「醸造を楽しく学ぶ科・白熱教室」2018年12月14日

二学期最後、そして今年最後の授業は白熱教室でした。
カリキュラムでは料理店での講習ということでしたが、一月の白熱教室と入れ替わりました。年末の金曜日、料理店で50名近くの食事会って無理がありますね。
教室もいつもの所ではなくて、谷町六丁目の大阪府社会福祉会館でありました。
月に一度の南部同窓会がある社会福祉指導センターの道を挟んで向かいにあります。
テーマは「今までで美味しいと思ったお酒の銘柄と肴(つまみ)」
講師は先週と同じ酒文化ジャーナリストの玉津島寿彦さん。
一人ずつ発表していくのですが、皆さん、日本酒の銘柄に詳しいです。
私は今年になってから美味しい日本酒を飲むようになったので、銘柄には詳しくなく、正直に何を飲んでも美味しいと言いました。玉津島先生は「一番いいお客さん」と言って下さいました。
肴は河豚が好きなので、反対に河豚に合うお酒は何がいいですか?とお聞きしました。
先生曰く、ひれ酒はベストのお酒ではないらしいです。
日本海沿いの酒蔵で作られた淡麗辛口が一番合うとのことでした。
暫く河豚を食べてないけど、次回食べる時は淡麗辛口を飲むことにしましょう。
この日は久しぶりに班のメンバー全員揃って飲みに行きました。
高大フェスタのコーラスの練習で一ヶ月以上全員で飲みに行っていませんでした。
谷町六丁目から歩いて谷町九丁目の蕎麦屋さん、二軒目はハイハイタウンの居酒屋さんへ行きました。
一週間以上も前のことで店名も覚えていません。
でも楽しかったけとだけ記憶に残っています。


Commented by sakura81-26 at 2018-12-23 08:34
近年飲んだお酒で印象深かったのが、岐阜 天領酒造の「裏天領」(天領)をひっくり返したパッケージのお酒でした。
日本酒選び、魚・肉・副菜の味付けで、お勧めの日本酒があるのでしょうね。最近は、お料理に合わせた日本酒をお勧めしてくれるお店もあります。
友人のご主人から 醸造アルコールを使用していないお酒を飲むようとのアドバイスがありました。常飲していないから大丈夫です。(*^-^*)
Commented by s-jw at 2018-12-23 11:19
> sakura81-26さん
みいうみさん、おはようございます。
玉津島先生はお酒の裏ラベルをチェックした方がいいと、いつも言われています。
アルコール度が高ければ辛口、日本酒度がマイナスなほど、甘い味だそうです。
今思えば、昔日本酒を飲んだら二日酔いになっていたのは、醸造アルコールが入ったお酒を飲んでいたのでしょうね。
今はどんなに深酒しても、二日酔いになることはありません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by s-jw | 2018-12-22 19:58 | 趣味 | Comments(2)

長年勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。


by シズコ