母のこと・七夕まつり流しそうめん

昨日は母のホームで、流しそうめんのイベントがありました。
誰か雨男、雨女がいるのか、母のホームでのイベントはたいてい雨が降ります。
昨日も朝からの雨。降ったり止んだりで延期になるかな~と思いながら、ホームへ行きました。私が家を出た時は晴れていたので、晴雨兼用の傘、帽子、日焼け防止手袋、首に巻くタオルを持って行きましたが、流しそうめんは室内で行うようになったみたいです。
前日よく寝てない母は機嫌が悪く、職員さんが一人付きっきりでいて下さいました。イベントの時は職員さんはそれでなくても忙しいのだから、家族はなるべく行った方がいいんだな~ 特に母は手がかかるから。
一階の部屋に流しそうめんのセットを2個用意して、順番に食べるようになっています。一階は小規模多機能というディサービスの部屋になっているので、ディの利用者さんも一緒のイベントだったのでしょうね。
e0353802_19101630.jpg
こんな感じで素麺と細うどんが流れてきて、箸ですくって食べます。母はもちろん出来ないので、私が取って母に食べさせたり、立ったまま自分も食べたり、忙しいったらないのです。
流しそうめんを食べた後は、順番に二階へ行ってちらし寿司と天ぷらをいただきます。これも母に食べさせ、私の分がなかったのですが、他の家族さんが食べているので、私ももらって慌てて食べて、どこへ入ったかわからない。
食事の後、眠たい、眠たいと言う母を部屋に連れて行って、ベッドに寝かせて寝ている隙にこっそり帰ってきました。
母の機嫌が悪いこともあり、食事介助もほとほと疲れました。
家にいたら大変だったでしょうね。
職員の皆さんに、改めて感謝です。

にほんブログ村

[PR]

by s-jw | 2016-07-10 19:31 | 母が見ていた景色 | Comments(2)

Commented at 2016-07-11 08:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by s-jw at 2016-07-11 13:30
> sakura81-26さん
こんにちは!
最近ホームへ行っても不穏な時がなかったので、この日は家にいた時の母を思い出して、気持ちがどよ~んとしました。眠たかったり、あちこち痛かったりするのでしんどいのでしょうが、気持ちを抑えることが出来ないのが認知症なんでしょうね(>_<) 
私の家にいる時にお世話になったディサービスの介護士さんが「私達は利用者さんの笑顔を見たいために仕事をしている」とおっしゃった言葉が忘れられません。
有難い言葉です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード