人気ブログランキング |

タグ:グルメ ( 85 ) タグの人気記事

9月度の睦月会は、10日火曜日に近鉄奈良線の河内永和駅と河内小阪駅の間にある田辺聖子文学館へ行ってきました。睦月会のメンバーはJRおおさか東線を使う人が多くて、JRの方の河内永和駅で待ち合せました。JRと近鉄が隣接していて便利です。
今回の目的は近鉄沿線の八戸ノ里にある菜ばなでランチすることだったのですが、お店の近くで行く所がないかな~と検索して見つけたのが、田辺聖子文学館でした。八戸ノ里には司馬遼太郎記念館もあるのですが、10日はあいにく閉館日でした。
田辺聖子文学館は大阪樟蔭女子大学の中にあります。
田辺聖子さんはこの大学の前身である樟蔭女子専門学校を卒業されています。そのご縁で大阪樟蔭大学90周年記念事業として、文学館を立ち上げたそうです。
e0353802_08470056.jpg
中に入ると田辺聖子さんの単行本と文庫本が山のように飾られています。
睦月会のメンバーも私と同じ年頃なので、読んだ本がいっぱいあると言っていました。
ほとんど読んだと思っていた私も初めて見るタイトルもあり、改めて田辺聖子さんの小説がたくさん出版されているのだと感心しました。
あまり広くない館内でしたが、私達だけの貸し切り状態で、一時間ほどずっと喋っていました。ゆったり座れる椅子もありました。
文学館からは河内小阪駅まで歩いて、近鉄電車に乗り隣駅の八戸ノ里まで行きました。ホーム中にある冷房の効いた待合室で、ランチだけ参加の友達を待ちました。
今回は5人で「菜ばな」へ。まずは1ドリンクプレゼントのビールで乾杯。後で追加のビールも頼みました。
手の込んだ見た目が美しいお料理が次から次へと出てきます。
e0353802_08454544.jpg

八寸、焼き物、お刺身、天ぷら、このお店の名物・蓮根饅頭。お刺身にはウニを追加しました。この他にご飯、味噌汁、茶粥、漬物、デザートがついていました。また来たい、と思わせるお店です。
食事の後は駅前のファミレスでお喋り。ここでも結構長い時間、喋っていました。
帰りは、同じ方向に帰る三人で新大阪行きのおおさか東線に乗って帰ってきました。
この日も暑い一日でしたが、美味しいものを食べていっぱいお喋りして、楽しかったな~
睦月会のメンバーは、本好き、お酒好きが集まっているので、話が合って10月の会も楽しみです。

by s-jw | 2019-09-12 21:44 | おでかけ | Comments(2)

上七軒ビアガーデン

京都の夏の風物詩・上七軒ビアガーデンというのに行って来ました。
上七軒歌舞練場の庭に作られた、いちげんさんでも誰でも気軽に入れるビアガーデンです。
去年の班の班長であるおっちゃんは毎年2回ずつくらい行っていて、これで9回目だそうです。
おっちゃんと後二人は先に伏見で飲んで来て、5時に出町柳で待ち合わせる頃にはすっかり出来上がっていました。今回参加の女子三人と以前のブログに書いた40歳のSさんは、Sさんが登録した何とかいう送迎アプリで無料タクシー上七軒へ行きました。いくら説明してもらっても理解出来なかったけど、便利な世の中ですね。
e0353802_19302282.jpg
途中で雨が降り出しましたが、お庭の上に屋根があるので反って涼しくなって良かったくらいです。
e0353802_19304655.jpg
まずは冷奴、枝豆のセットが付いたビールを頼むと、芸妓さんと舞子が席に来てくれて芸妓さんだけ一人ずつお酌してくれます。男性陣はもうでれでれ(笑)
中学を出たばかりと思える可愛い仕込みさんが二人、席に来て一緒に写真を撮ってくれました。
初めのセットが2000円で、後は何でも1000円です。おっちゃんは男性4人で来た時は、一人17000円だったか使ったそうです。女性はそこらへんはしっかりしているので、今回は一人4000円で済みました。
帰りはまたアプリの無料タクシーで出町柳へ。そこから京阪電車に乗って2人帰り、5人で京橋へ出ました。
よく考えたら、先発陣以外はあまり食べていないのでした。
目についた「風月」でお好み焼き、焼きそば、じゃが芋とタコのアヒージョをシェアして食べました。
e0353802_19311584.jpg
もちろん芸妓さんや舞妓さんと喋るのは生まれて初めての経験。日常生活を離れた異空間の体験に、男性でなくてもワクワクした一日でした。



by s-jw | 2019-08-25 19:53 | おでかけ | Comments(4)
明日から大型台風が来るとの予報なので、今日、一人でお墓参りに行って来ました。
熱中症が心配でしたが、思い立ったら吉日で早めに家を出たのです。
なのになのに地下鉄に乗ってそろそろ乗換え駅の天王寺に着くかという頃になって、電話でお願いしていた墓花を取りに行くことを忘れたことに気付きました。
駅の反対側の寂れた商店街にある花屋さん、価格の割に綺麗な花を揃えてくれます。今年になって幾度となく購入しているので、店の人とも顔馴染みになっています。電話で注文したのに忘れたというわけにはいきません。
幸い一人で行くお墓参りなので時間の縛りが無く、天王寺駅からUターンしました。一時間近いロスがあったけど、11時くらいにお墓に着きました。
今日は暑い事は暑いけど風が吹いていたので、まだましだったかもしれません。六月の納骨の時のお花がからからになって残っていました。それを捨てて新しい花に変えただけでも、台風が来る前に来れて良かった~
お昼は前に入ったことがある近くのカフェで食べようと思っていたのですが、お盆休みでした。一人でなかなか外食出来ない性格(たち)なんですが、一軒行きたいお店がありました。
昔は阿倍野の路地裏にあって、今はキューズモールの一階の横にあるヴィアあべのウォークという中にあるグリルマルヨシ
ここの名物はデミグラスとカレー味の二種類のソースがかかっている山型のロールキャベツ。 久しぶりに食べたくなりました。
一時のことを思うと行列も少なく、すんなり入店出来ました。
待望のロールキャベツとビール。
e0353802_19060111.jpg
久しぶりに食べたけど美味しかったわ。
でもね、路地裏にあった頃と比べると一回りどころか二回りは小さくなっています。昔はお皿の中のくぼみいっぱいまであろうかという大きさでした。一人だったら、これで充分ですけど、昔は二人でシェアして食べても多かったのです。
両側ともいゃいちゃするカップルに囲まれながら、一人でビールを飲むおばちゃん。怖い者なしですね。


by s-jw | 2019-08-13 19:14 | おでかけ | Comments(6)

奈良へ

8月10日、弟の初盆で奈良へ行って来ました。
お盆で忙しいのか、お寺さんのお参りは16時とのこと。
甥は一人で参加。この暑さなので2歳の子供を連れて、西宮から車で来るのも大変でしょう。
毎年恒例のお墓参りもお彼岸に行くことになりました。
姪も甥も盆休みがない仕事なので、お盆のお墓参りは、来週、私一人で行って来ます。しかし来週は台風なんですよね。
お参りが終わってから、姪と甥の三人で近くのお蕎麦屋さんへ食事に行きました。
姪は弟と二人で時々来ていたようです。
初め「焼肉に行く?」と言うので、甥がお肉を食べたいのならと「いいよ」と返事したものの、あまり乗り気ではありませんでした。
お肉を食べる高齢者は元気だというけど、私はステーキや焼肉をそんなに食べられない。鶏肉、豚肉、魚も少しでいいのです。野菜はいっぱい食べられます。
姪も肉食系ではないので、このお店に連れて行ってくれました。
出雲そば だんだん
まずはビールで乾杯しましたが、良い日本酒が揃っているお店です。
e0353802_19281996.jpg
写真の上は、奈良県御所市にある千代酒造のお酒、櫛羅(くじら)。この他に写真はありませんが、やはり千代酒造の風の森という飲み易いお酒を姪が頼みました。御所市は母の故郷。母は今でも御所に帰りたがっています。孫が故郷のお酒を飲むようになったと教えてあげたい。
e0353802_19284967.jpg
左上:突出しの酢豆とずいきのごま酢和え。姪と甥はずいきを初めて食べたそうです。
左下:白身魚のカルパッチョ。グレープフルーツがいい役割をしています。
右上:だしまき玉子。上に乗っているのはゴーヤの佃煮。ゴーヤは甘辛い味付けで、薄味のだしまきに合います。
右中:豚肉、ゴーヤ、玉葱の卵とじ。チャンプルーとはまた違う味でした。
右下:鴨ロースと焼き茄子の大根おろしポン酢。焼き茄子はちゃんと火で焼いた、懐かしい香りがしました。
そして、このお店はお蕎麦屋さんなので、最後は天ぷら蕎麦の割子蕎麦。
e0353802_19291160.jpg
お酒もお料理もお蕎麦も全部美味しいお店でした。
JR奈良駅には千代酒造のお酒を売っている店があるらしく、甥はお土産を買いに行きました。
この日は弟の代わりに三人で飲んだのかな。
いい思い出になりました。

by s-jw | 2019-08-11 20:35 | 日常 | Comments(2)
7月25日、南部同窓会の街歩きイベント・大阪ガス・ハグミュージアム体験見学でした。
今回の参加者は10名。イベントの責任者、戦国武将の時の同じ班だった80代のHさんは少なくとも15名の参加者を目標にしています。
参加者一名に付き保険代の名目で300円いただくのですが、実際に払う金額は保険料10名まで600円。後は南部同窓会の雑収入になるのです。これに関しては、もらい過ぎじゃないかと役員の中でも反対意見が聞かれます。
現役時代に会社を経営していたHさんは利益をあげることを第一目的にしているので、今の方針を変えるつもりはないようです。街歩きイベントの責任者はHさん以外手を挙げる人がないので、役員も従わざるを得ません。
Hさんは言葉にしておっしゃらないけど、行き先を決めてチラシを作り、予約の電話を架け、下見に行く。ランチのお店を予約したり人数の変更をしたり、ボランティァに近いこの行為に付加価値を付けての300円だと思うのです。
私も弱々ながらHさんに賛成。ボランティアといえども何らかの見返りがないとやってられないです。まして個人の利益でなく公の利益になるのですから。
平気で文句を言う人は自分で何もしない人、というのは穿ち過ぎですかね。
いろいろ思う所はあるけど、大阪ガス・ハグミュージアムの体験見学は案内人の人が付いて下さって、楽しく終了しました。
下見した時に体験した簡単クッキング、今回はチーズを焼いて上に焼いたお餅を乗せてお好み焼き味のものでした。
e0353802_20343926.jpg
この体験があるとないでは大違い。
皆さんに喜んでいただけました。
一緒に下見をしたMさんは食べることと飲むことが大事なのだと言って、今回も大阪ガス見学の後にランチすることを提案しました。
私は正直、大阪ガスの隣りにあるイオンの中で好きな物を食べたらいいと思っていたのですが、皆さんに喜んでいただけるならと、北新地のホテル・エレセラーンのを予約しました。ここはいろんな人と幾度となく行っています。ミシェラン一つ星のお店なのに、手頃な価格で美味しい和食をいただけます。お店の対応に嫌な思いをしたことは一度もありません。従業員さんの躾けが行き届いています。
いろんな方をお連れしましたが、皆さんに喜んでいただけました。
お金のことで恐縮ですが、ランチでも2700円のお弁当を予約すれば、個室のお座敷を用意してもらえます。お勧めのお店です。
今回は一人だけ帰られて、9名でテーブル席でした。
e0353802_20354801.jpg
上の写真の他、ご飯、味噌汁、お漬物、豚シャブうどん、デザートが付いて税込1620円です。
最後近くに出てくる豚シャブうどんが効いて、お腹もいっぱいになります。
飲む人はともかく飲まない人にも好評なお店でした。
男性陣はここで帰られて、女性陣でヒルトン大阪一階のラウンジでお茶しました。
ここは現役バリバリ40代の頃、待ち合わせによく使っていました。
コーヒー一杯、桂のランチとそうそう変わらないお値段です。年金生活なのでコーヒー一杯に1000円近いお金を払うのは勿体ないって思ってしまいます。これって場所代? 今は昔と違ってお酒には幾ら使っても平気なんだけど、口にする物の価値観が変わってきたようです。


by s-jw | 2019-07-28 21:05 | おでかけ | Comments(2)

ソラマメ食堂

7月19日、去年の班で南森町にあるソラマメ食堂へ行って来ました。
お料理好きな班のメンバーがこのお店の常連で、ワークショップで四季折々の薬膳料理を作っているそうです。
料理が美味しいのと身体に優しい日本酒の飲み方を提案してくれるというのが、コンセプトのお店だそうです。
e0353802_17472086.jpg
カウンター席と手前に四人掛けテーブル席が3つくらいある小さなお店を、若い女性三人でやっています。
e0353802_17474473.jpg
上段左から ・キュウリとトマトのガスパチョ
      ・季節の薬膳プレート
      ・キュウリと金針菜の白和え
下段左から ・本日のお造り(サーモンの昆布締め)
      ・いくらと海ぶどうのサラダ
      ・選べる季節薬膳料理 (豚肉とゴーヤのかき揚げ)
      ・小さな一口おむすびと漬物

これに飲み放題を付けて予約してくれていました。
二軒目は梅田へ出て梅田サンボワへ行きました。
このグループと飲むとついつい飲み過ぎ、恥ずかしながら家へ帰ったら、鼻と鼻の下に擦り傷。よく見ると目の下もざらざらしています。
きっとどこかにぶつかったのでしょうね。
次回は飲み過ぎに注意します。


by s-jw | 2019-07-26 18:12 | おでかけ | Comments(6)

お誕生祝い2019年7月

グループの6月生まれ人のお誕生会、一ヶ月以上も遅れて7月12日に行われました。
当初6月末に決まっていたのですが、G20前日で延期になりました。
今回のお店は、今年の2月に醸造三班で行ったJR福島駅すぐの所にあるとらの穴
3500円で2時間食べ放題、飲み放題のコース。しかも日本酒は、獺祭と八海山が含まれています。
6人分で、まずビール3本と前菜、鶏の唐揚げ、エビチリ、春巻き、餃子が出てきます。これを平らげないと次を頼めません。これだけでもたいていお腹がいっぱいなのに、ご覧のように追加もいっぱい頼みました。
e0353802_14144240.jpg
私はビールの他に獺祭を一杯、八海山を二杯、ハイボールまで飲みました。
6月生まれの友達はお誕生祝いのお花をいつも用意してくれるのですが、今回は私が用意しました。ひょんなことで知った商店街の花屋さんが良心的な価格で可愛いアレンジをしてくれるのです。
e0353802_14360213.jpg
元気印の友達にひまわりはぴったりのイメージです。
この後は同じビルの中にあるカフェでお茶しました。
前回は京橋、今回は福島、なんだか環状線シリーズみたいになってきました。

by s-jw | 2019-07-14 14:40 | おでかけ | Comments(6)

中学時代の友人と

中学時代の友達と二年に一度、よく会って一年に一度くらい会っています。
4人グループですが、奈良に住む一人が病気がちで遠くへ出掛けられないのと、幹事をしてくれる一人が奈良に近い京都に住んでいるので、大阪に住む私ともう一人が奈良まで行くことが多いです。
今回も20日に近鉄奈良の待ち合わせ場所の定番、行基さんの噴水前で待ち合わせ。京都の友達が車で迎えに来てくれました。
彼女の家は先日行った岩船寺と浄瑠璃寺の近くにあるのです。
連れて行ってくれたお店は、JR加茂駅にある農家カフェカントリーロード
e0353802_16563686.jpg
お店の横に畑があって、自家製有機野菜を使ったランチが食べられます。
限定30食。
e0353802_16564416.jpg
メインの鶏肉の黒甘酢ソースの他は、ふんだんに野菜を使ったメニューです。
これにコーヒーも付けられるのですが、友達は家で飲もうと家に招待してくれました。子供さん二人は結婚して、今はご主人と可愛い愛犬との三人暮らしです。ご主人は定年退職してから第二の職場に通っておられて、彼女は毎朝5時起きでお弁当を作って、職場まで車で送迎をしています。
二年前、四人でホテルセイリュウへ泊まった時、彼女は早くから起きて化粧を済ませていました。毎日の習慣になっているらしいです。エライな~
話題は病気がちの友達の話が中心でした。
小学校、中学校、高校と一緒だったけど(おまけに会社まで彼女の紹介で入社しました)、あんなに病気をしていたとは知らなかった。高校一年の時、学校の検査で心臓が悪いことがわかって体育も水泳も禁止されたんだそう。私、多分、同じクラスだったと思うけど、覚えていなかった。
社会人になってからもいっぱい病気を抱えていたようです。
嫁いだ家がお金持ちの旧家で今までお金の心配をすることが無く、近々長男が実家の近くに家を建てる予定だとか。それは楽しみなことなので、人生って幸せと不幸せがハーフハーフなのかと思います。
京都の友達も今は元気だけど、20年前に胃がんの手術をしています。
その時は、しょぼんとしたダンナ様の後ろ姿を見て、この人を残して死ぬないと思ったと言っていました。
70歳近くになると自分も含め、幸不幸ともいろんな体験をするものです。
次回は近場でいいので、また一泊で遊びに行こうと約束しました。
楽しみが一つ増えました。


by s-jw | 2019-06-23 19:45 | おでかけ | Comments(2)
6月16日・父の日に西宮の白鷹禄水苑へ行って来ました。
ここは2月にも行ったのですが、その季節ならではの蔵出し限定酒を様々な酒肴とともに楽しめるイベントを、毎月のように開催しています。
6月は父の日にちなみ、普段は試飲出来ない特別なお酒、大吟醸の雫酒と十年大古酒を飲むイベントでした。
去年の班の一人が予約してくれて、班からは4人、彼女のお友達が2人、計6人のテーブルでした。
お料理は夙川のフレンチの名店ル・ベナトンのオードブルでした。2月の時はお料理の量が少なくてお酒が回ったのですが、今回は一人前ずつお皿で出てきて雫酒も大古酒もたっぷりいただきました。
e0353802_20352836.jpg
福酒会のメンバーがこのまますんなり帰るわけがなく、梅田へ出てメンバーの一人のお奨めの大阪駅前第3ビルの徳田酒店へ行きました。日曜日の夜なのに満員で入れず、お隣の大阪駅前第4ビルの中の飲み屋さんへ入ってビールで乾杯してお開きとなりました。
ホント、酒飲みってすんなり帰らないよね。
ちなみに白鷹禄水苑は浴衣祭りや、食べ頃の旬、飲み頃の旬を楽しむ会の他、文化的なイベントもいろいろやっておられるようです。

by s-jw | 2019-06-20 20:44 | おでかけ | Comments(6)

OB会の飲み会

5月17日、会社のOB会の飲み会に誘っていただきました。
そういえば、一年に二度、春、秋に開催されていたOB会、今年はなかったです。
私が入社した時の直属の上司だった人が一昨年亡くなったり、ご健在の同年代の人達も家から出られなくなったり、過ぎゆく月日を感じます。
お店は、昭和50年代から60年代初めに、会社の人達とよく行っていた心斎橋のうを熊
しもたやの飲み屋さんだったのが、その辺りの再開発でビルが建ってその一角に入ってから高級な和食の店に変わりました。
男の人達は接待のお店に使っていたようで、月に一度会社に集金に来られていたご主人をよく覚えています。店の名前のように熊のぬいぐるみのような人でした。今は娘さん夫婦が営業されていると聞きました。
約束の時間に行ったらビックリ。若い時に会社を辞めて悠々自適の東京在住のIさんが来ることは聞いていたけど、得意先の会長がおられたのです。会長といっても奥様が社長で、私よりずい分年下の方です。
何度も飲みに連れて行って下さったり、私が退職した時には送別会を開いていただきました。その時もIさんは東京から日帰りで来てくれてました。

https://sma244.exblog.jp/23603579/

ここに書かれているOBのSさんが亡くなられた方です。この日以来、Sさんには会えないままでした。
会長にお話を聞くと、私が現役の時に大学生だった次男さんが会社を継ぐことになって入社されたそうです。後継者がいないと銀行は融資してくれないのだと、よく言われていました。
会長は一時間ほど飲んで次があるからと、お金を置いて帰って行かれました。だいたい、いつもそうでした。うだくだと飲まないで、支払だけして先に出て行かれるのです。相変わらずおっとこ前な会長です。
e0353802_16164244.jpg
秋にはOB会をしようということになり、私が幹事を仰せつかりました。
その時は、東京のIさんも来て下さるそうです。
うを熊だけでは飲み足らず、二軒目は千日前の「バー花本」へ行って飲みました。
高大の仲間と飲むのも楽しいけど、昔話をしながら飲むのもしみじみといいものです。

by s-jw | 2019-05-19 16:42 | 会社 | Comments(2)

長年勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。


by シズコ