「戦国武将の生き方に学ぶ科・今川義元」2016年6月23日

テーマは、今川義元。「もしもの時の危機管理とは?」
今日の講師は、大阪大学大学院文学研究科 特別研究員、高木純一先生。
1988年生まれの若くてイケメンな先生、テンポよく授業が進んでいきました。
今川義元のイメージは「公家かぶれの軟弱大名」
お歯黒・マロ眉・白塗り・・・短足で太っていたため馬に乗れなくて輿に乗って戦場へ行った・・・桶狭間の戦いで信長の奇襲を受けて敗死した・・・全くいいイメージがありません。
しかし、近年ではそのイメージが変わりつつあるとのこと。
①大河ドラマ「風林火山」(2007年)で谷原章介が義元を演じて以降。
②「信長の野望」という歴史シュミレーションゲームで、急速なイケメン化と能 力値上昇(特に知略)
①はともかく②はほとんどの生徒は理解できなかったと思いますが(^_^)
しかし、今日の授業では義元の人となりを文献を元に、一つずつ証明していって下さいました。
まず外見に関しては、肖像画が残っていないので実際のところ太っていたかどうかわからない。お歯黒は戦国武将がしていても不思議ではなかった。むしろ家格や地位の高さの証明である。
桶狭間で酒宴を開いていて信長の奇襲を受けたとされるが、文献により義元は下戸であった。
今川家には「今川仮名目録」という戦国大名が制定した最古の分国法があった。土地の権利争い関係 人身法 喧嘩関係 売買・貸借 不入地 他国との関係 流通法 寺社法等制定されている。
他にも、私戦・私闘を禁止する「喧嘩両成敗法」という法も。
こういうところが、今日のテーマ「もしもの時の危機管理とは?」の答えになるのかな・・・

追記:ブロ友さんが、奇襲を受けた時の危機管理の話かと思ったと書いて下さって、肝心なことを書き忘れていたことに気付きました。
桶狭間の戦いに関しては、信長の奇襲迂回説はフィクションであり、正面より攻撃したというのが最近の定説とのこと。 信長に関する史料の「信長(しんちょう)公記」には、信長軍は中嶋砦からまっすぐに今川軍に向かい正面攻撃をしかけたとの記述があるそうです。

にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2016-06-24 11:40 | 趣味 | Comments(8)
Commented by akiko-yuu-masa at 2016-06-24 15:34
シズコさんこんにちは*

大学でいろいろ学んでますね〜。
楽しそう。

今川義元と聞いて桶狭間の戦しか分かりません。
織田信長に負けたんですよね。

最近は主人と真田丸をみています(^_^)
Commented at 2016-06-24 16:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by s-jw at 2016-06-24 16:10
> akiko-yuu-masaさん
あきこさん、こんにちは!
昔読んだ小説の中では、今川義元はお歯黒して貴族かぶれした情けない武将として必ず描かれていました。
桶狭間の合戦で少数の信長軍に敗けてしまったのである意味「敵役」のイメージがついてしまったのでしょうね。
「真田丸」、面白いですよね^^
Commented by s-jw at 2016-06-24 16:15
> gonsuketyanさん
こんにちは!
今川焼も、今川家から名前を付けたと言う説があるらしいですが、真実かどうかわかりません。
ちなみに私は、粒あん派です^^
Commented by sakura81-26 at 2016-06-24 22:40
戦国の武将は、ドラマや映画になるとそのその役者さんのイメージが歴史人物になってしまいます。
古文書や文献から歴史上の人物を掘り下げ学ぶのはとても楽しそうです。
歴史が苦手ですがシズコさんのブログで勉強中です。ありがとうございます。!(^^)!
Commented by s-jw at 2016-06-24 23:12
> sakura81-26さん
こんばんは!
そうなんですよ。谷原章介さんが今川義元を演じてからがらっと変わったらしいです^^
その前の江守徹さん、そのまた前の中村勘九郎さん(亡くなった勘三郎さん)の立場ありませんよね(笑)
来年の大河には、義元が出るみたいなので、誰がやるか楽しみですね^^
Commented by pinky at 2016-06-24 23:37 x
シズコさん、こんばんは!
楽しく学ぶ日本史、いいですね~。
息子ほどのイケメンの先生ですか!^^
学生の頃はあまり一生懸命勉強していなかったのですが
こういう授業がたまにあればもっと面白かっただろうにと思います。

今川義元のイメージが大河ドラマやゲームのお蔭でアップしているんですか!?
面白いですね~。
下戸だったとは驚きです。
そのうえ領主としてはなかなか出来る人だったということでしょうか。
「もしもの時の危機管理!」
奇襲を受けたときにどうすべきだったかというお話ではなかったのですね。^^


Commented by s-jw at 2016-06-25 10:29
pinkyさん、おはようございます!
息子ほどの先生ですよね。それなのに、この先生「孫くらいですか・・・」と言っていました。20代の人から見たら、60代以降の年は見当もつかないのでしょうね(笑)
桶狭間の戦いに関しては、信長の奇襲迂回説はフィクションであって、正面より攻撃したのが定説とのこと。いいこと言って下さいました。それを追記して書いておきます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


長年勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。


by シズコ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

花園直道さんの舞台
at 2018-09-16 19:58
新世界へ
at 2018-09-15 20:41
紅白:フレンチおでん
at 2018-09-14 22:12
映画「ミッション:インポシッ..
at 2018-09-13 21:52
「醸造を楽しく学ぶ科・ウィス..
at 2018-09-12 21:20
河内音頭まつり、中止になりま..
at 2018-09-09 22:32
台風一過
at 2018-09-06 20:24
蕎麦打ち体験
at 2018-09-04 21:11
あすなろ会
at 2018-09-03 19:14
おさがりプロジェクト
at 2018-09-01 21:19

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

最新のコメント

> hiromama20..
by s-jw at 22:10

タグ

(133)
(118)
(106)
(103)
(66)
(54)
(41)
(34)
(32)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(18)
(13)
(5)
(3)
(2)

フォロー中のブログ

結婚して西へ行くまで~西へ来た
郵便ポスト
趣味はいろいろ
タワラジェンヌな毎日
おひとりさまの食卓plus
ひとりぼっちランチ
ボケリン・ママリンの観察日記
お散歩日記
ゆうさんちのご飯日記
ヒロままの小さな部屋通信。
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...
*カフェハウス*の暮らし
sakura81 日々一歩づつ
アンサンブル・ショコラ

外部リンク

画像一覧

カテゴリ

全体
ウォーキング
ご挨拶
日常
母が見ていた景色
会社
趣味
おでかけ
旅行
未分類

グリムス

メモ帳

最新のトラックバック

検索

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
シニアライフ