人気ブログランキング |

映画「あん」

月に一度4枚1000円の映画をレンタルDVDで観ようと思っているのですが、月一4枚、なかなか観たい作品がないので、11月は放棄しました。
ということで、今日は久しぶりに劇場へ映画を観に行ってきました。「あん」河瀨直美監督作品、主役は樹木希林です。

私ね、あまり嫌いな役者さんていないのだけど、樹木希林さんは苦手な女優さんでした。何かの雑誌で読んだのかテレビで見たのか覚えてないけど、子供がいない役者仲間に「それはお寂しいですね。早くお作りになったらいいのに」みたいなことを言っていたのを聞いたことがあるのです。
私の友達に、結婚していて子供が出来ない人がいて悩み苦しんでいるのを身近で見ていたので、子供を作れ、と言うのは人として言ってはいけないと思うのです。
未婚はもちろん、既婚であっても子供が出来ない人もいます。
その人に、早く作れは論外として、寂しいだろうとか、お気の毒に、とかも言っちゃいけない言葉だと思うのです。でも、私の今の私の歳(年明けたら65歳)になったら、それは本音だよね、口に出すのはどうかと思うけど、誰だって心の中で思っていることだよ、なんて思うようになったのです。
私は未婚なので勿論子供がいないけど、それを指摘されても傷つかない歳になってしまったのですね。
しかし、我々一般人は生きて行く上で、本音だけ喋っていて暮らしていけるはずがありません。
樹木希林さんは、今まで本音で喋って生きてきて許された数少ない人なんでしょうね。
そういえば、2011年公開の「奇跡」という映画の番宣のテレビ番組で、まえだまえだ兄弟が持ってきたお土産を、樹木希林さんは最後まで受け取らなかった~ 甘いものは食べないからと、頑なだった。子供の二人はさぞかし困ったことでしょうね(笑)
話がずいぶん逸れました。
「あん」はとても感動する映画でした。
カンヌ映画祭にも出展したようですし、国内でもきっといろいろな賞を取ることと思います。
樹木希林さんが可愛いおばあちゃん役で、苦手意識が少し無くなりました。
そして、脇役出ている市原悦子さん、この人、やっぱり好きだわ~

にほんブログ村



名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by s-jw | 2015-12-01 19:49 | 趣味 | Comments(0)

長年勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。


by シズコ