「戦国武将の生き方に学ぶ科・上杉謙信」2016年6月30日

今日のテーマは上杉謙信。「関東管領(かんれい)の戦国軍神とは?」
***謙信の生き方は『まっすぐ』***
「義の武将」「越後の龍」と言われた上杉謙信について学びました。
「毘」の旗を掲げて、厚い信仰心を持ち、酒を愛し、女性を遠ざける・・・
若い家来をはべらせてお酒を飲むのが好きだったようです。
謙信は、もとは長尾景虎といいます。上杉家は守護職、長尾家は守護代を務める家柄で、守護職は関東にいて、越後の春日山城の城主が長尾家です。
この関係が複雑なんですが、最終的に長尾家より格が上の上杉家の養子になって、上杉謙信になるのです。
そして謙信と言えば、武田信玄と戦った川中島合戦。川中島合戦は、合計4回あったとか・・・
戦いが終わって、信玄は家臣に知行地を与え、謙信は戦功をねぎらうのみ。事実上の勝利は、信玄に軍配が上がったようです。しかし、その後武田家は滅亡し、上杉家は大名として幕末まで残ります。皮肉なものです。
「敵に塩を送る」エピソードも有名ですが、武田信玄の時の先生が、これは謙信が信玄に塩をただで送ったのではなく、売りつけたのだろうということでした。

今日の先生は、高槻市立しろあと歴史館の中西裕樹さん。1972年生まれということでしたが、やはり大河ドラマの謙信役に触れ、「天と地と」(1969年)の石坂浩二さんから、2007年の「風林火山」でGacktさん、2009年の「天地人」で阿部寛さんが演じて、真面目なイメージから勇壮なイメージに変わったのだとおっしゃっていました。

にほんブログ村

[PR]

by s-jw | 2016-06-30 18:50 | 趣味 | Comments(6)

Commented by akiko-yuu-masa at 2016-06-30 23:57
シズコさんこんばんは*

私も武田信玄のこと案外好きです。

GACKTさんが演じたのをみていいなぁと思いました。
なんだか神がかった役でしたが熱い思いを持った人みたいでした(^_^)

Commented at 2016-07-01 14:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by s-jw at 2016-07-01 20:30
> akiko-yuu-masaさん
あきこさん、こんばんは!
GACKTさんは上杉謙信でしたね。カッコよかったですね。
新潟県上越市では謙信公祭りというのがあって、毎年、GACKTさんが謙信役で参加されているようですよ。
そういう義に厚いところも、GACKTさんのいいところです^^
Commented by s-jw at 2016-07-01 21:04
> gonsuketyanさん
こんばんは!
遠憲さん演じる景勝は、謙信の実子ではないので、似てなくても仕方ありません。
遠憲さん、生真面目な上杉景勝役にぴったりだと思うわ。
謙信は生涯妻をめとらなかったそうなので、男色家と言われても仕方ないですね。
歴史を勉強していると、最後は、ほんとのところはわからない!という結論になってしまうのです。
Commented by akiko-yuu-masa at 2016-07-01 21:38
シズコさんこんばんは〜。
きゃーお恥ずかしい。

実は私、歴史なかなか分からないんです。。
でも大河ドラマとかではなるほど、、と見てるんですが。。

日本史もう一度勉強して出直してきます、というかシズコさんのブログでも勉強します(^_^)
Commented by s-jw at 2016-07-01 22:33
> akiko-yuu-masaさん
あきこさん、こんばんは!
私もそうですよ。
若い時に司馬遼太郎の本を読んで歴史好きになって、自分で歴女とか言っていますけど、ちゃんと勉強したわけではないので・・・改めて勉強したら、知らないことが多過ぎます。
女性は特に、本か漫画かドラマから入っていく人が多いようです^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード