南部同窓会・大阪府立大学植物工場

9月25日は南部同窓会で、大阪府立大学の植物工場研究センターへ見学に行って来ました。
府立大学の中で人工光型水耕栽培をしていて、一般人が工場見学できるようになっているのです。私には正直あまり興味のない題材ですが、南部同窓会の街歩きの係りになっているので、行かないと仕方がありません。
待ち合わせは正門前でしたが、大阪府立大学は大阪メトロ御堂筋線・中百舌鳥駅と南海高野線・白鷺駅の中間にあって、どちらにも正門があるのです。街歩きの責任者の人と私が二手に分かれて、なんとか合流出来ましたが、講義を受ける教室に行ったのが20分の遅刻。他にも見学者がおられたので、迷惑をおかけしました。
ほうれんそう、小松菜、水菜、レタス、サラダ菜、ルッコラなんかを作っていて、学内で即売会もありました。
e0353802_21180505.jpg
見学が終わってから、学内の学食でランチでした。
ここは列に並んで好きな物を取って行く方式で、私は豚肉と野菜の生姜炒めと、オクラ納豆、味噌汁とご飯にしました。
この日は睦月会の友達が付き合ってくれたので、二人でランチして中百舌鳥駅まで歩き、地下鉄で帰って来ました。
あまり興味がない見学だったし、参加費を集めないといけないし、仕事をしに行ったような一日でした。


[PR]

by s-jw | 2018-09-30 21:22 | おでかけ | Comments(0)

「醸造を楽しく学ぶ科・世界のお酒カクテル」2018年9月21日


リーガロイヤルホテルのマスター・バーテンダー、古澤孝之さんの授業三回目でした。
もともとのカリキュラムでは「世界のお酒の種類を学ぶ」という講義だったのですが、夏休みの間にリーガロイヤルホテルのセラーバーで、営業していない時間に講義を受けることに変更になりました。
入口から雰囲気があります。
e0353802_20242550.jpg
お部屋はこんな感じ。
e0353802_20245071.jpg
e0353802_20254647.jpg
リーガロイヤルホテルなので、普段のカジュアルな格好を封印してスカートを穿いてドレッシーな服装で参加しました。
13時から14時までは古澤先生の講義。BARの定義から始まって、BARTENDERの説明。BAR=酒場。TENDER=優しい愛情ある世話人、ということで、BERは大人の社交場ということでした。
次にCOCKTAILの講義。COCKTAILは何と言っても世界共通の飲み物なんだそうです。どの国に行ってもカクテルだけは同じ飲み物というのは、嬉しいことです。
カクテルの意義はお酒+SOMETHINGなので、焼酎の水割りもウィスキーの炭酸割りもカクテルになるのだそうです。
14時からはいよいよお楽しみのカクテルの試飲。
並べられた材料で自分で作るのですが、失敗する人が多いので私はバーテンダーの人に作ってもらいました。
パッションフルーツにパイナップルジュースを混ぜたカクテルです。美味しいんだけど、甘かったですね。
e0353802_20294480.jpg
その後は古澤先生に作ってもらった美味しいハイボールとジントニック。
e0353802_20320747.jpg
e0353802_20321741.jpg
美味しゅうございました。
最後は、ブラックマヨネーズの小杉に似ている古澤先生です。
e0353802_20322773.jpg
似ているでしょ?(笑)




[PR]

by s-jw | 2018-09-27 20:33 | 趣味 | Comments(0)

パン教室2018年9月

8月はパン教室がお休みだったので、2か月ぶりの教室でした。
10時に友達の家に行けばいいのですが、その前に同じ沿線にあるお墓にお参りしてから行きました。
先にお墓参りすることは友達に伝えていて、いつもより30分早く家を出たけど着いたら20分の遅刻。お墓参りする時は一時間は余分にみないと間に合いません。
メニューの一つ目は、コッペパン。
e0353802_19252499.jpg
このパンの横に切れ目を入れてあんことバターを挟みます。今流行りのあんバターパンです。
友達の娘さんのパン屋さんで食べた美味しいパンと一緒です。
ただ、パン屋さんのは固いフランスパンでしたが、これは柔らかいコッペパンです。バターはそのままでなく、練乳と塩一つまみ入れてホイップしたのを入れました。
二つ目は、エピナフロマージュ。一晩寝かせた生地に、冷凍ほうれん草を解凍して水気を切ったものとチェダーチーズを混ぜて成型します。
友達はほうれん草がなかったので、小松菜で代用しました。
成型する前は、こんなに綺麗な色合いです。
e0353802_19352960.jpg
e0353802_19354517.jpg
焼きたても、まだ綺麗ですね。時間がたつと、緑色がくすんできました。
表面にオリーブオイルを塗って焼き上げるので、ワインに合うパンでした。
今回は、もう一つお菓子を作りました。
シュー・ア・ラ・クレーム。シュークリームです。
e0353802_19383780.jpg
シュークリームを作ったのは初めて。
プチシューですね。
みんな美味しかった(^^)ご馳走様でした。




[PR]

by s-jw | 2018-09-22 19:41 | 趣味 | Comments(4)

「醸造を楽しく学ぶ科・郊外学習 ウィスキー工場」2018年9月14日

二学期第二回の授業は、さっそくのサントリー山崎工場への工場見学でした。
あちこち、よく出掛けるクラスです。
前回の講師・古澤孝之さんのアレンジ(口利き?)で、一般の通常とは違う見学コースでした。
まずは会議室のような部屋で、サントリーの人にスコットランドウィスキーの歴史の講義を受けてから、工場見学。
e0353802_18115886.png
右上の写真は、新しい蒸留釜を設置したばかりで社員の人が点検しているところでした。右下は一番古い樽です。左下の、樽がずらっ~と並んでいる様は圧巻です。
一番初めの会議室のような部屋に戻り、再び講義を受けながら何種類かのウィスキーのテースティングです。
e0353802_18225132.png
スコットランドウィスキー4種と、サントリーの山崎と白州です。
スコットランドウィスキーは個性があるものをチョイスしてくれたのか、夫々違いのわかる癖のある味でした。山崎と白州はまろやかで飲み易く美味しい。
最後に、山崎と知多のハイボールが出てきました。
授業が終わってからは、JRで大阪駅へ出て、またルクア地下のバルチカへ行きました。みんな好きな物を買って持ち寄ってランチ兼宴会です。
おっちゃんがビールを奢ってくれました。
他の人はお腹が空いていたのか、お寿司の人が多かった~
全部美味しかったです。ご馳走様でした。



[PR]

by s-jw | 2018-09-20 18:28 | 趣味 | Comments(2)

花園直道さんの舞台

今週一週間は忙しかったです。
昨日の土曜日と今日を除いて毎日おでかけしていました。
水曜日は二回目の皮膚科の受診。次は一か月後になりました。薬は続けて飲まなければなりません。木曜日は近所の人に誘われて、若手日舞バフォーマーの花園直道さんのコンサートに行って来ました。花園直道さんは舞踊と三味線のプロで、歌も歌ってテレビの演歌番組なんかにも出ているようです。
谷町四丁目のNHKホールだったので、12時に最寄りの駅で待ち合わせて天満橋でランチしました。京月 天満橋店 
このお店は去年夜ご飯を食べに行ったことがあって、インスタ映えするお料理だったのにも関わらず、カメラを持っていなくて写真を撮っていませんでした。
e0353802_19192855.jpg
ランチは、メインを選んで他はバイキング形式でした。
ランチしてから天満橋から地下鉄で谷町四丁目まで行き、2時半からコンサート。主役の花園直道さん+歌謡演舞一座・響ファミリー+ゲストの松阪ゆうきさんのコラボの舞台でした。
途中で観客が立って「きびなご体操」という体操をしたり(この場面はSNSにあげて下さいとのことでした)、日舞、歌、三味線、ダンスなど盛りだくさんの豪華舞台でした。
e0353802_19571959.jpg
私にとっては初めて見る人ばかりでしたが、夫々のファンの人がいて、前方の席で名前を書いたうちわを振ったりペンラントを振っている姿は、微笑ましい景色でした。私もそうですが、ファンて有難い(^^)
コンサートが終わって外に出ると、出演者達がお見送りしてくれていました。私も列に並んで握手してもらいました。近所の人達は並ばなかったのですよ。
一期一会。またどこかで出会って縁を結ぶかもしれません。
舞台に上がる人全員、観客を楽しませようとしている楽しいコンサートでした。
プロの舞台人はこうでなくっちゃね。


[PR]

by s-jw | 2018-09-16 19:58 | おでかけ | Comments(2)

新世界へ

9月の睦月会は、12日に新世界の大衆演劇を観に行って来ました。
劇場は、2年前に高大の史跡めぐり部で連れて行ってもらった新世界「浪速クラブ」です。この劇場は入場料が安いのですが、当日に行って席が取れなかったらと、言い出しっぺの私は心配して、前日に予約したら予約料300円プラスになりました。
9月は春陽座という一座でした。
お芝居はオリジナル作品のようでなかなか見応えがありました。踊りは洋舞はなくて歌謡曲に合わせて踊る歌謡舞踊というのですか、楽しめました。役者さんが着ている衣装が、とっても綺麗でした。
e0353802_20235179.jpg
終わってからは新世界をぶらぶらと歩いて串カツを食べに行きました。
有名人気店は全員で座れなかったり一時間の制限があったりで入れなくて、前にも行ったことがあるテーブル席に全員で座れるお店へ行きました。
e0353802_20260734.png
どのお店で食べても、串カツは美味しくてビールに合います。
終わってからてんしばまで歩いて、お茶を飲んで解散しました。
この日は浪速クラブのお客さんも少なくて、新世界を歩いている観光客はいつもよりずいぶんと少なかったのです。
台風や地震の影響だろうと思っていたのですが、何より関西国際空港の離着陸が出来なかった時です。外国人の観光客がいなかったはずです。
ようやく今日、空港が一部復旧したとのこと。
安全第一が一番大事ですが、日常が戻りつつあり良かったですね。



[PR]

by s-jw | 2018-09-15 20:41 | おでかけ | Comments(0)

紅白:フレンチおでん

9月10日、「ミッション:インポッシブル」を観た後は、ルクア地下のバルチカで、9月生まれの友人の誕生日祝いをしました。
ブロ友さんが書いておられた紅白へ一度行きたかったのです。
友人もテレビで何度も紹介されていたのを見て、知っていたそうです。
まずは友人が食べたかったフレンチおでん。
トマト、大根のポルチーニ茸クリームソース。
e0353802_21483025.jpg
白身魚(?)
e0353802_21484137.jpg
こんにゃく。
e0353802_21485590.jpg
メインは二人とも肉料理で、私は白ワインを飲んだのですが、友人は飲まないのでパスタを頼みました。
e0353802_21491788.jpg
e0353802_21492529.jpg
e0353802_21490826.jpg
濃厚な味のフレンチで、コスパもいいし、人気が出るはずです。
平日というのに、店内は若い女性でいっぱい。その中では浮いていた二人だったかもしれません(笑)


[PR]

by s-jw | 2018-09-14 22:12 | おでかけ | Comments(2)

映画「ミッション:インポシッブル フォールアウト」

この映画のシリーズ、多分劇場で全作を観ています。
多分というのは、一作目は22年も前だったそうです。
観た映画はこのブログか、その前はmixi日記に洩れなく書いているのですが、2005年より前の記録がありません。
30代だったトム・クルーズも56歳。この人はハンサムだった若い時よりも今の方が渋くてイケメンです。
スタントも半端なく、高層ビルからビルへ飛び移る際に骨折したのに、そのまま撮影を続けたそうです。
アクションシーンはそれだけでなく、成層圏ギリギリの高さ(約8000メートル)から酸素マスクをつけてのスカイダイビング。ヘルメットを付けずにバイクに乗り、パリ市街をハイスピードで走り抜ける。手がかじかむ極寒の山岳地帯を飛ぶヘリコプターに、実際にしがみついて落下する。自らヘリを操縦し、墜落寸前の危険な飛行を行う。等々命をかけたシーンが次から次へと続きます。
その代り私の理解力では、ストーリーがいまいち理解出来ませんでした。
おまけに前の奥さんの役の人と今の彼女の役の人がよく似ていて、誰が誰やらどっちがどっちやら、付いて行くのに必死でした。
映画の師匠の夢ちゃんにそう言うと「ストーリーとかはどうでもいい、50オーバーのトムさんが、世界中の美しい風景をバックに、あんなすごいことやこんなすごいことをやってのけて、ハラハラびっくり、それで良いのだと」と強く言っていました(笑)
世界中の美しい風景→そうなんです。このシリーズは世界各国の観光地を舞台に撮影されています。今回はパリです。凱旋門もエッフェル塔も、街並みも素敵でした。
毎回海外旅行をした気になって、得した気分です(^^)

[PR]

by s-jw | 2018-09-13 21:52 | 趣味 | Comments(2)

「醸造を楽しく学ぶ科・ウィスキー洋酒の基礎」2018年9月7日

高大の二学期が始まりました。
二学期最初の授業は、リーガロイヤルホテルのマスター・バーテンダー、古澤孝之さんの講義でした。
辻調やいろんな大学で講義をされていたり、元々は俳優志望だったということで、講義の内容が面白くて身を乗り出して聞いた2時間でした。
古澤さんは、大阪府優秀技能者に贈られる「なにわの名工」も受賞されたそうです。誰かに似ているな、と思ったら、ブラックマヨネーズの小杉を一回り小さくしたような外見で、非常に親しみが持てるキャラでした。
ウィスキーの定義、種類、製造過程等を習い、世界のウィスキーへ。
ウィスキーを製造している国は7か国しかありません。スコットランド、アイルランド、カナダ、アメリカ、日本、台湾、インド。少ないですね。
消費量の一位がインド、二位がアメリカ、三位がフランスだそうです。インドは世界の消費量の半分近いシェアですが、ほとんどの国民がインド国産のウィスキーを飲んでいるとのこと。古澤さんは20年くらい前に一度飲んだけど、とっても不味かったと言われていました。
日本産のウィスキーは一時人気が低迷したけど、2014年9月29日を境に消費が上向きになったそうです。ウィスキーは何年か樽で寝かせないといけないので、その年以前は作った量を抑えていたので、今は売る物が少なくなったそうです。
上向きになったのは何がきっかけだったと思います? NHKの朝ドラ「マッサン」からなんですって。テレビの影響力は凄いですね。
この日は授業が終わってから、JR学研都市線・放出駅を中心に行われた第1回HASHIGO FESというイベントに行って来ました。
一軒目は南アフリカワイン専門店「みたまり酒店」でおつまみ1プレート付き赤&白ワインセットを飲みました。他のおつまみも頼み8人でロゼワイン1本開けました。
e0353802_21223690.jpg
e0353802_21222209.jpg
二軒目は「三坪酒場せら」。ここは立ち飲みです。
e0353802_21104941.jpg
三軒目はホルモン・創作料理「しょうちゃん」と串カツ「わらべ」の二組に分かれて入りました。
私は「しょうちゃん」で気持ち良くなって切り上げました。ところがこのお店に傘を忘れてきてしまったのです。
一日おいて日曜日に再訪して取りに行ったのですが、この沿線の友達に付き合ってもらって、また飲んで帰って来ました。
友達と二人で行ったのですが、一軒目の「みたまり酒店」は女の人二人がやっているお店で、南アフリカワインとお料理が美味しく、女性一人でも入れる居心地のいいお店です。
ハシゴ酒フェス第2回があれば、また行きたいですね。


[PR]

by s-jw | 2018-09-12 21:20 | 趣味 | Comments(4)

河内音頭まつり、中止になりました!

本来なら、今日が八尾河内音頭まつりの当日ですが、台風21号の影響で開催が中止になりました。
開催会場である久宝寺緑地の被害が、予想以上に大きかったそうです。うちのマンションと同じく何本もの木が倒れたようです。
南部同窓会ではお揃いの法被を作り、みんな楽しみにしていたのですが、今年は仕方がありません。来年元気で出場出来るといいのですが。
さて、8月18日のブログに書いた蕁麻疹ですが、評判がいい皮膚科は予約制になっていて私の予定とかみ合わず、20年前に通院した総合病院の皮膚科を受診しました。
以前は外来の患者が多くて待ち時間が長かった病院ですが、今は空いています。はっきり言ってあまり評判が良くないようです。でも私は20年前に蕁麻疹を治してもらった経緯があるので、ちゅうちょなく受診しました。
週に一度の皮膚科の先生も変わらず同じ先生。以前は若くて溌剌としていたけど、ちょっとくたびれた感じ。左手の薬指に指輪をしているので、結婚されたのでしょうね。
処方された薬を飲んだその日の夜から、蕁麻疹はピタッと出なくなりました。痒みで夜中に目が覚めないので、ぐっすり寝られます。病院へ行って治った人が言う言葉「こんなだったら、もっと早く病院へ行っていれば良かった~」とつくづく思いました。
毎日毎日夜中に起きて、一時間ほど痒みと戦っていたのはなんだったんだろう、と思います。
まずはご報告まで(^^)


[PR]

by s-jw | 2018-09-09 22:32 | 趣味 | Comments(6)