御所の紅葉

10月の南部同窓会の街歩きイベントで御所へ行って、母方のお墓参りしてきたことをブログに書きました。生憎の大雨で、お墓回りの草抜きを出来なかったのです。
晴れた日に再び行こうと、従姉を誘って、昨日行って来ました。
従姉はお墓に眠る伯父の納骨以来、10年ぶりだそうです。伯父には子供がいなかったので、いずれ無縁仏になるお墓です。
私はなんやかやと、ちょこちょこ御所に来ています。
お天気が良く寒くもなかったので、草抜きもはかどりました。
従姉も私も大きなゴミ袋を持って来ていて、二つとも一杯になりました。
根っこが残っていたり完璧に綺麗にはなりませんでしたが、あの草ボーボーのことを思えば、見違えるほどすっきりしました。
お墓参りを終えて、せっかく御所に来たのだからと、タクシーで紅葉を観に行くことにしました。
まずは久品寺(くおんじ)。久品寺を開いたのは、奈良時代の行基さんです。
近鉄・奈良駅前の噴水の所に建っている像のお坊さんです。東大寺の大仏建立にもかかわった偉い僧です。
e0353802_22434028.jpg
観光客も少なく、山の中にひっそり佇むお寺です。
紅葉や銀杏の黄葉も綺麗でしたが、ぽつんとある山茶花が満開で、石段の上から見ると、ことのほか美しかったです。
カメラを構えている観光客に聞くと、ここから歩いて15分~20分の所に一言主(ひとことぬし)神社があるというので、歩いて行くことにしました。
去年の文章表現のクラスの時に、ハガキ一枚に一言、文を書いて送って優勝したら百万円という、大判ふるまいの元になった神社です。一度、行ってみたかったのです。車がバンバン通る道を歩いて辿り着きました。後からわかったのですが、山手の方にもう一本道があったようです。
e0353802_22430403.jpg
ここは、樹齢1200年という大銀杏が有名なんだそうです。
電話してタクシーに来てもらい、森脇の里を通って駅まで行ってもらいました。
森脇は、祖母(従姉の母と私の母の母親)の実家があった地域で、母達が子供の頃によく遊びに行っていた所なんです。母の口から、何度も森脇、という言葉を聞きました。
気になっていたお墓参りが出来、森脇がどんな所かをこの目で見られて、良かった~ 従姉も喜んでいました。
何かにつけ「御所へ帰りたい」が口癖の母も喜んでいることと思います。



Commented by sakura81-26 at 2018-11-26 10:39
お墓参り、墓掃除ご苦労様でした。
久品寺、一言主神社の紅葉がきれいですね。

ブログを読ませていただいて、三重県の母の生家は祖父が亡くなってから行った事が無いので、どのようになっているのかなぁ~と思い
Googleearthで見ると昔のままあまり変わらず、故郷の懐かしい思い出が蘇りました。
Commented by s-jw at 2018-11-26 21:09
> sakura81-26さん
みいうみさん、こんばんは!
母の実家は影も形もないのですが、お墓はちゃんとあるので、私が行ける限りは行こうと思っています。
今住んでいる地域は気に入っていて引越そうとは思いませんが、心の故郷は必要なんですね。
そう思うのは、私が歳取った証拠・・・?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by s-jw | 2018-11-24 23:03 | 日常 | Comments(2)

長年勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。


by シズコ