2018年 10月 15日 ( 1 )

早かった秋桜 遅かった萩

10月の睦月会は、9日火曜日に奈良散策に行って来ました。
一人の人が知り合いのお店を夕方5時に予約してくれていたので、1時に待ち合わせてまずはバスで般若寺へ。
ここは三年前に来たばかりですが、今年は早かったのか満開には早いコスモスでした。
e0353802_14114875.png


e0353802_14115983.png
ここから奈良郊外にある白毫寺に行くのですが、バスで行くと、いったん駅に出ないといけないので、タクシーを呼んでもらって二手に別れて出発しました。一台目はすぐに来て、私を入れて三人で乗りました。白毫寺には30分もかからずに着きましたが、後の二人がなかなか来ません。 
二台目のタクシーは、間違った所で待っていたようです。
ようやく会えて、白毫寺にこんなに階段があったかな〜と思うほどの石段を登りました。ここは40代の時に来たことがあるけど、こんなに石段があるなんてすっかり忘れていました。6月に行った矢田寺と同じです。40代の時は、階段や石段が苦にならなかったのですね。
白毫寺へ来たのは、去年の文章表現の授業で私が詠んだ、
      朽ちはてた 壁に萩舞う 白毫寺
という俳句から行きたいという人がいたので、来てみたのです。
白毫寺の壁(塀)はいまだに朽ち果てた所がありました。イメージ通りです。
e0353802_14100262.png
左上の写真の階段を上ってようやく門があり、入った所から右上の写真の石段が続いているのです。萩が満開の時季だったら綺麗だったでしようね。
上に上ると疲れが吹き飛ぶような景色でした。奈良盆地が一望出来るのです。ベンチに座って途中で買ってきたお握りを頬張りました。
一服してからまた苦労して石段をおり、呼んでいたタクシーで二手に分かれて高畑町の志賀直哉旧居ヘ。
お隣の高畑茶論は平日でお休みでした。
今回奈良へ来たのは、去年の班の班長が高畑茶論ヘ一緒に行こうとおっしゃっていたのですが、諸事情で班長が来られなくなったので、みんなで行こうと計画したのです。
高畑町から市内循環のバスに乗って近鉄奈良駅前まで戻りました。
最後はお楽しみの飲み会です。
メンバーの一人が予約してくれていた一条 東向通店へ行きました。
e0353802_21344184.png
この他にもいろいろ食べて飲んだけど、とてもリーズナブルで美味しいお店でした。
この日乗ったタクシーの運転手さんが言っていたけど、最近の奈良は観光客が増えて平日でも人がいっぱい。そのおかげで新規に開店する食べ物屋さんがいっきに増えたそうです。ここも以前はなかったというので、嬉しいですね。

[PR]

by s-jw | 2018-10-15 21:40 | おでかけ | Comments(0)