短歌にチャレンジ

短歌作りは難しい。向き不向きがあるのでしょう。
私には向いていないと匙を投げそうです。
「多く詠む」「多く読む」「考える」が大切と教えてもらったので、父の短歌と安田先生が主催されている「白珠」(しらたま)という短歌集を読みました。
父の短歌は綺麗な歌が多いのです。

  ★病みし子の笑顔見たさの親心手品覚えて急ぎ帰れる

  ★白雲にあしたの幸を願ひつつ野辺のすみれを摘みけるわれは

  ★澄み渡る初陽うれしや元旦のわが賎の家も春は来にけり

  ★武庫川の河原の色の白く見ゆはやせの水のせせらぎの音

  ★波白き海辺のほとり彷徨へば流れる星あり亡き妻恋し

よくよく読んでみると、最後の歌は創作です。母は死んでいないし、前妻がいた事実はありません。初めの歌も昭和20年以前の作品なので、長女の私も生まれていません。
父は小説もたくさん残しているので、文章を書くのが好きなのは同じでも、私と違って創作できる人だったんですね。我が父ながらいい歌ばかり。私はこんな歌、書けない・・・ 。
搾り出して絞り出して、ようやく出来たのが、これ。

  ★バスツァー一人参加の水仙郷寂しいよりも行きたいが勝つ

2015年の1月、淡路島の水仙郷を見たかった私はいつも一緒にバスツァーに行っているグループに声を掛けました。するとインフルエンザやら寒いやらで、みんなに断られ、自分の誕生日のお祝いにと一人でツァーに参加したのでした。
思っていたより寂しくもなく楽しめたツァーでした。
とりあえずこの歌をキープして、もっといいのが出来たらそちらにしようと思っています。
今日はいいお天気ですが部屋の中から見ていると、風が吹き荒れていますね。
こんな日を引き籠り日和というのかな・・・

[PR]

by s-jw | 2018-01-09 15:11 | 日常 | Comments(4)

Commented by nyakkpenn at 2018-01-09 18:27
こんばんは、遅くなりましたが今年も宜しくお願い致します。
沢山の刺激を受けられるのでいつも訪問が楽しみです。

お父様モノ書きをなさってたのですか?
シズコさんの文章を書くのがお好きなのは、きっとそれを受け継いでいるんでしょうね。
お父様の資料を大事になさってて、役立ちそうですね。

高大って、大人が通っているのに宿題が出るんですね。
Commented by s-jw at 2018-01-09 21:01
> nyakkpennさん
こちらこそ宜しくお願いします。
父は書くことが趣味で、亡くなった時にたくさんのノートを残していました。
日記、小説、短歌、俳句・・・
字が旧仮名使いなので、読めない文章も多いんですよ。

宿題が出るのは、多分、今の科目だからと思いますが、絵の科目なんかも宿題が出るようです。他の大多数の科目は出ないと思います。
Commented by アワキビ at 2018-01-09 23:37 x
私もいつか短歌つくれるようになりたいです。
でもなかなか機会もなく。
そもそも文章書くのが苦手、というか億劫で。
シズコさんが文章書くのが好きなのは、小説まで書いていたお父様に似たのですね。お父様貴重なものを残されましたね。
Commented by s-jw at 2018-01-10 16:07
> アワキビさん
アワキビさんのブログは丁寧に書かれているので、文章を書くのが苦手というのは意外でした。
短歌はお手上げです。匙投げました(笑)
父のノート類は、いずれ私が処分しないといけないのでしょうね。
それも辛いです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード