これから見る景色

sma244.exblog.jp

長年勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。

2018年 04月 16日 ( 1 )

いよいよ高大の「醸造を楽しく学ぶ科」の授業が始まりました。
一回目の授業は、武庫川女子大学・松井徳光教授の「醸造概論」を学びました。
先生の専門は「微生学」で特に食品微生物の研究をされていて、テーマは「きのこの発酵能による機能性食品の開発」だそうです。
日本酒、ワイン、ビール、味噌、チーズ、発酵大豆、発酵豆乳、発酵梅、これらの発酵食品は美味しいだけでなく、心筋梗塞や脳血栓など血栓症の予防効果を示しているということです。
大学で9時間はかかる醸造概論を2時間で教えないといけないということで、ホワイトボードに映し出されるモニターと、印刷された同じレジメを駆使しての超スピードの授業でした。
清酒、醸造酒、ワイン、ビールの作り方を駆け足で習い、蒸留酒へ。
ワインを蒸留したものがブランデー、ビールを蒸留したものがウィスキー、清酒を蒸留したものが米焼酎となるのだとか。ブランデーくらいは何となくそうかな・・・と思っていましたが、ビールがウィスキーになるとは知らなかった~
ウィスキーの作り方は3ページにわたって事細かに書いてあり、ブランデーは「ワインを蒸留したもの 蒸留後、貯蔵、熟成は数年~数十年 ブランデーのアルコール濃度は約43%以上」とあっさりした説明。このレジメはドラマの「マッサン」を放映していた頃に作ったのかな。鳥井信治郎さんと竹鶴政孝さんについても詳しく書いてありました。また別に1枚だけウィスキーのレジメがあったので、先生はウイスキーをお好きなのかもしれません。
午後からは年間カリキュラムの説明と、班毎に分かれてからの自己紹介でした。
醸造のクラスに来るくらいだから飲み助の多い事。友達に「お前にピッタリのクラスや」と言われて来た人が多かったです。飲み友達が欲しくて来た、と言う人も。
56人もいるクラスですが、男性と女性はほぼ半々。女性の方が2名くらい多かったと思います。女性の中には、飲めないのだけどお味噌作りや醤油に興味があって来たと言う人がいたり、お料理が好きなのでどんな料理がお酒に合うのか勉強したいと言う人がいました。
ともかく女性が多いので、班長を決めるのも男性と限らずに決めて欲しい。男性と女性が半々に仕事をして欲しいのだと、最初に説明がありました。
私の班のベテランっぽい男性に、女性の一人が「班長をやって下さいよ」と柔らかく頼むと、その方は「やってもいいけど、目が悪くなってPCが出来なくなった」と言われました。思わず私、「じゃ、私がPCをお手伝いしますよ」と言って副班長になりました。その人もすんなり班長を引き受けて下さいました。
南部同窓会でもイベントの案内書を作るお手伝いをすることになったので、ワードを勉強しなくては。習うより慣れろで、わからないことはネットで検索したらたいていのことはわかるのだと、最近知りました。
一年間、副班長として頑張ります!

[PR]
by s-jw | 2018-04-16 16:08 | 趣味 | Comments(4)

長年勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。


by シズコ