「戦国武将の生き方に学ぶ科・北条家五代」2016年4月28日

今日のテーマは北条家五代。「北条100年の結末は
歴史好きと周囲に公言している私にしたら恥ずかしいことですが、戦国時代の北条家は鎌倉時代の北条家とは違っていました。戦国時代の北条家は、後北条と言うらしい。
初代・北条早雲は一介の素浪人から戦国大名にのし上がった下剋上の典型と言われているそうです。(下剋上の典型は豊臣秀吉ではなかったのですね)
しかし、近年の研究では室町幕府の成所執事を務めた伊勢氏を出自とする考えが主流だそうです。だけどやはり、一介の家来の身から所類を増やしていって、戦国時代末期には、関東一円北条家の領地だったそうなので、下剋上の典型と言ってもいいかもしれません。
今日の講義で先生がおっしゃったのは、北条が滅びたのは、百姓出身の秀吉をなめていたからだと。そういえば、大河ドラマ「真田丸」で、高嶋政伸演ずる北条氏政は、秀吉のことを馬鹿にしていましたね。
午後からは班別のミーティング。私は望み通りの広報係に立候補して決定しました。ブログは持ち回りなので、私が全部出来るというわけではないようです。
班長もすんなり決まりました。
初回の自己紹介の時に、私は話が面白い人に○をつけていたのですが、○印がついていて、先週飲み会の声を掛けていただいた方でした。飲み会の時も、他の人と一緒に「班長、班長」とギャグにして呼んでいたのです。「去年も班長やったから、ももええわ」と言いながら、満更でもなかったのかな(笑)
抵抗なく班長を受けて下さいました。ガンバレ、班長!!

にほんブログ村

[PR]

by s-jw | 2016-04-28 20:02 | 趣味 | Comments(1)

Commented by Cialis prices at 2018-04-18 19:19 x

Amazing knowledge. Thank you!

Dosagem ideal cialis http://cialisyoues.com/
名前
URL
画像認証
削除用パスワード