これから見る景色

sma244.exblog.jp

長年勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。

毎日雨が降り続いています。
今週は月曜日に梅田へ出る用事があり、水曜日は週に一度の整体の日。朝一の9時の予約なので、終わってからついでにと、一月半に一度の眼科へも行って来ました。ドライアイで目薬を処方してもらう為に通院しています。
火曜日と木曜日は大人しく家にいて、昨日の金曜日は高大の校外学習で和歌山県の湯浅醤油へ行く予定でしたが、当然中止になりました。
一週間の内、大雨で3日間も家に籠っていました。
本日土曜日は、河内音頭の練習日。これは中止になると連絡がなかったので、行って来ました。地下鉄谷町線・谷町六丁目のいつもの場所で一時間、練習がありました。参加者は心持ち少なかったかな~
終わってから、今日は11名のメンバーでランチしました。
近くの韓国料理店へ行き、男性陣は焼肉定食、女性陣は冷麺定食。定食に付いているキムチが苦手なので、私だけ単品の冷麺。これにもキムチがたっぷり入っていました。
韓国冷麺は普段食べている冷麺とは麺が違うし、汁も違います。
美味しかったですが、いつも家で食べている甘酸っぱい冷麺の方が、私好みです。
e0353802_18511056.jpg
午後から南部同窓会の役員会があったのですが、母のホームでイベントがあったので、私は欠席しました。
好評だった出張デパートの二回目です。
最寄り駅から家とは反対側にあるホームまで歩いて行き(15分くらい)、帰りも歩いて帰りました。(30分くらい)
膝にはまだ違和感がありますが、歩くことが苦痛では無くなりました。
母には淡いピンクのレースのトップスと、グレーの夏用のズボンを買いました。ピンクのブラウスは可愛くて、LLでなければ私が欲しかったくらいです。
母は昨夜一睡もしなかったらしいですが、終始機嫌が良くて安心しました。


[PR]
by s-jw | 2018-07-07 19:40 | 母が見ていた景色 | Comments(4)

母のこと・実の生る木

6月3日、母の車椅子を押してホームの近くを散歩していました。
ホームの周りには公園が三つあって、桜の木がたくさんあったり四季折々の花が咲いたり銀杏並木があったり、と季節を感じられるいい所です。
ホームから一番遠い公園の横の道は細くて車道は車一台通れるくらい。ガードレールで歩道と仕切られています。
ここの歩道を車椅子を押して歩いて行たら、向うから自転車に乗った男の人がやって来ました。普通、前から車椅子が来ると避けて車道に出るものです。車道と歩道の切れ目は幾つもあるのです。でも、その人、避けなかったのです。仕方ないので、こちらが少し戻って車道に出ました。当然の如く「ありがとう」の一言もありません。
感じ悪ぅ~と憮然としていると、後ろから歩いて来た女の人が横に並んで「普通は自転車が避けるもんや、なぁ」と話しかけてくれました。大阪の下町のオバチャンは知らない人にでも心安く話しかけてくれます。
「ほんとにね。私もムカッとしましたわ」と私。暫くお喋りして別れましたが、優しい言葉に落ち込んだ気持ちが救われました。
e0353802_16542996.png
公園の脇には柿、梅、金柑なんかが植えられています。
私が写真を撮っていると公園の前の家の人が出てきて「キュウリもあるよ」とわざわざキュウリの葉っぱを上げて写真を撮らせて下さいました。
ホームからの帰り道、生っている実を写真に撮りながら帰りました。
e0353802_19272569.png
トマト、ブドウ、桃。そして食べられないけど、桜の木に生ったサクランボ。
キョロキョロしながら楽しくウォーキングして帰って来ました。
嫌な思いをした気持ちはすっかり忘れ、優しい人達に出会えて、いい景色を見られていい一日でした。

[PR]
by s-jw | 2018-06-06 19:36 | 母が見ていた景色 | Comments(4)

母のこと・出張デパート

二週間に一度母のホームへ行っていますが、母の状態は変わらず書くネタがありません。
唯一ネタになりそうだった毎年恒例のお花見は、毘沙門堂へ行った翌日だったので、足が痛くて行けなかったのです。
先週28日の土曜日にあったのが、「出張デパート」というイベント。
母のトップスは家の近くの服の問屋さんみたいなお店で買っていました。高齢者向けの洋服がたくさんあって重宝していたのですが、気付いたらいつの間にか閉店していたのです。母はお腹周りが大きくてボトムスの4Lのズボンは、スーパーで購入していました。
スーパーで買ったズボンは夏物はともかく、冬物は一度洗うと毛羽立ちがひどくて、何本も捨てました。
セーター類は季節毎に持ち帰って家で洗うのですが、汚れた物をたまに施設で洗って下さって、3枚くらい縮んでしまいました。それも上等なセーターに限って・・・言ってくれれば家で洗うのに、と思っても文句は言えません。こっそり持って帰って捨てました。
そんなこんなで、母の洋服はだんだん少なくなってきていました。何年も一緒に暮らしていないと、どんな服があったのかも定かでなくなっていました。また実際見当たらなくなった服もあるのです。長年施設にいると、いろいろなことが起こります。
ともかく出張デパートがあるというのは有難いので、行って来ました。
4Lのズボンはあまり数が無くて、母に選んでもらったベージュ色のズボンと、その色に合わせたプルオーバーを一枚ずつ購入しました。
職員さんに聞くと下着も少なくなってきたということなのですが、これはスーパーで買って持って行くことにしました。
洋服が好きだった母は、私の家に来た当初はスーパーの衣料品売り場へ行くのが楽しみだったのに、この日、車椅子を押してショッピングしていても眠たさの方が勝つみたいで「寝る、寝る」と言っていました。
お気に入りの服を着る楽しさを思い出して欲しいものです。

[PR]
by s-jw | 2018-05-01 19:15 | 母が見ていた景色 | Comments(6)
今日は母のホームから行く初詣の日でした。
車と電車に分かれて、住吉大社へお詣りする予定でしたが、生憎の雨で、去年と同じ近くの神社へ行くことになりました。
9時に来てくれということだったので、タクシーでホームへ行きました。
母のホームの入居者さんは二階、三階、四階合わせて27名で、三班に分かれて第一班が出発して行きました。結局、神社へ行ったのはその班だけだったのかな・・・
シトシトですが雨が降り出したので、中止になりました。
明日、明後日と晴れで気温も上がる予報ですが、職員さんの出勤状況によるのか、急な日程変更は出来ないようです。
ホームのどなたかが雨男雨女なのか、イベントの時、雨が降ることが多いです。二年前の温泉旅行の時はどしゃ降りの雨でした。そのことを思えば今日の雨は可愛いもんですが、初詣は出来なくなりました。
きゅうきょ、室内のイベント、握り寿司パーティに変更です。
ホーム長さんの指示で、スーパーが開く10時前に、若い職員さんが買い出しに行っていました。
12時半頃からお寿司を食べたのですが、3時間以上、母は大人しく待っていました。カラオケしたり体操したり、いろいろ気が紛れることをしていたのです。
寒くなかったら、車椅子を押して散歩に行くのですが、今日は5度しかないというこの冬一番の寒さ、外へは行けません。
カウンターに立てたすだれのメニュー表です。こういうアイディア、よく出るよね。写真に写ってないけど、マグロ、牛肉のタタキもあったのです。
e0353802_19073255.jpg
ホーム長さんと一人の職員さんが次から次へと握って下さって、母も良く食べました。私もお腹いっぱい。美味しかったです。
家では手巻き寿司はするけど、握りはしたことがありません。
しらす軍艦はしらすと一緒に大葉が入っていて、爽やかで美味しい。手巻きの時、真似しようと思いました。
今のホーム長さんがアイディア豊富なうえにお料理上手なので、入居者さんは幸せです。お正月にも行きましたが、手作りのお節料理にお雑煮でした。母はうちでいるより、完全に美味しい物を食べてます(^^)
長い時間いて気付いたことですが、母のことをかまって下さる入居者さんが何人もいました。
「おばあちゃん、食べてるか」「おばあちゃん、寝たらあかんで」
声を掛けてもらうと母もにっこり笑っていました。ただ男の人は嫌みたいです。
声掛けてくれた男の人を手で払いのけていたので、笑ってしまいました。
どこまでも我儘な母です(笑)


[PR]
by s-jw | 2018-01-05 19:32 | 母が見ていた景色 | Comments(8)

母のこと・銀杏並木

12月17日の日曜日、母のホームのクリスマス会がありました。
2014年に入居して四度目のクリスマス会。もう丸四年になるのですね。
私が行ったら、母はまだ「明日、帰るんか」と言います。心の中で「お母ちゃんはどこへ帰るつもりなんやろ」と思ってしまいます。
四年も住んでいながら、母にとってホームは終の棲家ではないのですね。
クリスマスケーキはじめ、今年も職員さん達の手作りの御馳走が並びます。
e0353802_09304918.jpg
e0353802_09334408.jpg
クリスマスケーキ、可愛かったのにボケてしまってますね。
ホーム長さんがお料理上手な方でメニューを考えて若い職員さん達に指導して作って下さいました。バイキング方式でお皿に好きな物を取って食べるのですが、一皿目はピラフとスパゲティとメイン料理を中心に、二皿目はフルーツを中心に取って来て、母と一緒に食べました。母は刻み食にしてもらっています。
いつもは別々のお皿にして母の面倒をみるので、自分の分はあまり食べられないのですが、今回は一緒に食べたので、私もお腹いっぱいになりました。
後はプレゼント交換と職員さんの寸劇。今年のプレゼントはパジャマにしました。
今回母は機嫌が良くは見えなかったけど、そんなに悪くもなかったので、「よし」とするかな・・・
二週間くらい前に撮ったホームの近くの公園にある銀杏並木です。日曜日に母の車椅子を押して散歩してたら、写真を撮っている人が大勢来ていました。
インスタ映えで有名にならないかな(笑)
e0353802_09505606.jpg

[PR]
by s-jw | 2017-12-20 09:51 | 母が見ていた景色 | Comments(6)
11月3日、母のホームでハロウィンパーティがありました。
その2日前の千早城の550段の石段の上り下りで膝を痛めていたので、行きはタクシーで行きました。今年の夏は暑くて、汗をたらたらかいて30分の距離を歩くのが嫌で行きはいつもタクシーを使っていました。去年は真夏でも往復歩いていたと思うけど、年々体力が無くなっているようです。
一週間前にホームの地域のお祭りが室内であったのですが、ご存知のように台風22号到来の為、私は参加出来ませんでした。
だからハロウィンパーティは無理してでも参加したかったのです。
去年や一昨年に比べるとシチューやサラダ等、食べやすいお料理が多くて、母も取り分けた料理を完食しました。もう箸では食べられないようでフォークで突き刺して食べたり、ご飯類やシチューは私が介助しました。食欲があるだけいいのかな~
膝の痛みからくる腰痛もあり、私の方が食欲が無くしんどくて、職員さんのパフォーマンスの前に帰って来ました。
ホームは住宅街の中にあるのでタクシーが走っていなくて、通ったら乗ろうと思いながら、とうとう家まで歩いて帰りました。
ちょうど去年の今頃に、母がベッドから落ちて腕を骨折して手術しました。今年だったら、病院へ毎日は行けなかったかもしれない。いつも思うことだけど、人生はなるべくして上手く廻っていくものです。
膝が痛くなったのも、暫くは大人しくしていなさいという思し召しかも・・・
それと、もう無理が利かないんだよ、と改めて教えてもらったのかもしれません。

[PR]
by s-jw | 2017-11-08 20:19 | 母が見ていた景色 | Comments(4)
去年の日記を読むと、母のホームの納涼祭が15時から18時に行なわれたとありました。
今年も8月の第一日曜、時間もまったく同じです。今年の夏は特に暑く感じられるけど、どちらにしても一年中で一番暑い時季じゃないだろうか? なんでこの時季にするのかな? 秋祭りでもいいと思うけど、本部の方針なんだろうか?
家庭的が売りのグループホームなので、各階にリビングがあるけど、入居している人全員が入れるほどの大きな部屋ではないので、毎年一階の駐車場で行われます。
e0353802_18261221.jpg
去年と違って、今年は風が吹いていなかった。
母はまた身体のどこかが痛むのか、部屋にいる時から機嫌が悪かったです。最近は昼間でもよく寝ているらしいので、昼寝をしていないので眠たかったのかもしれません。
流し素麺があったので母と参加したり、カレーライスを食べたりして、おしっこしたいと言う母を室内に連れて行って、5時過ぎに帰ることにしました。
この前まで映っていた部屋のテレビが見られなくて、調べてみるとテレビのケーブルが無くなっていました。ケーブルを2か所に差し込まないとテレビが映らないので、勝手に外れたとは考えられなくて人の手で外されたとしか思えません。
母はテレビを見ていないので、外して他の部屋のテレビに適用したのかもしれないけど、それとこれとは話が別です。テレビの後ろも埃だらけ。これらのことは家に帰ってから、おいおいと気付いたことです。
近々行って言わなくては・・・
今日は大阪に台風直撃。こんな時は、母が施設に入居していることには感謝感激なのですが、気懸りなことも多々あります。



[PR]
by s-jw | 2017-08-07 18:47 | 母が見ていた景色 | Comments(2)
今日は工事の二日目です。
朝9時前に何人かやってきて少しだけ養生をして、大きなゴミ箱を二つ置いて出て行って、お昼前に「お昼休みになります」と一人が言いに来て、昼から「工事になります」と言いに来ただけで、工事やっていないんです。
何だよ、これ(-_-)
私はPCに向かって、ずっと自分のmixi日記を読み耽っていたので、静かだな~と思っていたので、どっちもどっちですが・・・

昨日は「母の日」なので、プレゼントを持って母のホームへ行って来ました。
入居した初めの頃は、ホームから「母の日にプレゼントしてあげて下さい」みたいなお知らせが来ていたけど、今年はありませんでした。
思うに、子供がいない入居者さんもおられるし、いても遠方に住んでいたり近くであっても来られないこともあるだろうし、そういうことを言わなくなったのかな~
小学生に対する「母の日」対応、反対バージョンでしょうか?
mixiを始めた頃、母の日に子供さんからもらったカーネーションやプレゼントを写真にUPする人が何人かいて、そういうことを批判する人もいました。
私なんか子供どころか結婚もしていないのだけど、そういう気遣いは反対に要らない、なんて思ったりしました。
触れない心遣いをひそかにして下さるのはいいと思うけど、声高に言うのも、なんだかな~って感じです。
今の世の中、何しても、文句言う人は言うんです。
私が書いたことを見ていたように、今、工事の人が入ってきて、ようやく工事が始まりました(^^)と書いたところで、またいなくなりました。
二回目の、何だよ、これ(-_-)


にほんブログ村

[PR]
by s-jw | 2017-05-15 14:47 | 母が見ていた景色 | Comments(2)
今週の火曜日、母の妹が88歳、米寿の誕生日を前に亡くなりました。
先週、危篤だと電話が掛かってきて、亡くなった母の姉の娘の従姉と一緒に、日曜日に茨木までお見舞いに行ったのでした。
一月に骨折で入院していてリハビリして元気にしていたのに、一週間くらい前から院内感染で肺に水が溜まり、意識が無くなったそうです。私達が行った時は呼吸器を付けていたので話す内容を理解できないものの、喋ったり笑顔も見せていたのですが、力尽きたようです。
母の戸籍を見ると10数人兄弟がいて、幼くして死んだ人も多いけど、5人だけ大人になるまで育ち、とうとう母だけになってしまいました。
母と違って身体が元気で認知症でもなかった伯母が先に死ぬなんてね・・・
従兄弟がお通夜はいいと言うので、木曜日のお葬式だけ行って来ました。
一人息子の従兄弟は離婚しているので家族がいなくて、身内も私と従姉とその兄の三人だけの出席。私の弟は仕事なので来られませんでした。
参列者四人だけの家族葬でしたが、お喋りで賑やか好きの伯母にしたら淋しいお葬式だったかもしれません。
今日、母のホームへ行って「春ちゃん、覚えてるか?」と聞くと、「うん。春子、元気にしてるか?」と母が言うので、「元気やで」と言うしかありません。
可哀相な母。姉なのに、姉妹で最後の一人になってしまったね。
今日は珍しく、私が帰る時に「連れて帰ってや」といつものセリフを言わず、「気ィつけて帰りや」と昔の母の口癖の言葉が聞けました。
天気のいい日には車椅子を押してホームの回りを散歩するのですが、今日は去年の3月のブログに書いた立金花(リュウキンカ)があちこちに咲いていました。
春到来ですね。

にほんブログ村


[PR]
by s-jw | 2017-03-12 18:06 | 母が見ていた景色 | Comments(8)

母のこと・初詣

昨日は母のホームの初詣の日でした。
予定としては聞いていなかったのですが、前日電話が掛かってきてお昼は外食予定なので空いていたらお手伝いをしてほしいとのこと。母の場合、食事介助が必要なので行くことにしました。
区内の神社へお参りするので、何組かに分かれて行きました。
ホームの車は3台あるけど、1台に1個しか車椅子を固定できないのです。歩ける人は車で、車椅子の人は職員さんが押して歩いて行きました。私も母の車椅子を押して行きました。かなりの距離があったけど、昨日は暖かかったので歩き易かったです。
私が住んでいる地域は淀川に近く、かつては幾度も洪水の災害に見舞われたそうです。行幸された後白河法皇がその惨状を哀れみ、当地の守護神として神社を置くように命じて建てられたのが、この都島神社ということ。境内にある石造三重宝篋印塔は、鎌倉時代後期に建てられた塔で、横の石碑には「関西最古の石碑塔」と書いてありました。
e0353802_17090075.jpg
e0353802_17091028.jpg
この神社をよく知っている職員さんの話だと、何年か前までは木々に覆われた森の中にあるようなひなびた神社だったのが、最近整備して新しい社務所を作ったりして、結婚式も行うようになったようです。
お参りするのも多分階段を上がらなくてはいけなかったのが、横になだらかなスロープをつけて車椅子でもお参り出来るようになっていました。
お詣りする母。
e0353802_17125241.jpg
それからまた車椅子を押して、ホームの近くの喫茶店というかランチが出来るお店まで行き、昼食です。
母と私はデミグラスソースのオムライスを注文して、母はオムライスもサラダも完食。スプーンで食べさせたのですが、一口分も量が多く食べられるようになりました。
夜もよく寝るようになったそうです。腕の手術前に夜中に起きて叫んでいたのは、多分寝返りして腕が痛かったのだろうと、職員さんが言っておられました。
ホームに帰ったら、母はベッドに直行して昼寝。いつもは母が寝ている間に帰ろうとしたら目が覚めるのですが、昨日はそのままぐっすりです。車椅子に乗っていただけなのに、外へ出て疲れたのでしょう。
今日は雨が降り寒い一日でしたが、昨日は暖かくてよかったです(^^)

にほんブログ村


[PR]
by s-jw | 2017-01-08 17:27 | 母が見ていた景色 | Comments(4)

長年勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。


by シズコ