人気ブログランキング |

タグ:日常 ( 181 ) タグの人気記事

JRおおさか東線

親戚のお通夜と葬儀に行くことになり、3月に開業したJRおおさか東線に初めて乗りました。
家から最寄りの駅まで15分~20分歩かないといけないのだけど、大阪東部に行くのに便利になりました。親戚の駅まで3駅7分で行けます。
今までは大阪メトロかバスで京橋まで行き、JR学研都市線に乗り換えるか再びバスに乗って行っていました。大阪は東西を走る鉄道はいっぱいあるのに、南北がなかったのだと気付かされます。

e0353802_11043216.jpg

こうして見ると、阪急京都線、京阪本線、大阪メトロ今里筋線、中央線、JR京都線、学研都市線、大和路線、近鉄奈良線、大阪線に繋がっていて、おおさか東線沿線に住む人には便利になりました。
運賃も環状線に合わせているのか、3駅160円とコスパも良かったです。
線路が高架になっているので、沿線の景色が見られることも嬉しいことでした。地下鉄の移動では何も見えないのですから。
そして新駅を利用して思う事。
エレベーターとエスカレーターが改札を入ってすぐにある。エスカレーターは上りだけでなく下りもある。これ、とっても大事な事ですね。
今度は反対方向、淀川橋梁を通って新大阪まで乗ってみたいものです。

by s-jw | 2019-04-19 11:28 | 日常 | Comments(2)

今年の桜・大川縁

4月7日、投票に行ったついでに大川縁へ桜を見に行きました。
大川縁の桜は毎年見るようにしています。
今年の春は暑くなったり寒くなったり、桜の花も驚いているでしょう。
おまけに去年の9月の台風で、枝が折れたり根こそぎ倒れた木も多かったようです。
e0353802_20440112.jpg
この日は外を歩いていると陽射しが強くて暑かったです。帽子も日傘も持っていなくて、そろそろ日焼けの心配をしなくてはいけない季節になりました。
右の真ん中の写真は飛翔橋という橋の上から撮ったもので、満開の桜がずっと続いています。
右下のマンションの桜は、去年の台風で何本か倒れてしまったので、少し淋しくなりました。
一週間頑張って咲いてくれたけど、明日は花散らしの雨になるでしょうね。


by s-jw | 2019-04-13 20:51 | ウォーキング | Comments(4)

今年の桜・佐保川沿い

関西の今年の桜の満開日は、ちょうど昨日・今日あたりですね。
去年は確か3月末くらい、一昨年はそれより遅かった記憶があります。
ということは、隔年で咲く時季が早くなったり遅くなったりするのでしょうか。
週始めの4月1日、奈良へ行く用事があり佐保川沿いの桜を見て来ました。
ここの桜は電車の窓から見ていても綺麗で、川の両側に見事な桜並木がずーっと続いています。全長7キロあるらしいので、ウォーキングがてら歩いて見てもいいでしょうね。
e0353802_21201315.jpg
例年なら4月初めは満開に咲いているだろうに、この日は4分~5分咲きといったところ。雨も降るし、寒い日でした。
姪が連れて行ってくれたカフェ アンロック ファンクション。住宅街の中にある民家を改装した一軒家カフェでした。
e0353802_21205894.jpg
大和野菜のサラダとハンバークのランチを食べました。
二階の窓際の席からは佐保川沿いの桜が見えます。
一階では手作りの小物などを販売していて、私は化粧ポーチにしようと布の小袋を買ったのですが、口が小さくて出し入れし難く、飴ちゃん入れにしました。
ここから西大寺に行き、近鉄百貨店でウィンドーショッピング。奈良の酒造の日本酒を置いているコーナーがあり、豊祝のお酒を買おうかと悩んだあげく、国産ワイン・ナイヤガラを購入しました。家で日本酒を飲まないし、ナイヤガラはフルーティで本当に美味しいワインなんです。
去年一年で美味しい日本酒を知ったし、好きなワインも出来ました。



by s-jw | 2019-04-07 21:47 | おでかけ | Comments(4)

チコちゃんに叱られる

私のブログは周回遅れか下手したら2周も3周も遅れて書いていますが、今日は特別に本日体験したことを・・・
午後から知人3人と、マンション敷地内の別の棟内を歩いていました。その棟は一階が扉の向こうの奥まった所にあり、私は初めて一階の奥に入ったのです。下を見ずに一番前を歩いていて、3段ある階段ですってんと転んでしまいました。転んだというより、身体がそのままぶっ飛んだようです。
気付いたらおでこから血がたらたら流れているではありませんか。
知人がハンカチを当ててくれたけど、血は止まりません。こけたのはわかったけど、何が起こったのかすぐには理解出来ませんでした。
知人が119番してくれて、生まれて初めて自分のことで救急車を呼びました。母の付き添いで2回ほど電話したことがあるのですが。
財布と保険証は家に置いたままだったので、いったん家に帰った時に普通に歩けてホッとしました。その頃には血も止まっていました。
一人が付き添って下さって、頭のCTが撮影出来る隣駅の総合病院へ運ばれました。
病院でタンカからベッドへ移る時に、左わき腹が痛い事に気付きました。頭を打った所は初めから痛みがあったのですが、わき腹はそれまで何ともなかったのです。時間とともにますます痛くなってきました。
全身のレントゲンを撮ってもらってどこも異常はないということですが、わき腹はもしかして肋骨にひびが入っているかもしれないとのこと。ひびであれば日にち薬で特効薬はないそうです。
車がある他の知人が迎えに来てくれて家に帰って来ました。頭以外は身体の左側を打ったのか、左足もなんとなく痛い。左足は膝が時々痛むのでわかり難いけど、擦り傷もあります。
歩く時もボーっと歩いていたらダメですね。
チコちゃんに叱られます。

by s-jw | 2019-03-10 17:23 | 日常 | Comments(4)

ランチの後は

2月23日、友達三人でランチすることになり、8月に行った発酵薬膳のお店、
カフェ カワセミへ行って来ました。
蒲生四丁目というマイナーな駅にあるランチが安くて美味しいお店です。
わかり難い場所にあるので、地下鉄の外の出口で待ち合わせました。
私だけ地下鉄で、一人はバス、一人は自転車でやって来ました。
私は一度行ったことがあるので案内したら、一筋間違っていてあるべき所にお店がありません。業務スーパーがあったので、店頭にいたお兄さんに聞いたらその人は知らなくて、店内に知っている人に聞きに行ってくれました。出て来た若い女の人は、前に立って案内してくれました。一筋といっても結構な距離があり、申し訳ない気持ちになり「帰りにスーパーへ寄りますね」と言いました。
大阪の下町だからかな~最近は道を聞かれても知らないふりをする人が多いのに、親切ですね。
三人で別々のランチを頼み、シェアしました。
e0353802_20331129.jpg
どれも美味しかったな~
帰りに忘れずにスーパーへ寄って買い物しました。
案内してくれた女の人はいなかったけど、お兄さんがいたので「買い物しましたよ」と伝えました。「いいのに」と言っていたけど、約束したし誠意には誠意で返さなくゃ。
ご飯の後は場所を変えてCafe de GAMOYONで、お茶しました。
ここのケーキが美味しいのです。古民家を改装した店内は、若い女性客でいっぱい、子供連れのグループもいました。
「カワセミ」もこのお店も家の近くにあれば、毎日でも行きたくなるかも。
帰り道は、また三人ともバラバラ。
自転車で帰る人、バスで来た人は地下鉄で。地下鉄で来た私は反対にバスで天満橋へ行こうとしました。しかしバスの回数が少なくて一駅向うの京橋まで歩きました。
京橋から京阪で天満橋へ出るつもりが、急にカラーカットしたくなって、地下鉄を乗り継いで天神橋筋六丁目まで行きました。
実はこの2~3日前から喉が痛くて咳が出るので、こじらせないうちに美容院へ行こうと思ったのでした。
行ける時に行っておかないとね。
この後、咳が頻繁に出るようになったので、この日行っておいてよかったです。
by s-jw | 2019-02-27 20:29 | おでかけ | Comments(0)
だいぶ前からずっ~と気になっていたのですが、山ほどある写真。
これは断捨離しなくてはね。
家族がいてもいなくても、残された人が困るNo.1じゃないでしょうか。
15年くらい前に一度写真の整理をしたことがあるのです。
公私ともに私が一番活躍していた頃のアナログ写真をスキャナーしてPCに取り込んで、写真プリントは破棄しました。何年分くらいあったのだろう。
それをUSBにコピーして、結構手間ひまかけてやったけど、後から見ることもなく無駄な作業のようでした。
その後にデジタルカメラを買ったので、印画する事も少なくなりスキャナーは中断したままでした。
この際、アルバムに残ったアナログ写真をスキャナーしないで断捨離することにしました。断捨離して後悔するのは一瞬の事。後は写真の事なんか忘れてしまいます。スキャナーしても、ほとんど見ることがなかったのですから。

ここまでブログの下書きに書いて、そのままになっていました。
年末、慌ただしく過ぎて写真の断捨離もそのままになっていたのです。
年明けて、ようやく落ち着いてきて再開しました。
中学時代、高校時代、働いていた20代から30代。スキャナーした40代の残り半分くらい。一枚ずつ確認しながら全部破り捨てました。全部ではないかな・・・少しだけ残してあります。
一枚一枚見ていると、思い出がよみがえってきます。
結構覚えているものです。
中学や高校時代の友達、会社の同僚、30代後半から仲良くなった友達。
いろんな人といろんな所に遊びに行っています。
50代半ば(2005年)からはmixiを始めて新しい人脈が広がり、この頃から人物より風景の写真が多くなりました。こちらは印画しないでPCからUSBにコピーして保存してあるけど、見ることがありません。
残ったPCの写真は、今日、USBにコピーしました。
すでに実家が無いので、後は両親と私の子供の頃の写真が分厚いアルバムと共に残っています。こちらは心してぼちぼち片付けていきます。


by s-jw | 2019-01-16 17:38 | 日常 | Comments(2)

御所の紅葉

10月の南部同窓会の街歩きイベントで御所へ行って、母方のお墓参りしてきたことをブログに書きました。生憎の大雨で、お墓回りの草抜きを出来なかったのです。
晴れた日に再び行こうと、従姉を誘って、昨日行って来ました。
従姉はお墓に眠る伯父の納骨以来、10年ぶりだそうです。伯父には子供がいなかったので、いずれ無縁仏になるお墓です。
私はなんやかやと、ちょこちょこ御所に来ています。
お天気が良く寒くもなかったので、草抜きもはかどりました。
従姉も私も大きなゴミ袋を持って来ていて、二つとも一杯になりました。
根っこが残っていたり完璧に綺麗にはなりませんでしたが、あの草ボーボーのことを思えば、見違えるほどすっきりしました。
お墓参りを終えて、せっかく御所に来たのだからと、タクシーで紅葉を観に行くことにしました。
まずは久品寺(くおんじ)。久品寺を開いたのは、奈良時代の行基さんです。
近鉄・奈良駅前の噴水の所に建っている像のお坊さんです。東大寺の大仏建立にもかかわった偉い僧です。
e0353802_22434028.jpg
観光客も少なく、山の中にひっそり佇むお寺です。
紅葉や銀杏の黄葉も綺麗でしたが、ぽつんとある山茶花が満開で、石段の上から見ると、ことのほか美しかったです。
カメラを構えている観光客に聞くと、ここから歩いて15分~20分の所に一言主(ひとことぬし)神社があるというので、歩いて行くことにしました。
去年の文章表現のクラスの時に、ハガキ一枚に一言、文を書いて送って優勝したら百万円という、大判ふるまいの元になった神社です。一度、行ってみたかったのです。車がバンバン通る道を歩いて辿り着きました。後からわかったのですが、山手の方にもう一本道があったようです。
e0353802_22430403.jpg
ここは、樹齢1200年という大銀杏が有名なんだそうです。
電話してタクシーに来てもらい、森脇の里を通って駅まで行ってもらいました。
森脇は、祖母(従姉の母と私の母の母親)の実家があった地域で、母達が子供の頃によく遊びに行っていた所なんです。母の口から、何度も森脇、という言葉を聞きました。
気になっていたお墓参りが出来、森脇がどんな所かをこの目で見られて、良かった~ 従姉も喜んでいました。
何かにつけ「御所へ帰りたい」が口癖の母も喜んでいることと思います。



by s-jw | 2018-11-24 23:03 | おでかけ | Comments(2)
本の断捨離をしました。
「ブックオフ」で宅配買い取りをしてくれると聞いたので、調べて電話しました。
23日は一日家にいるので、午前中に本を整理して、14時から17時の便でお願いしました。
単行本は玄関の収納棚、文庫本は百均の文庫本収納袋に入れて、収納棚と押入れに収納していました。
全部本屋さんのカバーを付けたままだったので、カバーと通常腰巻と言われる帯を外して玄関に並べました。
e0353802_21402447.jpg
手前に置いている比較的綺麗な本、単行本19冊、園芸や収納の実用書6冊、文庫本が210冊あります。
3個の段ボールに入れて空いている所に、右上の古かったり収納袋を何個も積み上げていたので曲がっている文庫本を入れて、トータル269冊ありました。
そのうち12点が買取り不能で、257点買い取ってくれました。
金額は3920円になるそうです。1つ200円の箱を3個買ったことになるので、その分は引かれます。
本は全部売ったわけでなく、池波正太郎先生の鬼平シリーズ、剣客商売シリーズ、高田郁さんのみをつくし料理シリーズ、まだ完結していないあきない世傳シリーズ、今野敏さんの隠蔽捜査シリーズ、その他読み返したい小説を何冊か残してあります。
ともかくも、断捨離第一弾、終わりました。

by s-jw | 2018-10-27 10:04 | 日常 | Comments(6)

そろそろ断捨離

いろいろ思うところがあって、そろそろ断捨離しようと決意しました。
今年の2月に買い替えたプリンター、使えないのに古いのを置いたままにしていました。見た目も綺麗だし、別に新品のカートリッジインクもあったので、「壊れた電化製品ありませんか」と言って車で回ってくるオッチャンがいたら、持って行ってもらおうと思っていたのですが、こんな時に限って来ない。
今月になって、市の粗大ゴミセンターに引き取ってもらうように電話しましたが、勿体ない~
10年くらい前までは近くにリサイクルプラザという市の施設があって、不要品を持って行ったら、直して使える物は引き取ってくれたのです。シルバー人材センターの人が修理して、低価格で売っていました。自転車が多かったけど、家具なんかもあって新品のように綺麗なタンスがびっくりするような価格で売っていました。
私はビールの空缶(アルミ缶)を溜めて、ゴミ袋に入れて自転車で何度も運んで、500円の図書券をもらったことがあります。カラカラ音をさせながら自転車で走るのは恥ずかしかったけど、3年か4年がかりで図書券をもらった時は嬉しかったです。
確か牛乳パックも受け付けていました。子供達が持って来ていたことを覚えています。スタンプカードにコツコツとハンコを押してやっと一杯になって500円の価値があると知ることは、いい情操教育になると思いますが。
橋下さんが知事か市長になってから、そういう赤字の事業所は閉鎖になり、そのリサイクルプラザの建物は取り壊されてしまい、今は影も形もありません。
橋下さんは好きだけど、こういう公共性があるゆとり事業は一つくらい残してもよかったのでは? シルバーの人達の仕事でもあったわけだし、むしろそういう所に税金を使うべきなのでは、と思います。
粗大ゴミで引き取られたプリンターはそのまま、大阪市の巨大ゴミセンターの藻屑となってしまうのでしょうね。
切ないです。

by s-jw | 2018-10-25 21:45 | 日常 | Comments(6)

カーブス初体験

膝の痛みがなかなか治らなかった頃、近所の人と雑談していた時に「カーブスがいいよ」と教えてくれる人がいました。その人はスイミングやカーブスに通って膝痛が改善したそうです。
月に6000円かかるし返事を保留にしていたのですが、近所の人がカーブスの無料体験がある度にインストラクターに督促されていたようで、申し訳ないので無料体験に行って来ました。
一回目の10月4日はただ見学するだけ。二回目の10日は体力測定をしたり説明を聞いたりしました。体力は年相応でしたが、筋肉量が70代だったり、何より体脂肪が恥ずかしくて人に言えない数値でした。その時はマシンを使ったり足踏み(?)したりを一周だけして帰りました。
その後2度行って、マシンを使うのを2周。終わってからのストレッチを教えてもらいました。どれもこれもキツイトレーニングでなく、運動音痴の私にはピッタリの内容でした。
緩いといっても、運動はしないよりした方がいいよね。と思うけど、月に6000円は今の私には大金です。
それで思いついたのは、来年の高大で行きたい科目に落ちたらカーブスに行こうということでした。
高大の講座は何を受けるか決めていないけど、人気の科目に落ちてもカーブスに行く予定があれば諦められる。この三年間、高大のおかげで楽しく充実した日を過ごせたので、一年くらい休学してもいいかな~と思っています。
申し込みの締切日までは後一ヶ月くらいあるので、どこを受けるかはじっくり考えて申し込みます。
カーブスに行くかどうかは、それまでお預けです。

by s-jw | 2018-10-21 19:48 | 日常 | Comments(6)

長年勤めた会社を退職した後の日常を綴っていきます。認知症になった母のことも記録に残します。


by シズコ