これから見る景色

タグ:日常 ( 97 ) タグの人気記事

ポテサラ

私が飲み屋さんで必ず頼む物は、出し巻玉子です。高大の仲間と飲みに行くと、黙っていても出し巻玉子を注文してくれます。自分で作った玉子焼きが一番口に合うのだけど、プロが作った出し巻玉子ももちろん好きです。
最近同じように頼むポテサラ。これは玉子焼きと違って、いろんなタイプがありますね。
久しぶりに作ってみました。自分なりの作り方があるのだけど、コツがあるかもしれないと、まずは検索。
私はじゃが芋の皮をむいて四つ切りくらいにしてお鍋で茹でて水を切り、粉ふき芋にしてから潰すやり方をしていたのですが、検索すると、皮のまま湯がいて皮をむいた方がホクホク感が出て美味しいと書いてあったので、レシピ通りに作ってみました。
キュウリと玉ねぎは塩もみ。人参はいちょう切りにして湯がく。途中で玉子を忘れていたことを思い出して慌てて茹でる。最後はハムとリンゴの薄切りです。リンゴを嫌がる人もいるけど、私は絶対入れます。
茹でたじゃが芋が温かいうちに塩・ブラックペッパーとお酢で下味をつけて、全部の材料を混ぜてマヨネーズで和えます。実は私、マヨが苦手で常備していないので、慌てて買いに行ったのです。特売で400gのが安かったので買ったけど、賞味期限の内に使い切ったことがありません。
出来上がったポテサラ、私が思っていた通りの味で美味しかったです。レシピ通りじゃが芋4個で作ったら、何人分あるのだろう? 山ほどあって、これだったら肉じゃがを作った時のように何回も食べないといけない。
近所のFさんがお惣菜をいろいろ差し入れして下さるのでお返ししても良かったんだけど、うちにはマッシャーがなくてすりこぎと木べらで潰したのでじゃが芋ゴロゴロのうえに、Fさんはきっと甘いリンゴが入っているのは嫌がるだろうと思いました。
私はサラダには八朔等の柑橘類、酢豚にはパイナップルが大歓迎なのです。こればかりは好き嫌いがありますね。
e0353802_20543049.jpg


[PR]

洗濯機の掃除

情報源はテレビ番組だと思うのですが、洗濯機のカビ取りに過炭酸ナトリウムというのがいいと聞いて、100均で買って置いてありました。
市販のカビ取り剤より何倍も取れるとのことでした。
うちの洗濯機は2013年の3月に買って、何度か市販のカビ取り剤を使っていたけど、最近また汚れてきたようなので、過炭酸ナトリウムを初めて使ってみました。
ネットで使い方を検索して、洗濯機の満杯の水(本当はお湯の方がいいそうです)に、160g入りの過炭酸ナトリウム2袋分全量を入れて3分間撹拌して1~2時間放置する。その後、また3分間撹拌してすすぎ~脱水を2、3回繰り返す。
1~2時間放置する時点で大きなカビは浮かんできたのですが、驚いたのはその後すすぎの水を入れた時。信じられない量のカビが浮かんできました。結局すすぎ~脱水は3回やって、ようやく綺麗になりました。
水や過炭酸ナトリウムの量に関してはアバウトでしたので、きちんと量った方がいいと思います。詳しくは→石鹸百科で。
これはお勧めです。
ソーメンシリーズ第2弾!
今日は納豆があったので、検索して納豆オクラソーメンにしました。ツナ、ネギ、生卵(レシピでは温泉卵)を乗せて混ぜて食べました。
美味しかったわ(^^)
e0353802_14594683.jpg

[PR]

お墓参り・2017年8月

去年と同じく父の月命日の13日にお墓参りして来ました。
5月にベビーが誕生した甥のお嫁ちゃんは不参加。弟と姪と甥の4人で行って来ました。甥にベビーの写真や動画を見せてもらいましたが、6月に会った時よりずいぶん大きくなっていて、声を出してよく笑っていました。赤ちゃんは日に日に成長していくのですね。
父が亡くなった翌年、1984年に建てたお墓は敷石がだんだん少なくなっていたので、弟が新しい石を入れる手配をしてくれたようです。今年は雑草が生えてなくて一番時間を取られる草ひきをしないで済みました。姪と甥も30歳を過ぎているのですが、この子達がこのお墓を守ってくれるのでしょうか。私はこのお墓に入らないように何か考えないと・・・と思っています。
阿部野橋駅へ出てお楽しみの食事会です。甥のお嫁ちゃんが来る前は行き当たりばったり。母が外出を嫌がって家で過ごす以前はいろんな店へ行きました。あの頃は母も元気だったと思うと、泣けてくる~ 10年以上も前の事なので、そういうことを思い出すのは止めようよ、と自分に言い聞かせています。
今年は、あべハルカスダイニング内の花外楼でした。
姪が予約してくれるので、楽ちんです。
価格の割に量が少ないかな・・・と思うのは貧乏人の証拠ですかね?
e0353802_19161702.jpg
e0353802_19373631.jpg
e0353802_19163248.jpg

姪と「インスタ映えするお料理やね」と言っていました。
私はインスタグラムはしていないのですが、最近は料理であっても景色であってもインスタ映えという言葉が流行っているとか・・・
一つ一つ手の込んだお料理で、時間をかけてゆっくり食べたらお腹もいっぱいになりました。美味しかったです。
その後、姪に年に一度のプレゼント。靴が欲しかったそうで、バーゲンの靴を買いました。
甥と姪と別れた後、一人で新書本のブックカバーを買いに「ロフト」へ。ついでに寄った「ACTUS」で、とうとうダイニングテーブルを買ったのでした。このことは、また後日・・・


[PR]

書道教室の行く末

会社を退職した時、まず書道を習おうと地元の老人会・悠々会に入会して書道を始めたのが、2年前の9月のことでした。
少なくとも月に2回は先生のお手本をいただいて、教室がある日の2時間と前日は宿題の清書をして、書道に勤しんできました。初めの頃は、毎日のように家でも書いていたのだけど、一生懸命は続きません。
先生はお幾つなんだろう? 80歳は過ぎておられると思うけど、7月いっぱいで書道教室を退かれたのです。こちらのマンションは独身の長男さんと住んでおられたそうです。
今回、奥様とともに京都府八幡市にある元々持っておられた一軒家に引越されることになりました。近所に次男さん家族が住んでおられるそうです。
歳取れば都会に住む方が便利だとは思うけど、八幡市はそんなに田舎でもないし、やはり生まれ育った土地がいいのでしょうね。
困ったのは、書道部の運営。とりあえず来年の3月までは存続出来ます。老人会から運営費を一年分いただいたところだそうです。
運営費をいただくということは、何らかの活動をしないといけないので、8月からは集まって各自自習しようということなりました。私以外の人は、十何年か何十年も書道をされているので、皆さん、教えてもらわなくてもお上手なんです。私はまだまだ指導してほしいのですが、新しい先生を呼ぶのは難しい。
老人会の先生なんて、ほとんどボランティアです。月に2日は日程を空けておかないといけないし、お手本も書かなくてはならないので、負担も大きいかと思います。ただ字が上手いだけでは指導出来ないとも聞きました。
カルチャーセンターみたいな所へ行ったら、月謝が高いだろうし、私も他で習う気はないのです。
ただ、指導して下さる方がいないのに、集まって字を書くだけでいいのか・・・
「悠々会」自体、高齢化とともに運営できなくなる講座が多いみたいです。
老人会なのに、こういう所にも高齢化社会が影響しています。

[PR]

「わたしの願い」

8月は高大が夏休みで授業がないし、パン教室も休みだし、ずっと暇です。
ホステスさんは年末からお正月にかけて孤独になるというけど、その夏バージョンです。
月曜日は家の掃除をして、「関西スーパー」が10%引きの日なので食料品の買い出しに行きました。火曜日は映画を観に梅田まで出ました。水曜日は家の近くをウォーキング。暑くて暑くて汗びっしょりになりました。何もしないで家にいると、エアコンを点けっぱなしで電気代がかかるだけで夜ぐっすりと眠れないので、毎日歩くことにしています。
木曜日の今日は気持ちに余裕があったのか、御所市のはがきの名文コンクールに出す作品を推敲してハガキに清書しました。
テーマは「わたしの願い」。以前から下書きはしていたのですが、書いた内容があまりにシュールだったので、視点を変えて書き直したのです。なんだか言葉がスラスラと出てきて、書いたハガキを郵便局へ出しに行きました。ついでに、何年分も溜まっていた印刷した年賀状を持って行って、手数料を払って62円の郵便ハガキに交換してもらいました。手数料分引いても12枚もありました。
御所市は母の故郷です。
母が結婚して60年以上も住んでいた大阪南部の小さな町も、もちろん私の家がある大阪市内もぶっ飛んで、今の母の頭の中にある家は御所の実家だけです。
御所はほんとにいい所なんです。有名ではないけど、古くからの神社仏閣がたくさんあって、その中の一言主(ひとことぬし)神社の神様は一言の願いであれば何でも叶えて下さるそうです。この伝説にちなんでの「わたしの願い」をテーマにした募集です。賞金は、ナント大賞100万円。スゴイですね、御所市。佳作の10万円でも嬉しいです(笑)
こういう募集は高大でいろいろ見つけてきて下さって、応募する人が多いです。
泉大津市オリアム随筆(エッセイ)賞というのがあって、去年の大賞は我が「文章表現を学ぶ科」の生徒さんだったそうで、賞金50万円。
こちらは締切日がまだ先なので、ぼちぼち書いていこうと思っています。
さてさて「わたしの願い」は何でしょう?
大賞か佳作に選ばれたら、バレてしまいますね。それまで楽しみにしていて下さい。


[PR]

久しぶりの家飲み会

昨日は、近所のFさん宅で久しぶりの家飲み会がありました。
何度か声を掛けていただいていたのですが、Fさんは友達と飲みたくなった当日に誘って下さるので、予定が合わずに去年の9月以来のことでした。
昼間はやはり近所の人とお茶を飲む予定があったので、一品を作る時間がなくてお惣菜を買って参加しました。
近所の人は、夜に京セラドームで嵐のイベントがあるので友達と行くとのこと。そのお友達も一緒に「サイゼリア」でお茶しました。
いいな~ 嵐は現役なんだ・・・ SMAPのことを思うと悲しくなります。
そのお友達は娘さんがジャニオタで、SMAPや嵐を始め、関ジャニ∞、kiki Kids、KAT-TUN、Kis-My-Ft2なんかのライブに行ったことがあるそうです。61歳とおっしゃっていたので、スタンディングも平気なんだな~
気を取り直して、夕方からFさん宅へ。いつものメンバー、Oさんもやって来ました。
Fさんは5月に風邪をひいてからあまりビールを飲みたくなくなったのだとか・・・Oさんが心配して、今回の飲み会になったようです。
e0353802_19514272.jpg
Fさんは、結局350ccのビールを2缶飲んだので、もう大丈夫でしょうか?
しかし去年の12月に傘寿を迎えたので、体調が変わったのかもしれない、とおっしゃっていました。
そんなこともあるかもしれない・・・
アルコールを美味しく飲めるのは、有難いことなんですね。

にほんブログ村


[PR]

甥に子供が出来ました!

弟の息子、私の甥に子供が生まれたので、お祝いを持って行って来ました。
5月9日に生まれて、一ヶ月以内にお祝いをしないといけないらしいのですが、お宮参りがまだということなので、ぎりぎりセーフでしょうか・・・
弟と梅田で待ち合わせて、西宮市の甥のマンションへ。
弟は行ったことがあると思いますが、私はもちろん初めてです。
もし自分がお嫁さんの立場だったら、親でもない伯母さんなんて、関係ないですよね。
亡くなった弟の嫁にもお父さんのお姉さんがいて、甥や姪に豪華なプレゼントを度々贈って下さっていたことを思い出します。結婚されていたけど、子供がいなかったので、姪の子供が孫のようなものだから、贈り物をして下さるのだろうと思っていました。私もまったく同じ立場です。
おじいちゃんになった弟も、初孫にメロメロです。私から見ても、生後1ヶ月なのに目鼻立ちの整った可愛い赤ちゃんです。顔立ちはお嫁ちゃんに似ています。お嫁ちゃんも可愛いんです。
甥が赤ん坊の時はパンパンに肥えて落語家の桂枝雀師匠に似ていました。それはそれで可愛かったけど、甥の子供は、今時の子供らしく顔もスッキリ小さいのです。足幅は大きいけど、太腿やふくらはぎもスッキリしています。ちなみに3400キロで生まれて、今の体重は標準値ということです。
夜泣きもそんなになくて、機嫌が悪い時もあまりないそうです。
育てやすいのも、今時の子!?
抱っこしたかったけど、生後1ヶ月の赤ん坊はコワくて、次に会った時に抱っこさせてもらいます。
Kちゃん、お嫁ちゃん、呼んでくれてありがとう!

にほんブログ村

[PR]

工事最終日・終わった~

5月に9日間あった工事、今日でようやく終わりました。
接続階である私の部屋は、他所より倍近くの日数がかかったので、毎日のんびりした進み具合だったと思います。工事していなくて、一人で家にいる時間が多かったもの。でも、やっと終わった~
元請けの会社の責任者以外は、毎日顔ぶれが変わったようで、やり方も様々だというのがよくわかりました。
洗面所の収納棚の一部が扉がなくて開いている所があるのですが、きちんと全部養生して行う組、通りかかって見たら全く養生していない組、扉がある所は養生して開いている所の物は片付けて下さい、と言う組。下請けか孫請けか、会社によって違うのでしょうね。
床は養生しているけど、歩く所はその上にビニールシートを敷くのに、昨日は何も敷かないで靴のままずかずか上がってくる人がいました。昔の私だったら切れてるかもしれないけど、どうせ養生しているしと、終わってから雑巾で綺麗に拭きました。だって、私はその上で生活しているし、布団だって敷いているのです。
もう一つ面白かったことは、台所のシンク下に初めからラックが設置されていたのですが、掃除して入れようとしたら入らなかったのです。そこには排水管があって、取替えた管が邪魔で入らないのです。ラックの上には大きいのと小さいのと鍋を一つずつ置いていたので、ラックがないと収納出来ないのです。
金曜日にわかって、月曜日に責任者の若い男の人に「管が大きくなって入らないのですか?」と聞くと、管のサイズは変わってないとのこと。その人も一生懸命入れようとするのですが、どうしても入らないのです。
私は「いいですよ。小さいサイズのを買って来ますから」と言ったけど、「上に報告します」と言って出て行かれました。その後に上司と思われる中年の男の人がやってきて「ここに新しいのを入れるということですか?」と言うのです。
私、そういうことを上から目線で言われる方が腹立つ。新しいのを入れてくれなんて、言うわけないやろ。
昔の私だったら、そこでプチッ~ンと音立てて怒っていましたね。
しかし、今は充分大人なので「マンションを買った時から入っていました」と言うと、写真を撮っているので見てくるということでした。暫くして写真と一緒に戻って来て、片付ける前の写真には、もちろん鍋を乗せたラックはちゃんと写っていました。その上司、謝りはしなかったけど、無理矢理なのかちゃんと設置してくれました。私や若い男の人が何度もやって出来なかったのに、どうやって入れたのだろう?
ともかくお鍋の収納が出来て、やれやれです。
今日は最終日なので、押入れや洗面所の片付け、掃除して収納しました。
洗面所の下だけ、持ち越しです。ここは要らな物、いっぱいありそう・・・
平穏な日常が戻ってきました。

にほんブログ村

[PR]

工事七日目・一人でお酒を

後半の工事が、土曜日から始まりました。
台所は片付けてもよかったので、前日の金曜日にシンク下を掃除して出していた物を収納しました。
シンク下には最低限の物しか置いていないのでほとんど捨てる物はなかったけど、シンク上の収納棚や食器棚だったら、捨てる物がいっぱいあったんだろうな。
捨てたのは、一輪挿しにと置いてあったおまけに貰ったガラスのコップやら百均で買った湯呑です。一輪挿しにも使ったことないわ~ 
それにしても、以前と同じように収納しても掃除したらスッキリするものですね。
工事中のお昼は、朝に残り物でお弁当を作って冷蔵庫に入れてチンして食べているのですが、土曜日はいざ食べようとすると、冷蔵庫の扉が養生されていました。仕方なく、おうどんでも食べようと近くのスーパーのフードコートへ。しかし、この日は土曜日で、週末はお客さんでいっぱい、空いている席もありません。家の近くはランチのお店があまりなくて、そうだ、お寿司を食べに行こうと思い立ちました。
近くに廻るお寿司屋さんがあって、母がいる時は月に一度くらい、日曜日にお昼を食べに来ていたのです。2013年のことです。その頃の母はお寿司くらいしか外食が出来なかったのですが、食欲旺盛で好きなサーモンの握りをよく食べていました。
ところで、この日は開店時から夕方5時までは、生ビールが半額の250円だったので、ついつい頼んでしまいました。
昼間っから一人でジョッキ片手にお寿司を食べるなんてね、歳取ればコワイ物知らずです。
工事は残すところ明日と明後日、あと2日になりました。
終ったら、部屋のあちこち、ゆっくりと整理整頓する予定です。

にほんブログ村


[PR]

工事四日目

今やっている工事は、マンションの老朽化した排水管の取替え工事です。
台所、トイレ、洗面所&風呂場の3か所に、竪管が通っています。
一日目は、それらの場所の回りの壁を取り除く作業だったのでしょう。四六時中、チェーンカッターのガーガーいう音がしていました。工事の人もたくさん入っていたのではないかな・・・4時過ぎ、早めに終わりました。
二日目はブログに書いた通り、夕方まであまり作業がなくて、6時半頃からたくさんの人が出入りして、トイレと台所の古い管と新しい管を交換したようです。終わったのが7時半。
2階から7階で区切った工事なので、下からやっていって7階の私の部屋は一番最後だったのだと思います。日曜日におかずを作り置きしていたので、夕食はすぐに食べられました。お昼はお弁当を作っています。
三日目の昨日は、洗面所&風呂場の竪管と枝管の入替え。ここはトイレや台所と違って、温水器や洗濯機の排水もあるので、枝管が複雑に入り組んでいました。
洗面所は玄関近くなので人の出入りも気にならず、リビングで録り溜めたドラマを3本イヤホンをつけて見て、風邪薬を飲んだら眠くて眠くて、昼寝を1時間もしてしまいました。
工事が終わったのが7時。昨日は洗濯をしようと思っていたので、1階に設置されたコインランドリーで洗濯をしている間に、一品だけおかずを作り残り物で8時頃から夕食。
そして、今日、やはり、洗面所で何やらやっています。
思っていたより静かです。
工事は一応明日で終わりますが、私の部屋は配管の接続階ということで、月末に後4日工事が行われます。
洗面所と台所の壁、押入れの壁の一部がリフォームされます。トイレの壁は3年前に綺麗にして気に入っているのだけど、これもリフォームされます。仕方ないですね。
今回の工事に際して、会社を辞めていて良かった~ということと、母がいなくて良かった~ということ。
5月に土曜日を入れないで7日間も休むなんて考えられないし、母がいたら荷物に溢れた部屋で寝る所がありません。
人生って、そんなふうになるように回っていくものなのでしょうか・・・

にほんブログ村

[PR]