人気ブログランキング |

醸造科の修学旅行

高大に入ってから三回目の修学旅行、3月14日から初めて泊りの一泊旅行でした。
行き先はエクシブ京都 八瀬離宮
修学旅行の係りの一人がエクシブの会員で手配して下さったようです。
私は転んだ週のことでしたが、前もって大枚を払っていたので、サングラスをかけて参加しました。
一日目の班のランチと旧三井家下鴨別邸はパスして、ホテルに向かう叡山電鉄・出町柳駅で合流しました。
17時からの宴会、乾杯のスパークリングワインくらいしか飲まなかったので、いつものように酔っ払うこともなく、次から次へと出てくる手が込んだお料理をすべて平らげました。
e0353802_21110316.jpg
この時ばかりは下戸の人の気持ちがよくわかりました。
自分は酔ってなくて、楽しそうに酔っ払っている人をただただ見ているだけです。
宴会の後は一つの部屋に集まっての二次会。11時頃に自分達の部屋に戻り、私は部屋のお風呂でシャワーして12時過ぎに就寝しました。
翌日は班毎の行動で私達三班は、出町柳に出てまずは「ふたば」で豆大福等のおまんじゅうを購入。タクシーで百万遍の手作り市が行われている知恩寺へ行きました。月に一度15日に開催されるのです。私はここへ来たら必ず買うちりめん山椒と手作りのブックカバーを購入しました。
この日のお昼は知恩寺の前にある京大の学食へ行きました。班にOBの人がいて案内して下さいました。他の班の人もいて十名だったので、二つに分かれてテーブルに着きました。私はたまたま男子4名と一緒で、私の分もビールを注文して下さり、久しぶりに生ビールを空けました。
その後は京阪で京橋まで出て、以前に一度行ったことがあるとよで打ち上げでした。
e0353802_21112019.jpg
左上は、京大の学食で食べた名物・総長カレー。後は「とよ」の豪華な肴の数々。おっちゃんが店主さんと懇意にしているので3時半から営業なのに、3時前から入れました。私も調子に乗って結構飲みました。
ご近所のまのっちとバスで帰って来ましたが、他の方は二次会に行かれたようです。
皆さん、声を揃えて三班で良かった、これから金曜ロスになるとおっしゃいます。
私も全く同じ思いです。この一年間、ホントに楽しかった。
班の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。




by s-jw | 2019-03-27 21:42 | 旅行 | Comments(2)
お城巡り二日目、ホテルで朝食を食べて浜松駅から掛川駅へ。
掛川城跡は駅から歩いて10分くらいで行けました。
天守閣は結構高くてキツイ階段でした。お城巡りが、年々キツクなります。
e0353802_19405023.jpg
無理して天守閣の一番上に上がったら、風が気持ちよく吹いて景色も綺麗でした。
e0353802_19421942.jpg
秀吉配下の下、山内一豊が改築や城下の整備を行った「功名が辻」の舞台となったお城だそうです。
JR掛川駅から再び浜松駅に戻り、今度は浜松城へ行きました。何故先に行かなかったというと、どちらの城も9時開場とのことでした。
e0353802_19492799.jpg
浜松城は可愛らしいお城です。家康との関連があり「出世城」とも言われたそうです。
浜松駅から岡崎駅へ。ここは愛知県になるのですね。
駅からバスに乗って岡崎城跡まで行きました。
この日の昼食は、岡崎公園内にある「いちかわ」で味噌カツ定食を食べました。岡崎は八丁味噌が名物です。最近、三番街のフードコートで味噌カツを続けて食べてすっかりはまってしまったのです。「いちかわ」の味噌カツはあっさりした味で、三番街の方が甘かったです。
e0353802_20033042.jpg
e0353802_20034213.jpg
岡崎城を見学して最後は公園内の茶店でカキ氷を食べて、バスで岡崎駅まで戻り、大垣→米原と列車を乗り継いで、無事に大阪まで帰って来ました。
今回の18きっぷの旅も楽しく充実した2日間でした。
次回も楽しみです。


by s-jw | 2018-08-26 20:10 | 旅行 | Comments(2)
8月19日から一泊二日で、恒例の青春18きっぷのお城巡りに行って来ました。
旅行日はそんなに暑くなかったけど、帰って来てからの一週間の暑かったこと。厳しい残暑です。
一日目はJR大阪駅8時30分発の新快速に乗って米原で乗り換え、大垣→豊橋と行きました。列車が少し遅れて豊橋駅に着いたのが12時15分くらい。早速お昼ご飯の鰻屋さんを目指します。私ともう一人の女の人が鰻が大好物で、静岡方面に来たら絶対食べたかったのです。食べログ一位のお店へ行き、大満足でした。
e0353802_17290630.jpg
昼食の後は吉田城跡へ。元々は今川家の城であったが家康に奪われ、池田輝政が入城して改修が行われ、譜代大名がめまぐるしく交代して明治維新を迎えた城だそうです。
e0353802_17342145.jpg
こじんまりとした可愛らしいお城でした。
お城近くから路面電車に乗って豊橋駅まで戻り、静岡駅まで行きました。
静岡歩いて駿府城跡へ。家康が将軍職から退いて隠居した城です。当時は七階建ての華麗な天守閣がそびえていたということですが、今は幾つかの櫓と高麗門等が復元されています。
e0353802_17353767.jpg
e0353802_17434949.jpg
門の向こうにとてつもなく広い駿府城公園と紅葉山公園があり、流石に家康の居城であった名残があります。
ここから歩いて静岡浅間神社へ行きました。
お城ではないけど、リーダーが若い頃に来て感動したので、私達に見せたかったらしいです。
華麗な社殿群は漆塗りの極彩色で、特に浅間造り(二階建て)の大拝殿が有名とのこと。本当に美しい社殿でした。
e0353802_17523221.jpg
e0353802_17520413.jpg
ここからはタクシーで静岡駅まで戻り、再び浜松駅へ。ホテルに荷物を置いて駅前の居酒屋さんで反省会。いやいや、ただの飲み会でした。このグループには飲まない人もいるので、いつも隣同士のテーブルで二つに分かれます。遅い時間だったので二次会はなしでホテルに戻り、ぐっすりと寝ました。


by s-jw | 2018-08-25 17:57 | 旅行 | Comments(4)
翌朝は8時50分出発。ホテルの送迎バスでJRの芦原温泉駅まで行きました。
9時半頃の列車で金沢に11時過ぎに着。40数年ぶりに訪れた金沢はすっかり変わっていました。
新幹線が開通してから駅も街もすっかり近未来都市になったようです。
e0353802_1483152.jpg

バスの一日フリー乗車券を買って、まずは近江町市場へ。早いですが先にランチしようということになりましたが、、どこのお店も人で一杯です。
e0353802_14104273.jpg

仕方ないので、先に金沢城を観に行くことにしました。
昔々来たことがあるのですが、こんなに広かったかな~
e0353802_14121298.jpg

e0353802_14132353.jpg

百名城のスタンプを押して、次は兼六園へ。お城のすぐ隣りにあるのです。
兼六園はさすがに加賀百万国の太っ腹で、65歳以上は無料でした。外国人が多かったけど、対象になるのかな?
そこから再びバスに乗り、ランチは駅構内で食べることにしました。結局フリー乗車券を使い切れなかったのですが、兼六園でチャラです(笑)
構内のお店で待望の海鮮丼ぶりを食べて、来た道を福井まで戻りました。
福井駅近くにある福井城址。城址の中に県庁があり、県庁の中庭を通って行きます。
e0353802_14225243.jpg

ここは桜が咲き始めといったところでした。
最後に行ったのが商店街の中にある北ノ庄城址。柴田勝家とお市の方が城に火を放って自刃した城として有名ですが、勝手に山の中にあったと想像していました。今は街中、昔は何もなかったとしてもこんな平地にあったとは驚きでした。
福井からは始発の敦賀行きの列車。敦賀からも始発の大阪行きの新快速に乗って、全員無事に帰って来ました。こうして一泊二日の城巡りの旅、楽しく充実して終わることが出来ました。
by s-jw | 2018-04-03 14:45 | 旅行 | Comments(4)
Exciteブログの投稿の仕方が変わりましね。下書きして保存出来なくなり写真のUPも解りづらくなりました。付いて行くのが大変です。
恒例の青春18きっぷのお城巡りの旅、3月29日から30日、一泊二日で越前・加賀方面へ行って来ました。
今回はゆったりと温泉に浸かって楽しもうと、行きは湯快リゾートのバスで行きました。
8時半、新大阪に集合。今回は戦国武将の班の同窓会と言うことで、他の人には声掛けないで1名欠席の7名で行って来ました。
途中ランチ休憩は永平寺の近くのお店で、時間があったので、少しだけ観光しました。
e0353802_17152748.jpg

e0353802_16561266.jpg

まだ雪が残っていました。
そこから1時間くらいで、あわら温泉着。荷物をおいてタクシーで丸岡城まで行きました。
e0353802_1657507.jpg

e0353802_1704270.jpg

桜はまだ早いようです。
丸岡城は昭和9年には国宝の指定を受けましたが、昭和23年の福井大震災により天守閣が倒壊してしまい、国の重要文化財に格下げになったそうです。
現存天守閣手では最古の建築様式を持つ平山城で、屋根が全て石瓦で葺かれた唯一の天守です。
国宝に再認定される運動をしていて、埋め立てられた濠を再建する工事をしているそうです。
お城のすぐ近くに「一筆啓上 日本一短い手紙の館」があり見学しました。
行きのタクシーが待っていて下さってホテルに戻り、六時半の食事まで時間があったので、パークゴルフを楽しんでから温泉に入り露天風呂にも入りました。食事はバイキングで美味しかったです。日本酒をしこたみ飲み、カラオケを楽しんで就寝。
翌日に続きます。
by s-jw | 2018-04-01 20:50 | 旅行 | Comments(4)
ホテルにチェックインしたのが遅かったので、汗だらけでしたがシャワーも浴びずに荷物を置いて晩ご飯を食べに出ました。
お昼が遅かったしお腹かは空いていなかったけど、やはり飲まないとね。
ホテルの人に教えてもらった魚が美味しいという居酒屋さんに行ったけど、満席。系列のもう一軒のお店も10人全員一緒に座れなかったけど、飲む人と飲まない人に分かれて座りました。
お腹が空いていないと言いながら、結構食べて飲んだかな~
翌日はJR福山駅近くの福山城へ行きました。ホテルからも歩いて10分もかかりません。
e0353802_19463542.jpg
ここでゆっくりと見学し、次はいよいよ今回の旅のメイン、備中松山城跡へ向かいました。去年のNHKの大河ドラマ「真田丸」のタイトルバックになった、あのお城です。
備中高梁駅に併設された蔦谷書店とスターバックスコーヒーの中の観光案内所で教えてもらって、備中松山城跡のある山の麓まで10人以上乗れるタクシーをチャーターして行きました。往復しても一台7800円なので、10人で割れば安い物です。予約の時間まで、駅近くのお店でお昼を済ませました。
タクシーで麓まで行くのは楽々でしたが、そこからお城まで登るのが大変。普通に登山でした。
ここは日本一高い山城だそうです。
e0353802_19581161.jpg
e0353802_19583064.jpg
「ああ、しんど」と何回言ったことか・・・
山城に上る度、こんな高い所にお城を築いたのだと感動します。
e0353802_20014966.jpg
私は急な階段の天守閣へ登るのはパスしました。
麓まで下りるのも疲れます。坂道だけでなく石段があるので、足がくたくたになりました。
来る時に乗ったタクシーに迎えに来てもらい、駅に戻る途中の武家屋敷跡まで送ってもらって、情緒ある町並みを見学しながら歩いて駅まで戻りました。
そういえば、この備中高梁も寅さんの映画の舞台になっているのです。
寅さんの妹・さくらの夫、前田吟扮する博が、この高梁出身という設定でした。映画に出てきたお寺はタクシーから見て、すぐにわかりました。
備中高梁駅から姫路駅へ直行する列車に乗り、姫路から大阪へ。ということで、今回は時間がなくて、車中で打ち上げでした。
飲んで帰らなかったので、思っていたより早く家に着き、10時にはシャワーじゃなくてお湯を入れたお風呂から上がり、早々と眠りに着きました。
翌日から高大の2学期が始まりました。
8月前半ゆっくりし過ぎて、体力がなくなったのか、もうくたくたです。


by s-jw | 2017-09-02 20:18 | 旅行 | Comments(2)

8月29日から30日、恒例の青春18切符のお城巡りをして来ました。
大阪駅7時46分発新快速で姫路に8時51分着。この車両の中で、私はエライ目に遭いました。三両目に乗っていたのですが、トイレに行きたくなり満員の人をかき分けて二両目の端まで行ったけど、トイレがなさそうなので元の車両に戻りました。
そこでトイレは一両目と九両目にあるとの放送。乗客者に迷惑がられたので、もう一度元へ戻る気がしなくて、無謀にも九両目へ行くことにしました。
こっちの方が大変だった~ 思い出したら冷や汗が出ます。
さて姫路から姫新線で本竜野駅まで行きました。
日本百名城ではないのですが、続日本百名城の竜野城跡があります。
寅さんシリーズが好きな私には「寅次郎夕焼け小焼け」の舞台である龍野は憧れの街でもあります。
マドンナは亡き太地喜和子さん。寅さんて毎回失恋するのですが、寅さんのことを愛したマドンナが何人かいるのです。太地喜和子さんの役もそうだったと記憶しています。寅さんて口の割にはシャイなので、上手くいきそうになると自分から身を引いちゃうのよね。
今年お亡くなりになった横浜のキーボーさんも寅さんフリークだったので、会うといつも寅さん映画の舞台の話で盛り上がったな・・・

e0353802_09460166.jpg
e0353802_09470557.jpg
本竜野駅から佐用駅に行って、作用の大イチョウを見にいきました。
調べても樹齢何年かわからないのですが、大きな銀杏の木でした。
佐用でお昼を食べる予定でしたが定休日が多くて、次に行った津山で待望の「ホルモンうどん」を食べました。ランチの時間は終わっていて、お店の扉の鍵を掛けているところに出くわしたら、わざわざ店を開けてくれました。
e0353802_19324430.jpg
ホルモンは好き嫌いがあると思うけど、私は大好き!
遅いお昼を食べてから、津山城跡へ向かいました。
現役の頃、津山出身の人がいて、津山はいい所だと聞いていたので、一度来てみたかったのです。特に津山城跡の桜は有名です。
それから予定通り、19時24分に福山に着き、予約していた「サンホテル福山」に入りました。

by s-jw | 2017-09-02 19:37 | 旅行 | Comments(0)

近場でも楽しい(^^)

5月19日から一泊で、石切にある「ホテル セイリュウ」へ泊りに行って来ました。中学時代の友達4人で年に一度くらい逢っているのですが、その中の一人が病気療養中で遠くへ出掛けられないので、近場で泊まろうということになったのでした。
このホテルは近鉄・奈良線、石切駅近くにあり、駅に2時半待ち合わせという、ゆったりした行程。ホテルの車に迎えに来てもらい、部屋に入って持ってきたお菓子を食べお茶を飲みながらお喋り。
昔の松○市は中学校は一校だけ。4つある小学校から集まってくるので、同じ市内とはいえ家はバラバラでしたが、3年生の時の仲良しグループです。しかも一人を除いて小学校も一緒なので、まるまるの幼馴染になります。
互いの家を行き来していたし、20歳過ぎてからもみんなが結婚するまで旅行したり、京都へ行ったり、家に泊まりに行ったり。結婚してからも結婚した順に家に呼んでくれたりしました。子供さん達の成長時代はあまり逢ってなかったかな~
40代の半ば頃からまた逢い出して、一年に一度逢えるかどうか。特に私は仕事をしていたので、休めなくて参加出来ないこともありました。
一人の子が、小中高と一緒で、自分が辞める時に紹介してくれた会社まで一緒で、私はその会社に41年間勤めました。
そのTちゃんは若い頃から身体が弱くて、大きな病気をしたことも2度3度とありました。今回は体調が良くなってきたので、近くの温泉へ泊りに行ったわけです。
「セイリュウ」は生駒山の麓にあるので、部屋から大阪平野の夜景が綺麗に見えるのです。
e0353802_14100971.jpg
私のカメラでは綺麗に撮れないので、画像はお借りしました。
先に温泉に入り、6時から食事。
一人だけ飲めないんだけど、私は生ビールとハイボール。
Tちゃんも久しぶりと言いながら、生と獺祭の冷酒を飲んでいました。もう一人の友達も生とチューハイ。私以外、普段は飲まないのに、よく飲んだね。
ご飯もアルコールも美味しかったです。
e0353802_14113592.jpg
翌日は仕事がある一人が帰り、後の二人は奈良にあるTちゃんの家にお邪魔しました。お昼は駅前のスーパーでお寿司を買って行きました。
ダンナ様を交え、ゆっくりとお喋り。ダンナ様もうちの会社に5年間勤めておられたことがあるのです。
Tちゃんは症状が良くなって来たからと、畑仕事をぼつぼつと始めたようです。
お土産に里芋、モロッコインゲン、それに自家製の桜の花の塩漬けを持たせてくれました。里芋は鶏肉と炊きましたが、ほっこりと美味しかったです。
駅へ戻る道すがら、家の近くの喜光寺と菅原神社へ行きました。
喜光寺は、近鉄奈良駅前の行基さんの噴水の行基菩薩が創建したお寺で、「試みの大仏殿」と言われる東大寺を小さくしたような本殿があります。夏になると睡蓮の花がたくさん咲いて、近鉄電車のポスターになっているのを見たことがあります。
e0353802_17110249.jpg
この写真は前の歩道橋の上から撮ったものです。拝観料を払わなくてもよく見える所があると、Tちゃんが連れて行ってくれました。
近場であっても、楽しい二日間でした。

にほんブログ村

by s-jw | 2017-05-21 17:14 | おでかけ | Comments(2)

信州名城巡り その2

信州お城巡りバスツァー二日目、上田市内のホテルから近くの上田城跡へ行きました。
上田城は、去年の大河ドラマ「真田丸」でお馴染み真田昌幸が築城した難攻不落の平城です。
平城でありながら、上田城及び上田市は元々が高台に位置しているので、山城と同じ役目を果たしました。去年の「ブラタモリ」を見て、一度来たかったのです。
そして嬉しいことに、何故かここだけ桜が満開でした。
お城毎にボランティアの案内人さんが付いて下さるのですが、上田城の女性の案内人さんは時にユーモアを交え、はきはきした声で話してくださいました。正直、前日の松本城の男性の案内人さんは何を言っているのか、まったくわからなかったのでした。
上田城には、南櫓、北櫓、西櫓と残っていて、また城門の所には真田石もあります。真田昌幸が九度山へ蟄居させられた後、千石家、松平家と城主が変わっていきました。
e0353802_15270858.jpg

e0353802_19365276.jpg
上田城の堀だった所に廃線になった鉄道が1972年まで通っていたそうです。
その時の面影、駅跡が残っています。
e0353802_15332845.jpg
お城の近くの土産物店でゆっくり買い物をしていて、バスの出発時刻ぎりぎりになってしまい、久しぶりに走りました。いやぁ、まだ走れたわ(笑)
上田城跡から小諸城跡へ。
桜は全く咲いておらず、三の門という国の重要文化財の門が残っていました。
ここから3キロほど先に、やはり重要文化財の大手門があるらしいですが、時間がなくて行けませんでした。
小諸城は変わった城作りでお堀がないのです。深い谷を空堀とし、千曲川の断崖を利用して建てられた城で、城下町の方が城郭より高い所に位置します。
小諸城の本丸跡に神社を祀り、花木を植えて「懐古園」という公園になっています。中には遊園地や動物園もあるのです。島崎藤村が小諸で教師をしていた縁で、島崎藤村記念館もありました。
そして懐古園近くのお蕎麦屋さんでお蕎麦を食べて、後は一路大阪に向かって帰路につきました。
e0353802_16003369.jpg
バスの車窓から見る満開の桜が綺麗だったことといったら・・・
岐阜県や滋賀県が満開だったようです。

にほんブログ村

by s-jw | 2017-04-17 16:01 | 旅行 | Comments(2)

信州名城巡り その1

先週に続き、4月12日から一泊二日で信州方面へお城巡りバスツァーへ行って来ました。
100名城を回っている女の人が誘ってくれたのです。彼女は一人でもバスツァーのお城巡りをしていて、行っていないお城は30をきったそうです。
朝7時45分、新大阪を出発。この日は大阪でも温度が低い日で、信州はどれくらい寒いだろうと心配しました。バスの中の人達、みんな着るものがバラバラ。セーターを着て上着を持っていない人もいたし、薄手のダウンコートを着ている人もいました。
名神高速を走って行ったのですが、バスの車窓から見る桜は満開でした。滋賀県や岐阜県辺りでしょうか?
ところがガイドさんの話では、長野県の桜は一分咲きだそうです。
ほんとに今年は桜についてないわ。本当だったら、先週の四国、今週の信州で桜三昧の旅行を楽しむはずだったのに・・・
初めに行ったのは、高遠城跡。二度目の高遠城ですが、前回も早かったのか遅かったのか桜の花は咲いていなくて、雨まで降っていました。そのことを思えば天気がいいだけ、まだましなのか・・・
これが高遠の桜の精一杯の姿です。
e0353802_17333916.jpg
次に行ったのが、国宝・松本城。少しある桜が咲いていましたが、もともと桜の木は多くなくて、国宝指定の土地には勝手に植樹してはいけない決まりになっているそうです。
e0353802_13384137.jpg
姿かたちのいい、美しいお城です。
世界遺産・姫路城に負けずとも劣らず。しかしこの二つのお城が、今まで行った中で険しい階段の両巨頭です。なんせ両城とも天守閣の一番上に上がるのに六段あるのです。しかも、急角度の狭い階段が・・・
上って下りたら、ホッとしました。
その日のお昼はお店で食べる時間が無くて、バスの中でお握りを食べました。
朝食一食しかついていないツァーだったので、夜はホテルにいったん荷物を置いて上田の街に出ました。といっても、JR上田駅からは離れた場所にあるホテルだったので、周りにあまり店も無く、寒かったので暖かい物をと「しゃぶ葉」というしゃぶしゃぶ食べ放題のお店へ行きました。
食べ放題と言っても、年配者二人ではそんなに食べられるわけではなかったのですが。
こうして一日目が終わりました。

にほんブログ村

by s-jw | 2017-04-16 13:54 | 旅行 | Comments(2)

長年勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。


by シズコ