え。頑張りました。


[PR]

by s-jw | 2017-10-03 19:53 | おでかけ | Comments(2)

空堀・松屋町街歩き

9月29日、南部同窓会のイベントの街歩きに参加して来ました。去年の班の友達と一緒でした。
時間の5分くらい前に待ち合わせ場所に着いたけど、それらしき人が誰もいない。暫く待ったけど誰もこないので、リーダーにメールしたら、遅刻したみたいです。それにしても誰も来ない。
やっとリーダーが来たけど、待ち合わせの谷町六丁目の出口がわかり難くて他の出口に出られた人が何人かいたようです。友達も違う出口に出てぐるっと回って辿り着いたみたい。
15分遅れで全員揃って出発です。ところがこの街歩きに案内ボランティアをお願いしていた方は今のクラスの人でした。男性が少ないクラスなので、私は知っていましたが、挨拶したら私のことをご存知なかったようです。
案内の人を入れて8名で、空堀商店街から石垣のある路地の道を歩きます。
「ブラタモリ」で見た大阪城の石垣が残っている所です。
e0353802_19162763.jpg
タモリさんもここを歩いていましたね。
戦争で焼き残った町屋が残っていて、住んでする方がいる家もあります。
それから、少し離れた榎木大明神の所まで行きました。ここは江戸時代、熊野詣する旅人達の目印になったそうです。しかし、この樹は榎でなく樹齢650年の槐(えんじゅ)という樹とのことです。
「プリンセストヨトミ」という映画で、この大明神にお祈りするシーンが出て来ました。何年前になるのか、私も劇場へ観に行きました。
そこで疲れたという人がいて、少し歩いて戻ってお屋敷再生複合ショップ~練でコーヒーやチョコレート飲料を飲んで、しばし休憩。
e0353802_19384349.jpg
この建物は、有形文化財に登録されているとのこと。
そこから松屋町の住友銅吹所まで歩いて、解散となりました。
私と友達は長堀通りに沿って心斎橋に向かって歩き、地下のクリスタ長堀の中の「風月」でお好み焼きと焼きそばを頼んでシェアしました。
今回も感想文を頼まれて、ガッテン承知と二つ返事でOKしました。
お天気は良かったけど、真夏とは違う風が吹いて気持ちのいい一日でした。

[PR]

by s-jw | 2017-10-01 19:48 | おでかけ | Comments(0)

上賀茂神社から京都植物園

阪急無料乗車券シリーズ第3弾です。
今回は、毎月第4日曜日に京都の上賀茂神社で行われる手づくり市へ行って来ました。
いつものメンバー、FさんとMさん。最寄りのバス停から大阪駅へ出ます。阪急電車・梅田駅から特急で烏丸まで行き、京都市営地下鉄に乗り替えて北山駅まで。北山からはタクシーに乗って上賀茂神社まで行きました。家の最寄りのバス停から2時間近くかかりました。
私が考えた行き方は、阪急電車の終点の河原町からバスに乗って上賀茂神社まで行く予定でいましたが、腰が悪いMさんを心配して、バスが満席で座れなかったら可哀そうだと、娘さんが他の方法を考えてくれたそうです。一度お会いしたことがあるけど、美人で頭が良くて、おまけに優しいんですね。子供がいない私や、何もしてくれない(本人談)息子二人のFさんとは大違いです。といっても、この阪急の無料券はFさんの息子さんのプレゼントなんですけどね(^^)
百万遍の手づくり市には何度か行ったことがあるけど、上賀茂神社の手づくり市は初めてでした。出展しているお店はダブっているのだろうけど、雰囲気は上賀茂の方がいいですね。なんといっても、敷地が広くてゆったりと買い物が出来る。境内に小川が流れていて、素敵。
e0353802_19011533.jpg
e0353802_19012675.jpg
私は、ルバーブと無花果のジャム、大福3個、ちりめん山椒、お漬物2種類、と自分が食べる物ばかり買いました。
お昼は上賀茂神社の近くの食堂で、衣笠丼というのを食べました。大阪では聞いたことがないのだけど、他人丼(牛肉と卵)に油揚げが入っていました。
ランチの後、タクシーで北山まで戻って京都府立植物園へ行きました。ここは他府県の人でも70歳以上は無料です。以前、私が60歳の時に来た時も無料でした。その後、いっきに70歳以上になったようです。といっても200円の入場料。有難い金額です。
どこへ行っても彼岸花が満開です。
e0353802_19093240.jpg
珍しい黄色の彼岸花が咲いていました。
e0353802_19094397.jpg
まるで山の中のような針葉樹林の道を散策してから、帰途に着きました。
梅田へ出て、相手替われど主替わらず。「ニューミュンヘン」でビールを飲んで帰宅しました。
e0353802_19132101.jpg

[PR]

by s-jw | 2017-09-26 19:13 | おでかけ | Comments(2)

今年も区民祭りへ行って来ました

23日は母のホームへ合いの布団を持って行って来ました。
もうすぐ母の誕生日なので「誕生日のお祝いやで」と言って渡しましたが、実はこの布団は母の妹の満中陰志で送られてきたものなのです。
母が使っている合いの布団は薄くて今はいいけど、もう少ししたら寒いと思うのです。私のマンションではちょうど良かったのですが、今の施設では朝方に寒いんじゃないかな・・・
母に対するお返しなので、母が使える物をいただいて良かったです。
昨日はすっかり涼しくなって、車椅子を押して施設の周りの3つの公園と花壇が綺麗なマンションまで散歩しました。真夏は暑いので、久しぶりでした。
母のホームからの帰り、ウォーキングがてら桜ノ宮公園で行われている区民まつりを見にいきました。ホームへ行くのに行きはタクシーを使いますが、帰りはどっちみち歩いて帰るのです。
e0353802_14313053.jpg
お昼前だったので、いいことを思いつきました。去年もここでビールを飲んだのですが、お腹が膨れる物とビールでお昼にしようと。
買いに行ったら、去年の町会長さんが売っておられました。
「売上に協力しに来ましたよ」と言って、焼きそばとビールを買いました。椅子が空いてなかったので、歩道の縁石に座ってお昼にしました。
e0353802_14355027.jpg
食べ終わってから、大川縁をぶらぶらと歩いて帰ったのですが、ビールの酔いがまわったのか「私はなんて幸せなんだろう」と気持ちが良かったこと。
こんな都会の川縁にも、彼岸花がいっぱい咲いています。
e0353802_14373854.jpg
マンションに帰ったら、実家の庭に毎年咲いていた玉すだれの花が満開に咲いていました。
e0353802_14404597.jpg
こんなささやかなことで幸せな気持ちになるのです。
単純だな、私って(^^)

[PR]

by s-jw | 2017-09-25 14:47 | ウォーキング | Comments(0)

日帰り旅その2・倉敷

岡山から倉敷へは20分くらいで着きます。
倉敷に着いたのが2時過ぎ。5時前の列車に乗る予定なので、時間はたっぷりあります。
駅から美観地区までは歩いて15分もかからなくて、縦横無尽にある商店街を歩いて行っても楽しいですね。
倉敷へは二十代の時に二度、四十代の時に一度来たことがあります。その時に比べて、土産物屋や食べ物屋さんのお店が増えていました。
e0353802_22401914.jpg
四十代に来た時は、裏道にあるお店もまだ少なかったと思います。
美観地区にある老舗の「旅館くらしき」に泊まりました。幾つの時だったのだろう? すでに外反母趾になっていて、白いスニーカーを履いて来たことを覚えています。
倉敷紡績の工場跡地が「アイビースクエア」というホテルやカフェがある総合施設になっています。
録画していた「ブラタモリ」を見ていたら、この工場はイギリス人が設計して建てたので、直射日光が良く入るようにのこぎり屋根にしたそうです。イギリスの気候だったらそれでよかったのだけど、日本では夏場は暑くなり過ぎて、外壁にアイビー(蔦)を植えて温度を下げるようにしたそうです。今でいうグリーンカーテン。蔦を植えることによって、夏場の温度差が10度もあったと「ブラタモリ」で、草彅剛くんがナレーションで言ってました(^^) 35度が25度に!? そりゃ涼しいわ。
e0353802_22404898.jpg
録画していた「ブラタモリ」を見て予習してから倉敷へ行くつもりでいたのに、時間がなくて復習になってしまいました。
知ったかぶりで友人に、高い所に窓を作ったと説明したけど、のこぎり屋根に作った、の間違いでした。放送時に見たのだけど、全然覚えてなかったわ~
この日も暑くて、路地裏にあるカフェで白桃ソフトクリームを食べて一休み。
e0353802_07532773.jpg
一息ついてから、再び倉敷川沿いの美観地区を歩きました。
e0353802_07545563.jpg
e0353802_07551213.jpg
昔はなかったけど、今はこういう川舟に乗ることも出来ます。短い川をゆったりと進んでいました。
ゆっくりしたかったけど、帰りの時間を間違って認識していたようで、早足で歩いて一時間以上も早く駅に戻ってしまいました。
早く帰れるに越したことがないので、一時間早い列車で帰ることにしました。
2時過ぎに倉敷に着いて4時前後の列車に乗ったので、2時間くらいしか滞在しなかったことになります。
また来る機会があれば、もう少しゆったりと散策したいものです。

[PR]

by s-jw | 2017-09-11 19:18 | おでかけ | Comments(2)

日帰り旅その1・備中高松城跡

余った青春18キップを譲ってもらって、友人と二人、備中高松城跡と倉敷へ日帰り旅をして来ました。
9月8日金曜日、前回と同じ7時46分大阪発の新快速で姫路へ。前で懲りたのでトイレに近い車両に乗りました。
日帰りなので倉敷だけ行くつもりでしたが、前日に班の男の人が一泊の時に予定していて行けなかった備中高松城跡へ行ったらいいと、わざわざ私の教室まで言いに来てくれたのです。その人も余ったキップで一泊で四国へ行った帰りに行ったのだと、パンフレットを持って来てくれました。そこまでしてもらったら行かなくてはと、行って来ました。
姫路から相生、岡山で桃太郎線(吉備線)に乗り換えて20分。備中高松駅から徒歩10分。何もない広々とした場所に高松城跡があります。
秀吉が水攻めして城主の清水宗治を切腹させて中国大返しをしたお城として有名です。
e0353802_17430882.jpg
思っていたより何もなくて、帰りは予定していた時間より2時間も早い列車にぎりぎり飛び乗りました。時間が無かったら倉敷は諦めて岡山の後楽園へ行こうかと言っていたのですが、余裕でした。
私達は岡山へ戻る列車に乗ったのですが、後で友人がスマホで検索すると反対方面だとそのまま倉敷へ行けたみたいです。今までは人に付いて行くだけだったので覚えられなかったけど、自分で調べるといろいろ解ります。
岡山で時間があったので、駅近くのお店でランチしました。
名物の祭り寿司を食べたかったけど駅中のお寿司屋さんが満席で、「旬すけ」という居酒屋で岡山名物盛り定食を食べました。
e0353802_19320655.jpg
ままかりのお寿司とままかりの酢漬け以外の岡山名物は何だったのだろう?
甘辛く煮た穴子が美味しかったです。瀬戸内海に面しているので、穴子も名物なんですね。食事してから倉敷へ。
続きます。

[PR]

by s-jw | 2017-09-10 19:40 | おでかけ | Comments(0)