ブログトップ

これから見る景色

常照皇寺へドライブ

4月の月一ハイキング、4月19日に京都の常照皇寺へ行って来ました。
常照皇寺は京都市右京区の山の中にあるお寺です。創建は1362年と書いてありましたので、かなり歴史のあるお寺です。
境内にある九重桜が国の天然記念物に指定されています。また、一重と八重が一枝に咲く御車(みぐるま)返しの桜、御所から株分けされた左近の桜が一度に咲くと、それは美しい景色を呈するのです。
私は20年くらい前に行ったことがあって、あの見事な様を友達に見せてあげたくて、今年のお花見に推奨したのですが、遅かった~(>_<) いやいや、今年はどこへ行っても早かってんけどな~ 来る道々に咲いている満開の桜もあったのに、常照皇寺だけ散りかけているやんか・・・
e0353802_10261469.jpg
天然記念物の九重桜はほぼ散っていて、少しだけ花が残っていた御車返しの桜。
e0353802_10264440.jpg
そして、門の外には何故だか満開に咲いている「京北十景」と書いてある桜の樹。
e0353802_10321523.jpg
門の中と外では距離もないのに、何なの、この違いは!?
ところで今回は、京都の山奥の不便な所なので、友達のダンナ様が車を出して下さっていたのです。その後、この地域をドライブして下さいました。
常照皇寺へ行く前に見た、自然の山ツツジ。
e0353802_10370146.jpg
黒田の百年桜。遅かったですね、これも。
e0353802_10403040.jpg
福徳寺の桜。
e0353802_10413885.jpg
ランチを食べてから、「美山かやぶきの里」へも連れて行って下さいました。
e0353802_10434169.jpg
美山の里をウォーキングし、あちこちでお土産を買って、帰途に着きました。
最後は京都桂川のイオンまで送ってもらい、ダンナ様だけ帰ってもらって、三人でいつもの乾杯です。ダンナ様、一日運転していただいたうえに、申し訳ない。
もう一人のメンバーはウェルシュ菌(?)でダウンして、お休みでした。
e0353802_10484050.jpg
これがなくっちゃね(^^)

にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2017-04-21 10:50 | おでかけ | Comments(0)

再度山ハイキング

3月28日は久しぶりの月一ハイキング。
私は12月は風邪で不参加だったので4ヶ月ぶりになります。
今回は神戸の布引の滝へ行くことになりました。ブロ友さんが以前にウィンドーショッピングみたいな山歩き、と書いておられたので・・・
布引の滝だけだったら短いので、再度山へも行くことにしました。
三宮で待ち合わせて地下鉄で新神戸駅へ。新神戸駅のすぐ真後ろからハイキングコースになっているのです。
渓谷沿いに歩いて行くと、すぐに雌滝(めんたき)があります。
e0353802_11353748.jpg
そして、夫婦滝、気付かずに通り過ぎたけど、雄滝があって、布引貯水池に辿り着きます。
e0353802_11430940.jpg
このあたりでハイキングコースを逸れて、布引ハーブ園に行くことにしました。
ここに来るまでもハーブ園の芝生でも、幼稚園児か保育園児の子供達でいっぱい。遠足なのかな~ よく頑張って歩いていました。
ちょうどテーブルと椅子があったので、お昼休憩。コンビニで買って来たお握りかサンドイッチ。一人だけお弁当を作って来ていました。
さて、それから当初の目的通り、市ケ原を通って再度山を目指します。
e0353802_11530245.jpg
途中で週に二回は登山しているというオジサンに出会い、椎茸が自然に出来るという所へ連れて行って下さいました。
e0353802_11524882.jpg
椎茸の赤ちゃんがいっぱい出来ているのですが、後一週間くらいしないと大きくならないそうです。このオジサン、出会う女の人全員の顔見知りみたいでした(笑)
再度公園で一服していたら雨が降って来たので、山は諦めて下りることに・・・
しかし、道を把握していなかった私達、オジサンに教えてもらった通り元町まで下りればよかったのに、近いだろうからと新神戸まで行く道を選んでしまいました。
これが間違いのもと。
荒木村重が城主だった滝山城があった城山(標高323m)越えの登山道を歩いたのでした。上ったり下りたり、落ち葉が濡れていたこともあり、何度も滑りました。
ようやく新神戸に辿り着いたら、足はガクガク。膝もおかしくなりかけていました。
新神戸駅から三宮へ出て、サンチカの中華料理屋さんで飲んだビールの美味しかったことといったら(笑)
e0353802_12024637.jpg
ウィンドーショッピングのつもりが、借金して大きな物を買ったような気分です。
新記録の27700歩でしたが、本に載っていないハイキングコースは歩かない・・・今回の教訓です。
今日は2日目ですが、まだ筋肉痛で足が痛いよ~

にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2017-03-30 12:05 | おでかけ | Comments(6)

3月15日は、友人と二人で京都・知恩寺の「百万遍の手づくり市」へ行って来ました。知恩寺では、毎月15日にこの手づくり市が開かれています。
11月に行く予定が母の入院で中止。2月は友人が風邪をひいて延期、でようやく行って来ましたが、あいにくの小雨模様。私はいつも手作りの食品をいろいろ買うのですが、うろうろ出来ずにこの日はちりめん山椒だけ買いました。
このちりめん山椒は薄味で、サラダにパラパラ振っても美味しく食べられます。
ランチは知恩寺の前にある京大の中の食堂へ行きました。
京大食堂は有名で、一度行きたかったのです。
広い校内の中、食堂を探しましたが、年配のご婦人方が写真を撮っている所があったので、すぐにわかりました。
春休み中だと思いますが、食堂の中はたくさんの人でいっぱい。私達は日替わり定食、ハンバーグランチにしました。
e0353802_10222817.jpg
ご飯(パン)、ハンバーグ、サラダ、フライドポテトにスープがついて、600円くらいだったと思います。この値段で、結構ボリュームがありました。
京大の正門の方から出て吉田神社を通り吉田山へ登りました。
いつもは今出川通りの方から登るのですが、吉田神社の方からの方が近く感じました。そうそう、この日がやっと登山靴デビューだったのです。
e0353802_10313582.jpg
やっぱり歩き易かったです。
それから山頂付近にある茂庵で、アイスクリームのエスプレッソがけで一服。
e0353802_11001780.jpg
茂庵の二階からは京都市内が一望できます。
e0353802_10362066.jpg
吉田山から下りて、宗忠神社を通り真如堂へ行きました。
ここは紅葉が美しいお寺です。ということは、若葉の頃も綺麗なんでしょうね。また来てみたいお寺です。
真如堂から金戒光明寺を抜けて、丸太町通りまで歩きました。
この辺り見たことあるな~と思っていたら、そうだ、プロガーの千恵さんのお店、おうちの最寄りのバス停がある所でした。
私は二度来たことがあるので、なんとなく覚えていたのでした。一人だったらおうちに寄りたかったのだけど、友人と一緒だったので、そこからバスに乗って四条河原町まで出て、阪急電車で帰って来ました。
雨が降っていたけど小雨だったので、三度目の正直、決行して良かった~

にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2017-03-17 10:55 | おでかけ | Comments(4)

八幡駅ハイキング

2月15日、京阪沿線・八幡駅まで行って来ました。
これは月一ハイキングと別の友人と二人で、やはり月に一度はどこかへ行くようにしているのです。
今回は、友人がテレビで見た朝日屋の棒寿司を食べたいということで、八幡駅に11時頃に着くように遅い出発でした。
11時開店なので、さっそくお店に入って棒寿司を注文しました。
ランチでうどんとのセット物もあるのですが、あまりお腹が空いていなくて5貫と3貫を注文して半分こすることにしました。評判通り美味しいお寿司でした。
それからバスに乗って、上津屋橋(通称・木津の流れ橋)まで行きました。
ここは何年か前に来たことがあるのですが、その時はまだ全部木造の橋だったのが、2011年から4年連続、台風で橋脚が流失したため橋面を嵩上げして下部工を一部コンクリートにして、流れにくい構造に変更したそうです。
橋板と橋桁はワイヤロープで橋脚に固定されていたため、今までも流失することはなかったとか。
e0353802_14192677.jpg
e0353802_14193587.jpg
流れ橋の近くの四季彩館で(道の駅みたいな感じ)、お茶の葉、柚子ジャム、桜餅を買いました。
そこから石清水八幡宮への登山道近くまでバスで行き、歩いて登ることにしました。後で地図を見ると、石清水八幡宮へ登る道は幾つもあり、駅の近くからケーブルも出ているのですが、それとはまったく違う方向でした。
石清水八幡宮の本堂は、標高143mの鳩ケ峰に建っていて、私達が歩いて登るにはちょうどいい高さです。
e0353802_14345141.jpg
下山の途中、松花堂跡にも行き、駅近くのお店で、おぜんざいを食べて一服。
低い山とはいえ久しぶりの山登りで、やはり疲れていたのか、コーヒーより甘い物の心境でした。
e0353802_14392724.jpg
この日もよく歩いたと思っていたけど、いつものハイキングよりは少ない16000歩でした。

にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2017-02-17 14:42 | おでかけ | Comments(2)

嵯峨野ハイキング(2)

まだ写真を撮るというオジサンと別れて、嵐山と反対方向から嵯峨野散策しました。
化野念仏寺や祇王寺、二尊院、常寂光寺はみんな一度は行ったことがあるので、今回は行ったことがないお寺を巡ることにしました。
その前に腹ごしらえ。途中のお蕎麦屋さんに入り、軽くいろどり蕎麦というのを食べました。お団子を食べていたので、そんなにお腹がすいてなかったのです。
紅葉ですが、まずはそのお蕎麦屋さんから歩いてすぐの所にある厭離庵(えんりあん)へ。藤原定家の小倉山山荘跡で定家が百人一首を編纂したところです。
普段は一般公開していなくて、この紅葉の時季だけ公開されているようです。
道からはわかり難い奥まった場所にあり、ひっそりしたたたずまいという言葉がぴったりのお寺で、中に入ると全体にそんなに広くないのに、一本の大きなモミジの木が堂々とそびえています。
e0353802_20322598.jpg
この大きな木を中心に風情のあるお庭を散策しました。
この木を見られただけでも、ここまで来て良かったと思えました。
e0353802_20343972.jpg
e0353802_20351531.jpg
厭離庵を出てすぐ近くにある、釈迦堂(清凉寺)へ。庭も広く大きなお寺ですが、紅葉は少しだけ。ここは嵯峨野釈迦堂で知られる浄土宗の古刹だそうです。
e0353802_20391774.jpg
豊臣秀頼の首塚がありました。
e0353802_20393800.jpg
最後は、またまた近くの宝筺院へ。ここも広いお庭があり、紅葉もまだ綺麗でした。
e0353802_20421474.jpg
e0353802_20423771.jpg
そして、門前には小楠公の石碑がありました。
e0353802_20451283.jpg
小楠公は、楠正成の息子正行のことです。
平安時代に白河天皇が建立され、正行と足利義詮の菩提所になっています。
紅葉巡りはこれで終わり、JR嵯峨野駅から京都へ出て、後はお決まりの乾杯をして、解散となったのです。
そして、今回のハイキング、久しぶりの2万歩超えになりました。

にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2016-11-30 20:54 | おでかけ | Comments(2)

嵯峨野ハイキング(1)

昨日は月一ハイキングで、京都洛西・嵯峨野から嵐山まで歩いて来ました。
まずはJR京都駅の嵯峨野線のホームで待ち合わせて、嵯峨嵐山駅で乗り換えて嵯峨野鉄道嵐山駅からトロッコ列車に乗ります。チケットは一ヶ月前にJRのみどりの窓口で購入していました。
残念ながらトロッコ列車の窓から見る紅葉は、一週間遅かったようです。
e0353802_19080199.jpg
トロッコ列車の終点・亀岡駅からJR馬堀駅まで歩き、電車でJR保津峡駅まで行って、そこから嵐山まで歩くのが、今回のハイキングの目的です。保津峡駅は鉄橋の上にある駅です。
e0353802_20030229.jpg
駅員さんに聞いたら、平地を30分、登り道を30~40分ということでしたが、登り道もきつくなく楽なハイキングコースでした。私は保津川峡駅から車か歩いてしか行けない柚子の里・水尾へ2度ほどハイキングしたことがあったのです。一度目は嵐山から歩いたのでした。
昨日はそんなに寒くなく、途中で全員上着を脱いだくらい暑かったです。
平野屋まで下りて来たらいよいよ嵯峨野です。平野屋は400年の歴史がある鮎茶屋です。
ここで、しんこ団子とお抹茶のセットで一服。しんこ団子って何ですか?と聞くと、上新粉で練ったお団子で、黒砂糖と黄粉をまぶして食べます。素朴な味で美味しかったです。
e0353802_19540971.jpg
平野屋を出て歩いていたら、年配の男の人が手に持った本に載っている所を指して「ここへはどう行ったらいいですか?」と聞かれました。そこには化野念仏寺ならぬ、愛宕念仏寺と書かれていました。化野念仏寺はすぐそこにあるのですが、愛宕念仏寺というのは、聞いたことがありません。愛宕山(あたごやま)は水尾へ行く道の途中にあるので、そこじゃないですかと言いつつも、知らないことなのでお店で聞かれたらどうですか、と言って別れました。
しかし少し歩いた所に「愛宕(おたぎ)念仏寺徒歩8分」と書いているではあれませんか。友達の一人が、以前に行ったことがあると思い出しました。可愛い羅漢様がいっぱいあって、とてもよかったとか・・・じゃ、私達も行こうと、オジサンを追いかけました。オジサンが遠くまで行ってしまったら気の毒です。幸いなことに、平野屋の前で追いついたので、一緒に行くことにしました。
話していると、三重県桑名市から高速バスで来られたとか。写真の仕事をされているそうです。私が「何故、愛宕念仏寺に行こうと思ったのですか?」と聞くと、オジサンの師匠の本に載っていた、と先程の本を見せて下さいました。それは写真家の水野克比古さんの写真集でした。実は、私、水野さんの写真が大好きで、西陣にあるギャラリーまで行ったことがあるのです。
愛宕念仏寺は、ほんとにいい所でした。嵯峨野の奥にあるので、化野念仏寺に行ってもここまで来る人は少ないんじゃないでしょうか・・・
e0353802_19525536.jpg
e0353802_19535539.jpg
オジサンのおかげでいい所へ行くことができました。
ところで写真家のオジサン、私達の写真を撮りたいとおっしゃるのですが、後ろ向きに並んで下さいって、これには大笑い。前から撮るのにしのびないだけでなく、本や雑誌に載せるのに肖像権でいろいろウルサイからだそうです。
もしかして、何かの雑誌に私達の写真が乗るかも・・・(笑)
ここでオジサンとはお別れして、嵯峨野散策、まだまだ続きます。

にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2016-11-29 19:59 | おでかけ | Comments(4)

箕面で退職のお祝い


会社の元上司が9月いっぱいで退職したので、お祝いに昨日箕面まで行って来ました。もう一人のOBの人と飲みに行ったりしている3人で箕面の滝までハイキング、その後に食事という計画でした。
雨が降ったら食事だけでもということでしたが、雨には遭いませんでした。
駅から大滝まで2.8キロ。歩いて45分くらいでしょうか・・・
緩い傾斜の道なので、とても歩き易い。前日の雨で、木々の緑も鮮やかです。
雨の後なので、今まで見たことがないくらいの勢いで滝の水が流れていました。
e0353802_14323596.jpg
e0353802_14333237.jpg
同じ道を折り返し戻ってきて、予約していたのは駅のすぐ近くにあるMINOH KAJIKASOU
築60年の料理旅館・河鹿荘をリノベーションしたイタリアンレストランで、以前にも一度来たことがあります。
土曜日なのにお客さん少ないですね、と言っていたのですが、後から女性客がいっぱい入ってきて、私達のようなハイキングの恰好をした人は一人もいませんでした。
とりあえず、箕面ビールで乾杯!!
e0353802_14433437.jpg
主役だけ飲めない人なので、ジンジャーエールです。
かぼちゃのスープ。
e0353802_18425746.jpg
前菜。
e0353802_18431266.jpg
本日のパスタ。私はクリーム系にしました。
e0353802_18432105.jpg
魚料理。確か、イサキのソテーだったと思います。
e0353802_18433963.jpg
肉料理。
e0353802_18435088.jpg
デザート。
e0353802_18435989.jpg
主役の人にとって、他の二人はリタイア生活の先輩。
こちら側へようこそ!!というところです。
いろいろ遊びにいきましょう(^o^)

[PR]
by s-jw | 2016-10-02 19:00 | おでかけ | Comments(2)

ひまわりバスツァー

7月23日、兵庫県佐用町の南光ひまわり畑へ日帰りのバスツァーに行って来ました。
私達のグループは月に一度歩こうということになっていますが、夏は暑いしたまにはバスツァーもいいでしょう。
なんばパークスのバス停車場近くに8時集合。遠くから来る人もいるので、朝早く起きられるかどうかが心配です。しかし遊びとなると、起きられるものです。
なんばから阪神高速、中国自動車道を通って、一路南光ひまわり畑へ。
今のひまわりは、私が子供の頃によく見たひまわりと違って丈が低いのですね。着いた時は「こんなものなの!?」と思いました。
e0353802_14322428.jpg
しかし、近くに寄って見ると、地上より低い土地に植えられていて、やはり思い描いていたひまわり畑でした。
e0353802_14340276.jpg
e0353802_14341180.jpg
青空の下、せいいっぱい咲き誇っています。
しかし、暑い、暑い!!
時々風が吹くと涼しくなるのですが、炎天下で運動した時のように汗がだらだら出て来ます。ここでの滞在時間は40分。せっかくひまわりを見に来たのに少ないと思っていましたが、充分でした。
いろいろ珍しい品種も植えられていました。ドイツ産フロリスタン。
e0353802_14384928.jpg
アメリカ産ゴッホ。ゴッホが描いたひまわりの花ですね。
e0353802_14415004.jpg
グアティマラ産プラドレッド。
e0353802_14423185.jpg
他にもいろいろありました。
ひまわりを堪能し、その後は昼食と桃と桃のシャーベットの食べ放題。
私達はもちろんビールも頼みました^^
その後は、琴彈(ことびき)の滝を散策。最後は、桃農園という桃園で桃一個をもぎ取り、帰途に着きました。
なんばに着いたのが7時過ぎ。
なんばウォークの地下の居酒屋さんで、打上げの乾杯をして解散しました。
結構歩いていて、家に帰ったら12000歩超えてました。
当初の歩く目的は叶っていましたね。

にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2016-07-24 14:56 | おでかけ | Comments(4)

昨日は紫陽花を見に、ぬかた園地・大阪府民の森という生駒山山頂近くにある森林公園へ行ってきました。
近鉄奈良線・生駒駅まで友達が来てくれて、車でいこま山麓公園ふれあいセンターまで行き、駐車場に車を置いてから山の中に入って行きます。
大阪府民の森はハイキングコースが幾つもあって、近鉄奈良線「額田駅」「石切駅」「枚岡駅」からは80分のハイキング、そして「生駒駅」からはケーブルカーを使って30分、ほどよい距離のコースになっています。
私達が歩いた道もそんな急坂ではなく、なだらかな坂をえっちらおっちらと登って行きます。ゆるい私達のハイキングにぴったりなコースです。
1時間ほど歩いたのでしょうか・・・ぽつぽつと道に紫陽花の花が見えてきて、いよいよあじさい園に辿り着きました。
延長1500mの道沿いに、30数品種2万5千株以上の紫陽花が咲き誇っています。関西地区最大級の規模だそうです。今までいろんな場所で紫陽花を見て来たけど、こんなにいっぱい咲いているのは箱根登山鉄道以来です。箱根登山鉄道の紫陽花は1万株ということなので、その倍以上です。
e0353802_12115808.jpg
e0353802_12130603.jpg
下の写真は、画像をお借りしました。こんな風に両脇に紫陽花が咲いたプロムナードがつづら折に続いているのです。
途中にカタツムリがいたり、
e0353802_12170569.jpg
わかるでしょうか? 池におたまじゃくしが泳いでいたり、
e0353802_12174970.jpg
ほんとにいい所でした。
いろんなコースを歩いて来たハイカーのグループや、幼稚園児の団体さんもいました。紫陽花の花に囲まれて、お弁当を食べていたり、楽しそうです。
そして、私達は車を駐車した所に戻り、車で下まで下りて、友達がよく行くお寿司屋さんへ。
時間が遅くなってしまったけれど、ランチコースとビールが待っていてくれました。友達は車を家に置いてきたので、アルコールOK^^
e0353802_14041442.jpg
e0353802_14042608.jpg
美味しいランチをいただいた後は、近くのファミレスでアイスクリームを食べて、次の予定の話です。
次はどこへ行こうかな~

にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2016-07-02 14:08 | おでかけ | Comments(6)

木曽旅行・その4

中津川をぶらぶら歩き駅まで戻って、再びブロ友さんと待ち合わせて、昼食を食べに行きました。駅近くのそば処 更科。それにしても、全国津々浦々、更科というお蕎麦屋さんは、なんでこんなにも多いのでしょう!? チェーン店ではないですよね。
私は、9種類の具がのった「極楽そば」というのを食べました。大阪では、ぶっかけ、と言うのです。ここのはとろろと生卵が入っていました。私が良く食べていたぶっかけは、とろろと生卵の代わりに大根おろしと甘い玉子焼きでした。どちらにしても、美味しかった~^^
昼食後、駅前にある特産館でお土産を購入。私は、名産の栗が入った和菓子ばかり、自分のおやつに買いました。
そして、ブロ友さんとお別れし、しなの10号で名古屋まで。
名古屋発の新幹線に乗るまで2時間40分くらいあるので、タクシーに乗って名古屋城へ行きました。
名古屋は何度も通ったことがあるけど、観光するのは初めてのこと。名古屋城も、もちろん初めてです。
e0353802_21121001.jpg
大きなお城です。
e0353802_21122480.jpg
城内に金のチャチホコも飾ってあります。これがかなり大きいんです。
天守閣に上った後、ブロ友さんのお奨めの本丸御殿へ。本丸御殿は復元中で、初めはどこにあるかわからずほぼ諦めていたのですが、途中で復元された所から見学出来るとわかり、たどり着いたのです。
e0353802_21203454.jpg
e0353802_21202296.jpg
色鮮やかな襖絵の数々、目の保養になりました。
タクシーで名古屋駅まで戻り、駅中のデパートでお土産のひつまぶしか鰻弁当を探し回りましたが、金額と内容の折り合いがつかず、牛鰻弁当という中途半端なお弁当とビールを買って、車中の人となったのです。
ビールだけ車中で飲んで、お弁当は家に帰ってから食べました。
こうして、一泊二日、中身ぎっしり充実した旅行が終わりました。
二日目の歩数は、16456歩。結構歩きました。

にほんブログ村




[PR]
by s-jw | 2016-05-19 21:31 | 旅行 | Comments(2)