2018年 07月 10日 ( 1 )

缶切りがない!

7月9日、近畿地方が梅雨明けしました。
前日の日曜日、朝起きたら蝉がやかましく鳴いていたので梅雨が明けるな~と思ったのです。今住んでいるマンションは30年以上たつので、入居した当初のひょろっひょろっとした何本かの木が大きな樹木に育ちました。そのせいか真夏の蝉の鳴き声がうるさくて仕方ありません。
母の家があった松○市では、夏になる前、夜になると蛙の声が聞こえたものです。今でも田圃が残っている地域なのです。大阪市内では虫の声が聞こえても蛙の声は聞こえません。それが少し淋しいです。
暑くなってきたら、お昼は素麺を食べたくなります。
去年、メニューをいろいろ検索して食べたものですが、今年も納豆とツナを入れた素麺を作ろうと、スーパーで材料を買って来ました。
ツナ缶を開けようとしたら、いつもはスパッと開く蓋がひっかかって開きません。注意深く何度かトライしてもダメでした。そのうちプルタブが取れてしまいました。アチャーっと思って缶切りで開けようと、食器棚の引き出しを探したら、缶切りはありませんでした。確か昔はあったはず。ギコギコとよく缶詰を開けていました。捨ててしまったのか・・・かろうじて栓抜きは2つあったけど、どこを探しても缶切りはありませんでした。
蓋が少し開いていたので、そこにナイフを差し込んで開けることが出来たのですが、長い間、缶切りを必要としない生活を送っていたのですね。
ちなみに昔使っていた缶切りは、栓抜き兼用のこんな形でした。
e0353802_21152241.jpg
(画像はお借りしました)
今は缶切りを使えない人が多いらしいですね。


[PR]

by s-jw | 2018-07-10 21:17 | 日常 | Comments(6)