これから見る景色

sma244.exblog.jp

長年勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。

母のこと・初詣

昨日は母のホームの初詣の日でした。
予定としては聞いていなかったのですが、前日電話が掛かってきてお昼は外食予定なので空いていたらお手伝いをしてほしいとのこと。母の場合、食事介助が必要なので行くことにしました。
区内の神社へお参りするので、何組かに分かれて行きました。
ホームの車は3台あるけど、1台に1個しか車椅子を固定できないのです。歩ける人は車で、車椅子の人は職員さんが押して歩いて行きました。私も母の車椅子を押して行きました。かなりの距離があったけど、昨日は暖かかったので歩き易かったです。
私が住んでいる地域は淀川に近く、かつては幾度も洪水の災害に見舞われたそうです。行幸された後白河法皇がその惨状を哀れみ、当地の守護神として神社を置くように命じて建てられたのが、この都島神社ということ。境内にある石造三重宝篋印塔は、鎌倉時代後期に建てられた塔で、横の石碑には「関西最古の石碑塔」と書いてありました。
e0353802_17090075.jpg
e0353802_17091028.jpg
この神社をよく知っている職員さんの話だと、何年か前までは木々に覆われた森の中にあるようなひなびた神社だったのが、最近整備して新しい社務所を作ったりして、結婚式も行うようになったようです。
お参りするのも多分階段を上がらなくてはいけなかったのが、横になだらかなスロープをつけて車椅子でもお参り出来るようになっていました。
お詣りする母。
e0353802_17125241.jpg
それからまた車椅子を押して、ホームの近くの喫茶店というかランチが出来るお店まで行き、昼食です。
母と私はデミグラスソースのオムライスを注文して、母はオムライスもサラダも完食。スプーンで食べさせたのですが、一口分も量が多く食べられるようになりました。
夜もよく寝るようになったそうです。腕の手術前に夜中に起きて叫んでいたのは、多分寝返りして腕が痛かったのだろうと、職員さんが言っておられました。
ホームに帰ったら、母はベッドに直行して昼寝。いつもは母が寝ている間に帰ろうとしたら目が覚めるのですが、昨日はそのままぐっすりです。車椅子に乗っていただけなのに、外へ出て疲れたのでしょう。
今日は雨が降り寒い一日でしたが、昨日は暖かくてよかったです(^^)

にほんブログ村


[PR]
Commented by アワキビ at 2017-01-09 00:57 x
寒い中を車椅子で初詣。
お母様もガンバリましたよね。
いつも室内で寝たり起きたりしているので、車椅子に乗って外出するだけでも、とても疲れるのだと思います。
うちの夫も、「ただ、車椅子に座ってるだけじゃ~ん」と思うのですが、もうすぐに疲れてしまいます。
それにしても、オムライスもサラダもパクパク完食できて、本当に良かったです。安心しました。
外食というのも目先が変わって良かったのかもしれませんね。
まだまだ寒い日が続きますので、お大事にしてください。
Commented by s-jw at 2017-01-09 09:48
> アワキビさん
おはようございます!
ホームから神社まで、結構な距離があるのです。ウォーキングするだけでも往復5000歩はあると思います。暖かいと言っても空気が冷たいし、車椅子に乗っていても疲れますよね。
ほんとによく食べてくれて安心しました。
ホーム長さんはいろんなイベントを考えて下さって、この日は何班かに分かれて外食したのですが、自立されてる方達は吉野家へ行って牛すき鍋御膳というのを食べられたとか・・・
たまにはそういうランチもいいですね。
Commented by sakura81-26 at 2017-01-09 09:55
お母さま 元気で初詣が出来、食欲も出てお元気な様子安心しました。
高齢での骨折 完治後も痛みがあると思うのですが、
夜の睡眠も十分にとられている様子で良かったです。
穏やかな日々を過ごされますように。
Commented by s-jw at 2017-01-09 10:05
> sakura81-26さん
みいうみさん、おはようございます!
有難うございます。
やはり服を着る時なんかは、右腕を上げたら痛いと言います。
最近は昼も夜もよく寝ているそうです。
母が難しい顔をしないで、笑って過ごせることが私の幸せです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by s-jw | 2017-01-08 17:27 | 母が見ていた景色 | Comments(4)

長年勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。


by シズコ